バリ旅行に行ってきまちたwww

バリ旅行の日記ー!!!

というわけで、今日からかなりの日数に渡ってバリ旅行の日記を書こうと思っています。
バリ好きな人と出会えたらいいなぁ…と思いつつ。そして…少しでも体験した興奮を伝えられたらなぁ…なんて思いながら。


いくつかの日数に分けて更新したいと思っています。

飛行機についてー
空港到着
ホテル 宿泊編
ホテル 食事編
ホテル 他様々なものも一つずつの記事にしたいです…
さらに…
お土産と値段考察
マーケット
ワルン
ケチャ
カフェ

などなどなど。
記憶が色褪せないうちに書き出して行きたいですねvvv
自己満足な記憶を残す日記ですが…お付き合いいただければ幸いvv


今回、初バリ旅行ということで、当初旅行の日程を組み始めたのは実は遡ること半年近く前の5月だったりしました。
まだこの頃は「早すぎ!!」と一緒に行く友人もあまり乗り気になってくれてはいなかったのですが…
正直な意見を言わせて頂くと…早いにこしたことはないはずです。
早ければ…いろいろと調べることも出来ますし、旅行の代金が確定するのが8月以降と言われていましたが、それまでにホテルや見たいものなどいろいろと調べることが出来ます。
旅行本に載っているところが全て当たりとは言えないことは、国内旅行をしていれば分かるところ。
出来れば同じように旅行に行って、体験をして来た先輩(笑)方の意見をじっくりと見せてもらって…と一人妄想にふけっていましたww

そんな中、一緒に行く友人Eが知人に旅行のプランを頼んでくれるということで…
いろいろそれまでに旅行会社を回っていた私は……まぁ知り合いがやってくれるなら一番安心だよなぁ…と考えてしまったという…(それがちょっとした悲劇の元に…)


とりあえず自分で回った旅行会社

パンフレットのみ
JTB
蒼の会社の旅行会社 

インターネットから 
オリエントホリデーズ
バリ王

来店
HIS
STW

と…まぁかなり一人で頑張っていたわけです。(STWにはEにも付いてきてもらいましたがw)

まず………JTBなどはお値段急上昇+サーチャージの高騰っぷりにとりあえずちらみ程度。

HISに一番初めに値段を打ち出してもらうことにしたわけです。
安い安いと聞くHIS。一体どんなもんなんだ…と問い合わせに行きました。
すると…一人の女性が対応。

当初山+海というプランだったため、山(ウブド)はマヤウブド(ガーデンヴィラ)にて3泊、海(ジンバラン)はインターコンチにて2泊という予定。
それを伝え、空港からホテル、ホテル間、ホテルから空港の送迎をお願いしたわけです。

マヤウブドに関しては、最初からガーデンヴィラの予定でしたが、インターコンチは「クラブルーム」「シンガラジャ」そして普通のお部屋があります。
この違いは…やはりネットで見ているだけでは分からない!!それならば直接聞けばええやん!と彼女に質問。

すると……



スタッフ「クラブルームとシンガラジャルームの違いですか?」
蒼「はい」
スタッフ「それは…お客様自身が感じられることですので…」
蒼 絶句。


え。エエエエエエエエエエエエ!!!!!!!??????
ちょっおまっ……今何て!?
とあんぐりと口を開け、顎を落としそうになりました。
なんというか…初バリ、久々海外ということもあったのですけれども…やはりどうせならいい思いがしたいと思うじゃないですか。
さらにこのホテル、部屋の種類によって、お値段の違いがかなり出てくるわけです。
それを…それを貴方。
客自身で感じろだとー!!!????(怒)
それはえーっと……両方泊まってみれば?ってことでしょうか?
それとも何回か行けよwってことでしょうか?

となりまして。
もう、彼女に聞いても仕方がないな…と思った私はとりあえず両方のプラン(クラブ、シンガラジャです)での料金設定を仮の段階で出していただいたわけです。

後日取りに行ったところ…

クラブルーム2泊の場合、

240.000円(サーチャージ抜き)

シンガラジャの場合

180.000円(もちろんサーチャージ抜き)

とのこと。そして見積もりの書類に担当者の名前すらナシ。
もうすでに誰が作ってくれたのかすらわからない状態とかいう、そんな話で。
一体どんだけ手数料等に含まれているのかなぁ…と思いながらも、HISは旅行会社の候補からいち早く抜けました。


そして次。STWへいきました。
するとやはり7月に行ったために、まだ飛行機の代金やサーチャージが不明なので、仮の段階でのお話となりました。
ですが…こちらの会社は、とっても丁寧に対応してくれます。
アジアに力を入れている旅行会社(なのかな)のため、かなりバリにはスタッフさんも行って実際見ているとのこと。
各旅行会社によって、勿論得て不得手なホテルはあります。HISがインターコンチやコンラッドが得意ならば…こちらはハイアットを全面押しでしたw
そこで初めてヌサドゥアという地区を頭に入れた私たち。
海岸で泳ぎたいなら、ヌサドゥアがいいですよー。グランドハイアットが同額ぐらいでオススメですよーvと丁寧に教えていただく。
それも候補に入れても良いかもねぇ…と思いながらもパンフレットを貰って帰宅したわけです。

まぁ値段考察のために聞きに行っているので、申し込むことはないのですが…と申し訳なく思いつつネット上の旅行会社へと問合せる。
すると二つの会社共、ものすごくレスポンスが早いんです!
このスピードにはかなり驚きました。
見積もりだけでもいいのかなーと思っていたのですが、やはりたくさんあるホテルや素敵な土地を目の前に、何パターンか見積もりをお願いしてしまいましたが、とっても快く受け付けてくれました。
そして仮定ですが…という前提で、大体の旅行の代金を打ち出してもらったところ…

HISさんと同じ設定でも旅費だけで12万~15万の間。
これは……どこら辺で金額の差が出るんだろう…と思いつつも旅行会社のパンフレットとにらめっこを始めました。
よくオプショナルツアーというのがありますが、そのエステにて比べてみる…

とりあえず今回とってもお世話になったチェックインバリさんの価格や直接エステやホテルのスパプランと比較をしてみたところ…
勿論どの旅行会社も手数料をプラスしているのですが、その差額が一番大きかったのがHISでした…。
2000円から4000円程のお値段を取っていますwww
もしくはお値段は同額でも、実質時間が短くなっていたりと……ちゃんと調べなければ分からないような値段の差額が出ているんです。
もし今後旅行に行かれる方でエステなどを予約したい!!と思われる方は、スパへ直接、もしくは後日紹介させて頂きますがチェックインバリさんのサイト内にあるチェックインスパからの予約をオススメしますvvvv


というわけで、知人からの回答を待つ私たち。
しかし旅行の三週間前になって漸く届いたプランを見てみると……その紙にはでかでかと「HIS」の文字。
勿論最初に見積もっていただいたよりもお安くなっていたのですが……その値段もしっかり見て確認すると、マヤウブドでの宿泊がヴィラではなくホテル棟になっていた事実!!
ホテル棟で160.000円程
ヴィラで180.000円程になるという回答を貰い、慌ててキャンセルをお願いしたわけです。
だってバリ王さんのが安いwwww
しかしこの後もまた知人が当たってくれた結果、どうにかもう少し安値でいけそうだということが判明。
しかしその直後「飛行機とれまちぇん」との連絡が入り、一揉め。
さらに出発二週間前に「ホテルの確定が取れまちぇん」と更に追い討ちが。


ちょっ……おい。
と正直思ったのですが、何せ知人に頼んだのは私たち。しかし二週間前に何も決まっていない(寧ろ金額すらですとも)状態な上、バリに飛べても泊まる場所が確定していないという恐ろしい状態に怒りよりも何より冷静な私の頭が働いた結果…。
即日バリ王に再度打診。
翌日直接電話をかけ、確認。
更に一週間日程を延ばすのであれば即日確定が出来、電話での申し込みですぐに対応可能。
というすばらしい展開の速さでの予約確定をすることが出来ました。
もう海と山を分けてどちらかが取れてどちらかが取れないとかそんな恐ろしい状態はいや…という思いから、結果マヤウブドのガーデンヴィラへ5泊宿泊。
更に空港への送迎等も確認し、電話を切ると、その数時間後には全て確約状態のお返事が到着しました。
この仕事の速さには脱帽です。そして…サイト内に掲載のあった9月までのプレゼントプランである30分マッサージや4時間チャーターの詳細を問い合わせなどもさせて頂きましたが、前日の深夜にメールを送ると翌日の午前中にはお返事をいただけるという手際のよいお仕事をしてくれましたvvv
本当に感謝しまくりです。
バリ王さんのお仕事の速さ、そして丁寧さ、親身になってこちらのお話を聞いてくれる対応…。
皆さんにオススメしたい旅行会社です。

本来であれば45日前の予約で、4泊以上の場合ホテル棟から無料でヴィラへのグレードアップ等もサービスであったようなのですが、こちらはギリギリだったため不可に。
まぁいい経験になりました。
次からは確実自分で旅行は申し込むことになると思います(笑)

そんなこんなで始まった予定よりも一週間遅れたバリ旅行。
少しでも楽しんでいただければ幸いvv


旅行プラン

10/12発
GA883 11:00 日本発

全日マヤウブド ガーデンヴィラ泊

10/17発
GA882 00:30 インドネシア発


スポンサーサイト

テーマ : バリ島 - ジャンル : 旅行

バリ旅行② 飛行機編

バリ旅行2 飛行機編

というわけで、乗ってきました行ってきました。
ガルーダインドネシア航空w

やはり「え、GAなの?」と海外旅行慣れしていない周囲の人間からは聞かれたりもしたのですが、お値段の安さ、そして直行便という魅力はとっても大きいのです。


というわけで、今回はGAでした。
7時間程のフライト時間。11:00に出発で、現地には時差もあるため、16:40着予定。
出発してすぐにリンゴジュースの配布(笑)更にその後ドリンクサービス有り。
何にしようかなーと見ていると、リンゴジュース、オレンジジュース(両方ともサンキスト)、ポカリ、コーラ、トマトジュース、牛乳(この二つは現地のものらしい…)、朝日ビール、ビンタンビール、ウイスキーなどなど。
この時点でのコーヒーサービスはなかったです(聞いてみたらないと言われた…)

そして一時間後くらいにお食事タイムでしたwww

久々の海外旅行の私と、海外慣れしているE。
ご飯は当然「meat or fish?」だろう?と思い、直前にトイレに行きついでにすでに配られた人たちの皿を見てきたEから得た情報「魚のがおいしそうだったよ!」を考慮し、fish fishと脳内で繰り返す二人。
さぁ来た、今だ!!今こそ「fish」とさわやかに答えるべき時だ!!!!


と思った私たちへの一言。

「westeran or japanese?」

ん?

しかも結構訛りがきついような感じでな上、思いこんだままの状態だったために、早く対応が出来ない人二人……(遠い目)

するともう一度丁寧に言ってくれまして…それで漸く理解!!!(爆笑)

「westeran please」

うわー英語なんて使うの二年振りくらいだよwwwしかもその間に向上していたはずの聞き取りが限りなく劣化してる!!!!
ときゃいきゃい笑いながらも、私は洋風、Eは和風をチョイス。

洋風のプレート
a-1.jpg


白身魚+えびさんとくったくたになったお野菜(柔らかすぎて笑えましたwww)のホワイトソース。
サフランライス
パン+バター
サラダ
フルーツ(グレープフルーツ、キウィ、リンゴ)

ドリンクには白ワインをチョイス。

和風プレート

a-2.jpg
味の濃すぎる炊き込みご飯
柔らかく煮まくった筑前炊き
茶蕎麦と普通のお蕎麦
サラダ
和菓子と見せかけたプリンまんじゅう(苦笑)

ドリンクには赤ワインをチョイス。

味は……まぁ噂通りというか何というか。
しかしこんな元気なくなっちゃうくらいまで、お野菜を柔らかくする必要は……(遠い目)


さてそんな食事タイムの終了近くに、もう一杯ドリンクどぉ?と聞きに来てくれたため、とりあえず……


ビンタンビール!!!!


インドネシアのビンタンビールはとってもおいしいと噂に聞いていましたvvv
なので………………とりあえず注文。
前の席の人たちがかなりコーラが好きなようで、毎回コーラを頼んでいるのを見ていたのですが…炭酸ものでも蓋を開けてコップへ一杯入れるのを見ていたため、きっとビールも一緒のはずや!!と勝手に理解。
おなか、けっこう一杯だけどたのんじゃえーwwと元気一杯「ビンタンビール!!!」と注文。

すると……



どーん!!!!
a-3.jpg



あれ?350のサイズで来たよwwwww?


肝心の味ですが……
まろやかで、苦味が少なく、とっても飲みやすいビール。
言うなれば……オリオンビールに感じが似ているかな…w
おなか一杯なのも関係なく…あっと今に私の胃袋にinしたビールですが…飲みやすさに驚きつつ、おみやげリストの中に入れたのは言うまでもありません。

そして……………食べた後は只管寝ていたのですが…するとまた再びCAさんたちが蠢き出す。
何だ…何を今度は配っている????

「ツナ or シャケ?」
と片言日本語で聞かれたのはなんと軽食のおにぎりの種類wwww
どうりで皆さん緑茶を注文されているようで…さっきからCAさんが慌しくでかい急須を持ってうろうろしていると思いました(笑)

普通ならばここで緑茶を注文するのだろうけれども……
私どうしても「ULTRA MILK」が気になって気になって………(爆笑)
牛乳とツナマヨ注文(うわー)

a-4.jpg


勿論、お茶は手持ちで持っていたので…牛乳だけさささっと飲んでしまうつもりでした。
しかしこの牛乳、結構くせもので…

うーん。何だか……こう……香料の甘さが目立つというか何というか…
え。インドネシアの牛乳事情はこんな状態なの!?と思わずにはいられないお味。
うーんうーん。ちょっとかなり苦手…(笑)
でもいい経験をしましたvvvv

そんなこんなで着陸1時間くらい前に、半強制的に腹ごしらえをさせられるわけです…w

テーマ : バリ島 - ジャンル : 旅行

バリ旅行③ 空港編

そんなこんなで空港に到着したわけで…。
お友達から、「出来るだけ前の席確保!ついたらダッシュ!!!」
と散々脅されていた私たち。

勿論、荷物を預け航空券を貰う際に「あの…えーっと……出来るだけ前の席…」とお願いしてみる。
しかしそれも実は発券が終わっていて、言い出すのおせーよ的な笑顔を向けられもごもごと口の中へ。
ごっくん。(あ、飲み込んだ…)

まぁそこでも前の方ですから…と言われたのは、19列目右側。
左側に出口アリ(ここらへんに何故か負けを感じる)
ビジネスシートも込みでの19列目だったので、実際は10列目くらいだったのですが…私達の前には総勢80名の敵が!!!
80人に勝てるのか!とか思いながらも到着する時にはドキドキしていたのは言うまでもないです…。

そして…ちょっぴり心配していた『飛行機が落ちる』ということもなく…(揺れる度に「シートベルト着用をおねげぇします」と訛った放送が入り、あまりに可愛くて噴出していたのは私達です…)
無事にバリのお国へ到着!!

すると皆さん一斉に立ち上がる。勿論私達も荷物はまだ少ないからさっさと立ち上がり、順番に出口へ。
飛行機から出るとその瞬間に感じる熱気。そして…
「あれーお兄ちゃんに似た人が一杯いる…」
Eの呟きを聞いて吹く。
いや確かにあなたは南国系の顔。勿論そっくりなオニイチャンも例に漏れずwwwそして外を見ると…思わず頷いてしまう顔、顔、顔。
今回の旅先の人々は案外身近に感じそうな予感ww←明らか間違えています。

で、そのまま歩く歩く。一番端っこのところで降ろされたらしく、歩く距離はどこの搭乗口よりも遠いところでした。
ので荷物を持ったままつかつかつかつか歩き続け、途中後ろから更にスピーディーに進んでくるおねーちゃんたちに抜かされつつ到着したところでは…既に長蛇の列www
こ…これか!!!
明らか欧米系の違う飛行機に乗ってきたであろう方々がすでに長い列を作っている所へ前に習えで並ぼうとすると、慌てたスタッフの英語が耳に入る。
どうやら並ぶ場所が違う?……あ!とそこで気付く。
入国に10$いるんですよね!そういえば!!←飛行機の中で関税の紙(思わず会社役員って書きかけたしww)や入出国カードを記入したり(単語わかんねwwwww)して居る時に、10$のことはしっかりと覚えていたというのに…目の前の餌ならぬ目の前のバリのために一気に忘れておりました。
なので、言われるがまま慌てて支払うための列へと向かいます。そしてすぐに10$を払い後ろを見ると……すでに皆さん私達よりも前へ前へと進んでいらっしゃった方々がかなり並んだ後でゼロからのスタートを切りなおしていました(苦笑)

バリに行く際は気をつけないと!!!

そこからがなかなか進まない。
DGのベルト!というメモを持ったおにーちゃんや、可愛い子ども達の姿を見つつ癒されながらも只管並んでいた時に突然視界に入り込む棚。


こ……これはぁぁぁぁっ!!

b-3.jpg


お友達が言うてた…日本語とかで書かれたパンフレット!!現地でチャーターする際に必要な紙やwwww
と気付いてダッシュ。
勿論隣の列を横切る形で行くため、「割り込みかよ!?」的な視線を頂きながらも只管謝りながら直進。
そして写真に収め、日本語表記の紙を片っ端から拾って行く。
後になって冷静になってみれば……そういえば、私エステはほぼ予約済みだった(゚∀゚)ノシ←

で、長い長い列のために、とりあえずチャーターをお願いする会社の選択に…。

日本語ガイド
エアコン
ガソリン代

全てがついて…大体6時間で3.600円くらいから…
多分ツアーオプションでお願いしたら、6時間5.000円よりは上に行くんじゃないかとwww
そんな中であまりにもフォントタイプが危険な香りがするものは省き(いや何ていうか限りなく血文字っぽかったのよ…)二つの会社でにらめっこ。
どっちがいいかなーと思っているあたりで順番が来る。

か…観光て何て言うねんwwww←

そんな顔面蒼白な私を置いてEは「聞かれるわけないやん」とさっさと進む。そして二人で並んでいくと、一人ずつの対応をしてくれる人。
その仕事っぷりを見て、先に処理をしてもらえたEはパスポートに張付けられたビザにきゃっきゃと喜んで私の横にいると…

「Hurry up!!」と初っ端から怒られる始末(ご迷惑をお掛けしますwww)


そんなこんなで荷物を引き取り(目印用のハンカチを忘れたため、空港で売っていた合格と書かれたハチマキが目印の人……遠い目)変なポーターに引っかかることもなく、外へと出ることが…


しかしちょっと待てよ。
確か…私達のお迎えをしてくれるのは………


E「確か、Pって緑の文字の入った紙を持ってくれてる人じゃない??」
蒼「いや、確か…Pって文字の入った緑のデイバッグを持っている人だよ」
E「何かどっちにしろわかんないねー」

と不安になって確認してみると。(つーかさっさと確認しろよww)


蒼「あれ…Pって文字の入った緑のバティックを着てる人になってる」←既に大きすぎる違いがここにあり。
E「え…ていうかバティックって何?」
蒼「民族衣装的な?」
E「バリの民族衣装って何だ??」

と傍で聞いていれば限りなく不安になれることうけあいの状態に…。

蒼「ていうかバリ王やのに何でPやねん」
E「ほんまやなー」
蒼「王子の間違い?」
E「プリンセス?」
蒼「………………」……それは姫だよ…E。。

と更に話は混沌とした状態になり…
ぽんっと訳もわからぬままに外に出てみると、そこにはEと同じ顔…っと失礼。皆さん似たような雰囲気の方々が一杯。
そして着ている服も柄は違えど大概似ている状態に…

蒼「ちゅーかどれがPやねん」
E「……全然わかんないねぇ…」

みながそれぞれ口々に自分の客の名を叫んでいる中、どうにか出会うことが出来ましたvvv


ちなみに…Pはバリ王ではなくパラダイスバリのPだったというオチ。
Pの文字が入ったバティックとは…シャツタイプのお洋服で、Pが柄になって印字されているという……んなもん遠目で分かるかっ(怒)


さてそれで安心しきった私と、すぐには人を信じないE。
E「この人に本当に荷物渡してええの?」←猜疑心に包まれまくっていた人。

教訓
空港から出て荷物を持っていく際、その道のプロ的な顔をした人が近付いてきて、さも当然のように荷物を持ち運び、あげく「1.000円」と言ってくることがあるので注意しましょう。荷物は自分で運べww

ということを教わっていたために、只管人を疑うE。
いやほら、何ていうか…皆Pのシャツ着てるからwwwそこまで集団でハメられたりないと思うんだけど…。

そして漸く「あなた蒼さんとEさんね。わたしDです」
とにっこりと笑い流暢っぽく聞こえる日本語で喋りだすガイドさん。
荷物を軽々と持ち、私達を導いてくれたDさんは、そのまま駐車場へとスタスタと向かいます。
私達もそれに遅れまいと進むのですが…そんな中で漸く取れた空港の写真。
b-2.jpg



更にウエルカムな看板ww
b-1.jpg



どちらも歩きながらささっと撮ったためにどうも微妙なアングルですが…

車に乗り込むとウエルカムフラワーを頂きます(もうちょっと朝から準備されていたのか、元気かなりなかったけどねww)
そして…車が進むにつれて次々と目に飛び込んでくる建物に目をキラキラさせた私は写真をとりたい!!と思うも、熱心に話してくれるDさんの話を聞き頷いていたためにそれも出来なかったという(苦笑)


そんなこんなでホテルへの旅が続きます。
勿論泊まる場所はウブド。空港からも遠く、道もあまりよくない状態。そんな中でゆらゆら揺られながら進んで行ったわけです…。

テーマ : バリ島 - ジャンル : 旅行

バリ旅行④ ホテル編

うぉぉぉ。ちょっと時間あいてしまった(涙)

というわけで、ホテル編


ウブドへの道は悪い!!(苦笑)
デコボコの道+細い道+ゴーイングマイウェイな運転。
事前に借りていたDVDで「ライトを遠目にするのは、俺がいくでー!!って主張」と聞いていたのですが…それを目の当たりにして愕然。
うわぁ。これは国際免許を例え持っていたとしてもちょっと…無理(笑)
なかなか素敵な運転テクニックを皆さん見せてくれます。
そして更には…かなりの量の単車。
その乗車人数を見て驚く私達。
えーっと…なんだあの…おかあさんとおとうさんの間から生えてるちっちゃな脚はWWW

「インドネシアでは四人OK!」

ええええええええええ。(驚)

そんなツアーガイドさんの説明をじっくりと聞く。
どうやら、子ども、父親(運転手)、子ども、母親。これは両親がヘルメットをかぶっていたらOKらしい(笑)
普通に皆さん三人乗りとかしているので、それが当たり前なのかと混乱。
いや、そんなわけはない…はず……つーかノーヘルの人も多々いるし…。
そして驚くのは斜線変更時にウィンカーを出す人の少なさ!!!
勿論パラダイスバリの人もノーウィンカー。付いていますけど何か?別に分かるでしょ!?的な運転です。
(これは人によるのだと後々気付くのですが…)
石の町を通り過ぎ(仏像だらけの街並み)芸術の町へ。

「豚の丸焼きの、おいしい」

会話をすればするほど、このDさん、実は日本語が怪しいことに気付く。
でもどうにかコミュニケーションは取れなくもない…けどなかなか怪しいWWWW
大丈夫かな、と思いつつもいろいろと聞きたかったことを聞いてみる。

蒼「左手は不浄の手なんですよね?」
Dさん「そんなことないよ、今は別に」

その一言にほんまかいなと突っ込んだのは言うまでもない。
どこの旅行雑誌見ても、借りたテレビ番組の中でも、そんなこと言うてるのは見たことない。
更に

「うちみんな左ききね。ダイジョウブダイジョウブ」

このあたりから更に不安になってみる。
だってそんな…左利き家族全員て聞いたことないこれ…(爆笑)


で、実際のところどうなんだろう…。後日他の人に聞いたら「ダメダメ!!!左手ダメ!!」と力説されたような…(遠い目)


さてさて、バスの中では当然のように翌日のチャーター4時間プレゼントの説明+どこに行くかの相談がなされています。
うちらは出来たら買い物がしたいークタとかで。とか思っていたのですが、
「お寺、いいの。ある。お寺いいと思う」
と始まり
「買い物行ってお寺行けばいいのと思います」
と繋がる。
あーそれならいいかも…
「4時間無料ね。その後、1時間ごとに1.000円ね」
なるほどね。ってことは、大体他所のチャーターが6時間3.600円だから、3時間オーバーさせて7時間の予約を取ったら徳ってことね(と脳内で算盤を弾く蒼)
蒼「んじゃ、3時間プラスで、……ウルワツ行きたい!」
D「ウルワツのサンセット見て、ケチャ行きましょう。サンセット17時から、ケチャにも間に合います」
蒼「で、ケチャ見た後で、ヌサドゥアいける?」
D「サンセット見て、ヌサドゥア?」
蒼「ヌサドゥアに行きたいワルンがあるの」
D「ダイジョウブ。ケチャ見て、ジンバランでシーフード食べてヌサドゥア行きましょう!」

…ん?なんかちょっとおかしくないかい?明らかそちらのプランのような気がしてきた。
ちゅーか…ほら、ご飯はワルンて言うてる…

蒼「だから、ヌサドゥアで…」
D「OK!そうでした、ヌサドゥアでご飯ね。じゃぁ買い物行く前に、籠バック売ってる村、銀製品売ってる村、連れて行ってあげる」
蒼「……………」頼んでへんから…と思いEを見ると、同じような顔をしている。

ま…まぁ明日言えばいいよねWWW←楽天的。


そんなこんなでホテルへ到着ー。
「ここ蒼さん行きたい言ってたマンガマドゥね。おいしい」
と途中にあるワルンを教えてもらい、そこからホテルへの距離が結構あることに気付く。夜歩くのは難しいかなぁ……。。。


そして到着!!
荷物はエントランスにいるスタッフさんに託し、身軽にフロントへ。
すぐに椅子に腰掛けるように言って頂いて、Dさんがさささっと対応をしに行ってくれましたvv
言葉通じるかな…とこれから数日間お世話になるホテルを見回しながらドキドキ。
よくパンフレットに掲載されているライティングされた様子をうっとりと見詰めていると、ウエルカムドリンクとお絞りが!!
c-3.jpg
ちょっと光が足りなさすぎて見えないのですが…二色に分かれたドリンクです。
とっても美味。
そしておしぼりからはかなり良い匂いがWWW

これが噂の柔軟材ねー(>_<*)
と少々興奮。頑張って暗い中撮影しようと試みましたが、やっぱり無理でした(撃沈)

その後、何とー!!
30分のフットマッサージは知っていましたが、一回ディナーがプレゼントとの話が!!!!
マジで!?マジで!!!???
諦めきっていたお食事がついちゃうのー?マヤのディナーがついちゃうのー????

と大喜びです。慌てて食事の時間と日程をチョイスしてお部屋へ移動。ここでDさんとは暫しのお別れ。
また明日お願いしまーすノシ

カートに乗ってお部屋へ行きます。
フロントの傍のお部屋がいいですvvとお願いしていたところ、ちゃんとお願いが伝わっていたようでかなりフロントに近いお部屋へ。805のガーデンヴィラが私達のお部屋でしたvv

スタッフの方が鍵を開けてくれるのを背後から覗き込んでいた私達。そして開かれた瞬間…


「かわいいー!!!!!」

c-5.jpg

まず目に飛び込んで来たのは、天蓋つきのお姫様ベッドvvvv
あまりに可愛いベッドは、間接照明によってより幻想的な雰囲気を露にしてくれます。

そして一通りの説明を聞いてまわる。
エアコンはここ、ライトはここ…と英語で伝えてもらい、フルーツプレートににんまりしながらスタッフさんがお部屋から出て行くのを見送ります。
そしてひとしきり撮影を行った私は、さっさと荷物を片付けているEに遅れをとりながらも慌てて荷物を片付けたわけです…。


天蓋つきのベッド。
c-4.jpg

c-9.jpg


すでにターンダウンサービスがされており、ベッドサイドにグラスとお水がセッティングしてあります。

こちらはテレビの前にあるソファー。
c-6.jpg

座り心地がよく、柔らかいクッションが四つ並んでいました。紫と白の配色がかっこいいですよね。


お茶セット。
c-7.jpg

冷蔵庫の中身は有料ですが、こちらの紅茶やコーヒーは無料でした。
コーヒー、リプトンの紅茶、TWINGSペパーミントティー、TWINGSジャスミンティー、緑茶、ミルク、ノンファットと普通の砂糖がそれぞれ4つずつ入っています。
紅茶は独特の味がしましたが、お気に入りはペパーミントティーでしたvvvさっぱりする。
そしてコーヒーはちょっと苦い感じでしたねー。


洗面台
c-10.jpg

紫でシックな雰囲気を出しつつ、銀のボールが鈍く光を反射させます。
向かって左手にトイレ、右手に浴槽があります。


アメニティー
c-11.jpg

かなり充実していますねvv
シャンプー、コンディショナー、ボディーシャンプー、シャワーキャップ、剃刀、綿棒、石鹸、歯ブラシ。
お水は常時4本を置いてくれてあります。

タオルはフェイスタオルが2枚、ロングタオルが2枚(こちらは洗面台の上と、洗面台の下部分のタオルかけにかけてあります。)バスタオル2枚(浴槽上の棚)がありました。


浴槽
c-12.jpg

バスソルトと石鹸があります。
自然な香りのするバスソルトでしたvv←もちろん使った人。
シャワーは固定と動くものと2パターンあり、とても便利です。

クローゼットの中にはセーフティーボックス、巾着に入ったヘアードライアー、籠バック(こちらはホテル内などでプールに行ったりふらふらお散歩するときなどにとっても便利でした♪)、ハンガー多数(持って行く必要はないぐらいに一杯ありました)スリッパ(可愛い巾着に入っています)
がありましたが……実は………光が少なくて綺麗に初日は取れず…二日目以降は使用してしまったために、(買ったものをいれてしまっていました)撮影が出来なかったという…
引き出しもあり、とっても便利ですよvv

テレビ、DVD、CDプレイヤー
バリのCDが入っていたためそれを数回かけましたが、使用したのはそれのみでした。
いつもならば何か音がないと生活できないような人間なので、普通にDVDやCDも持ち込んでいたのですが…一切そのケースを開くことはありませんでした。
自然の音を体感できる素敵なお部屋なので、出来れば…バリらしい音以外は鳴らさずに自然の音色を楽しんでいただきたいですVV

電話+デスク
c-8.jpg
どっしりとした構えの足を持つ机でした。
ここに英語、日本語表記のパンフレットや、説明などがあります。
右側の小さな椅子は、マッチ、灰皿、蝋燭がありました。

冷蔵庫
中身の撮影はしていないのですが(例によって一日目から利用していました)
チョコレートバー2本、ビンタンビール、オレンジジュースなど、数種類入っています。
ですが私達の目を引いたのは…そんなドリンクではなく…冷蔵庫の中に入っているポテトチップス!!

え。バリではポテトチップス要冷蔵?

咄嗟に顔を見合わせたのは言うまでもありません(笑)

蒼「あれ?冷蔵庫に…入っとる」
E「ほんまや……なんでやろ…」
蒼「む…虫がたかるとか?」
E「え。じゃぁ…これもヤバイん?」

来る途中で「スーパーに連れてくれなきゃヤダヤダ!!」と騒いだ私たちを快くDさんは連れていってくれました。
ちょっとライティングの薄暗い店内で飲み物を選ぶ二人。
マンゴージュースは飲みたい!!!他にもフルーツジュースが欲しい!!
そう思い、冷蔵庫を見ると…マンゴージュースだけでも数種類の会社が…

わ…わからん。どうせ買うなら、美味しいのがいい…おいしいジュースを……


そしてDさんに教えてもらって、二人でチョイス!
c-1.jpg

マンゴーとシルサックです。


これがマジんまー(>∀<)でした。
いや本当に変な甘さや薄さがない、濃厚なお味なんですWWWWW
幸せに浸れる安いお買い物。そして…その際に、ビンタンビールとつまみにポテトチップスを購入していたわけです。
結局毎日美味しい物を食べつづけた私達は、そのポテチを持ち帰ることになったのですが…(苦笑)


結局ポテチを冷蔵庫に入れることはなかったのですが…入れないほうが湿気がこないとかあるのでしょうか(悩)


さてさてポーチですが……

翌朝目覚めて出てみると…こんな感じ。
c-13.jpg

c-14.jpg


朝の光がまぶしくてキラキラしています。
そんな中このソファーに腰を掛けて見る光の変化がとっても気持ちよくてvv
毎日この広いソファーで二人でメイクをしていました。
広々とした空間で、澄んだ空気の中メイクをするのはほんまに気持ちがいいんですvv


このソファー(でいいのかな)読書をしたり、ぼんやりしたりするのにかなり活用していましたvvv
サイドテーブルがあるのも便利ですね。


お部屋への入口
c-15.jpg



部屋の外観
c-2.jpg

ターンダウン前のベッド
c-17.jpg


ルームナンバー805でしたvv

ちなみに……毎日フルーツプレートを置いてくれてあります。

一日目は…
リンゴ+水分の飛んだ(笑)オレンジ?のような柑橘系
二日目
リンゴ+バナナ
三日目
リンゴ+名前がわからないフルーツ(リンゴを残していたら、リンゴが増殖WWW)
四日目
リンゴ+蜜柑(甘くてんまんま)
五日目
リンゴ+名前がわからないフルーツ


リンゴは絶対に入れてもらえるみたいなのですが…
かなり酸味がきつく、硬い子でした(涙)
初日は包丁があるわけもなく、とりあえず備え付けられていたフォークとナイフで戦いを挑んだのですが…


これがマジ難しい!!!!!

ナイフがリンゴに突き刺さったままどうにも動かなくなること多数(爆笑)
齧り付くにもかなり皮が硬いというWWW
ハイドちゃんが虹で持っているリンゴ、これだったら簡単に作れちゃうね☆と思わずにはいられなかったという…。


なので、二日目以降はナイフを購入し、問題なくフルーツを食べることが出来ましたv

この名前のわからないフルーツ…渋い部分があったのですが、特別な食べ方とかあったのかな…。。


最後はホテルのフロント外観です。
c-16.jpg

テーマ : バリ島 - ジャンル : 旅行

バリ日記⑤ ホテル朝食編

ホテル 食事編

マヤウブドは、食事の面でも結構好評なホテルですvv
いろいろなサイトを旅立つ前に参考に見て行ったのですが、かなり皆さんおいしい!!と言ってくれていました。
ですがどこを見ても値段が分からない(涙)

もし夕飯を頂くのであれば、どのくらいのお値段がかかるのか…
ランチだったらどのくらい?お茶をするなら?

といろいろ調べてみたのですが、それでもまったく検討がつかないという…。
だったので、もう行き当たりばったり!な感じで勝負になりました。
いやほら…いくら物価が安くても、ホテルの食事っていうとけっこう値段がはるのかなぁ…と不安になるわけでwww

そんな中、ホテルに到着してお部屋で寛ぎ始めた時には(勿論写真を撮りまくり、荷物を片付けた後です…)20時は余裕で越えていました。
ですので…五月蝿く鳴きまくるおなかの虫を黙らせるために、れっつこーりーんぐ!!!!


ルームサービスを取りましたvvv

わールームサービスなんて、リッツ以来だよwwww(数年前)

Eとメニューをじっくりと見詰め、そこに書いてある値段を見つつ…想像以上に安いことに驚き!!!!
きっと普通に街中で食べたらかなり格安のものがいっぱいあるんだろうけど、とりあえずは初日。大人しくホテルの中で過ごそうと…(以前タイに行った時には……初日から迷子になるという大変迷惑な子たちだった…)

勿論、初バリ食は………

蒼「ナシゴレン!」
E「ミーゴレン!!」

お約束すぎですね。いやでも本当にちゃんとしたものを日本で食べたことがなかったので…食べたくて食べたくて…
お友達曰く

「まだこんな食べていないもので美味しいものがあったのか!!と思える味」

らしいので期待は膨らむばかりです。

蒼「…………(電話コール中)」
スタッフ「Hello」
蒼「あ……あの…(英語に少々キョドる)」
スタッフ「はいー」←突然日本語。
蒼「ミーゴレン、and…ナシゴレン…ぷりーず」
スタッフ「OK。かしこまりました」

はい。じゃぱにーずですが何か?と思う前に、さっと日本語で返事をしてくれるスタッフさん。
いやぁ…本当に……助かるwwww
そして安心して注文し、そわそわと到着を待つ。

ぴーんぽーん!!


キタ!(>∀<)ノシ
d-1.jpg



ミーゴレン Rp90.000
d-2.jpg


ナシゴレン Rp115.000
d-3.jpg


エビチップがついてるのはナシゴレンでした。そして…それだけじゃなく、お野菜や(勘違いしてぱくっと一人で食べてEい怒られたww)サテも付いている豪華版!しかもこの分量。
実は……こんなに量の多いナシゴレンに出会えたのは、後にも先にもこのマヤだけだったという…だから…サービス料等込みでも安いかなぁ…と。

そして…ぱくっと食べた瞬間に口の中に広がる風味!
もーマジ美味い!!!!!
最後の方はおなかが一杯になっちゃってちょっと油っぽく感じましたが…それも胃袋がまだ小さかったからで(まだ…です)最終日だったら確実ペロリと平らげているであろう状態でしたwww

勿論お供はビンタンビール(本日二本目)
そして…冷やしたアクアもちゃんと持ってきてくれていたので、本当に美味しく頂きましたvv
デザートはウエルカムフルーツのプレートです。
ちょっと蜜柑?が水分飛びまくってカッサカサやったのと、リンゴがすっぱくてびっくりでした(笑)


さて二日目の朝食。
はじめましてバイキング!!と意気揚揚と向かった先に広がる素敵空間。
こちらサラダ~おかずコーナー
d-4.jpg

サラダはトマト、レタスなどの菜っ葉(赤キャベツが苦くて驚きまくったり…)、キュウリ、パイナップルのサラダなど。オリーブ等の付け合せも豊富にあり、ドレッシングは二種類。
初日のみ、醤油ベースの辛いドレッシングがありましたが、翌日からは洋風のものでした。

卵料理は専門のスタッフの方が焼いてくれます。毎日同じ方が焼いてはって、最終日には会話を楽しみつつ…一緒に記念撮影をしたりもするくらい仲良くなれちゃいましたよーvvv(笑顔が可愛かった…)

ドリンクコーナー
d-5.jpg

和食ベースの場所と、洋風ベースの場所と二つの空間を用意してあり、そのどちらも重複しないジュースが置いてあるんです(゚∀゚)
ドリンクの豊富さは抜きん出ています!
マンゴー、ストロベリー、ウォーターメロン、メロン、オレンジ、トマト、シルサック、ミルク(バナナベースのミックスジュースなどもある日もありましたvv)
コーヒーと紅茶は、席についた時に聞いてもらってお願いし、なくなったら頼むという方法でした。
そしてー!!!!

シャンパンです!

これが毎日お世話になってしまうくらいに美味。
朝から酒飲みつつ朝食なんて何て素敵な!!
あまりに楽しくて、良く顔を見かけた大らかな気さくに話し掛けてくれる欧米人のおじさま(笑)と席は離れていたけれども乾杯をしたり、お話したりと…楽しい時間を過ごすことが出来ましたvvv

パンは……
洋食側
d-6.jpg

和食側
d-8.jpg

二箇所に用意してありますが、こちらも重複する種類がほぼないという…
何より驚いたのは…お菓子パンが甘すぎない!ということで。
こんなに美味しいパンをいただけるなんてー!と毎日満面の笑みでした。
反対に食パンなどはパサパサしていて…シンプルなパンよりもデニッシュ生地やフルーツが乗ったものなどが美味でしたvv
お気に入りは……チョコマーブルのパウンドケーキと、苺のジャム入りドーナツ。
ぱくっと口をつけた瞬間、じんわりとジャムが出て来たのが美味!


フルーツたち
d-7.jpg
左端の空間にはスイカが常備!!(どうやらフィニッシュしたらしく…)
パパイヤ(味が濃厚でした)、メロン、パイナップル、ライチなどが並んでいました。

ヨーグルトも四種類!!苺と…多分パッションフルーツ!の風味のものと、フルーツが混ぜられたもの(マンゴーの時もありました!!)そしてプレーンとあり、ジャムやハチミツなどで頂きます。
このジャムがまた…多種あって…日替わりでいろいろ変更があって覚えていないのが悔しいのですが…パッションフルーツのジャムと、イチゴのジャムはもう一度食べたい!!と切に願っていました。
…というか…売ってないのかな…。

というわけで本日のお食事は…
d-9.jpg
卵でかっ!!キッシュがとってもいいお味v

そして…
至福の瞬間
d-10.jpg
マンゴーとシャンパンです。

さらにイチゴジュース(毎日ドリンクだけでもかなりの量飲んでいました)
d-11.jpg


三日目の朝食
d-12.jpg
トマトを焼いた一品が美味でした。。

そしてこの日のパン。ジャム入りのドーナツが甘すぎずにおいしい。
d-13.jpg

マンゴー×ヨーグルト
d-14.jpg


四日目の朝食
d-15.jpg
前日の夕飯が未だおなかの中で膨れている現状wwww



五日目の朝食
d-16.jpg
「フライドエッグ!!」と元気一杯目玉焼きを注文。そしてお皿によそってもらう直前に黄身が割れる(涙)
おかゆを食べよう食べようと言っていたのですが、なかなか食べられなかった(というか、結局洋食に目移りして、新しく出てくるパンを食べてしまっていた…)ので、ここにきて挑戦。
美味しいですv
チキンなどお粥に乗せていただくのですが、その際に醤油のようなものを少し垂らします。それがかなり美味ー!!
というか何食べてもうまい!(でもおかゆは写っていない

六日目の朝食
d-17.jpg
…)

昨日のお粥に味を占めたEが今日は和食のおかずにあったチキンを煮たものをおかゆにINして持ってきました。
これがかなり美味。最後の朝食だからとアホほど食べたせいでかなりおなかが一杯なことになりましたけれども…。

そういえば…シャンパンが無くなってしまったタイミングでシャンパンを取りに行くことが多かったのですが、からっぽなことを何て言うのかが分からず…哀しげな顔をしていたら満面の笑みで「フィニッシュ?」と聞いてくれたというwww
すみません、分からなくてwwwwww二度目からはちゃんと伝えられましたよーvv

毎日、お外で一杯食べなくちゃいけないから…朝食は控えめにしようねvvvvと言っていたのですが…気付けば山盛りな私達の皿。
そして前日学習したことを覚えない私達はそれを連日繰り返し、外で「おなかすききったー!!!」という状態になかなかなれなかったせつない記憶が(爆笑)
いやだって毎日おいしいんだもの!!!(でも勿論お外でもガッツリ食べていました…)

何より、元気な笑顔を見られることも気持ちがよかった一つかと思います。
席に関しても、そこは?と聞かれたところを「もっと向こうがいいー!」とか「あっち座ったことないー!」とか伝えると快く変更してくれます。
事前に情報を集めていた時に「日本人は端に座らされる」などの記述を見たことがあったのですが、それはきっと主張しないからね。と思いました。
「No!んー……there!!」
と指差して伝えれば「OK!here?」と直ぐに連れていってくれちゃうんです。
英語が出来ないなんて何のその!萎縮せずにガンガン進め!って感じですね。

そういえば…パンを選んでいた時に…
E「あたしアレが食べたい」
蒼「……………」
指差された先にあったのはナッツやクルミが砕かれ大量にちりばめられた一枚のパン。私が確実手を出さない子。
E「きっとおいしいはず!」

その根拠は?と思って聞いてみると…

E「外人さんがめっちゃみんな食べてる」

としごくもっともなご意見。いろいろ皿に盛り付けている間にも視線を走らせチェックしていたようです。
そして…

蒼「どうよ?」
E「……………」



唯一ちょっぴり微妙なパンだったみたいで…日本人の舌には合い難いものだったのかもしれないです。

しかし毎度食べ過ぎになってしまうくらい美味しいマヤの作ってくれるお料理は…確実私達の身体を肥えさせてくれるものですねwww
罪作りなホテルです(笑)



ルームサービスのお値段をちょっぴり…

ミーゴレン Rp90.000
ナシゴレン Rp115.000
上記二つ+サービス料+taxでRp248.050

勿論街中で食べることを考えると、お高く感じるかもしれないのですが、食べきれないー!!というほどの分量とお味…だいたい2.500円程度というお値段で頂けるのであれば確実安いと思いました!!

参考までに
カフェラテ Rp27.000
オリジナルコーヒー Rp60.000(これがとってもおいしそうだったのですが、結局飲めずじまい/涙)

テーマ : バリ島 - ジャンル : 旅行

バリ日記⑥

スパ・アットザ・マヤ

午前中は石鹸屋さんとワルンでランチ♪13時からエステだから12:45に部屋に戻ればダイジョウブだよねー♪


と楽に構えていた私達…。



……時間というのは残酷だと気付くのはその直後。


とりあえず……寝過ごしてみる(お約束)
おかしいなぁ…前日しっかりと目覚し時計をだねぇ………「あ………OFFになったままや…」←時間だけ合わせて力尽きたらしい。

というわけでスタートからミスった私達はその後も、思っていた以上に朝食でまったりし過ぎ(あまりにおいしくて食べ過ぎていますWWWW)出発時間を大幅に通り越す形でお出かけスタートしたわけで…
つまりは全てが遅刻気味。更に言えば、石鹸屋さんで想像どおり時間をかけすぎたというそんなオチもあってしまい、部屋にたどり着いたのが55分とかで…。

「大丈夫!後5分もあるよ!!!」

と楽天的に考えていたら……


蒼のお部屋はフロント寄り。そして…スパは……どこやねん!(最初に調べとけよ)

そこから、必要なものだけを掴み、握り締めてだーーーーーっしゅ!!!!
途中、外人さんたちから「元気な子たちねー」みたいな視線を浴びつつ…只管走る。
と…遠い。
ちゅーかどこにあんねん!!(直進して早何メートル…)
とぜぇはぁと走り続け、年を感じつつも道がなくなる。
目の前には……右折左折のみの空間。寧ろ景観を楽しむための場所!!!

「ほぇ?」

状況を確認しつつ周囲を見回すと…エレベーターが!!!
それに乗り込み、下へと向かいます。すると…

左手にリバーサイドカフェ。川に突き出る形で作られたプール。

そして!!!!


右手側にスパが!!!


「す…すみません…遅れました/涙」←拙い英語。


時間にはゆとりを持って!!!(笑)と力いっぱい感じたのは言うまでもありません。


川のせせらぎと、二人の運動後の荒んだ吐息をバックミュージックに指示された椅子へと腰を降ろします。
既にスパの終わられた方がまったりとお茶を飲んでいる中、
時間のない私達にもウエルカムドリンクが!(もうほんとすみませ…)

「グリーンティー」

e-1.jpg

緑茶。ですね。……そしてそれにライムが浮かんでいて……
一口飲んでみると、日本人ではあまり考えないであろう、緑茶+砂糖のドリンクでした。
でもその砂糖の甘味も控えめで、すっきりと頂くことが出来ます。(因みにEはエステ中にトイレ行きたくなったらかなわんといいつつ、水分はあまりとらなかったんです…勿体無いオバケが出るで!!)

そのままアロマオイルやボディーマスクの匂いの丁寧な説明を受け、チョイスします。
何かをフランジパニにして、何かをバリ島の花にしたんです(もう一つは何を選んだかも分からない…)というか点詳細をメモする余裕すらなかったという←遅刻した結果ですね。

マッサージはストロングを希望。そしてそのまま移動します。

e-2.jpg
移動中。。

鳥のさえずりや、川のせせらぎの音、それらを聞きつつお部屋へ移動。セイフティーボックスや着替えの手順の支持を受け、二人だけになりました。
大きな鏡のあるお着替えルームはシンプルですがとっても可愛いですvv

置かれているパンツと着替えてきなものを身にまとうわけですが…この布は…巻きつけるだけでいいのでしょうか(悩)
とっても肌触りのよいこの布はショップでも販売していました♪きっと……きっと巻き方があるんですよね!!上手な巻き方が…!!!!蒼が凹凸ない体してるから留めるの難しかったとかそういうのじゃないですよね(確実それだWW)

e-3.jpg

e-5.jpg


さて荷物を預けて準備の整った私達はエステのベッドへと横たわります。日本語がお上手で「蒼さん、上向いてください」としっかりとした聞き取りやすい発音で伝えてくれるのが心強いです。
そしてそのままマッサージへ。

マヤのマッサージのクチコミはかなり良いです。
どれだけ気持ちええんやろ…とドキドキと無い胸を高鳴らせていると……

張り付くような手、そして力強いマッサージ(でも痛くはありません)。
背中や肩の凝りを解し、丁寧にほぐしてくれるんです。
あまりの気持ち良さにうとうとしてしまいそうでしたが、勿体無いオバケが出そうだったので必死に起きていようと努力しています(笑)
川の流れる水音が心地よく、素晴らしい環境だなぁ…と思いました。
そして…遠慮の無いマッサージはお尻や胸に至っても変わらず…めちゃくちゃ気持ちよかったですvvv
勿論頭部もやってくれますvそして指先のマッサージが最高で…掌を合わせて俗に言うカップルつなぎのようにして指先を絡めてぎゅっとされたとき、掌から伝わる温かい優しさがたまらない感じです。

ボディーマスクを塗った後は暫く放置。
多分ここでうとうと出来ると良かったのですが…結構寒くて(涙)
壁のない東屋でのスパは川べりにあるため、風の通りもよすぎて…ガクブルしてました。
その後、身体を流す為に、シャワーブースへと移動します。新しいパンツもありましたが……あのーえーっと……穿き捨てたパンツはいったいいずこへ!!!(爆笑)
結局分からず恥じを偲んで問い掛けると、スタッフの方がニコニコ笑いながら引き取ってくれました(それはそれで恥ずかしい…)

シャワーの所にはボディーシャンプーとシャンプーがあったような(なかったような…)ボディーシャンプーは確実にありましたvv
そこでトイレを済ませ、身体を漱ぐと…再びエステベッドへと横たわりますvv
この後の記憶がちょっと途切れているのですが…フェイシャルスタートした辺りからは確実な記憶が!!(笑)
メイクを落としてくれるところから…スタートです。
これがかなり丁寧で…気持ちよくて、うっとりしてしまいましたvvv
使用していただいた化粧水なども敏感肌の私の肌でも問題なく、マッサージは本当に…掌からの温もりからもお肌が復活しそうな雰囲気で。


「蒼さん、終わりマシタヨ」

と告げられぼんやりふにゃーっとした頭のまま指差された方向を振り向くと………


「うわぁぁぁぁぁ」(゚∀゚*)

e-6.jpg


もう…何といいますか…

川に突出する形で作られたバスに浮かぶ花々。そして…準備されたフルーツプレート!!

思わずまた巻き方の分からなかった布がずり落ちそうになるのを気にもせず(気にしろよ)シャッターを切る二人。その様子にスタッフさんがクスクス笑ってました…。
そして…そのままどぼんvvv
きんもちいいー!!!!

きゃっきゃと喜ぶ私達にニコニコ笑顔のスタッフさんが「写真とりましょかー」と言って下さって!!
慌ててお花をかき集めて、見せたらいけないところを隠しつつ(大量の花を要します)にっこりスマイルー!
「ちょっと暗いデス…」
「も…もう一枚!!」
と更にお願いし、もう一枚。
そこからも二人で撮り合いをしたりしつつ、蟻さんとフルーツの取り合えいになりそうになりながらも30分ほどまったりしました。
フルーツプレートには、しっとりとしたドライフルーツの入ったビスケットのようなお菓子と、カットフルーツ(串刺し)スイカ、パイナップル、パパイヤなど、とってもジューシーで…かなりみずみずしくて美味。そして苺のソースの掛かったヨーグルトもvvドリンクはレモネードでした。
3時間のエステを終えて、喉もからから、おなかもすいていたので、至福です。

e-7.jpg


きゃぁきゃぁいいつつあっという間に時間は経ってしまい、「時間です」との言葉に暫し現実に舞い戻るのに苦労しました(涙)

ですが…大満足な数時間でした!!!
ホテルからの移動がないというのも、やはり楽だなぁと思う要因の一つですが…
何よりも…素敵な笑顔と丁寧な対応をしてくれるスタッフさんと、そのスタッフさんの技術の高さが魅力です(>_<)☆



オマケのエステから見えるプールの風景ve-8.jpg

テーマ : バリ島 - ジャンル : 旅行

バリ日記⑦

ホテルからのプレゼントその1vv

今回、5泊泊まったマヤウブドからプチプレゼントがありましたvv
これは何泊以上泊まったら適応なのか…という詳細までは分からないのですが…参考までに☆


30分のフットリフレクソロジー

こちらは旅立つ前からバリ王さんからご連絡を頂いていたものです。
日にち指定はいつでも大丈夫ですが、午前10時から午後2時までの間で…とのことでした。
ですので、その時間内に指定すればいつでもOKとのことでした(>_<)
買い物に行きまくって疲れた足を癒してもらおう…と最終日前日に予約を入れていたのですが…
この日はウブド内で最後のお買い物を大量にしようwwwとということにしていたため、朝一で足マッサージを投入。

おはよーございまーす!という挨拶と共にお邪魔してきましたvv
ままま、プレゼントの30分という短い時間内でのマッサージですので…実際のところそこまで期待していなかったのですけれども…
その思いを覆すような素敵マッサージだったわけです。

とりあえず。

始まる前に椅子に腰をかけて…と言われたので、前回スパをお願いした時と同様に椅子に腰をかけます。そして…問診を行うところでぼんやりとしていると…なんとグリーンティー(砂糖入り)が!!!
(∩゚Д゚)))エエエエエエエエエ。
そんな…無料マッサージでお茶が出るんですか!!!!冷たい良い匂いのするお絞りまで出ちゃうんですか!!!!!
すげぇなスパアットザマヤ!!と驚きまくり。その喜びっぷりにスタッフさんも笑っていたという…(興奮しすぎですとも)

そしていざマッサージへ。
前回の施術の際に行った場所ではなく、更に階段を降りて川の横を歩いていきます。その景色がかなり綺麗で思わずパシャパシャと写真をとりまくってしまいましたとも(苦笑)
スタッフさんは本日は男性の方で…一生懸命英語と日本語で語りかけてくれて、それにつたなすぎて申し訳ない状態の英語と日本語で返事をしていたわけです。
何となく会話が出来ていたのではないかと…ええ。
実践あるのみです(笑顔)周りが必死になって理解してくれようとします(苦笑)

そしてマッサージ開始。
ベッドの上に横たわり、濡れたタオルで足を包み込んでくれます。
そこから指圧が始まり、川のせせらぎの音を聞きながらうっとりとした時間へと誘われるわけです。
これがもうかなり気持ちいい!!
流石に技術力といいますか。疲れが取れ、むくみがなくなる、そんなマッサージでしたvvv
本当に良いんですよ!足の裏をぐりぐり押してもらったり、脹脛を揉み解してもらったりと…膝下からまんべんなくマッサージをして頂きほんわかふわふわとした夢見ごこちに…
こんなに幸せな気持ちになれるなんて…本当に………極楽vvvvv

「蒼さん、オワリマシタヨ」

と言われ、夢の世界から現実に一気に引き戻されましたけれども、足が軽くなってとっても楽チンにvvvv


あまりに気持ちよくて嬉しくて、スタッフさんと一緒に写真を撮らせていただいたりしましたvv
f-5.jpg


蒼「あ…あれ何?」
E「………………でかいよねぇ…」
蒼「でも…あれきっとフルーツだよね…」


f-7.jpg


蒼の指差した先にあったのは、大きな大きな実。見たことがあまりない感じの大きなゴツゴツとしたもので…
思わずスタッフの一人を捕まえて、「あれはなにー!?」と中学英語で質問。

「ナンカね」
蒼「………ふぇ?」
なんか言われましたよ。なんか。
何それーと思ってしまいましたが、日本では通称ジャックフルーツというものでしたvv
あ…あれがジャックフルーツかぁ…自給自足やなぁwwwwと思いつつぼんやりとしていると…何と……先程のおにーさんが、何やら持って……てえええええええええ。(本日二度目)


どーん。

f-6.jpg


フルーツプレート+ドリンクですVVV
うわっ…うわぁぁぁぁvvvvvv聞いてないからこその喜び!!
ありえないー幸せー!!!何この素敵な状況。
ここのフルーツプレートが美味なことは、もうすでに学習済みだよ、あたし!!!
と興奮しまくり。勿論冷たいレモネードの濃さも程よく、おいしく最後までペロッと頂いてしまいましたとも。

足の疲れもすっきりとなくなり、胃袋も程よく満たされ、ほんわかしつつ退散。
本当にお世話になりましたー!!!!


その2

今回、ホテルに到着してから知ったプレゼントがありました。
それが…一回分のディナープレゼント(゚∀゚)
やた!!

これを聞いた時、本当にびっくりしてしまい、思わず二度聞きしてしまいましたとも。
で、ディナーを予約させてもらったのは、二日目の夜。石鹸買って、マンガマドゥでご飯食べて、スパアットザマヤでスパして…アフタヌーンティーをした後で…というそんなに出かけていないにも関わらずぎっちぎちのスケジュールの中でのお夕飯でした(苦笑)
朝食の際にスタッフの方が各テーブルを回って「今夜フルムーンステージがあります」と紹介してくれていたんです。
ディナーをしつつバリ舞踊が見られるという…
うぇww今日ディナープレゼントで予約しちゃったよ…残念orzと思いつついたのですけれども…

確かディナーバイキングがRp260.000ぐらいだったかと。
ホテルの食事で3.000円くらいでディナーのバイキングとか安くないですかwww


さてそんな中、時間になったのでEと連れ立って夕飯の場所へ。すると…どうやらワタシタチの行く先も朝連絡があったフルムーンステージのディナーらしいということに気付く。
え。これらっきー☆
席は…まぁご招待の席なので、はじっこのほうでしたけれども、タダメシです(笑)
何を言うでもなく、ちょこんと座り、ドリンクをチョイス。
お酒は別料金といわれ、料理が本当にプレゼントかをきちんと確認するまで不安で不安で…(こーいうトコだけA型です)笑顔の素敵なスタッフさん(二人ぐらいに)に聞きました!!←もっと人を信じようよ。
お酒は何やらちょっと豪華な雰囲気のあるカクテルを選んでみる。
まぁ一杯700円くらいなら妥当よねぇ…と思いつつ…もうご飯取りに行っていいよーということなので、早速席を立つ。
その時、何やらとんでもなくでかいカクテルを持ったおにーさんとすれ違う。
蒼「何あの酒ーマジでかいんだけど!」
E「ほんまやー。あんなん飲みきれへんよなぁ…来ても困るしWWW」
そして煌くバイキングの場所へ。
f-1.jpg

かなりの種類のお料理がありましたvv

f-2.jpg
デザートの種類も豊富★

そして…もう一度受け付けへと戻ると…また座ってwwとのこと。
なにかなーお会計ないけどなーとぽやぽやしつつ…外を見ていると…
イタリアンバイキングとのことで、うきうきしながら食材を選んでいきます。
そしてこの盛り合わせが完成。


席に戻ってみると既にドリンクが……


ってこれはぁぁぁぁぁっ!!!!!!

f-3.jpg

どーん。

超ビックなカクテル登場。
でかさ伝わりますか?手前のグラスは普通サイズですよ!!!
あまりのでかさに、飲む時には一度グラスを持ち上げて、テーブルの高さよりも下に降ろしてから頂くしか飲む方法がないというでかさ。
普通のカクテルの何倍分やねんWWWW
となる。
ちょっでかすぎ!!!
つーか本当にでかすぎ!!!!(笑)
グラス顔ぐらいありましたとも。
これだけでおなかが一杯になるっちゅーねん(苦笑)

アルコール自体も濃厚で…おいしくいただいちゃいましたv


そして二回戦。パスタを食べたりしつつ…(キレイな写真がなかった(涙))


デザートたち。
f-4.jpg


どんだけ食うねん。と自分達に突っ込みつつもとりあえず食べたいものを取ってくる。
デザートもどれもおいしくてvv
ココナッツアイスクリームが一番美味ー!!!
こんな濃厚なアイス食ったことねぇぇぇと興奮。
勿論食事も美味しかったんですけどね。

ちょっとパスタがゆですぎで笑えましたが。
トマトの中にご飯を入れて焼いてあるお料理が美味でしたvvvv



最終的に…あまりにおなかが一杯になって、お部屋の中で結局食った後即寝というデブまっしぐらな状態に。
いやおいしかったんだもの…だから一杯食べちゃったんだ…。
多分…料理に罪はないと思うわけですが…その実翌朝まで胃袋が満たされていたというのはここだけの話。
明らか食べ過ぎですwwww


そいや、ミネストローネが美味でした。
トマト系の味付けがおいしいのかな。

ちなみに…
フルムーンステージはラーマヤナでした。
ちょっとカメラが高性能ではないために、綺麗に撮れた写真がないので掲載できないのですけれども…
連日ラーマヤナを見るとは思ってもいなかったので、びっくりでした。
子ども達が出てきてとっても可愛かったですよーvvv

テーマ : バリ島 - ジャンル : 旅行

バリ日記⑧

プールとリバーサイドカフェ

プールにも入ってみました。スタッフに声をかけ、テーブルの場所を決めると着替えをします。エステ後のふわふわとした足取りのまま、更衣室兼シャワーブースで着替え、プールサイドへと向かうと、すでにバスタオルと冷たいアクアが準備されています。
わー(゚∀゚*)
と思わず笑顔になりつつ、プールへ。

e-8.jpg
以前も出した写真ですが…

マヤのプールは二箇所あります。その内の一箇所が、リバーサイドカフェのちょうど下に作られた、川へと突出した形のプールです。
独特な波打つ形のこのプール、水深は大体120㎝ほどでしょうか。私の小さな身長で爪先立ち必要といった感じでした。
ぶっちゃけ私は水が嫌いです。それ以上にマラソンが嫌いだったため、マラソンのない高校を選び、入学したら…何とプールの授業があった!とかそんなオチで泣かされた人だったりします。
Eはバタフライまで出来てしまう水好きの人。プールはもちろん入りたいと騒いでいました。(そういや沖縄行った時も張り切って海やらプールやらに入っていたなwww)
水に浮かんで綺麗な空を見上げて、まったり出来るのは気持ちの良いことです。
正し、


浮 か べ れ ば!!!



いや、浮かべますけど沈みます(それは浮かべるとは言わない)
皆が楽だと言う平泳ぎで溺れます(50メートルの命です)
浮き輪プリーズ。
でも浮き輪は持ってはいないし、寧ろプールに入っている白人さん(以外いなかったというオチ)は皆さん普通に泳いだり日光浴をしたりとそれぞれ楽しんでいるわけです。
一心不乱に「歩く、俺歩く」と呟きながら只管水中歩行している人とかはいない(普通でもいるのかどうだかW)そんなゆるやかな時の流れの中で、私達もプールに浸かっていたわけですが…。
プールから見ることの適う景色は最高ですVV
優雅な時を一瞬齧るように30分ほどでプール脱だったのですが、それでも全身にずっしりとくる心地よい倦怠感はありましたvvv

リバーサードカフェ

最終日にお世話になったのは、ここです。
サロンがあるなんて知らない&一度飲んで見たかったホテルのマンゴージュースのためにほてほて歩いていきました。
この旅行中に一冊本を読もうWと互いに小説を持ってきていたのですが、それを最後まで読むために持ち歩いていまして…。
というかこの本、明らか選択ミスでした。
時間がない中、山積みになっていたから…とかそんな理由で手にした1000円ほどの本。
海外の小説なんですけど、単なる殺人事件の推理小説かと思いきや…思わぬ落とし穴的リアルな描写の拷問殺害という何とも何ともな内容(号泣)
心地よい風、気持ちの良い空、座り心地のよい部屋の前のソファー。
そんな素敵空間で何であたし一人で殺伐とした小説読んでんの。
つーか気持ち悪いうぇっ(涙)となっていたんです。でもそれも漸く佳境。後20Pほどで長すぎた結末が見える…という状態になっていたので、カフェにてまったりしつつ、最後のバリの空気を…気持ちの悪い描写の本と共に過ごしていましたw
…皆さん、旅行に持って行く本は、後味のよい、楽しいものにしましょう…。私の二の舞になりますよーvvv

さてさて、話がそれましたけれども。
こちらのマンゴージュースはかなりでかい!!と聞いていたので、ドキドキしながら待っていたのですが…


き…きました!!!!


マンゴージュース
g-1.jpg

ウォーターメロンジュース
g-2.jpg


んまーかなりんまー!!!
大興奮で飲んでいたのですが、長すぎるグラスに笑い、長すぎるストローに笑い…おつまみのように持ってきてくれた豆のお菓子とお煎餅のようなものを食べながら数時間まったり。
…ショウジョウバエのような小さな羽虫にチクチクと刺されて我慢が出来なくなった頃合に出たのですが…
それまでかなり優雅な一時を過ごしました。
ここでEは突然瞑想タイム。
無言やなぁ…おもろないなぁ…とちらりと見ると半目!(ヒィ)
どうやら買い忘れがないかを思い出していたようです。
そんな瞑想まで出来てしまう、このカフェ、食事も美味しそうでしたし、値段も言うほど高くはありません。
澄んだ空気と川の流れの音を聞きつつの食事も素敵ですよね。

というわけで、オマケに空のグラスで、どれだけでかいかということを誇示!!
g-3.jpg



インターネット
ホテルにはゲストが触ることの出来るPCが4台あります。日本語に対応しており、yahooなどからメールを送ることも、必要な情報を検索することも可能です。
勿論、情報をプリントアウトすることも可能。
とっても便利な空間でしたvvvv



…というか、このブログのコメント、数字を含むとカキコミが出来ないという状況に悩まされていたのですが、どうにか回避ー!
前回頂いたコメントのお返事が上記理由でなかなかできず、味気ないものになってしまっているので、近々お返事しなおさせて頂きます(涙)

テーマ : バリ島 - ジャンル : 旅行

バリ旅行⑧

ホテルのその他のサービス

ホテル宿泊のいいところ、それはやっぱり上げ膳据え膳な上に何から何までやってもらえるという所でしょうか。
そして同じホテルに連泊すればするほど、顔見知りのスタッフさんが増え、いろいろとおしゃべりしてくれたり、困っていると助けてくれたりしますvvv
今回はヴィラだったこともあり、プライベートは守られつつ、たくさんの人と触れ合えるというそんな楽しみ方をすることが出来ました。大型ホテルだとやはり人間関係が希薄になりかねないということもありますが…マヤに関してはどのスタッフさんも人懐こかったように思います(こちらも人懐こい性格だったというのもあるのかもしれないんですけれども…)


スタッフさん
とりあえずみんな笑顔。とっても癒される笑顔を向けてくれます。採用条件に笑顔が素敵だという項目があると聞いたことがあったりなかったり…そんなマヤで働く人たちは、ピカピカの笑顔で「オハヨゴザイマス♪」とおしゃべりしてくれちゃうんですvvv
それは…フロント、レストラン、掃除をしてくれる人、タクシー、マヤの入り口に駐在している人…と上げ出せばキリがない程。
「どこ行くの?」「今日はいい天気だね!」と日本語が出来る方は日本語で。日本語が出来ない方は簡単なこちらでも分かるような英語で喋りかけてくれます。
困っている様子を見てとれば「どうしました?」と聞いてくれる、そんなあたたかいホテルでした。
日本人スタッフの方がいらっしゃるのも心強いところかと思います。
そんな彼らに助けられながらのウブドの日々。最後には「もう何度目かのリピーターの方かと思いました!」とスタッフさんに言われてしまうような楽しみ方をしていた私達です。←少しは遠慮しろ。。。


クリーニング
バリは暑い…そう日々体感しつつも、洋服はバリで買えばいいから…と最低限しか持ちこまなかった私達。
勿論あまりの暑さに汗をかき、道の悪さに埃を被り、パンツは美しいとは言い難い状態になっていました。
ひぃ…ワンピース買うつもりやったのに、買えてへんで!このままやと、確実……明後日は汗くさい子になっちゃう!!!
とワンピース複数作戦のつもりが、気に入ったデザインが一着しかまだ見付かっていなかったために、慌ててお洗濯してもらうことを決意!
もしかしたらいい匂いがついてくるかもー?とウキウキしつつ注文書に書き込んでいきます。
パンツ…デニムと黒パンツなんですが…す…スラックス?なんか?
やら
上の服はカットソーでええのん?
やらきゃっきゃと楽しみつつ記入。その後電話をかけます。
勿論相手は英語。
どうやら直接客と接することの少ない部署には英語が主流の方が担当しているようですvvv
午前10時までにお願いしたらその日のうちに洋服が返ってくるらしいので、きっと一日遊んだら明日のために綺麗な洋服が戻ってきているのねーvvvvと楽しみにしつつお出かけしたわけです。

E「ちゃんと洋服返ってくるかな」
蒼「返ってくるやろー」←楽観的。
E「でも返ってこなかったら、明日何着るの?」
蒼「…………」
同じ服を着るか、下着で歩いて変態さんになるのかの二択です(こら)
そんな心配をしつつ部屋に帰ると、すっかり洗濯物のことを忘れる私。に反して、Eはパタパタとベッドの上を見たりしていて…
E「ないで」
蒼「え?」
E「ちょっと聞いてみる」
こういうときの行動力がすごい親友。がっしりと電話を掴み、ダイヤルを既に押していたりして…
…ていうか、洗濯物って一体どこに置いてくれるんやろか…←日本でもクリーニングを頼んだことがなかったため、よく分かっていない。
会話をちらちらと聞いていると、どうやら誰よりも強いEは英語ではなく、日本語で強気に話している。彼ら、多分日本語できへんで!!
E「洗濯物、どこですか?」
「×××××」
E「あ、もしもし?」
どうやら日本語の出来るスタッフさんの居るフロントに変更した模様。
そして更に会話は続く…
E「え?クローゼットの中?ありがとうございます」
慌ててクローゼット確認。するといたいたいたwwwww
パンツ二本にカットソー二枚。綺麗に袋かぶってぶらさがっていますw
もーほんとすみませ。迷惑ばかりかける子達ですみませ(涙)
と、お洗濯物行方不明事件は、速攻解決へ…


タクシー
ホテルではタクシーを借りることが出来ます。
お値段はRp40.000程。
勿論街中で交渉してタクシーに乗ればホテルへはとっても安くいけるようです。
ですが…やはりバリ初心者としては(ちっともその雰囲気は醸していないですけれどもW)普通のタクならまだしも、交渉タクシーなんて無理無理無理(苦笑)
だったので、基本的にホテルにお願いしていました。400円ほどで安全に送り届けてもらえるなら、まったく問題ないよ(笑)
とりあえず初日は…ウブド町中に落として欲しいことを伝え、その前に両替をしたいんですけど…と伝えると、ok!と快諾。
ここで初☆町中両替をし、目的地周辺へとぽいっとしてもらいました。
そんな軽い我儘をきいてくれるのも、いいところかなぁ…と。
勿論、町中からホテルに電話をして、呼んでもらうことも可能です。(その際は思わぬバリタイムが流れることもありますけれども…←30分ほどお店で待たせてもらった)本当にお世話になったタクシーでしたvv



ホテルカーチャーター
タクシーのグレードアップバージョン。
それが1時間単位でのチャーターです。これ、Rp130.000くらいと少々お高いのですが、咄嗟に何か必要になった!買いに行きたい!でもちょっとあっちにも行きたい!など我儘放題をしたいときにはお手軽なものです。
1時間以上、後は30分単位で値段をプラスしていく方式のようですが…
私達のお願いしたかったことは

スーパーでお買い物→荷物を持って食事に行くのはイヤなため、私達をマンガマドゥで下ろして、荷物は部屋へ…
というものでした。最終日前日にお願いしたのですが、買い忘れてしまったものなどをここで大量購入する予定だったため、流石にこの暑さの中、歩いてスーパーに行って、アホほど買い物をした荷物を引き摺ったまま食事をするのはイヤ!更に、そこから荷物を持ってホテルに帰るのはもっとイヤ!!となった結果です。
フロントの方に相談して、一時間チャーター決定。
英語が基本の方が運転してくれたのですが、スーパーでキャッキャと興奮しつつ買い物している様をベンチに腰を降ろして見守ってくれていまして(その心境親の如しですね)たくさん買った私達の荷物を手に持ってすぐに車に向かってくれます。
ですが…「ちょっとまってー!!!!!」
まだチープコスメを見ていない!!!(爆笑)
そんな私達の女の子らしすぎる買い物に付き合ってくれた運転手の方は、満面の笑みで戻ってくる私達に「もうダイジョウブ?」と何度も聞いてくれました。(ほんと申し訳ない…)
その後、マンガマドゥに降ろしてもらい、荷物は部屋に入れて欲しいと伝え、ランチへ。
勿論ちゃんとお部屋に届いていましたvvvv

アフタヌーンティー
ホテル宿泊者の人は、毎日楽しむことの出来るオプション。それがアフタヌーンティーですvvv

ドリンクコーナー
h-9.jpg

フルーツジュースなど
h-8.jpg


ケーキv
h-7.jpg


ケーキ、インドネシアのお菓子、サンドイッチです。


すぐに声をかけてくれて、席はどこが良いかと聞いてくれます。風通しのよい、景色の良い場所を指差してもらえた(というか一番誓い席だったWW)のでそこに座り、ドリンクの場所を教えてもらいます。
フレッシュジュースが四種類とコーヒー、紅茶がこの時間のサービスでした。
ドリンクを持って席に戻るとケーキの盛られたお皿が。これは一人一つなのかなぁ…と思いつつ、フォークを持ち、何やら怪しい風体のインドネシアのお菓子にフォークを差し込む。


蒼「…か……硬っ…」


勿論Eも果敢にチャレンジ。やはり硬い。
フォークで切れるものかと安易に想像していたための仕打ちか知りませんが、フォークは下まですぅと入り込むこともなく、勢い余ってフォークが床へと落ちる始末WWWWWすみませ…騒がしくて(苦笑)
下に敷かれた紙さえも切ってしまいそうな勢いだったので、仕方なくぶっすりと刺して豪快に口へ。
んー………味は……えーっと……味噌っぽい?ようなそんな…正直び…びみょ…
サンドイッチとケーキは美味。お替わり♪と言いたくもなりましたけれど、直前にスパでフルーツプレートを食べ、数時間後にはホテルディナーが控えていたため、そこはあえて我慢(笑)
いやまったく空腹感を感じないまま腹にものを入れている気がします…(酷い)
青空と気持ちの良い風、そして静かな空間。居心地のよさにまったりさせてもらいましたvvvv
しかし…白人の方が多いですね!!日本人はこういった時間の使い方をしないのかな。勿体ない…。(きっと観光に駆けずり回っているのだろうと理解☆)

サロン
h-6.jpg

これは…帰国してから知ったのですが、チェックアウト後にコーヒーなどをいただける空間があるらしいのです!
ちょっチェックアウトの時に言うてくれや!!!
と思わざるを得ない状況。
チェックアウト後、4時間程ホテルでまったりしていたため、それを言うてもらえていたらもっと楽しめたのになぁ…と思ってしまいます。
調べてさえいれば、おいしくいただけたんですよね。ええ。分かっています。
お金が残り少なくなっている中、例え300円といえどお金は払えねぇwwwwと「コーヒーはいかが?/@英語」ってせっかく聞いてくれたにも関わらず「いりませぇんvvv」と答えてしまった自分が恨めしい。
何それ、もっと分かりやすくしてー!!!!!
と、帰国してから日本の地で叫んでいます。
今からウブドにいかれる皆さん、サロンのことは覚えていた方がいいと思いますよvvvv

最後に
ホテルのことを数日に渡って書きましたが、それでも書き足りないことが多々あるのが現状です。
海外のホテルで初めて満足した!!と思えるホテルでした。(まぁ海外経験乏しいですけれどもwww)
次も行きたい…と思う反面、他のホテルもチャレンジしてみたいと思ってしまっている自分がいます。
ですが…またいつか、このホテルにお世話になれたら…と願うばかりです。
やはり行って、良かった!人に勧めたい!と思えるホテルに出会えることって大切ですよね。
様々な意味合いで大満足なホテルでした。
もし機会がありましたら…マヤへ足を運んでみてはいかがでしょうか?
気持ちの良い笑顔とサービスに出会える、そんなホテルですよvvvv(おいしいご飯もね(゚∀゚))

h-1.jpg
お部屋の前のソファー。読書に使いましたvv勿論メイクもここで!

h-4.jpg
フルーツプレートは食べないと増殖していくらしく…すっぱくて微妙だったリンゴの数が増えて幻滅してました←あ。

h-5.jpg
お部屋には可愛い来客もきますv

h-3.jpg
ヴィラ棟

h-2.jpg
スパから見える風景。


テーマ : バリ島 - ジャンル : 旅行

バリ旅行⑨

マンガマドゥ

友達にウブドに行くならここに行きなさい!!と教えてもらっていたお店…それがマンガマドゥです。
ワルンという種類のお店なのですが、地元の人も食べにくる(らしい)ローカルなお店のようです。


マヤウブドからは徒歩で10分程でしょうか。
ジャランジャランしつつ歩く距離としては丁度良いような気もします。
ですが、これは日中の話で…
夜歩くには灯りがないため、懐中電灯がないとちょっと怖い(苦笑)
草の茂みから何か生き物が!!ということがリアルにありそうな予感…ww
という状態でしたので、「夜でも歩いていけるでー」というバリッ子な意見は右から左へと流していました(すまぬ)
やっぱり初バリなので、それなりに他のはじめましてバリのお客さんたちと同じような行動を…。←すでにどこか間違えているけれどwww


さてさてブラッドワンギで思っていた以上にお買い物に明け暮れてしまっていた私達。
勿論朝起きる時間から狂っていたために、全て後ろへ後ろへと時間の皺が寄ってきます。
どこで回避できるのかすら分からなくなってきてしまう状況に少々遠くを見詰めてしまったりもしたのですが…
とりあえず……ブラットワンギで大量に購入した石鹸をエコバックへと詰め込み、テクテクと歩くこと数分。お店へと到着しました(>_<)

嬉しくて、思わず撮った看板二つ。
i-1.jpg

i-2.jpg


オープンな店内は、座敷のように靴を脱ぐ席が店内に入って左手の一段上がった場所にあり、その手前にテーブル席が並びます。場所が少し離れるのですが右手側にもどうやら食事が食べられるスペースもあるようです…。

はじめましての私達、とりあえず入ってすぐにあるテーブルに腰を降ろし、そこでメニューを待ちました。
するとすぐにメニューが運ばれてきます!!

そのメニューを見て絶句。

i-8.jpg


ナシゴレン Rp110.000
ナシチャンプル Rp170.000

って……あの……それ日本じゃペットボトル一本も買えないくらいのお値段じゃぁ……

となりながらも、朝ご飯を学習せずにたんまり食べてしまったために、おなかがめちゃくちゃ空いているとうい状態でもなかったために、とりあえず…

ナシチャンプル 注文。

そしてドリンク…と思い店員さんが座っている方を見ると黒板に……

マンゴージュース Rp80.000
ウォーターメロンジュース Rp80.000

と書いてあるじゃないですか!!!
…こ……これは注文しなくちゃいけないでしょ!!!と妙な責任感を感じながらも一つずつチョイス。
そしてデザートは…とメニューを見ていると…バナナのフライが!!
なんておいしそうなのーvvvvv
と思いこれも注文。


ナシチャンプル
i-6.jpg


めちゃくちゃ大きいドリンク。
i-5.jpg


バナナのフライ
i-7.jpg


チャンプルのおかずはどれも美味。
これは…というものが一つもなく、最初から最後までボキャブラリーが貧困で申し訳ないのですが「うめぇWWWWW」を只管繰り返していましたとも。
そしてここで初めて、しっかりとサンバルソースやお醤油みたいなものを見ました。
これって…タイで言うところのスイートチリソースねv(タイではどこに言ってもスイートチリソースが机上に鎮座していました)

注文してから出てくるまでの時間がかなり短い!後日この速さに感動することになるわけですが。
ドリンクは…スイカのジュースってこんなにうまいの?と思わず問い掛けたくなるお味で。
濃厚でおいしかったんです。そしてさわやか。
マンゴーは…まだマンゴーの完璧な時期ではないからかもしれないのですが、実は…オレンジとまざりあっていました(でもうまい)
しかしドリンク飲むのも大変な大きさで…これで90円もしないの!!!???と驚きまくりです。本当に。
日本じゃ飲めねぇWWWWWビババリ価格!!
まぁ…マンゴーが3つで70円くらいで買えちゃうんだから…当然な価格かもしれないのだけれど…。。。

そしてバナナのデザート。
周りは小麦粉に砂糖をプラスした衣、そして中はしっかりとした歯ざわりを楽しめるバナナvv
周りの甘い皮とは反対に中身は酸味があって、これがおいしい!!
あつあつだったので食べるときもはふはふしてしまいました(>∀<)

食べている間中「んまー」「おいしー♪」を繰り返していた私達。
途中で他の日本人のお客さんも来ていらっしゃったのですが…その方達にお会計に立ち上がったときに声をかけられました。

お客さん「何を食べたの?」
蒼「ナシチャンプルですv」
お客さん「あーそうなんだ。実はねぇ…ここのアヤムカレーが本当にうまいんだよWWW」
蒼「アヤムカレー?」
お客さん「ほらこれ」
そしてその三人組の方達のお皿を見てみると…皆さん同じ品WWW
どんだけWWWW分け合うこともしたくないくらいに美味いの!?それ!!一人占め決定なわけ!?(爆笑)
と思っていると(失礼極まりないですね…)
お客さん「ほら、Rp170.000だから安い安い!もう一回来れるなら来たほうがいいよ!」
蒼「はい!」
お客さん「僕達なんて、ヌサドゥアから来てるから!」
え。えええええええええええええ?
ヌサドゥアからわざわざこのワルンに食べにいらしているの?
納得できるお味だけど、すごいWWWWそんなお店の近くのホテル最高WWWWWWW←違う意味で感動しています。

というわけで、楽しい時間を過ごさせていただき、更には「この子のまだそんなに食べてないから綺麗だから写真撮るといいよ」なんて優しすぎる言葉を頂いてパシャリ。
いやもう絶対、来ます!!食べに来ます!このアヤムカレー食べずして日本の土を踏むわけにはいきませんから!!!
i-9.jpg


そして実はこの時すでに35分すぎ…エステ予約が13時からという名にとも時間ギリギリな状態に思わず笑いそうになりつつ、その後は食後の運動宜しく競歩並みの速さで炎天下の中……上り坂を只管歩くわけです(ご利用は計画的に)


しかしおいしかったねぇ(>ω<)
と何度も思い出しては生唾を飲み込むような状態だった数日間。漸く二度目ましてー!!の来店をすることが出来ました。
私達の頭にはアヤムカレーしか勿論ありません。そして…朝食はどうにか控えめに抑え(抑えられているのかすら分からない状態ですけれども)皿に一度しか盛らない!というポリシーの中で必死に食欲との戦いを繰広げました。
その壮絶たるや…目の前に広がる無限の食材はどれも良い匂いを立て、「明日はあらへんでぇ」と訴えてくるわけです。それを見て見ぬ振り…が出来ず二人で脚を止めじーっとひもじい子達のように見詰め「食べる?」とスタッフの方々に聞かれ…というちょっと恥ずかしい人たちを繰広げていたわけでwwwそんな努力の結果…


おなかが空いているー!!!!あたしたち一人一皿ずつ食べられちゃうWWWWW



というわけで…本日は…飲んでいないドリンクを注文しようと思い立ち。


ミックスジュースとラッシーにしてみました。
やっぱりでかさに驚き。
そして…本日のジュースはマンゴーとスイカと書いてあったのですが、それがどうも不自然。どう考えても、もう一つ上に何かフルーツが書かれていた予感…←真剣に見詰めています。
でも文字が浮き出てくるわけもなく。
なので、そこにあったのはなんやー!と二人で叫びつつジュースを注文。
そしてアヤムカレーと、ナシゴレンを注文。

本日は…向かって左手側にある靴を脱いで上がる席へ。
ちょっと東屋っぽくてこれが可愛いvv

そうこうしている間に…ドリンク到着ー!!!!
i-10.jpg

やはり何度見てもこのでかさは笑えてくる。

そうこうしている間にアヤムカレーが到着
i-12.jpg

店員さん「あついよ。気をつけて!」
蒼「ありがとーvvvv」←カレーに集中しすぎ。
そしてその直後、写真を撮るために皿を動かそうとした私の手は迷うことなくアヤムカレーの鉄板へ。

蒼「あちぃぃぃぃぃぃっ!!!!!!」←だからちゃんとわざわざ店員さんが言うてくれたのに…
E「…………………」←何やってんだ…というちょっぴり冷めた目線vv

そんな蒼の手もそこまで熱くなかったので火傷にはなりませんでした。
もうほんと…ちゃんと人の話は聞こうよ、私。
餌を目の前にぶらさげられた猛獣のようになってます…マジで。

そしてそして……ナシゴレンとうちゃーく!!!
i-11.jpg


んっ…んまー!!!!!!


もうアヤムカレーの美味さも、ナシゴレンの美味さも…値段の安さと反比例する味のレベルも…全て太鼓判!!!!

他のお店で食べた分、ここで取り戻したい!と思ってしまうことも実はアリ!
というくらいに美味です。好きな味です。
ナシゴレンはマヤよりも薄味ですね。あっさりペロリと最後まで食べられるお味でした。

そしてガツガツと食べているときにちらりと視界に入り込む…店員さんの動き。
蒼「E…E!!!何か書いてる!」
E「あ……アボガドだ!」
蒼「アボガドのジュース?飲んだことない…」
E「たのんじゃおっかww」
もう後悔はしないために…(後悔してもすぐには戻ってこれない距離すぎるよ…)再度ドリンク注文。
本日三本目のオーダーはいりまーす!!!←明らかのみすぎですから…
i-13.jpg


そして届いたアボガドジュース。チョコレートが入っていて、濃厚で後味はさっぱりしているという…不思議な新しい感覚でした。
しかし癖になる味でおいしいという…。
美味しいんです、色合い見て、写真見せた子たちは「おいしいん?」と聞いてきましたが…美味しいんです!!!ま…まぁマンゴーには勿論負けますが…スイカにも(ごにょごにょ)

アヤムカレーは、スパイシーですが、ココナッツの風味がきいていてとってもまろやか。
お代わりが欲しくなる味でしたvv
アツアツのチキンも絶品!


という感じで、短い期間ではありましたが、マンガマドゥには二度お世話になりましたvvv
本当だったらもっと回数を重ねたいと思ってしまうお店です。

かなりオススメです。そして教えてくれたお友達に感謝。
知らないまま行っていたら、絶対に入らなかったお店だと思う……(笑)

もしバリにいて…ウブドに行って、小腹がすいたなぁ…と思うことがありましたら、ちょっと中心部からは離れますが脚を運んでみてください。
店員さんが素敵な笑顔で出迎えてくれますよー。

i-4.jpg




…余談ですが。
やっぱりここでも外人のおっちゃーんに声をかけられまして。
すでにバリ滞在数日経っていたために気も大きく英語できないというのにコミュニケーション♪
そんなことが楽しかったという思い出いもなりましたvv

テーマ : バリ島 - ジャンル : 旅行

バリ日記⑩

バリ的石鹸事情

バリの石鹸はええで!
そう事前情報を得ていた上に、お土産のリクエストまで頂いていた蒼です。というわけで、石鹸屋さんに夢を馳せたのは言うまでもなく…
バリ石鹸で日本でも有名な石鹸にMASAKO石鹸というものがあります。こちらどぞ
しかしバリ産のこの石鹸、バリでこうにゅうすることは出来ず、日本で買うとサイト内でも見ることができますが一つ600円前後。まぁ洗顔石鹸と考え、国内で洗顔用のものを購入することを考えれば安いかもしれませんが、実際バリに売っている同じような石鹸の価格を見てしまうと、正直その値段の増し方に驚きを隠せなるわけでww
いやまぁ…お空を飛んで日本の土地に降りてくるのだから当然かもしれないのですけれども…如何せん……。。。
さてこの600円出してでも日本に済んでいる人たちは欲しくなっちゃう評判の良いMASAKO石鹸のバリバージョンがKOU石鹸という名前で販売しています。(日本での販売のお店を検索してみましたが、どこも軒並み550円以上…酷いトコロは700円越えているんですが……のでサイトリンクはやめておきますw)
こちらバリ価格で300円程度で購入できます。ラッピングも可愛く、お店も清潔感が溢れていて、とても可愛いんです。

お店
j-1.jpg

しかし300円程度という適当な感じのするお値段は……実は私、このお店では石鹸を購入しなかったから不明だったりするわけでwww
種類は6種類ほど。量り売りなどもあり、お店は入りやすい雰囲気でしたvvラッピングが可愛いので、お土産にも最適ではないかと!
ですが蒼たちはその超おっされー♪なお店の石鹸には目もくれず、目指したのはこれらの石鹸を作っているブラッドワンギという工場でした。

ブラッドワンギはマヤウブドから徒歩で数分のところにある石鹸工場です。種類も大量にあり、友達からは「オレンジハニー買ってきてvv」やら「フランジパニがいい!」やら言われていたのですが、実際その種類のリストを見てみるとあまりの多さに何を選んだらいいのかさっぱり分からなくなりました。
うわーフランジパニ良いね!ハチミツもお肌がしっとりしそう。薔薇好きとしては、ローズやチュベローズも気になるところ!あああ!!現地に行って考えよ。…というあまりに短絡的な結論に行き着きまして。結果、この曖昧な嗜好が後々私達を苦しめてくれたのは言うまでもありません。
さて、この日の予定は前の記事に書いていた…一日が分刻みでいろいろしなくちゃいけないということになっていた日です。

ヨガ→朝食→ブラッドワンギ→マンガマドゥ→スパ→アフタヌーンティー。

うわwww全然まったくバリ時間で過ごしてねぇwwwww寧ろ日本にいるより忙しいんじゃこれ…(遠い目)
イヤーン。フル稼働!早朝から目覚め、食事の前に身体を動かし、さわやかな気持ちの中で朝食…というステキバリステイな流れを予定していたのですが…

予定は未定(うわー)

消化するために作る予定ではなく、こうだったらいいのにな~的な希望的観測が多分に含まれたものとなった結果。



THE 寝坊。(終了)


いや……いやいや、そんな大幅に寝過ごしたわけではなく、ヨガはすでに前日の夜には諦め、予約すらしていなかったとかそういう…←
更に朝食を食べ終わる予定だった時間に朝食を食べに行ったとかそういう……←


ま、何事も郷に入れば郷に従え。です。(何か違う…)
バリタイムで周りが動いているなら、バリタイムで過ごせばええよ、と自分に都合の良い風に解釈となったわけで。とりあえず朝食を詰め込み、お散歩スタート!スタッフの方に「ドコ行くの?」と聞かれ「じゃらんじゃらん♪」と答えたりしながらてくてくと歩いていきます。つーかホテルでかい!ホテルに入るためのセキュリティーのとこまでが遠い……
そこでも「おはようー!」などと喋りかけてもらいつつ、この出入り口付近に来るだけで相当へたれている私たちは互いの体力のなさに爆笑。
ブラットワンギは看板の位置は確認していたので、そこまでふらふらと歩いて行きます。これが……めっちゃキレイな景色が広がっているんです。
田んぼやジャングル的な木々。青空。そのどえrもにきゃぁきゃぁ興奮しながら写真を何枚も撮影していました。

お空と緑のコントラスト。
j-2.jpg


そして看板はけーん!
j-3.jpg

友達に教えてもらっていた時よりも看板がキレイになってるよ!寧ろキレイに掃除してもらっているよ!!(笑)
ここで獣道のような道からひょっこり出てきたバリのおにーさんが「写真とりましょかー?」とペラペラっと英語でお話してくれまして。ニッコリ笑顔でお願いしましたv


さてさてそんなこんなでおにーさんがひょっこり出て来た獣道へと差し掛かりました。こ れ が かなりクセモノー!!!(爆)

j-4.jpg

雨だったら確実滑って大変な感じの……えーっと昔こんなトコ歩いた記憶あるな……。おじーちゃんと行ったタケノコ狩り!みたいな道で。上手に上がれるかな。というよりも、上手に降りれるかな(帰り)という状態の道を上がり……只管田んぼのあぜ道のようなトコを歩く歩く。……歩く。


蒼「ねぇ……あの建物だったのかな」
E「んーでも何か違うっぽかったよねぇ…」

坂をあがって少し歩いてすぐ左手に白い建物があったのですが、そこかと一瞬思いもしたのですが……洗濯物が普通に干してあったりしたこともあり、違う…そこは絶対違う…と無意識の内に候補地から外してしまったようです。でも道は一本道。前と後ろしかありません。

蒼「一本道で迷ってへん?」
E「…あたしもそんな気がする…」

そして先ほど写真を撮ったデータを呼び起こし、二人で看板をマジマジと見詰めてみる。

E「あっ…」
蒼「んー?」
E「看板から200メートルって書いてある」
蒼「200メートルってさ…」
大分前なんじゃない?そんなことを思いながら一本道を振り返ると、結構長い道のりに見えなくもない(笑)


E「やっぱりアレやったんかなぁ…」
蒼「ていうか、わかんないよねぇ…」

友達に写真つきでデータを貰っていたにも関わらず、看板を見つけたから大丈夫やろう♪と安直に考えた私たち。相変わらず行き当たりばったりな感覚で生きているため、一度や二度迷子になったくらいでは学ぶことはほぼしないようです(ちょ…こら)
しかし200メートル以上歩いて来ていることだけは、私たちにも分かる!と来た道を歩いて戻ってみると、こちらへと向かってくる今からトラッキングだぜー!な欧米系のおばさまたちがぞろぞろと歩いていらっしゃる!

蒼「もーにん!」
「Oh!pretty girl!Where are you buy?」
「So!Cute!!」
と数人から矢継ぎ早に言葉を掛けられ、勿論二人で目を白黒。ステキおば様パワーです(爆笑)それにとりあえずの単語英語でお返事しつつ、短い間の交流を楽しみました。今から山に行くのかー。気温絶好調に上がっていく時間やでー!元気やなぁ…と思いつつバイバイと手を振って見送ってみます。
そして先ほど通り過ぎた建物を見てみると…

蒼「あれ?何か…」
E「手ぇ振ってくれてへん?」

両手を大きく上に上げ、左右に激しく振っている女性が二名。そして私たちがそちらに気付くと慌てておいでおいでしてくれている。
つーかおいでおいでって……万国共通WWWW←

お店の人が、迷子の私たちを見つけてくれましたv一本道で迷子とかですけれども。
もー重ね重ねご迷惑をお掛けしてしまい……(苦笑)

j-5.jpg

工場二階
j-6.jpg


さて、無事に辿りついた工場の二階へと案内され、階段を上がっていくと…乾燥中の石鹸やら、ラッピングされた石鹸やらが大量にあるー!!!しかも…一つの価格が100円~200円程度という安価で種類もめちゃめちゃ豊富!!こっ……これはぁぁっぁぁぁ!!!
籠を手渡され、鼻息荒く包みの上からにおいをかぎながら石鹸を見ていきます。どれも良いにおいで、出来ることならお花の種類は全部欲しい!と思わずにはいられない状態に。でも持ち帰る重さには限度がありますから…とうーんうーんと唸りながら見ていると、切り落とし部分の詰め合わせ発見。これがかなり大量で安価www
買わないといけないでしょvとなり、先ほどの重量とかいろいろな事柄がすっぽりと抜け落ちた私たちは、チュベローズやローズ、フランジパニ、ブラウンシュガ^などを自分用に購入。お土産にはきちんと包まれたものを多数。あと詰め合わせにはない種類のものも自分用に購入しようとしていると、日本人の方が2グループ登場。ご夫婦でいらっしゃった方と少しの間お話をしました。
どうやらバリに魅せられ毎年来ているらしく…家族で、と夫婦で、とを一年毎に繰り返されているようですvなんて素晴らしい!活動的な雰囲気だなーしかも都会的な感じだよなー…とお喋りしている時に感じつつ、いろいろとお話を聞かせてもらいました。ステキなご夫婦だな…と思いながら。
で、そんな奥さんからもこの石鹸の良さを聞き、更に籠の中身は増えていったわけで…(笑)
エコバックに詰め込んでワルンまで歩き、ワルンからホテルまで持ち帰る間の重たかったことといったら……ハンパないです(笑)
でもつるつるお肌のために!そんな重さへっちゃらですvv
奥さんの肌、めっちゃキレイやったし!目指せ素肌美人!

そんなわけでアホほど購入した石鹸。………一人分です。(笑顔)
j-7.jpg


二人になるとこんな感じ。明らか買いすぎ★
j-8.jpg



オマケにマンガマドゥの帰り道にあるfor rentなお家。いかがでしょうか?きっと格安ですよww
j-9.jpg


日用品を販売しているお店。
j-10.jpg



石鹸はとっても使い心地が良いです。突っ張る感覚も少なくて…いいんじゃないかなぁ…と。また行ったらアホ買いしそうです(笑)

テーマ : バリ島 - ジャンル : 旅行

バリ日記⑪

どうも…何だかお久し振りの日記です。
えとえと…年末年始の忙しさに忙殺されつつ、左手から走る痛みに病院に走ったりしていました。
何だかリハビリけってーいい(苦笑)
捻りましたね程度を言われると思っていた手ですが、実はそんなに簡単なものではなかったようでww
まだそんなに痛くなってから日が浅いからクスリとリハビリでどうにかなるよ…とか言われまして。まさかの薬漬けwwww
いや、茶碗持てへんのは確かにおかしいと思ったのだよ、ええ。
でもまさかそんな…

絶対安静とかwwww←原因も分かったところでさっそくPC触っていますが。


今日はお休み最終日なので、手を安静にしつつ過ごそうと思います。
明日から仕事なわけですが…重いもの持ったらあかんとかwww暫くはおとなしい女子のフリをしようかと(笑)


さてさて…まだまだ気長に続けているバリ日記ですが、もうそろそろ終焉を漸く迎えられそうです。
長いよなー相変わらず(笑)
食べ物日記が恐ろしいほど蓄積しているので、それも早めに復活させたいww
年末年始でまたいろいろ行ってきたので!!!

というわけで…バリ日記です。


買い物天国inウブド

お買い物代好きな蒼。しかしバリに行くためにほぼ皆無だった貯蓄を目の当たりにしたEにものすっごく怒られ、ほぼ半年お買い物しないで貯蓄にまわしていたんだYO!
普段からお買い物代好きで、お洋服とか靴とかアクセとかすぐに欲しくなっちゃう私は、それでストレスを発散しているのかも…と考えてしまうくらいに危険な人間になることも多々。
そんな中、ぐっと物欲を堪え、どうにか余裕で遊ぶ金まで作り上げた私を実際ほめて欲しいと何度思ったか。(そしてEにはものすごくほめてもらったダメ人間)
つまりはお金を作るためにぐぐぐぐーっと我慢に我慢を重ねた状態で、触れれば欲しくなるぐらいの危険状態な物に飢えた人間がバリ旅行時に出来上がっていたことは否めませんwwガルル

というわけで。
バリ二日目は早速のお買い物ツアーですv
この日はチャーターの待ち合わせ時間ギリまでお買い物。ホテルのタクシーで町までつれていってもらったのですが、自分たちがいったいどこに居るのかが不明という恐ろしい状態に。

うぇwwwマーケットあるけど…これどっち方向?

と泣きたくなりつつ…地図を握り締めてさんさんと日光を浴びてみる。………焼ける……
とりあえず下ろされたから位置確認しなくたねーっとか言いつつ、気づけばなぜかカゴバックを持っている二人。
ちょ……おい…位置確認はどーしたwwww←すでに買い物モード。迷子の危険率80%
しょっぱな市場のおっさーんに捕まり、でも可愛らしいバックに購入を決定してみたり…。そのままマーケットの中に入るも、位置感覚がさらに分からなくなり、マーケットの端の方だけ歩いて全てを知った気になってみる(こらこら)
とりあえずマーケット内の写真。暗いwwwいやこれでも明るく加工しましたよーv
k-1.jpg


で、マーケットから出て数分歩いてみると…目の前に広がる芝生の広場。
そこには網のないサッカーゴールが……も……もしやこれって……

蒼・E「サッカー場やwwwwwwwwww」

目印になるからといわれたサッカー場の発見です。
k-2.jpg

そこからホテルバスの停留所まで確認しに行き、(これもたまたまホテルバスが止まっていて、見覚えのある制服を着ていたから見つけられたとかそういった…)お買い物スタートですv

ワンピースも普通にお洋服も欲しいvvvバリっぽいワンピース欲しいよねーvvいいよねーvvvアクセもいいよねーvvvと舗装された上でデコボコと本気で穴の開いている道を右へ左へとうろうろしながら歩き回り(それはもう道路を渡って対面の店に行くなど当然の話ですw)めぼしいものをチェック☆
お茶をする時間も惜しみつつ、ペットボトルを購入して(20円もしないです…安い…)歩きながらお買い物。
途中「ドデスカー?」とカフェのおにーさんに軽く誘われふらふらと中に誘導されていきそうになる私を尻目にスタスタと歩き去るE。
ちょ……置いてかないでー!!一人はイヤー!!!(涙)歩くのはやいよー暑いよー(涙涙涙)と泣きつく私も結局はEに追いつき、お土産や自分のものをゲットするためにフラフラしはじめました。

やっぱりバリに来たならば…

と必ずガイドブックや旅行の番組などで取り上げられているビーズのアクセサリー屋さんに突撃☆
店内こんな感じです。
k-3.jpg


天井にペタリと張り付くヤモリ(なのでしょうか)の多さに笑いつつ、いろいろ覗きましたvv
色鮮やかなものが一杯ぶら下がっていますv同じ種類の色違いだとか、形違いだとか同系色だとか…綺麗に並んでいるんです。そんな中から自分が欲しいと思う一つを引っ張り出しては吟味。
友達への土産もここでちょこっと購入。纏めて買うと安くしてくれるので、勿論値切りまくりましたがww
まぁ値札がないため、値段なんてあるようでないようなもんです。その時の勝負しだいといったところなのでしょうけれども…電卓たたきつつ店員さんと戦うのが面白い←

その後もアンティークショップで簪を発見。Eさんが友達の結婚式用に欲しいということで…店員のおっさんといろいろお喋りしながらチョイス。
Rp.24.000といっていた値段を値引かせていきます。とりあえず半額言うたら「んなわけあるかいw」と取り合ってくれない様子。しかしそこから駆け引きがスタートしているんどえす!
20.000というおっさんに対して強気のEは16.000!と主張。するとそれを聞いたおっさんがあっさりと18.000まで下げてきます。いやでもその余裕の下げ方がいかにも怪しいだろwwwwとなり、納得しない素振りを見せ、お外に出ようとすると、ドアを開けておっさんが「17.500でいいよー!!」と叫んできました。
勿論このときには買わず(笑)
その後、最終日前日にもう一度駆け込んで、同じものを今度は14.000からスタートさせ、何と16.800という前回よりも安価で購入したという結果となりました。
いや何といいますか…Eさんかっこいいー(爆笑)
実際の値段がないので、何ともいえないですし、もしかしなくてもおっさんがかなり儲かっているかもしれないですけれども、アジアでの買い物はこういう風に値切ったりできる駆け引きが醍醐味だよなーと思いましたv


さらには…ワンピースを目をつけていた店で購入。これがかなり可愛くて、着易くて気持ちがいいvvとバリ滞在中、かなりヘビロテしてましたーv

というわけで本日のお買い物。
k-6.jpg



オマケ

石鹸屋さんで有名なKOU石鹸の外からの風景
k-4.jpg


ちょ…何をいったい破産覚悟してるのか。と思わず問いかけたくもなる看板。
k-5.jpg

かえるさんが可愛くて思わず一緒に写真を撮りましたが、店内には脚を踏み入れず。
…しかし今となってはおいしいネタが一杯あったかもしれないから入ればよかったかもなーと思っていたり。

しっかしワンピース楽でしたよvvこれは本当にオススメ。
バリに行かれたら安価ですし、ホテルできる服は現地調達していかれるのがオススメですねーv
来年の夏も私は着ていると思います。ええ。年齢など関係なく←



というわけで久々バリ日記でした。
ちょっと立て続けに更新して、早く終わらせないと……

年末年始に行ったラデュレネタがまったくもって書けんww寧ろ食日記が10月あたりから停滞しているせいで…写メばかりが蓄積されていっている気が………(遠い目)

テーマ : バリ島 - ジャンル : 旅行

バリ日記⑫

インドネシア的ファーストフード事情

もともとファーストフードで学生時代にバイトしていたこともあり、またEも同じバイト先だったということもあって…二人で海外に行くとファーストフードへ脚を運びます。
そこにどれだけ美味しい地元料理があったとしても…とりあえず現地でしか見ることの適わないご当地メニューを探し、放浪の旅に出るわけです。
今回行ったファーストフードはマックとケンタ。
ケンタはタイに行った時におなかが一杯すぎて(あきらか食べすぎw)食べられなかった限定メニューがあって悔し涙を零したため、今回こそは…と意気込んでいきました。

ケンタ
l-1.jpg


タナロットに行った後、飢えた雛鳥のようにピィピィと「ヌサドゥアに行きたいのーヌサドゥアのワルンにいきたいのー!!」と騒いだ私たち。ですが…パラダイスバリのおにーさんに「それ場所わからないよ…」と言われてしまいました。電話番号も、お店の名前も控えて行ったのに分からないという…

まーじーでー(涙)
と、かなり悲しくなって仕方なく「じゃぁもう…ファーストフードでええよ…」とふてくされた子供のようになったため、なんとバリでのディナーが一晩ケンタッキーになりましたw(いや大好きだけどさww)
店内に入ると、すごい桁の代金の表示のあるメニューが…
マ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)ジ!?

l-2.jpg

l-3.jpg


あ…ルピアだからだいたい日本円にするには下二桁取るんだったwwと思い出す。(でもやはり…ケンタで12.390円とか書かれてたらびっくりするし!)
カウンターの上にメニューはなく、上に掲げてあるメニューを見上げながらの注文なのだと気づいたのですが、そのメニュー自体何がなにやら。どれを告げたら店員に伝わるのかも分からず、とりあえずじっとメニューを見てみる。

蒼「…あ……あれ?……ご飯?」
E「ほんまやー見たことないメニューがいっぱい…」
蒼「つーかあれってもしかして…」


はい、どんぶりです。
l-4.jpg


ケンタ丼。ぶったぎったケンタをカキ氷用のカップに詰め込んだご飯の上に適度に乗せます。そして辛いソースをかけたら出来上がり♪という素敵丼。ドリンクもアップルサイダー的なものしかセットに出来ないらしく、日本とのシステムやメニューの違いに驚いたのは言うまでもないです。


そして…ケンタプレート?
l-5.jpg

やはり丼と同じくぶった切ったケンタをプレートに入れ、甘辛いソースをかけます。ポテトかライスかを選べ、若干ポテトのほうが値段が高かったような…
こちらはドリンクペプシオンリー(笑)

最後はチキンフィレオ
日本と違い、細長いバンズです。バーガーキングのチキンサンドみたいな形でしょうか。…こちらは普通にうまうまvv


現地メニューにばかり囚われてしまい、気づけば普通のチキンを一本も注文していなかったという…正直これに気づいた時のショックは計り知れなかったです(大げさな)

ケンタ丼はかなりオススメ!
プレートはちょっと…微妙な味付けな気もします。しかしケンタ丼は!!
何この新しいメニュー!斬新で美味!となりました。
これ、日本でも売れるんじゃなかろうか…(真顔)



マクドナルド。
実はインドネシア滞在中、二度ほどお世話になりました。一度はチャーターを頼んだ会社にめちゃくちゃ高い観光客向けの店につれて行かれ、21%の税金まで分捕られてかなり少量の昼ごはんだったというその直後にマックに入って食べたわけですw

インドネシアはヒンドゥー教徒の多い国。必然的に牛肉を食べることは少なくなっていきます。そんなインドネシアに根付くマックとは?
とかなりドキドキしながらご来店。
ちょっと態度のでかいマクドナルドのキャラと写真を撮ったり…

l-6.jpg

つーか笑顔な顔と態度がまったく合ってない件。いやこんな大人な香りのするのもいいけどさ…でも子供に夢は与えないよね!(寧ろ子供に夢を元々与える存在なのかが疑問だww)

店内はとても明るいです。そしてやっぱりここもケンタ同様、カウンターにメニューはない!
l-7.jpg

l-8.jpg


じっとメニューを見上げつつ見慣れないメニューからチョイス。
マック一番人気はチキンフィレオらしいです。納得。
そしてさらに…ケンタのようにマックチキンがある……

ビックマックのセットも300円くらいで食べられちゃうリーズナブルさですが、これでも現地ワルンで食事をすることを考えると結構高いなぁ…と感じます。


いやしかし…この安さ…本当にうらやましい…(タイは価格自体はそう変わらなかった記憶が…)

とうわけでご購入したマックチキンとポテトv
l-11.jpg

たしか200円ちょっとでした。勿論ドリンクはペプシ(普段飲まないため、数年分を飲んだ気持ちですv)
さっくさくの衣とジューシーな肉。想像以上に美味でした。でもおなか一杯になっちゃって途中でダウン。
ポテトは行儀悪く突っ込まれていて、思わず笑う。
ポテトを綺麗に入れてるのってもしかして日本ぐらいなんやろうか…

そういえば、マックの店内にはソースを自由に入れられるトコがありました。
サンバルソースとケチャップですvvv
これがまたおいしくて…v勿論お持ち帰りにもつきましたよーv
l-9.jpg



外観
l-10.jpg


そんなわけで…ファーストフードでしたvv
今度はドーナツ屋さんに是非とも行ってみたい……。
とにかくデブまっしぐらなのは伝わる日記かと思われます(爆笑)いやだって、そうそうこれないし!!そんなんだからこそ詰め込みまくるわけでwwww←ちょっ自重。

テーマ : バリ島 - ジャンル : 旅行

バリ日記⑬

お買い物inデンパサールのマーケット+スミニャック編

お買い物がしたいのー。お買い物がしたいのー。とピヨピヨ叫ぶ(んな可愛らしいものでもないが)私たちに、本日のガイドさんであるマリさんが「ワカリマシタ!」と元気一杯にうなずいてくれましたv
この日のチャーターは6時間コース。大体3.600円くらいだったと思います。
自分で電話して、予約するという…アレです。空港について棚から数枚引き抜いてきたチラシから一社を選び出し、お電話をかけたんです(勿論緊張しまくりです。だったんですが、電話に出てくれた人がめちゃくちゃ流暢すぎる日本語だったのでびっくりしましたww)
冷房付き、日本語ガイド付き、車付き、ガソリン代なし!そんな素敵な環境の中、ちょっと……いやかなり古めのワゴン車に乗り込み、インドネシア人の荒い運転を実感しながらもデンパサールへv
というか、かなり…本当に……運転荒いと思うよ!!!下手したらよっぱらっちゃうので、要注意ですね☆

さて…かなり時間をかけて…到着!うわー映画の中の街中みたいーと観光客丸出しにしつつ、降り立ってみる。
m-1.jpg


大きすぎるマーケットに驚きつつ、余所見してたら置いていかれちゃいそうな勢いのあるマリさんについてピヨピヨついて歩きます。
m-2.jpg

m-10.jpg

迷子必然☆

いやもう見失ったら最後、どうしたらいいのか分からなくなっちゃうからこちらも必死。そしてここで……
蒼「あの……何か帽子を……帽子が欲しいんです…(必死)」
と訴える。帽子を忘れ、日傘もない中、ウブドではなぜかそれらのものが見つけられないまま…日に日に黒ずんでいく自分と日々対面していたため、いち早く防止が欲しくて仕方が無かったの(とんだワガママ娘ですともww)で、マリさんも帽子ねぇ…と悩みながら、二階、三階へと上がります。

「やっすいよぉ」
「おねぇさん、シルク!シルクどう?」
ととりあえず只管声を掛けられ、そんな中をのーさんきゅーでもなく「帽子ー帽子ー」と呟きながら歩く蒼。目的のものとは遠くかけ離れたものが一杯置いてあるところを通り過ぎると、マリさんが嬉々として声をかけてくれる。
「蒼さん!コレ!!」
…………いや……あの………ちょ………


田植えのときに使う傘みたいなの、さすがに被りませんからwwwwww

次にキラキラとした目で指差されたのはシンプルイズベストな麦わら帽子。
まさしく麦わら!な田舎のおっちゃんがタオルを首に巻きつつ被っていそうなものだとか…


そんなんかぶりませんからwwwwwというかそれ以外でお願い!!

という中、洋服などを取り扱っているお土産屋さんで帽子を発見。もう何でもイイヨ、布製だったら。となっていた青は、指差して欲しいと伝え、それでも冷静に値段交渉していました(苦笑)帽子ゲット後はお土産用のバリ猫ちゃんを購入したり、Eがそれどうすんの?友達もらってどないすんねん!と激しく突っ込みたくなるような手足が無駄にゆらゆらと揺れる蛙がくっついた鉛筆を購入したりと…互いの買い物を楽しみつつ、マーケットに来たのだからと香辛料のお店を探しに行きました。

「バニラビーンズプリーズ!!!!!」

母への土産はいろいろ買っていたのですが、常日頃バニラビーンズが高い高いとぼやいていたのを覚えていた蒼は、めっちゃくちゃ小汚い店で置かれている何が何だかわからんような香辛料をチェック。すぐらーい店内には錆付いた秤とおにーさんが(笑)ここで買ったとは言えない…写真にも残せない…なんてぼやきながらも、「ばにらびーんず!」と伝えると奥からタッパ(らしきもの)に入ったそれが……多分30本くらい一束の子が到着。しかしこれは値段交渉不可とのこと。でも値段を考えてみると、あまりの安さに驚きを隠せなかったのが正直な話です。

だって一本600円とかする子が………30本以上は言って600円くらいなんだもの!!!!!

いやもう例えボられていたとしてもいいよ。こんだけ安いならww
と心のそこから思ってしまいましたとも。やった!多分コレが一番母喜ぶ!(そしてその予想は大当たり)
バニラビーンズって、カスタードクリームとか作るときに必要なんですよねvvv
そのまま左にずれて、隣の駄菓子屋さんを覗いてみる。いろいろ子供たちが購入しそうなものが並ぶ中、不思議なものを発見。

蒼「あれ、何やろー」
マリさん「……ジュースです」
蒼・E「ジュース!!!」
よく二本の駄菓子屋さんでも販売している、粉のジュースって分かりますか?アレです(笑)それがぶらぶらと10個一つなぎでぶら下がっているんです。
実は町中を車で走っていても、お店の前にいろいろぶら下がっているなー、アレ何かなー。と思っていたわけなのですが。そんな謎が簡単に解け、そしてそれが土産の一つに加わることに。オレンジなどのオーソドックスなものもあったのですが、どうせなら南国の香りのするものにしようぜwwとばかりにチョイス。

蒼 マンゴー・シルサック
E シルサック・ドリアン

ちょ……最後の明らかにヤバくね?まずくね??と思ってしまうものですが……どうせなら南国デショwwwとオレンジを買おうとしたEに一言言った蒼。とうか、寧ろマンゴーでええやんwwwと思っての一言だったのですが。

E「そか……じゃぁバリっぽいのにするね!」

と告げたEがチョイスしたのが……

なぜにドリアンー!!!!!


いやあの、……見てくれからちょっとヤバいんですけど。寧ろ他のジュースはそれなりにおいしそうに見えるけど、ドリアンのパッケージだけ異様に泡だっているんですけれども!!!


後日、なぜか私のトコロに2つ寂しく置いていかれたドリアンをそのまま捨てるのも忍びなかったので、仲の良い会社の飲み仲間を無理矢理引っ張っていき、紙コップに中身を開け、水投入。

「うっ……わ……くっ……くさっ!!!!!」

という異臭騒ぎの発端になりました。あまりの臭さにシンクに捨てることも出来ず、トイレまで流しに走ったとかいうのはここだけの話です(勿論便器!)
しかもトイレに流してもそれでもかなり臭いが残ってしまい、もう本当に何ていうか……


公害。


あれは商品化したらいかんやろ!そんなわざわざ科学的に臭いを再現しなくてもwwwwとなりながらも、一口飲んだ私たちはその日半日以上口の周囲異臭事件とあいなりました(自分しかわからん)
いや私は買ってないけど…


残り9袋分の異臭が発生したかと思うと恐怖(苦笑)

だからといって、マンゴーもシルサックも一つも口には入れていないのが本当のトコロです。(ちょ)


その後はマンゴーを求めてふらふらと。

m-4.jpg

おばあちゃんの笑顔に騙されたと気付くのはホテルに帰ってからなのですが、それでもマンゴー三つをめぐっての壮絶な値段引き下げを行ったりしていました(笑)結果3つで70円くらい。硬すぎて甘くなくて大変だったので、とりあえず次回からは自分でマンゴーを選ばせてくれるお店に行きたい(というよりスーパーで買うと甘さも確実)

あとはインドネシアのマーケットの人たちが手作りした田舎お菓子を購入しましたvカラフルで可愛くて、美味だったんですよーvvvもっちもち。
m-5.jpg



さてさて、その後は……スミニャックでお買い物♪そんなにお金を使わずにきている私たちの物欲は高まるばかりです。というわけで、マリさんにお付き合いしてもらいなが右へ左へと道路を渡りながらショッピング。
可愛いサンダルがあったんですが、サイズが合わなかったり、鞄もいいかなーと思いつつそこまで欲しくなかったり…となっていたのですが、それも最初に入ったお店で運命的な出会いをしていたからだったりしました(笑)
あまりの鞄の可愛さに脳内そこにもっていかれていたという。

牛革で16000円ほど。うーんうーんと思いながらお買い物をしていても、やっぱり気になるのはその鞄。というかほとんどお小遣い使ってないからこそもう買っちゃえよwww的な感じになりつつありましたが。


買っちゃいましたvv

いやあまりに不思議な格好で。しかし軽くて大きい!(でも中身はぐちゃぐちゃになりますが)
帰国してからも愛用いています。いつも重たい鞄ばかりだったので、すごく新鮮でした。
Eも同じ店で鞄を二種類買ったり、ワンピースやアクセサリーなどを購入。互いにマジ満足して、おなかがすいたから…とマリさんオススメのお店へ。

つーかこれがかなりはずれ(爆笑)
というか観光客相手なのがよく分かるお店といいますか。

m-7.jpg


値段も勿論高いのですが、サービス料21%とかこれいかにww
あらまぁ…と思いながらも、今日はこの人たちの望むルートを全てノーサンキューでお断りしまくっていたし、まぁええか……………とランチタイム。だいたい一品650円くらいなのですが、このプレート……

m-8.jpg


高くない?(笑)


マンガマドゥを知ってしまったからいけないのかどうだか分からないですが…後300円くらい足したら、確実ホテルのメシ食えますよー。足すっちゅーねん(笑)
ちょっと納得がいかなかった蒼たち。
まぁ…マリさんと一緒にご飯食べながらいろいろ聞けたからいいかなーとも。

その後ちょこっと海につれていってくれました。
m-9.jpg


初めて近で見たバリの海ー!!!←
海岸はあまり綺麗じゃないのですが、やっぱり水の色は綺麗!遠浅でちょっとびっくりしながらも、きゃぁきゃぁ大喜びで写真を撮りました。やっぱり海っていいですよねーvv癒されます。

そんな感じで、その後マックにつれてってー!腹減ったー!と頼んだ私たちは大物かと思われ(自重)

マックでチキンを購入した後、スーパー→ホテルという大忙しな一日でしたが、とっても大満足でした。
何よりもお買い物が一杯できたことが嬉しいとか。
ウブドはウブドなりの、スミニャックにはスミニャックの素敵なお店がいっぱいありますねーvv

素敵な笑顔にもいっぱい出会えた一日でした。

オマケ

スミニャックでも見つけた変な看板。
ちょっ…おすもうさんwwww
m-6.jpg



市場の風景を少し……デンパサールのマーケットは本当に大きいですよねv
m-3.jpg

路上もこんな感じです。
m-11.jpg


近くにあったお寺(お祭り真っ只中!!)
m-12.jpg

そして私たちの本日の収穫分←明らかかいすぎww
m-13.jpg

テーマ : バリ島 - ジャンル : 旅行

韓国旅行に行ってきま!@空港編

はじめまして韓国!!


というわけで、かなり強行プランで行ってきました。
何が強行かといいますと…予約を取ったのが、二週間を切った日だったというところで…。9月はほぼ飛行機もホテルも取れにくくなっていますー。とか、あまりに急すぎてすさまじいお値段のプランしか残っていなかったり、残っていたらいたで、初日19時着、ホテル21時着。帰国日午前4時集合とかもうわけわからんwwwという状態のものだったりと、なんぞそれwwwな感じになっていました。

いろいろなサイトや旅行会社を見たのですが、どこも「難しい」の一言。滞在時間を延ばし、更に帰国日が日曜だと、のきなみ値段が上がって行くわけです。韓国二泊三日6万とか、目玉飛び出るかと思ったWW


そんな中、どうにか確保したわけですが…今回はちょっと特殊で、三人で参加、内一人が一泊二日で帰国という設定でした。そんなワガママも聞いてもらいつつ、14:30には団体行動から解放され、帰国日も14:30くらいまでは自由になれるというもので。滞在時間をかなり長く取っての状態になりました。

ホテルは明洞からは少し離れていますが、ぶっちゃけ地下鉄が発達しているソウルでは何の問題もないという。用は地下鉄の駅からホテルまでの距離が遠いか近いかの問題だけでした。

そんなこんなで当日、様々なことに胸を膨らませつつ、出発です。午前4時50分。そのくらいにSが迎えに来ると言っていたので、4時には起床し、準備をして待っていました。
ですが…このS、遅刻の常習魔。最近は集合時間15分前を連絡すると丁度良い時間にきてくれるというそんな子なわけで。胸を過ぎる一抹の不安………。
『今日って4:50だよね?』←アタシがメールした文章。

すると、30分頃に「5時前いは行くね」と連絡が。
あーなるほど、5時前ね。5時前……………。ってもう57分なんですけどー。Sにとって5時前ってもしかして5時過ぎ???(-_-;)
なんて思っていると、5分頃に滑り込みで到着。いや遅刻してますけど。完全遅刻気味ですけどww
いやしかし、送ってもらうのでそこはぐっと言葉を飲み込み、かなりステキスピードで突き進む彼女を見守るわけで。そうこうしている間にポツリと一言。

S「ねぇ…パジャマ持ってきた?」
蒼「え…室内着ってこと?」
S「うん…」
蒼「持ってきたよー。あたりまえやんww」
S「えええええええ!!!!!??????」


っていうか、その驚きはどうなんだ。
帰りの荷物を考えて、かなり荷物を減らしたとは聞いていたけど、必要なモノまで置いてきよるwwwwwそれどうなんだw
咄嗟に「え。おま…トップレスな上パンツ一丁で寝るんかい?」と問いかけた私は悪くない。そして悩み始めるS。いやいや、ここで悩む前に連絡しようよ。連絡。メール一つで全て答えが見えていたと思うのだがw

S「うわーどうしよー」
蒼「なんか買ったら…?」
S「どうしよー」←聞いてない。

いやもう少し…あの…あたしの話を…(爆笑)
蒼「そういや、パジャマはないけど、バスローブはあるみたいやで?」
S「え?本当?じゃぁそれで寝るV」
い…いやいやいやいやいやいや。バスローブは浴衣とは違うと思うで!寧ろ寝にくいやろ、あれ!!と心の中で突っ込んだのは言うまでもなく。更に言えば、買ったらいいという私の一言は華麗にスルーされています。
………送ってもらってるから、何も言わんけど(苦笑)


バス停に到着し、バスを待っているとおじさんが喋りかけてきてくれて、楽しい時間を過ごすことが出来ました。そして20分くらい待った後、バスに乗り込んだ時に…
S「あ……携帯忘れた」
どうやら車の中に携帯忘れた模様wwいやでももう出発するよ、S。諦めて…お願い…
となりまして。初っ端から撃沈したSと共に空港へと向かったわけです。どうやら欲しかったものの画像を撮影していたらしく、そのオチっぷりは半端なくて…かわいそうなくらいでしたけれども…


ま。忘れちゃったのは自分自身やし…ねvv←鬼。



そんなこんなで空港でメイクをし、親友到着。テンション上がりまくりのまま腹をすかせて「おなかすいたー」を連呼していたSと共にチェックインに行きます。
今回は大韓航空だったのですが、けっこう並んでいるエコノミーみたいな。大人しくそこに並び、呼ばれてからとっても可愛い女性が対応しているところへ到着しました。
すぐにチェックイン作業終わるかなーと思っていたのですが、これが結構手間取ってしまって…彼女も焦っているのが伝わって「大丈夫かなぁ…」と思っていると……

「一席確保できないんです…」と隣の隣のデスクの先輩に電話を掛けている様子。そして彼女がこちらまで来て、いろいろと相談しつつ対応しているのですがなかなか好転せず。しかしその後神的な一言が。


「大変お待たせしました。申し訳ございません。本日ビジネスクラスでのご案内となります」





えええええええええ(゚Д゚)



まじでまじでまじで。人生初のビジネスクラスだよ!!
一生エコノミーだと思っていたのに、こんなところで擬似リッチ体験。セレブ体験(苦笑)
フライト時間が短いのが切ない所ですが、それでもひっじょーに楽しみで。
739.jpg


更にテンション上がりまくりながら、軽くご飯を食べに移動しました。
お友達が「セントレア使うなら、絶対天むす!!」と言っていたため、それに忠実に従います。店内で天むす所望ー!!と二人分+味噌汁一つを注文。

耳障りのよい、おいしそうなエビを揚げる音が聞こえてきます…。
うわーvvあげたてやーvvvv

到着。
737.jpg


お味噌汁は具沢山。エビは揚げたてのプリプリ。ご飯の硬さも程よく、とってもおいしいんです!!
うわーこれは美味vvとすっかりご満悦に。そうこうしている間にフライトの時間が迫ってきたため、慌てて移動(やっぱり)

飛行機
738.jpg

ちょっと位置的に撮れない…(涙)
前方から今日はな感じで。
ビジネスやぁぁぁぁvvvと幸せに浸りながらも席へ向かうと…
見たことのない椅子がそこに!!!!
一つずつ独立したタイプの椅子!背を倒しても後ろの人に迷惑を一切かけることなく動かしまくることが出来ちゃうんです!

なんぞこれ!!と大興奮(子どもです)
734.jpg

そして座るや否や速攻でグラスに入ったドリンクがサーブされます。
迷わずグァバジュースをチョイス。
735.jpg

ウマーvvvvv



映画も見放題、ゲームもそれなりにできちゃう。読書灯とかまでついている!!(そんな読書灯のライトをちょっと誤作動で二度程親友のとこのをつけてしまい、起こられたのは私)


すぐに軽食が運ばれてきます。ていうか、軽食というか…あの………。


メニューからしてすごく豪勢wwwディナーが食べてみたかったなぁ…なんて思いつつ。


まずはフルーツとワイン、パンが配られます。
736.jpg

パンは二種類。棚ぼたすぎる幸福を噛み締めながら、パンをチョイス。ワインは赤のみでしたが、とりあえず三人で二本お願いしました。

とどきましたおー。
チキンとフィッシュでした。
733.jpg

チキン!と元気一杯答えるとニッコリと笑われてしまいまして…一体何歳だこいつとか思われたんじゃなかろうかとドキドキ(本当にな)そしてそんな彼女がプレートを置いてくれたときに失敗。トングにご飯が「はなれたくないのー!」とくっついていった結果、ゴロリとご飯部分だけがひっくり返るという状態に。まぁ味が変わるわけじゃないから、このままでいいよーと言ったのですが、「ダメダメ!!」と持っていっちゃいました。あたらく換えてくれたのだけど、申し訳なくて…

で。肝心のお味ですが…
まぁまぁおいしいですvvちょっと味が濃いめだったり、チキンが乾燥しちゃってて潤いを与えてあげて!!!コラーゲンとか必要よ!この子!という状態になっていましたが、おいしくいただけちゃいましたともvv
ああ。今から韓国でガッツリ食べる予定なのに大丈夫かしら…なんて不安になりながら。


この食事の時にもう一度ドリンクをお願いできて、迷わずグァバジュースを(どんだけ好きなんだw)
そしてこの飲みすぎに近い状態が空港に行ってから痛い目見るわけですが…まぁそれも学習です。


そんなこんなで心地よいフライトタイムはあっという間に過ぎ去りまして…(いやしかし座りごこちのよさは半端無かったです。脚の部分まで自動で調節できちゃうんですvvフラットな状態にして眠ることも出来ちゃう。なんてステキな椅子)


途中、エコノミーから戻って来るスッチーさんの手にあったものがお寿司で…私たちも本当ならこれを食べていたのね…と思いつつも横目で見ていたわけです。

個別のスリッパまで置いてあったので、次回ライブのために(アリーナの時の必需品)とりあえずお持ち帰りしましたv


着陸も驚く程上手で、しずかーに到着。
運転手さんに感謝しまくりましたとも。

そんなこんなで次は、到着編です(笑)
740.jpg


…そういえば、やっぱり今回も金属探知機で止められた蒼でした。もう何度目なのかしら。ベルトも抜かれ、靴も脱がされましたよー

テーマ : 韓国旅行 - ジャンル : 旅行

韓国旅行へ行ってきました!@入国編

韓国についたどー!!!!

さてここでも一悶着。荷物を上部にある棚に入れてしまい、入国カードの分からない部分を記入できなかった人たち。しかしその旅行本すら実はスーツケースの中だったと気付き、書ける所だけ埋めていました。
で書けなかったとこが以下。

目的は?
観光ですが…観光って書いてええの?違うよなwwww


お仕事してますか?
普通に会社員と書きたいところですが、会社員て何て言うの?となった。


ホテルの住所、電話番号。
知りません(こらー!!)



というわけで、とりあえず戸棚の中にあった荷物からホテルの名前と住所、電話番号を記載。
次いで携帯を使い、サイトシーングサイトシーングといいつつスペルを確認。ありがとう、携帯。

だがもう一つが埋まらない。埋まらない。おふぃす…おふぃす…………マン!(男!)
すみません。もうすぐ三十路ーの頭の中は、すでに韓国だらけで、英語の隙間がほぼないです。そんなあたしたちの脳内にある韓国語は


「アジュマー、カカジュセヨー」(おばちゃん、まけてv)

「アジュマー、イゴジュセヨー」(おばちゃん、これちょうだい)

という二つだけだったというのはここだけの話。
ごめんなさいとか結局覚えないままここにいたっています(次までにはもう少し学ぶんだ!!)


そんなこんなで最終決断。


「会社員」


わーい日本語ってステキ!みたいな(遠い目)
ちょっとは常識範囲内でもいいから使えるようにならないとなぁ…@英語



ちなみにOffice workerだったようですが…まぁ確かに字の如く。


そんなこんなで入国完了後、トイレに行こうとしたのですが、何というか自分のスーツケースが吐き出されたのが見えました!目立つ!市松の子!間違え様がないわww
というわけで先に荷物ゲトー。
そのままトイレへ一目散で行きました。トイレは綺麗やけど、トイレの数が少ないのが何ともな感じで。で、用を足し(女子です)お金を両替していざゆかん!とうい状態に。レートも良く、纏めて諭吉をお嫁に出したわけです。そして外に出ると、担当の方が大概待った感満載で。
「待ってたのよー」
「あああ。ごめんなさい。トイレが混んでたんです」
そして待ちぼうけしている男性二人。
ああ…もう本当に居たたまれない。申し訳ないです。


そんなこんなで移動となりました。
仁川空港は素晴らしいということでしたが、それを確認出来ないままで…帰りにきっちりと見て回りたいなぁ…なんて思いながら。

行く道すがらいろいろな説明を聞きつつ、さり気ない勧誘をスルーしつつホテルへと向かってもらいました。いやしかし…ソウルの交通ルールはすさまじく崩壊気味らしく。クラクションが上等手段というのは、どこもアジアじゃ変わらないのかもなぁ…とぼんやり。
「アタシが通るのよ、ブッブー!!」
「ちょ、オマ気をつけろよ、ブブー!!!」
「割り込まないでくれる?あたしの前に!ブブブブー」
みたいな。いやぁすさまじく鳴り響いています。


そして新羅免税店へ。
ここではオトモダチの頼まれ物の化粧品とか、自分のサングラスを見るため、30分という限られた時間の中で走り回りました。BBクリームを購入してオマケを貰ったりと…まぁ化粧品に関してはまた後ほど語りまくります。

で、ヴィヴィアンのサングラスが欲しくて、サングラスコーナーへダッシュ。
セールとなっていて、更に20%オフとのことで、とりあえず一目で目に飛び込んで来た子をかけてみて、二色のうちどちらがいいかを友達に選んでもらい、ダッシュで戻る。数分遅れwwwwもうおにーさんたち、まったく興味ない感じ満載で、ほんと申し訳ない(涙)


さてそのままサングラスは空港引渡しのため連れ帰れないことにしょんぼりしつつ、ホテルへ向かいます。明洞から少し離れた場所にある駅、安国(アングッと読むらしいです)そこに向かいました。


というわけで次はホテル編。


そんなこんなでとりあえずバリ島行ってきまノシ←

テーマ : 韓国旅行 - ジャンル : 旅行

韓国に行ってきました@サマーセットパレスホテル

ホテルにお邪魔

741.jpg


さてこのホテルですが、欧米人向けのロングステイ用のホテルらしいです。スタッフさんは基本英語。なので残念ながら日本語の表記した冊子等はなかったため、ホテルのチェックアウトの時間すら見つけられなかったおばかさんたち。←


15:00からチェックインのところを前倒しでOKにしてくれたため、すぐにお部屋へ向かいました。お部屋広い!!!


入ってすぐの右手に洗濯機。
752.jpg

ここにはアイロンとアイロン台などもちゃんとあります。


左手にはバスルーム。
754.jpg

アメニティーは環境問題の関係で最小限です。歯ブラシなどは持参ですね。でも十分すぎます。これだけあれば!

バスも広くゆったりしていました。
753.jpg



キッチンコーナー
758.jpg

750.jpg

何もかもが揃っています。カップもグラスもあって、鍋やフライパンまで!本当にステイできるなぁ…としみじみ。


ベッドはダブルベッド一つとサブベッドが一つ。
755.jpg

757.jpg


途中もう一つ入れてくれようとしていたのを抑え、二つでいいから!と伝えました。お部屋が狭くなっちゃうww
テレビは二つ。
756.jpg

リビングと寝室とに分かれる構造のお部屋のため、ベッドからもソファーからもゆっくりテレビが見られるわけです。まぁほとんどつけることもなかったのですが。


ベッドの寝心地は最高。ふわふわの素晴らしいベッド。
ソファーは脚を投げ出してもあまりまくるサイズ。テーブルまであって、三人それぞれが自分の場所を作っては、片付けたりしていました。

759.jpg


ここのホテル、朝食が無料だったりします。
勿論、来韓する前は「ホテルの朝食なんぞ食ってられへん」とか思っていたのですけれども、正直な所、それは無理というもので。
韓国、食べたものが悪かったのか野菜がほとんど食べることが出来ていなかったんです。なので、野菜に飢えた私たちは、二日目の朝、6:30起床後、準備をしてすぐに出かけられる状態のままで朝食のビュッフェへ。早朝のためか6割ほどの人で。日曜以外は常駐してくれているという卵焼きおじさんを見つつ全体を見回します。
サラダ発見vvv


748.jpg

野菜だけのプレートとなりました。(どんだけ飢えてんの)

そしてドリンクにマンゴーとザクロを見つけて喜んで入れたのですが…これがかなり曲者で撃沈。大人しくコーヒーにすべきだったと後悔。
749.jpg


食べている間に、調べたデータを思い出し、皆さんに披露。
「卵、日曜はないみたいやで!」

なんだとー!?となる親友。速攻卵を注文しに行きました。三人で一つ頼んだら、食べられるよねvvv

とってもにこやかなオジサマに、オムレツを注文。
「おいしいの、作るねー」
と愛想良くお喋りしてくれます。

そして私たちはその間にカプチーノを作成。これがクリーミーでかなり美味しかったんですvvv

卵はこんな感じで。
747.jpg

ケチャップをつけていただきました。
チーズも入っていて、美味です。



三日目の朝ご飯
746.jpg

745.jpg


この日は、日曜ということで、早朝からそんなにお店が空いてあいよーと聞いていたので、朝食をゆっくり頂きました。パンもベーグルやソフトロール、食パンなど種類も多数。ポテト、卵、ハムなど十分すぎる料理が並ぶのですが、やっぱりサラダがない(涙)何度見てもサラダがない(号泣)お野菜欲しいよぅぅぅ。となりつつ、ヨーグルトとフルーツ、そしてカプチーノをチョイス。パンケーキも美味しそうだったので、持って来ました。

743.jpg

742.jpg


少量なのは、その後のことを考えて、です。



バターかと思ったものは実はクリームチーズで、ちょとびっくりしたり(かなりベーグルをおいしくいただけました)
744.jpg


そしてここのホテルのステキなところが…



コーヒー類がお部屋へ持ち帰れるんですvvvv
751.jpg


なんてスタバww(笑)
このカプチーノが飲みやすくて、かなりご機嫌でした。勿論お部屋に持ち帰って、行く準備とチェックアウト準備にいそしんだわけです。

10時くらいのはずだと必死に荷物を片付けるも…連日の買い物からのあまりの重さに死亡しそうに。いやでもどうにかなったら…いいな(希望)

バタバタと出発しました。荷物は勿論お預かりで。結果、大きなスーツケース+大きな手持ち鞄×2となったわけです。


そういやお部屋には一日一人一本ずつのミネラルウォーターが!!!これはかなりありがたかったですvvv

次は地下鉄編。サクサクっと進んでいきますよー(笑)

テーマ : 韓国旅行 - ジャンル : 旅行

韓国旅行に行ってきました!

地下鉄にのりましょう


韓国に来る前は、タクればええか…とか言うてたんですけど、実際はかなり地下鉄が便利で…とりあえず地下鉄を使いまくりました。何より安い。

一度の乗車で1500W(内、500Wはカードの保証金)、つまり日本円で75円程度。気軽に乗ってしまいます。
最初はまったく分からなかったのですが、オレンジ色のカードを購入し、最後に乗り終わった後に返却すると500W返ってくるというものでした。
770.jpg


切符の販売機。
760.jpg

日本語でいろいろ説明してくれるシステムですが、実際選ぶ段階になると、英語表記になります。読み方わかんないから、つづりで選ぶのが大変。でもハングルだと全部同じ記号に見えちゃうから、もっと大変。


どうにか選んで出て来た切符を持って、あとはsuikaなどと変わらずタッチアンドゴーです。(苦笑)



下車すると、切符販売機の横に必ず返却機もあるので、そこに切符を入れてお金を返してもらいます。どうもチャージしていくパターンの切符もあるらしく、次の機会にはそれを使いたいなぁと思います。楽じゃないか!!!
772.jpg


韓国に来てまず思ったこと…それは…



かなり街が綺麗!ということで。ゴミがほとんど落ちていないんです。あのアジア独特の薄汚れた感じがどこにもない。
そして地下鉄の美しさにさらにびっくり。
ゴミがない!そしてきちんとみんな分別してる。マナーを守らない人がほぼいない中、落ちているゴミは歩きながら拾っていくほどの人たちが多くて。何この素晴らしい状態。と思わずにはいられないわけです。電車の座席の足元に飲み終わった缶コーヒー置いて立ち去って行くおっさんとかいますけど、そんな人たちは韓国にはほぼいないようです。なので、電車の床も汚れていなくてめちゃくちゃ綺麗。

761.jpg


767.jpg


勿論年配の方が見えると席をすぐに変わったり、優先座席自体の数も多く、子連れの方が利用したりと、福祉に関しても頑張っているなぁ…としみじみ。


そんなこんなでちょっとびびりながら到着した韓国だったのですが、いろいろと驚くことが多かったです。
クチコミとか見ていると、日本人って嫌われてるのかなーと思うような文章ばかりだったのですが、実際は都会だからこそなのかとも思いますが、そんなこともなく。

まぁ言葉がわからないからね。わからないから、良かったのかもしれないし、…でも何だか韓国の人にすごく助けられた面が多々。

地下鉄の切符を買う際も、日本語を選択して必死に駅名を探していると、「どこ行く?」と声をかけてくれるのがあたりまえのような状態に。電車に乗っていて路線図広げていても、「大丈夫?」と乗り換えの仕方まで教えてくれたり。何もしていなくても「日本の方デスカ?どこからきたの?どこに行くの?」と普通に会話が出来てしまう状態で。「日本語難しい」と言いながらもいろいろお話ししてくれちゃうんです。
みんな一様に日本に行きたい…と言ってくれていたのが嬉しかったのですが、実際問題、韓国のがイイとこたくさんあるかもよw日本綺麗じゃないしwwww

テーマパークばりに掃除をしているスタッフさんを何度も見かけ、感動しまくっていたのが私たちですから。
762.jpg


まぁ…みんな親切すぎるくらい親切だった中で、日本語分からなくても、英語も喋れなくても手伝おうとしてくれるおじさんとかもいて。どこに行くの?と身振り手振りで聞いてくるもので、「ロッテマートだよ!買い物するの!」とカタコト英語で言うと、駅が違う!と教えてくれて、一緒に電車に乗り込んで、降りる駅までカウントダウンしてくれたんですが…到着したのは「ロッテ百貨店」だったという。

おじさーん。駅が違うよー。スーパーマーケットに行きたかったんだよー(爆笑)という感じで。でもそんな風に喋りかけてきてくれるのも、嬉しくて、いろいろな人といっぱい関わることが出来ました。ええ。
どうかな。今までの海外旅行の中で一番現地の人と触れ合ったのかもしれない。いい意味で。


日本人にはない積極性かな。困ってそうだったら助けてくれようとする、そんな温かい一面に触れることが出来てよかったです。本当に。
してもらって当然やなくて、本当に一つ一つに感謝していると、反対に何であんなに負のクチコミが多いのかなぁ…と思ってしまうわけです。今回、まったくイヤな思いをしないままの旅行だったので余計に。
もう少し…感謝の気持ちがあれば、旅行自体が楽しくなりそうですよね。そしていやなことはイヤだと伝え、いやな思いをしそうだったら、先にお店も出ちゃえばいい。そしたらいやな感情も残ることもない…と会社の韓国大好きッ子に聞いていたんですけれども、このポジティブ思考をみんながもてたらいいのになぁ…と無駄に思ってしまいました。


いやしかし、地下鉄の発達の仕方は半端ない。
768.jpg

綺麗な駅と電車でした。もう怖いものナシなので、荷物の量がハンパない時以外は、今後来韓しても確実地下鉄ユーザーになっていると思います。

次はチャージ式の切符を調べていきたい!!

764.jpg
ここでストップ!待ちましょう。

765.jpg
次の電車があまりに差し迫ってきていて笑って撮影

771.jpg
こちら最寄駅


次は…旅のお食事編です。

テーマ : 韓国旅行 - ジャンル : 旅行

屋台でうまうま♪ @韓国旅行

食べ物編


韓国の楽しみといえば………。



美味しい食べ物(゚∀゚)
と言っても過言ではないはずです。


というわけでとりあえずは…食べ物日記ということで。

まずは、屋台から…


新村(シンチョン)でホットッを食べました。
パンケーキみたいなもの…というイメージの中、紙コップに入れてくれたものをパクリ。
776.jpg

屋台はこんなかんじ。
777.jpg


んんんんんんんまー!!!!!!!!!!(涙)


口の中にふわりと広がるシナモンの風味と、とろっとしたシナモンエキス。松の実が香ばしさをトッピングしてくれて、これはかなり美味な世界が広がります。
というかマジうまい。この後の食べ捲くり生活が始まることがないのであれば、確実お替わりをしていたであろう味でしたvv焼きたて食べてみたいなぁ…とちょっぴり思ったので、次回は焼きたて食べられるお店を探してみてもいいかも。いや十分すぎるくらいにおいしかったのですけれども。こんな香ばしくて美味しいお菓子、普通に売ってるのが羨ましすぎます。(しかも一枚1000W!!)


明洞のメインストリートであろう道。駅から下る形で右手に路面店、左に靴屋さんなどの路上販売店が並ぶ中、ファーストフード的感覚で屋台があります。おばちゃんが二人、一生懸命作って売って…をしているお店。
イメージは立ち食いのおでん屋さん。…ってあるのかな(笑)
780.jpg

779.jpg



真中にトッポッキや韓国おでんなどが並び、周囲に20㎝ほどの場所があって、そこにお皿を置いてもらっていただくスタイルです。
キンパッや串ものもあって、どれにしようか目移りしつつ、とりあえずはトッポッキとキンパッをチョイス。
「アジュマ~」
と声を掛け、これが欲しいのと伝えると、お皿にビニール袋を巻きつけたものの上に載せてくれます。これ、かなり賢いなぁ…と思いつつ。

トッポッキ、実は初体験でした。爪楊枝で突き刺して一口ぱくり。
774.jpg

775.jpg


…………………んまいぃぃぃぃぃぃ(;∀;)ノシ


ジタバタしたくなる美味さ。
甘い風味が広がった後、強気な辛味が広がります。毛穴が一瞬で開きそうになりますが、それでもタイの一方的な辛さとは違い、旨味もコクもある。
なんておいしいの、トッポッキ。
そして念願のキンパッ。韓国風のりまきなんですが、こちらも辛くなってしまった口の中を癒してくれる要素がww日本人の好きそうな味でした。


現地の人に塗れながら一緒になってはふはふ食べていたんですが、日本人は結構覗いているだけの人が多くて。
食べればいいよ。うまいよ…と思わずにはいられなかったのが本当にトコロ。

食べている最中に日本人のおばさま二人が覗いていて、こちらから声を掛けると「あなた達、日本人なの?おなか壊さない?」と聞かれました。
基本、おなか壊すことを考えていなかった無防備ワタシタチですが、まったく問題なく美味しくいただけていましたので、「壊さないですよー!!」と返答。日も通ってるし、生水飲んでるわけじゃないしね。うん。


そんなこんなで二つで5000W。日本円で375円。安くておいしいですvvvv

二日目の夜は東大門へ。眠らない街、東大門。デパートも午前5時くらいまでやっているとのことだったのですが…そんな賑やかな通りを歩きつつ、屋台街へ。


その行く道すがら、気になっていたものが販売していることに気付く。
773.jpg

789.jpg


フランクフルトの周囲にフライドポテトがついているアイツ!!気になる!めっちゃ気になる!!!!
ということで一個買ってみました。
ケチャップつけてくれて渡してくれそうになったので、「マスタードもつけて!」とおねだり。そのまま腰掛けれそうなところで二人でほうばりました。
フランクフルトだけだと、生地の甘さに負けて全部食べられないんですが、これ、大好きなポテトがついてるwwww
プリプリのソーセージと甘い生地+ポテトの塩辛さが絶妙すぎて…とまることなくたいらげましたとも!!
これはなかなか面白い…。

782.jpg

781.jpg


783.jpg


さてそれを食べ終えた後は、再び屋台へ向かいます。
「屋台は雰囲気を楽しむものだよー。味は求めないほうがいいよー!」とのことでした。
実際問題、一番おいしくない食事がこの屋台だったという。多分、選んだ店もまずかったのか、選んだモノがまずかったのか…。まぁこれも経験ですよね。

値段が書いていないのが一番こわいので、多分ボられているような気がしないでもないですが、それもまぁ勉強かと。
12000Wでビール+キンパッ+チヂミ。んーやっぱり高いような気が(爆笑)

ビールはCASS。カス…ですか?(多分違う)
785.jpg

のみやすくて、思わずビンタンを思い出しました。(インドネシアのビール)しかし親友が犯罪者のようだwww
784.jpg

788.jpg


キンパッは美味ー。ちょっと具材が多く入っています。ハム?スパム?も入っていましたvv
787.jpg


チヂミ。
786.jpg

これがげきまずー(爆笑)
皮もパリっとしてなくて、やっぱりカリッとフワッを想定していただけにしょんぼりな結果に。これは…次回来韓する時はリベンジしたいものの一つです!!


まぁ何事も勉強代。途中電気が全面的に落ちたり(真っ暗な中、携帯の灯りで撮影してました)しましたが楽しかったのは言うまでもなく。





そして三日目。再びトッポッキを食べに屋台へ。今日は串揚げのものを頂きました。

792.jpg


790.jpg

791.jpg


鳥のから揚げと、ソーセージの周りに練り物がついたもの。それへも甘辛いソースをたっぷり塗りつけてくれます。
勿論美味しすぎるわけですがvvv
当面食べていても飽きないかも、私(笑)

食べていると、隣に韓国人のカップルが来て、いろいろと注文しています。デートでもお手頃価格でステキですねvvv
すると…ワタシタチの目の前にある天麩羅のようなもの(キンパッも揚がってました)を指差して、トッポッキの中に入れて欲しいと。するとおばちゃんがはさみでそれらをちょきちょきとぶった切り、トッポッキの鉄板へ豪快に投入。いれて混ぜて…できあがり!と並べていました。
これがウマソー!!あたしたちも食べたかったけど、やっぱり食べ終わったばかりで入るわけもなく。次回こそは!と心に誓いながらお店を後にしたわけです。

そういえば、から揚げの串がめちゃくちゃ長くて、半分ほど食べた後、どうやったら上手に食べられるかとまごついていたら、おばちゃん(ちょっと無表情)が突然その串をつかんでパチンッとはさみで!!切ってくれちゃったんです。いやだーもーめっちゃ親切vvvvおいしすぎるし、ほっこりする親切っぷりにご満悦になりましたとも。



というわけで、以上が屋台で食べたもの。
正直な所、日本でさえ屋台で食べたことがない私ですが、今回はいい経験になりましたねーvvvv
次も確実に食べに行くはずです!



オマケ

やっぱり観光客としては食べておかなきゃね!ってことでソフトクリームwwww
778.jpg


ものすごーく長く作ってくれるソフトクリームの巻き方の上手さにホレボレしたのは言うまでもなく。
嬉しそうに笑う友達があまりに可愛くて仕方がなかったという(単純ですねー)
味もたくさん種類があって、並んでいるのは基本日本人でしたが、それでも一度は試してみたいというところで!!(そうか?)
ちょっと喉が乾いた時の癒しになりましたvvv

テーマ : 韓国旅行 - ジャンル : 旅行

焼肉はドラム缶で!@韓国旅行

新村 焼肉


韓国行くなら絶対ココ、行っておいでー!!
と友達に送り出された私たち。そんなお店の一つがこの焼肉屋さんでした。
初上陸の上、初地下鉄を経てこちらへ。明洞からは少し離れていますが、それでも駅から見える風景は超都会☆

地下鉄の駅から地上にあがる寸前にMISSYAがあって、思わず化粧品を購入したりしてしまったのですが(誘惑には弱い)その荷物を持ちつつ移動していきます。

行き方に書いてあるとおり、あがって正面の横断歩道を渡り、右に曲がって二つ目の角を左。というしごく分かりやすい説明のもと、すたすたとそちらへ歩いていきました。
確かに友達から「ちょっと回りが怪しいけど、気にせず食べてきて☆」と送り出されていたのですが…その意味合いがここに来て漸く分かるという。

焼肉屋の前の道挟んでモーテル街ですがなwwwww

いやこれはすごく頷ける(爆笑)

そんな中、とりあえず写真をとっていると、中でおいしそうに食べているスーツ姿の韓国人の方々が「日本の方デスカー??」と問い掛けてくる。
「はーい」と返事すると、「いらっしゃい!」ととってもフレンドリー。何てフレンドリー韓国人(爆笑)

793.jpg


店内へ入ると、おばちゃんがあっちだと指を指し、その差されたトコロへと向かいました。
このカルビ屋さん。肉とドリンクしかないんです。正真正銘カルビを食うためだけのお店です。時間帯によっては混んでかなり並ぶそうですが、とりあえず時間をずらした結果ガラガラで、二組だけ飲み食いしている状態。
サラリーマン'Sとおばさま二人。お隣で食べているのを見つつ、食べ方を学ばせて頂きました。


席はなく、ドラム缶を囲みながら焼いていきます。
ここ、よく韓流ドラマで使用されているらしいのですが、何だか観光客はあまりこないかも…(笑)な雰囲気で。
「何人前?」と指で聞かれ、「三人前」と回答。
するとコチュジャン、ニンニク、トウガラシ、タレを運んでくれたおばちゃんがお肉も持ってきてくれます。骨アリのお肉がどーん!!
796.jpg


それをハサミでちょきちょき切り、食べやすい大きさにしてくれたものを良く火を通していくわけです。
こちらで使用しているお肉は韓牛とのこと。一日の消費量もハンパなく、何時までやっているお店!ではなくて、お肉がなくなったらおしまい!なお店です。

795.jpg

お肉はジューシーで炭火で焼いているのでより一層香ばしくておいしい。タレもグツグツとあっためつつお肉につけながら食べていきます。
そんな幸せの瞬間を噛み締めている中、サラリーマンのおにーさんが傍に寄ってきて…「韓国へようこそー!これ、プレゼントです!」とビールをプレゼント。
マジでか!これって素直にもらってええのか!!と大喜び。やっぱり肉にはビールでしょう(爆笑)

もたもた食べているとおばちゃんがまた来てくれて、焦げちゃった部分を取り除いてくれました。もう本当に世話かけてごめんなさい(涙)


いやしかし、何て美味いんだろう…と何度も噛み締めつつ、ガツガツ頂きましたvvvvお値段も一人前15000W。や…やすいっ(笑)
おなかも心も満たされましたよー。
そして隣のおばさまからはキュウリを差し入れて頂きましたー!わーいかなり癒しのキュウリvvv(爆笑)

美味しくて、また行きたくて仕方がないお店の一つになりましたとも!!
794.jpg


初めまして韓国なのに、何だか一般の観光客とは別路線を走り始めた私たちでしたwww←

テーマ : 韓国旅行 - ジャンル : 旅行

味加本@韓国旅行

味加本

韓国行ったらお粥食いたいー!でも初心者だから、とりあえずは日本人向けのお店で!!

てことで、観光客がかなり押し寄せる店、味加本へ行ってきました。

早朝に出てきたこともあり、街中は閑散としていて…今日は寝坊をしなかった!!と自分達の頑張りに満面の笑みです。
ちなみに、雨女Sと初海外だったのですが、やはりというか、何というか…あの……


雨なんですがwwwww



傘を勿論買いましたよー。
本当に…Sったら…マジ降らすんだから。ちなみに前日の夜からざぁざぁ降っていたわけで。この驚異的な雨女っぷりに爆笑したのは言うまでもなく。


途中韓流スターのグッズを売っているところでお土産を買ったりしつつお店へ行くと、丁度第一弾が食べ終わった模様vvv回転よく、すぐに中へ入ることが出来ました。

牛肉としいたけのお粥
799.jpg



鮑のお粥
797.jpg



海老のお粥

798.jpg



牛肉が10000Wで残りは7000W。
他のお店との比較が出来ないのが切ないところですが、次回はまた別の所にチャレンジしてみたいですね。


カクテキ、キムチ、ナムルなどが並ぶトレイと共にお粥が登場。
おいしそー!!と大喜びで頂きました。


どれも勿論美味!!美味しすぎる味ににんまり笑いまくりで。クーポンもあったりして、ちょっとお安くなるのでお得感満載です。

鮑の量にも勿論驚きまくりで!!
でも一番おいしかったのは、海老だったんですーvvv
周りは勿論日本人だらけ。これは次回はもっとローカル粥を食いに店を調べてから行きたいものだ…と思ったのは言うまでもなく。

メニュー
800.jpg


必死に撮影する友達が可愛くて、思わず一枚。
801.jpg


そして…外へ出ると長蛇の列。@みんな日本人


まぁ…一度くらい、こういうことしないとね、初韓国だし(苦笑)



この後はIT'S skinの30%オフへと走ったのは言うまでもなく。お買い物はまた別日に…

テーマ : 韓国旅行 - ジャンル : 旅行

ファーストフードにだって行っちゃうんです@韓国

ファーストフード@韓国


ロッテリア
811.jpg

ちょっと時間があまりになくて、なかなかいけなかったファーストフード。マクドなんて覗くこともできなかった。近くにあったのがロッテリアで、買い物したおして疲れきっていたため、他に探すのもいやで、中へと入って注文。

810.jpg

プルコギバーガーセット
ライスバーガーセット
そして大きなバーガーセット(これが韓牛を使ったバーガーとでかでかと書いてありました)

やはり…アジア圏はチョイスが出来ないのか、チョイスできる日本がおかしいのかがわかりませんが、ドリンクはコーラで。


カード式のウエイトカードを手渡され、出来上がるとそれが光るシステム。受け取りにいくと、トレイ一つに綺麗にまとめられていました。ストローは自分で取っていくスタイルです。


韓牛のバーガーのでかさに驚きつつ、いただきまーすとパクリ。
807.jpg


どのバーガーも美味しいです。プルコギバーガーとかちょっと驚きだった。
809.jpg

808.jpg

これはライスバーガー
806.jpg



でもやっぱり量が…多い(爆笑)


というわけで、全てを食べきることが出来なかったのですけれども、楽しい時間を過ごせました。
いろいろメニューがあるんですよね。マクドで言う、フルーリー的なものまでありました。ソフトクリームもかなり大きめ。おなかに余裕があったら食べるのにねーといいつつ、現状胃袋が悲鳴上げていたので諦めたわけですが。

ポテトは日本よりも細い感じ。
ケチャップをつけてくれていたので、それを使いながら頂いたわけです。



バーガーキング
どうせなら、国内で食えないものを…と空港でウロウロ。
ひっさびさにバーガーキングに出会いましたvv

チキンバーガーとステーキバーガー。勿論セット。
ドリンクは選択の余地なくコーラで。
ステーキのがものすっごいボリュームで。正直ドン引き(爆笑)でもおいしい!という。
おいしいから進むけど、これ、総カロリーちょっと恐怖じゃね???wwwww
という状態になったのは言うまでもなく。
804.jpg

803.jpg

802.jpg

805.jpg
比較しようとしてみて、食べかけだけどカメラと並べてみたww

揚げたてサクサクのチキンも、でかすぎるバーガーもおいしくいただけちゃいました。いやまさか大韓航空でご飯が出るとかあまり考えていなかったのでやらかしたのですが…←


締めがファーストフードが海外旅行の定番となりつつある蒼です…(もうちょっといいもん食べようよ)

テーマ : 韓国旅行 - ジャンル : 旅行

一品香@韓国旅行

一品香


友達に教えてもらったお店第二段!!
韓国行ったら絶対行っとけ!といわれたお店、それが「一品香」です。

こちら、ジャジャ麺とマンドゥが有名っぽいお店。彼女曰く「観光客があまり行かないお店だけど、ちゃんと食べられるから行っておいで!」「でも、夜はあんまり治安が良くないから行っちゃだめだよ」とのことで。
三人であっちじゃない、こっちじゃないと言いながらも、韓国に居ながら中国な雰囲気の味わえる界隈に到着しました。明洞の賑やかな道から一本中へと入る道。その奥の方にこちらのお店はあります。

818.jpg

だんだん人通りが少なくなってくる中、看板を発見。お店は二階にあるらしいので、物怖じしないままにずんずんと階段を上がっていくわけです。すると…扉が二つ登場。こちらも事前段階で聞いていた情報から…右手は大人数、左手は少人数…と客の人数に合わせているらしいので、左手から入ってみました。
店内はこざっぱりとしていて、勿論…店員さんの視線が鋭く走ります。

ちょ…おま…観光客来ちゃったよこれwww

の状態に。でもすぐにどこでもいいというジェスチャーを受け、とりあえず窓辺に座ってみました。窓から見える風景は、ビルとその先にある大きな道。とても静かな店内には小さな声で喋る会話と、皿に箸がぶつかる音。つまりは静かなんです。落ち着いた空間といえばいいでしょうか。明洞という賑やかな街から一歩中に入ると、こんなに落ち着いてご飯がいただけちゃうのねVVという感じでした。

さて、注文ですが。勿論メニューは全てハングル。そこで準備してきた印刷物を見せ、それを指差すと、にっこりと笑顔を見せてくれてそのまま奥へと行く店員さん。
お茶はトウモロコシ茶でしょうか。香ばし系のお茶と沢庵が運ばれてきたわけで。しかし何で韓国で沢庵なんでしょう。……韓国人も好きな味?
819.jpg


暫く待っていると登場!!
餃子です。
820.jpg

このコロコロと適度に散らばらされた感満載の盛り付け、アバウトすぎて可愛くてしかたがなかったのですがvvv
そんな様子を嬉しそうに写真を撮っていると、やはりなんでそんなご飯を撮影するのという視線がwwwwいや観光客だからじゃなく、ブロガーだからですよー(笑)

こちらの餃子、揚げてあります。
皮はかなりしっかりとしたもので、もっちもちで、肉汁がブワッと口の中で広がります。あっつあつなので、確実猫舌ちゃん(挙手)は火傷必須な状態で!!!!!
で、おいしいんですよーvvv


なんですが!!


皮の分厚さに負けた感満載。食べきるのは三人で精一杯。これは二人だとかなりキツイかもしれない。多分ごめんなさいしちゃうかも。でもおいしいんですvvv説得力なさそうですが、味はピカイチ。出来たら二コで十分という感じです。



そしてジャジャ麺。
821.jpg

どんっと登場。
そして、ハサミがどどどんっと登場。


え…これ…マジどないするん?こっちの人、かなり器用にハサミ使うのは知ってるけど…となり、持って来てくれたおねーさんに必死の眼差しを向ける。

しかし冷たい目線。

うわーん。どうしたらいいのー。おねーさーん。たーすーけーてー。


そのまま寂しくしょんぼりしていると、冷たい目線を向けてくれたおねーさんが実は裏に明らか観光客が困ってるよwとお店の人を呼んできてくれまして。こちらも無表情のままハサミで麺をちょきちょき。ですが、「かむさはむにだー」というと、ニコっと笑ってくれちゃうんです。そして混ぜて、こうやって食べるんだとジェスチャー。
あのおねーさんも、食べられない私たちを気遣って奥まで人を呼びに行ってくれて…本当に感謝感謝でした。
822.jpg

そしてお味は…



うまー(゚∀゚)ノシ


マジ美味い。これは確実幸せになれるお味だ!

混ぜ混ぜして、持ちにくいお箸と格闘しつつ食べる…ウマー!!を繰り返し、あっという間に完食。


しかしここのお箸、重くて太いんです。
ちょっと私の手にはかなり負担がかかっている模様…
そして友達も、みんな「手が疲れたー!」と言っていたわけです。

こうやって食事している間にも何組かお客さん来たんですが、日本人の姿は皆無。皆さん地元の方で、若い子からお年よりまで網羅する勢いでした。


そんな現地の人に愛されている一品香、一度いかれてみてはいかがでしょうか??


一品香さん、ご馳走様でしたーノシ

テーマ : 韓国旅行 - ジャンル : 旅行

眼鏡を買うぞ★@韓国

眼鏡を買うぞ☆


と、韓国行く前から、視力悪い組は購入意欲満載でした。それに対し、親友は視力1.5を保つ女。老眼が早いんだからwwwと突っ込みつつも、お付き合いいただいて、ビジョン眼鏡屋さんにお邪魔してきましたーノシ


ソウルナビでゲットしたクーポンを握り締め、お店へ。ちょっと裏路地に入った分かりずらい位置でしたが、通りに入ると一発で発見できるステキ外観。(撮影し忘れww)
店内はとても綺麗で、「コンニチハー」と挨拶してくれる素敵店員さんたちが一杯です。


さて、眼鏡ですが…
とってもゆったりとした中、韓国の安い眼鏡、高い眼鏡、海外の眼鏡…とかなりの数を準備してあります。入ってすぐに眼鏡にくらいついた私たちを見つつソファーに座る親友。この時点でエチュードとイッツスキンに行っていた私たちの荷物は半端ない状態で…その荷物の番をしてくれている感じでしたwwwいやもうホントごめん。


さて眼鏡チョイスの段階になり、いくつか掛けてみた私は、結局赤紫のような色合いの子に決定。この眼鏡、とってもフレーム自体が柔らかくて、驚きの動きを見せてもらったりしたわけで。この柔軟性は自分の身体に必要なものだ!と思ってしまうくらいに柔らかいんです。他のものも見ていると、店長さんが「ここの、この部分が痛くなる…他のより、これのが安くて、とてもステキなんです」と安価眼鏡フレームごり押し(爆笑)
しょ…商売っけねぇぇぇぇぇ。
いやでもそんなトコロもステキやなぁ…と思いつつ。めちゃくちゃ時間を掛けて選んでいるSを放置し、私はさっさと視力などの話に。その間にドリンクまでサービス。視力検査をし、その間トイレをかりたりしました。

本当にどこも綺麗で…トイレも「ゆっくり使ってください!」と言って頂いてしまって…ステキ展開に本当にドキドキしています。
そして先払いで会計後…


「お荷物、お預かりしますよ~♪」

という思ってもいなかった天の助け的声!!!

いやもうハンパないので。本当に…←まだ午前中です。


さてそんなこんなで、鍵付きロッカーに荷物を預けさせてもらい、その後のお買い物スタートでした。荷物を一度引き取りに行った時もドリンクを頂いてしまい、更に眼鏡を引き取りに行った際にはお土産まで頂いてしまうという。


「また韓国にこられた際は、眼鏡買わなくていいので、是非いらしてください!お茶でも、道を聞くでも、何でもOK」と笑顔で言ってくれたことが本当に嬉しかったりしました。

これは…何度もお世話になりたいと思ってしまうお店ですね。


さて、眼鏡ですが…
今までヴィヴィアンの眼鏡を掛けていたのですが、やはり実用性よりもデザイン重視。ファッションの一つですよね。そのせいかは分かりませんが、日常的につけていると頭が痛くなってくるというか…眼鏡が重くて耐え切れない部分もあったんです。それが…

かなり軽くて、つけているか否かも気にならない程に楽チンvvvvvv
823.jpg


というもので。これは…安価だったし(日本円で5000円強)もう一個、次回行くときに作ってもいいかもなぁ…なんて思ったのはココだけの話。
ですが…何よりカラコン見ようと思っていたことを、眼鏡と店員さんの接客のステキさに感化されてすっかり失念していました。

うううう。カラコン見たかったのよね。
次回は……次回こそは…見てこようと思いますvvvv

テーマ : 韓国旅行 - ジャンル : 旅行

スーパーマーケット@韓国

スーパーマーケット書くかたりき。


楽しみにしていたロッテマート。実質二回お邪魔してきましたー!!


一度目は初日。ガッツリと購入意欲満載で。
海苔のお土産とか、この日に大量買いする予定だったわけです。そんなこんなで…目に付く物をぽいぽいとカートに放り投げていったのは言うまでもなく。日本で買ったら高いガムなどもアホのように購入。

そんな購入物を少しだけ紹介…

ガム
838.jpg

837.jpg

LOTTEだと信じてかって、LOTTEじゃなかった子も混ざっていますが、それでも満足な感じ。というか安いから♪と親友とアホほど購入したのですけれども、ホテルに戻って冷静になった瞬間「うちらってそんなにガム食べへんよね…」と言い合ったのは、言うまでもなく。



それでもかなり美味しくて、いろいろ試食させてくれる中にガムもあったので、ちゃっかり頂いていました。


海苔
841.jpg

韓国海苔、かなりの種類がありました。私は以前土産に頂いておいしかったものをゲットして満足だったのですが、少しじゃなくていっぱい欲しいの!といっていたSはここで脅威の二パック買い。ちょ…荷物入るん?と問い掛けたくなったのは言うまでもなく。
私は、家用には大判のものを買いましたvこれだとかさばらない。次回もコレで!!

ふりかけ
840.jpg

友達が絶対美味いから!と言っていたふりかけ。軽いし…と5個ばかり購入したのですが、後々それを後悔することに。でもやっぱり美味しくて、ご飯が進み捲くり、次回からは別途入れ物を持っていこうと心に誓いました。


お酢
835.jpg

試飲していたんです。ええ。試飲…(遠い目)
いや本当に…。で、そこで頂いたものがあまりにおいしくて…
しかもキャンペーン中。
一本だと9800Wくらいするものが何故かオマケ付きで8900Wと…定価割っている状態で(爆笑)
これは…美味い!と思っていた私たちが喰らいつかないわけもなく、速攻でお買い上げ。親友にいたっては二パック購入していました。そんなにお酢だらけにしてどうすんのw


コチュジャン
お土産用はチューブのものにしましたが、おうちようはちゃんとしたものを…すると日本語のできる店員のおばちゃんが「コレ、おいしいよ!一番!」と教えてくれたものをそのまま鵜呑みにして購入。きっと美味しいに違いない!とお持ち帰りしましたとも。かなり重たくなりそうでしたが、それは気にしない…


おこげキャンディーとマイチュ
おこげキャンディーは香ばしくて、とっても甘い飴。私は結構好きだったりします。

そしてマイチュ。
こちら、ハイチューのパクリ版。
このパクリっぷりに大笑いです。味もそっくりで…美味しいというvv韓国土産に丁度良いと購入したものの、結構かさばることに気付く(遅い)
結局この子達はアイシャドウなどの緩衝材として利用されたのはココだけの話で。

まおたんがCMしている飴vv
843.jpg

チョコもいっぱいvv
839.jpg


蓬蒸しの子
836.jpg

ちょっと使用方法がわからないので、きちんと調べてから活用しようと思っていますが…。
なかなか良さそうな感じですvvv


あとは…キムチコーナー!!!
やっぱりキムチはスーパーに限りますvvv初日は一泊早く帰国するSのみ購入。味見をして自分が買うものを選んでおこうと思っていました。どれもこれも…口にする物は全部美味いという罠。
Sが購入するのを横目で見つつ、アジュマーイゴ、ジュセヨー的なことを言いつついろいろ味見をさせてもらいました。一押しは「ポッサムキムチ」らしいです。
白菜がウマー!!!!


で、三日目に購入しに再来。
その際に購入したものは…
ポッサムキムチ(友達と半分にしてもらって4600wくらい)と、切干のキムチ(7500wくらい)。どちらもおいしくて…今我が家の食卓をにぎわせてくれています。
韓国のキムチ。現地のものを頂くと、国内で食べられなくなりそうです。コク、旨味、辛味、甘味…などが程よくいい感じに主張しあっているんですvvvv
次回はもう少し…たくさん買えるように…お酢を我慢しようかなww←



さて、そんなこんなでスーパーで1万くらい使ってきたのですけれども、そんな楽しかった日々を思い返しつつ、チョコレート菓子を見ていたんです。
キットカット、安かったなーvvvvうふふ。おいしいかしら…一個お土産に…………あれ?




どん。
842.jpg






ちょー!!!!キックカー!ってなんぞやwwwww
恐るべし、韓国パクリクオリティ。やるなCROWN(爆笑)
味は…まだ頂いていないのであれですが、次回来韓の際の楽しみが増えましたvvv


私、CROWN社の商品、片っ端から見てくるよ!!


というわけで、スーパーマーケットデイでした(笑)

テーマ : 韓国旅行 - ジャンル : 旅行

イニスフリー@韓国コスメ

イニスフリー

ロッテマートの中で出会ったお店、それがイニスフリーでした。ワインの香りのピーリング剤があるということで、それを求めていた私は、喰らいつきます。しかし喰らいついたのは……

ここ。
846.jpg


「3だけ…」


まったく意味不明な日本文。これが何を伝えたいのかも全く分からず、思わず爆笑しながら撮影。店員のオトコノコがおろおろしているのだけれども、そこまで日本語が伝わらず、ちょっと何を言いたいのか直してあげることも出来ない状態。残念だなぁ…と思いながらも、商品を観察。

あった!!これだ!!
844.jpg


お友達曰く、「全く効果はないけど、香りに癒される感じ」とのこと。

なるほど。香りに癒されるのね…うわ……ステキな香りvvvv
とほんわかしつつ結局購入。

その他につけ睫毛が可愛かったので、購入。


当面睫毛に困らない予感vv
たったこれだけ12000W(900円程度)のお買い物でショップバックがついてきましたvvvこの後この子が大活躍したのは言うまでもなく。とってもステキなお買い物でした。



さて後日談ですが…



どん。
845.jpg





あーあーあーあーあー!直されてる(爆笑)
そうかー三日間限定でショップバックをプレゼントしてたのねvvvvと改めて意味が分かり、ショップバックのついて来た理由を知った私たちでした。


こちらでもオマケを頂いちゃって、ちょっと嬉しくなったりもしたのは言うまでもなく。


オマケもまた使ってみたいと思いますvvvvクチコミ見て、ちょっぴり楽しみになりました。


そしてワインの香りの子の使用感ですが。
確かに、ブラックヘッド除去というには乏しい感じ。でも香りに癒されて夜のお手入れ終了。翌朝……メイクのりのよさに驚いたんですよー!!!
うわーこれはイイ!!香りも可愛くて、外観も可愛くて………使い終わってもおうちに残しておきたい!そんな子でした。

これは…リピるかもしれない(笑)

テーマ : 韓国旅行 - ジャンル : 旅行

MISSHA@韓国コスメ

MISSHA

今回の旅で最初に購入した化粧品のお店は……こちらでした。新村の駅で降り、さぁ焼肉へいざ行かん!となっていた矢先、目の端にはいるMISSHA。こ…これはぁぁぁぁ。
となりまして、とりあえずゴキブリホイホイの如く吸い寄せられていきました←

で、気になっていたボディージェル発見vvv
外見が可愛いのは知ってる…あとは……香りよねV
となり、くんくんくんくん…とひたすら匂う。……こ……これはっ…………



めっちゃエエ香り(>∀<)ノシ
847.jpg


848.jpg


三種類あるうちの二種類ゲットー!!本当はボディーミルクもほしかったけど、とりあえず今回は我慢!
そしてアイメイクリムーバーを一つゲット。こちら、どうやらランコムさんに負けず劣らずというクチコミを見まして…もしそれが本当ならば、がっつり大量買いが目に見えています。そんなわけで、試すために一つ購入。

すると……


すでにオマケがつき始める(苦笑)
こ…これがコリアンマジックかぁぁぁぁぁ!!!!!

と只管感動。いや何だかオマケがもらえると、買うか買わないかを悩んでいる商品に対して、購入決定の機会を与えてくれますよね。


二度目ましてMISSHAは明洞でした。
こちらでは、がっつり…試したアイメイクリムーバーを三本纏め買い。本当はもっともっと買いたかったけど、こればかりを買っていても他の子が持ち帰れなくなっちゃいそうだったので、とりあえず我慢ww次回また買えばいいや…となりました。

849.jpg


この子、かなり優秀です。
濃いメイクも、マスカラも綺麗に落としてくれちゃいます。外見がそこまで可愛くないようにも見えますけれども、効用と値段を考えると、こちらが勝利。
ランコムさんを免税店で一本購入する価格でMISSHAなら9本買えちゃうよv


こちらリピーター確定。
ボディージェルは今必死に、今まで使っていた子を消費中。早く使いたいなぁ……。

テーマ : 韓国旅行 - ジャンル : 旅行

It's skin@韓国旅行

It's skin

こちらも二度程お邪魔しましたv

一度目はチョンノ店。
電車乗り継いで行ったのですが、行ったかいがありました!!!!



地下鉄の駅から地上へと上がり、少し歩くとすぐにSKIN FOODが…そこに吸い寄せられそうになるのをぐっと我慢して、更に歩くと……見えてきましたvv
外観とか撮り忘れてしょんぼりなのですが、それでもすぐに発見できます。22:30までやってくれているのもありがたいところ!!


店内は明るく、商品が見やすく配置されています。ゴリ押しはやはりIKKOさん紹介関連品らしく、そちらがメインに鎮座。そしてチェックしていたクリームの進化版を発見し、そこで三人でどよめき立つ。


今までは二つのクリームを購入すると大量のオマケがつくという話だったここのクリームですが…その両者の良いところにプラスコラーゲン!!弾力アーップ!!と聞いて、その進化版に釘付けになったのは言うまでもなく。

お値段55.000W…つまり4125円で、夢のような効果がある(らしい)クリームがゲットできちゃうとか!!!!マジでか!?マジなのか!?とどよめく(正直すぎるアラサー女たちの反応www)

そしてIKKOさんの注射器型(別にIKKOさんのじゃないけど)も気になるところ…。おうちに皺取りはあるの。でも気になっているのは…私が気になっているのは…


しみ。(チーン)





保育士時代の日の光あびまくりの真っ黒状態を今ひしひしと感じながらも肌に浮き出るしみに溜息を落とすお年頃…。
消えろー消えろー!と日々鏡に向かっているわけですが、このままいくと厚塗りオバケになっちゃうよーぅ。。。
目尻でファンデーションが寄るとかマジやめて!!
それごっそり外れそうな仮面くらいのファンデーションやないですか!とかホント勘弁。
な感じなので、とりあえず美白。とにかく美白。一にも二にも美白。美しい肌を目指して…な状態で飢えている私は、ガッツリ注射器の子も購入。

856.jpg


更にいろいろ見ながら、ハンドケア用品を購入していく…。


852.jpg

こちら、マンゴスチン。
とっても香りが良くて、お肌がすべっすべになるんです!
スクラブかな!?って思ったツブツブは、手の温度に温められると、溶けて肌に浸透。もっちもちのお肌と、香りの癒し効果はハンパないです。これも…確実……次回纏め買い。友達のお土産にも購入したので、喜んでもらえると嬉しいなぁ…。

853.jpg

もう一種類お花の香りを購入しましたが、これはまたマンゴスチンがなくなったら使ってみますvvv

フェイスミスト
854.jpg

グレープフルーツの香り。とっても爽やかで、仕事中のストレスを取り除いてくれるはず!と購入。これも今使っている子が終わったら……です。


ブルーベリーヨーグルトマスク
855.jpg

こちらは洗い流しようのパックです。
美白♪美白♪香りの良さはもう…文句のつけようがありません。

ぽいぽい篭に入れていたのですが、購入金額に寄って、オマケがたくさんつきます。10万W以上のお買い上げで、こちらの美容液がプレゼントに…

860.jpg



これ今使っていますが、使用して変化があるのか否か分からないwwww
続けないとわからない子だと思うので、とりあえず頑張ってみます。

861.jpg


他にもマスクや化粧水などを大量に頂いちゃいまして…もう本当にえ?まだくれるの?と驚くぐらいで。
店員の通称クマちゃんもとっても可愛くて、日本大好きなの!と言ってくれていたのがまた嬉しいところ。
また次行く時もお店に居てくれるといいなぁ…。

さて、そこで貰った化粧水を友達が使ってみたところかなり調子がいいということで…
なぁんだってぇぇぇぇ?と翌朝その子の肌をペタペタペタペタ。た…確かにもっちりふわふわ肌になっている!(しかもそこまで高くはない)

そして翌朝明洞へ行くと……



30%オフの文字が!!!!



どうやら第二第四土曜は30%オフらしいです。オマケがつかなくなるということで…。でも30%オフはかなり嬉しいでしょう!(爆笑)

と店内へ吸い寄せられていきました。そして…良かったと言っていた化粧水と乳液セットを購入。だって30%オフ!!!それは試すにはとってもいい機会…vv

で、使用感ですが…
859.jpg

857.jpg


化粧水
導入用の化粧水の必要もないくらいの浸透っぷり。金の入った化粧水が中へ中へと染み渡っていきます。高くないのでたっぷりと使えるというのも良いところ。より一層ぷるぷるした肌を手に入れることが一歩近付く感じで。


乳液
こちらはトロっとした液体です。ですがベタつくことなくすぐにお肌はさらさらに…ちょっと香りが独特なのですが、私はこの香りは大丈夫でした。


美容クリーム
864.jpg

こちら、韓国的に見ても高級クリームなのは分かりますvvvvそのためか箱がwwwwwwwでかすぎwwwwww(韓国に捨ててきましたけどねー)

さて、このクリーム、とろっとしていて、結構べたつくのかなーと思っていたのですが、使用後、もっちもちの肌が手に入ります!!!いや何というか…あの…

かなりお気に入り商品になりましたvvvvvv


スキンケア、今こちらのラインで全てやっているんですけれども…
美白効果に関してはちょっとまだ模索中ですが、とりあえず肌の調子はめちゃいいですvvvレディースデイでも大きなふきでもの知らずになったよー!!

更に日中の油浮きからも今は解放されています。
ステキすぎるvv

851.jpg


調子にのって、皺取りマスクも購入。
863.jpg

試供品でもらったマンゴスチンのクレンジングを今度は使ってみたいなぁと思いますvvv

858.jpg

862.jpg


次もチョンノ店に行くのは間違いないかと…。落ち着いてお買い物が出来るのがやっぱり嬉しい。
確実大量買いするであろうことが今から見えている状態です。うふふ。それまでにクマちゃんにメールしてみよう…使い方が分からない子もあるし…。

テーマ : 韓国旅行 - ジャンル : 旅行

SKIN FOODでお買い物v

SKIN FOOD

行ってきました、やってきました、SKIN FOOD!!
こちら、事前からかなりの量を調べていったお店です。
パッケージも可愛い。以前友達に貰ったお土産もかなりイイ!!
となればいろいろ欲しくて仕方がなくなってしまうのもしゃーない、ご愛嬌ということで。(実際ご愛嬌どころの問題じゃなくなった)


こちらは全部で三回くらい行きました。
一度目はロッテマートにオープンしたということだったのでお邪魔。
二度目は思いのほかIt's skinで購入したため、持ち金があまりなかったという感じで…。
三度目はメインに購入する日でした。


ロッテマートにオープンしたよ!!
ということをロッテマートに脚を踏み入れて知る。
やっぱりどの商品も可愛いvvvvvとのっけからノックアウトされそうになる。
何故かオマケのスポンジを篭に入れられたものを手に持たされ、そのまま店内へ。


いやだもーかーわーいーいー。(爆笑)
とりあえず試してみようと複数買いではなく、一つずつ購入の方向で…。
気になっていたものをどんどん篭に入れ、購入。早速オマケを頂きました。
こちらの四点セットはかなり嬉しいところ。値段にあわせてオマケの量も決まっている感じがしました。
日本語も上手な子が多く、聞いてもかなり的確な答えが返ってくる印象が…(もう日本語で聞いて本当にごめんなさい状態ではありますが)

二度目ましてはチョンノ店。It's skinに行く道に発見。大きな荷物を抱えて来店しました。こちらは品揃えがあまりないようにも見えましたが、店舗は広く、ゆっくりと見ることが出来ます。ここである程度、お金の許す範囲で購入。すると…かなりすごい勢いで、サンプルつかみ取り状態。がっさがっさと複数に渡りいれてくれる様子に度肝を抜かれました。ええ。英語で一生懸命伝えてくれました。英語もままならなくてすみません。でもジェスチャー+英語でどうにか乗り越えられることは知ってる!@言葉の壁!


三度目は明洞で。メインであろう大きなお店。お客の数も多く、店員さんも大変そう。日本人だらけなわけですがwww
そんな中、こちらでも大量買いスタート。親友と二人で凄まじい勢いで篭の中に商品を入れていきます。皆さんと量が違うことに笑い(グロス纏め買いした親友は8本をこちらで購入…その前にも同じモノを別店舗で購入していたわけでww)

そしてレジの段階で…たくさんの人が並んでいる中、私たち買いすぎwwwwもう本当にごめんなさいと思いつつ、レジのおねーさんも、「忙しいのよ!」という感じ。で…笑ったのが…他店舗ではサンプル様様な物を偏らないように入れてくれていたのですが、ここはつかみ取り(爆笑)
がばっと手にしたものをガッツリ入れてくれました。ありがたいvvvv友達とシェアしあってにっこり満面の笑みですよ。
忙しそうだったけど、それでも最後には笑顔を見せてくれるのが嬉しいですvv


そんなこんなで買ったもの、使ったものの紹介。


グロス類


まずは…ハニーポットの形の子。
873.jpg

もうこれはあまりの可愛さに、全部そろえて飾りたいvvvとなっていました。なので全色コンプ。
まだ使用していないので、使用感がお伝えできないのですが、いやもう何か可愛いからOK(笑)


リップクリーム
867.jpg

ラズベリーとマンゴー
実は色付きです。色付きのリップなんて小学生の頃に見て以来じゃね??とか笑いつつも、あまりの香りのよさに購入。塗り過ぎない限り、そこまで気にする発色でもないので、こちらをぬりぬりしたあと、ラメ入りのグロスを塗ればいい感じになりましたvv


グロス
874.jpg

このグロスが……!!!かなりイイんです!
長時間ぷるっぷるです。皮も剥けることなく、つやつや感が続きます。因みにこちらが親友が大量購入した子。


口紅+チーク
865.jpg

母へのお土産として購入。
外観の可愛さに加え、こちらの香りもとってもステキ!!
母も気に入ってくれましたv


アイシャドウ
866.jpg

こちら、外観に一目惚れ。そして中の使いやすい色合いにも感動。発色のよさも文句ナシです。
これはでも外観の可愛さに使用に至るかが謎ですが…。
茶系と黒系と二色購入しました。


ボディーシャンプー+
ミルクアンドハニー

869.jpg


868.jpg

これ、お友達に頂いていて、かなり香りの良かった子です!!
なので大きなボトルで購入。あまりの可愛さにクラクラしていたわけですが…

重量面では可愛くないよ(爆笑)

いやでも今回はセット購入した子はこの子だけなんで、今つかってるローションやミルク系がなくなったら、こちらを使ってみようと思います。甘くて幸せな香りが広がるんだvvvv

卵ヘアトリートメント
875.jpg

これ、クチコミがかなりよくて気になってて……
使用方法はシャンプー後、髪にぬりつけ5分程放置。洗い流すと…


ヘアートリートメント(後付けの)が不要なくらいにサラサラの髪をゲットできます!香りも甘くて大好き!大きさにもびっくりな感じですが、これはリピ確定です。重くても頑張る!!


ヘアミスト@マンゴー
870.jpg


マンゴーのヘアミストだってぇぇぇ?買わないわけないじゃんww←マンゴー好き
ということで、購入。テスターでくんくんしたのですが、明らか癒しの香りがそこに!!

外見も可愛いですよねvv

ハンドローション
872.jpg

チェリーですvvvvポンプ式なのもありがたい!!これは……今年の冬のかさつき緩和に役立ってくれるであろう子ですよね。勿論香りも最高ですvvvv


マンゴスチンのスリーピングマスク
876.jpg

こちら美白の子ー!!!!
眠る時に塗って翌朝肌がつややかに!ということらしい。
これは…気になって仕方がないじゃないのー!!ととりあえず購入してみました。使用感はまだ分からないので、楽しみで仕方がないわけです。


エッセンス @しいたけ
877.jpg

こちら、お肌の美白、弾力復帰等、私たちが力いっぱい求めているものが凝縮されている模様。It's skinがなくなったら、こちらへ移動する予定です。


ネック美容液
878.jpg

ブドウの香りですよーVVV
癒し効果ありまくりです。下から上へと持ち上げるようにして使用。首も大切ですよねvvv


マンゴーのワックス
879.jpg

これは香りに惹かれて購入。使用にはいたっていません。


パウダー+筆
871.jpg

888.jpg


こちら、三店舗目にして漸く購入。コロコロしたパールが可愛くて、香りも良くてお気に入り。日本じゃ買えないお値段です。

クレンジング
890.jpg

旅先のメイクオフをこちらで楽チンに行えますvvvv
てことで、今度の旅行から使ってみようと思います。ええ。


ブラックシュガーマスク
880.jpg

大人気商品ですね。
ブラッグヘッド除去と、美白効果。
使用方法を聞いたので、近々試してみようと思います。顔につけて洗顔するだけで、かなりの違いがあるみたいですよー!!


アイケア

鮭シリーズ購入

アイセラム
881.jpg

日常的につけるらしい子。これで目元ふっくらです。

マッサージ
883.jpg

ご褒美的なアレですかね…。数日に一度使用。


目元のシート
889.jpg

こちらで完全復活!!!(爆笑)
使用が楽しみで仕方がありません。



原液シリーズ
882.jpg

いろいろ説明した結果、この子を購入。
オールマイティーな原液らしいです。使用感を早く伝えたいwwww


バスボブ
884.jpg

二個で4500Wくらい。卵のケースに入っていて、とっても可愛いんです。これ、お誕生日とかにあげてもよろこばれそうですよねvv
韓国で使ったけど、かなりお肌がすっべすべになりました。もう驚きのすべすべ感が手に入ります!!


シートマスクも大量に購入。
887.jpg

886.jpg

885.jpg

幸せになれそう…(笑)

ネイルなどを見る暇がなかったのが切ないところですが…。
とりあえず使うのが楽しみで仕方がありません。
リピートしそうなものばかりで、でも試したい物もいっぱいあるし…と大変だったりしますが、とりあえずは一つずつ効果を確認したいので、順番に使いきっていきたいと思います。勿論大量に頂いたサンプルも使わないとですよねー!!


897.jpg

テーマ : 韓国旅行 - ジャンル : 旅行

化粧品もろもろ@韓国コスメ

化粧品その他

他に購入したものを紹介。

こちら雪花秀
891.jpg
韓国コスメにしては高価だったりするシリーズです。化粧水導入液なのですが、このラインを使うならば必要。でも他の化粧水とではどう?となると…韓国コスメの浸透率はハンパないので、不要かもなぁ…なんて。ラインで使用するなら絶対必需品です!

お土産用にタレント化粧品で購入したもの…


グロス
892.jpg


香りもよくてお手頃なお土産いなりましたvv


シートマスク

こちらは大量購入。一枚17円程度で…
みんなにかなりばら撒きましたよーvvvvvそれでも足りなくなったことにびっくりです。


そして自分用につけ睫毛を購入。

894.jpg

安いからこんな加工をしてもお財布がいたまない!
しかしすっごくしっかりしていて、かないボリュームが出ますvvもっと買えば良かったよw

898.jpg


VOV
路面店のないお店。タレントで漸く発見。購入したかったパウダーを購入できなかったので、これは次回…免税店で狙おうと思います。

アイシャドウ
899.jpg

発色がよくて外見も可愛い。チープなのに素晴らしく賢いんですvvvv
なので纏めて何色も購入。これから色物はほとんど購入しなくていいはずです!


Dr Jart+
895.jpg

896.jpg


かなりお友達に一押し!と言われたので、パウダーとセットで購入。
まだ試していないので、何ともなのですが、外観真っ黒で可愛いvvv
使用感を早く試したいです…(でも自分の顔は一つしかない罠wwww)


そしてオマケで頂いたネッククリーム。
893.jpg

これ、首に塗ると、翌日首が潤ってるのがわかるvvvvネックケアも大事ですよね。年齢感じさせないように頑張らないと!!


というわけで、購入物とオマケを紹介!!!


902.jpg

903.jpg

901.jpg


すさまじい勢いで購入したなぁ…と思っていたのですが、実際そこまで購入していなかったのか…と現実に戻る(笑)

もっともっとたくさん買いたいけど、やっぱり重量という大きな壁が…。次回はもう少し考えて購入してこよう…うん。


769.jpg

766.jpg


763.jpg


しっかしオマケの量がハンパないですとも。
ちょっと自分でもびっくりです(笑)

テーマ : 韓国旅行 - ジャンル : 旅行

プロフィール

蒼

Author:蒼
食べることと飲むこと、ホテルステイと旅行が大好きなラルヲタです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者様
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード