富士屋ホテル 宿泊編

富士屋ホテル

富士屋ホテルに行ってきました。
部屋のカテゴリーは、西洋館デラックスツイン。
土曜祝日前日はお値段が少し高めの39.570円になるお部屋です。
だいたい、一泊二食付きで一人頭25.000円くらいの予算での宿泊でした。

39.jpg
こちら西洋館

52.jpg
こちら、ダイニングルームのある本館

お部屋はやはり広さが各部屋違ったのですが、どのお部屋もデラックスのカテゴリーのため、ソファーセットがあります。
大きな窓とアンティーク家具、そして各部屋温泉が出る風呂のため家族湯ともなるといわれている場所です。
西洋館は歴史も古く、明治に建てられた建造物とのこと。来月でこのホテルが出来てから130周年らしいですね。

38.jpg
お部屋の中

33.jpg
アンティークな家具の中に、浴衣とバスローブがあります。

42.jpg
廊下+階段が素敵で思わず写真。

50.jpg
もう一枚点反対側から(笑)



さて、まず車で到着した私たち。駐車場もそこまで広くは取られていない中、けっこう沢山の人たちがおり、そんな中で私たちもホテルへと到着しました。ドアマンが笑顔と共に車のドアを開けてくれます。ここで車のキーを手渡し、ゲストはチェックインをするためにフロントへと向かいます。
ホテルから出ない旨を伝え、鍵を預けると、大きな荷物を全て持ってもらいフロント(二階にあります)に向かいます。
和洋折衷というような雰囲気の建物は時代を感じる中、フロントにてチェックイン。
名前を告げ、旅行会社を通したため今回は全て支払済みのため、他食事の時の酒や追加して頼む物に関しての支払いは一括でお願いする旨を伝え、(その際、カード提示や現金を渡す等のデポジットはありませんでした)漸く部屋へと案内されるのを待ちます。
ベルガールが出払っていたこともあり、暫し待たされたのですが、その間も座りごこちのよいソファーや、細かい細工のされた装飾など見ていて飽きないものが多数ありました。
5分くらい経ったころ、笑顔が素敵なベルガールが声をかけてくれ、カートをお願いして付いていきます。
フロントを出てすぐにあるティーラウンジに関しての説明、廊下を歩いて行く途中にある日本庭園について、16時から行われるというホテルの中を探検しながら歴史を学ぶ企画について等を分かりやすく伝えてくれます。
お部屋は二階にあり、エレベーター等はないため、荷物を全て担いで歩くその背中はとても頼もしくも見えてしまいました。
一番広いお部屋へととりあえず通され、他の親族の到着を待つことになる私たちは部屋の説明を受けます。

45㎡のお部屋は大きな窓、ソファーセット、ベッドがあり。ベッドからゆったりと見ることが可能な薄型テレビ、「美」という名のCDの入ったプレイヤーなどがあります。
36.jpg
アクオス君

ソファーセットの机の上にはお茶セットがあり、梅茶2杯分、緑茶1杯分のパックがあります。他は、バスローブ、浴衣が箪笥の中に入れられていました。
バスアメニティーは、櫛、ヘアゴム、綿棒、シャワーキャップ、そしてシャンプー、リンス、ボディーシャンプーがあります。(シャンプー類は富士屋ホテルオリジナルとのことで、試供品でもらうサイズよりも小さ目の袋に入ったものでした…これ、めっちゃ化身の毛長い人とかやと足りないんじゃなかろうか……)
しいて言うならば、コットンやボディーケア用品があればいいなぁ…と。
37.jpg
アメニティーたち。

 このホテルの部屋トイレは明らかにレトロです(爆笑)
 いやもう何というか…昔ながらを大切にしているのは分かるのですが、なんと言うか……昨今のホテルでこのトイレにぶち当たるのは驚きでした(正直)
トイレとバスは同じ場所にあり、区切るものは何もありません。床前面にタイルが敷かれ、どことなく寒い雰囲気ですね。これが冬だとしたらどのくらいの寒さになるのかが正直分からないなぁ…と。
一番広いお部屋では、洗面台がこの欲室内にあり、私自身は使っていないのでわかりませんが、ガラスの曇り具合等がどうだったのだろうとふと思いました。
トイレは上部にあるタンクに溜まった水をぶら下がっている金具を引くことで流すタイプでした。
 温泉は、少しとろみのあるような感触で、風呂上りはツルツルになりましたよvv

35.jpg
トイレと浴槽が一緒の空間(この部屋はまだ広いほうです)

 というところで部屋の探検を終え、ホテルツアーに参加。
 ホテルの創設者の話、二代目の髭の話等を聞き、実際にホテルの中を歩きます。
「本日はありがたいことに満室となっておりまして……客室をご覧に頂くことができません」
……あー残念。天井絵が見たかったんだけどな。
 そんなことを思いつつ付いていきます。
 廊下を歩き、二代目が作ったという温室へ。そこを軽く通り抜け、バーへ行きます。
そしてメインダイニングへ。本日の夕飯と朝食を行う場所ということでじっくりと見てみました。


 各所の説明を受け、最後に催しものの紹介と、富士屋を見学したカードを貰って終了。正味50分弱というところでしょうか。
その後カフェでお茶を頂きました(食事面は次の記事で書きます)

 部屋に戻り、夕飯の予約が取れなかったとのことで20時過ぎの準備ということを聞き、それまでくつろぎます。
ベッドは少し硬めですが、寝心地は良さそうなシングルベッド。とりあえずでろーんと横たわり、旅の疲れを癒しました。
(この間に大浴場に行った親戚もいました)

34.jpg
シングルサイズのベッド。落ち着いた色合いのベッドカバーです。

 連絡が来てからメインダイニングへ。(食事は次の記事で…)

 夕飯後、バーに顔を出した私は、お酒を飲みつつ、ジャズの生演奏を聞いたり…。
雰囲気の良いバーで、ゆったりとくつろぐことが出来ました。
48.jpg
天井はビリヤードの台をイメージしているらしいです。

41.jpg
ジュースのように甘くて飲みやすかったお酒。(結構強いので、多分カパカパ飲んでいたらそれなりに足にくるかもしれません)

 お部屋に戻り大浴場へGO→
 大浴場といってもそんなに大きくはなく、7~8人だと丁度よい広さのもの。
時間的に込み合う頃合だったらしく、洗い場も浴槽も人が溢れていました。中には立ったままシャワーを浴び、後ろにいる人のことを考えないおばさんとかいまして…おいおいおい。ちょっと迷惑考えろwwwwとか思っていたのが正直なところ。
一人一人が気をつければ、ホテルステイを愉しむことが出来るのにね…。

 部屋に戻りテレビを見つつまったり。これでこの日は就寝。
 枕の硬さは好きな柔らかめのものでした。

 翌朝、朝一でシャワーを浴びる。バスローブを使いましたが、かなりしっかりとした生地で出来ており、重いかなぁ…と思ったのですが、着てみると着心地が良かったです(>_<)
 バスローブを使うためだけに朝湯をしたわけでもないのですが……すっきりと目覚めることが出来、良かったですよー。
51.jpg
バスローブですvv

 朝食は次の記事で。

 朝食後はお土産をいくつか購入したのですが、ホテルパンもたいしておいしくもなかったこともあり、とりあえず…ジャムとドレッシングなどをチョイス。親友への土産はこれでバッチリです。
 その後は少しお庭を見たりした後、チェックアウトギリの時間までまったりとしておりました。

 チェックアウト後、荷物を車に入れた後でも周囲を探索していいとの言葉をもらい、荷物をとりあえず片付け、周辺散策。30分くらいふらふらしていたのですが、ホテルに戻りトイレを借りまして…(室内のトイレと比べて段違いにレベルが急上昇。この外のトイレをホテルの部屋にも入れていただきたいWWくらいに綺麗なトイレ。ちなみに場所によって赴きも違い、大浴場の傍のトイレは、市松模様にタイルを張ってあるというちょっとモダンな雰囲気になっていました)
 これにて終了。という感じですが。
 一点言うならば…チェックアウトをして正面扉から車に乗るまでがお客様だと思ってもらえたらなぁ…と。
 階段を上る客(今からチェックイン)には笑顔で挨拶をしても階段を下る客(チェックアウト後、正面玄関から出る客)はスルーしたホテルマンには少々幻滅しました。
 最後まで気持ちのよいステイをさせてくれればよかったのですが…

 ハード面は……55点
 スタッフの対応…80点
 アメニティー等のサービスは…60点
 食事面(次の記事ですが…)…40点未満
 価格……40点

 平均して60点未満というところでしょうか。
 二度目に行きますか?と問われれば、確実行きません(笑)
 とりあえず有名ホテルなので、行きましたwwという状態。リピーターがどのくらいいるのかを聞きたいものです。
 価格に対してのメリットが少ないなぁ…とも感じました。
 確かに老舗と言われるだけあり、建物はどこも珍しくいろいろと目で見て愉しむことができました。
ですが、ホテルはステイをするところ。明治の雰囲気を漂わせてくれている中、トリップできそうなくらいに酔わせてくれないと寂しいものです。

 次の記事で食事面をつらつらと…
スポンサーサイト

テーマ : 国内ホテル旅館情報 - ジャンル : 旅行

富士屋ホテル 食事編

食事編です。
ぶっちゃけ満足した記憶がないのでアレですが……


ティーラウンジにてのお茶
43.jpg

見ためちゃくちゃ可愛いケーキww
復刻版ケーキらしいですが…とりあえず


復刻版という文字に引っかかっておくべきでした(涙)
バタークリームたっぷりの私の母の世代が懐かしさを感じるケーキwwww
懐かしさのかけらもねぇwwwwwww

最後まで食べきるのも難しく、いとこの口にほいほい放り込んでいたのは私です。(すまぬぬ)
コーヒーはさすがのおいしさ。お替わりができるのもありがたいところ!
でもぶっちゃけ1200円だったか1400円だったかの価値は見出せませんでした。
コーヒー三杯飲んだらよかったかな…

そしてディナー。
メインダイニングであるレストランでのお食事です。

40.jpg
天井
日光東照宮をイメージして作られた天井絵。すばらしいです。全て違う花が描かれた絵と、それにつどう鳥が描かれています。

52.jpg
外観
なかなかかっこいいですよねw

さてさてディナーですが…本当に写真を撮るのおそまつな有様でした。
なんといったらいいのでしょうか……25.000円分には宿泊料金しか含まれてへんで!ディナーオマケやで!!という状態なら多少理解もできますが…まさかディナーでこれかよwと突っ込みまくりました。
一週間前に頂いたエプバンタイユの3.000円のがはるか上空を飛んでくれています。

前菜
羅臼産トキシラズの自家製燻製 いもケチョップ添え

ケチョップとはなんぞやwwwとなりました。というかトキシラズてまさか…まさかなぁ…
44.jpg

でーん。
サーモン見事に鎮座していますwwサーモンて書けよwwww
サーモンキライじゃないのですが、メインディッシュで出てきたら確実幻滅します。さらに前菜でもそれがメインだともっとどうにかろよ!と突っ込みたくなります。だってこれ私でもつくれ…(自重)
ちなみにケチョップはマッシュポテトです。これも自分で作ったほうが確実美味いです。

スープ
ホワイトアスパラのポタージュ
45.jpg
せめて緑のものを散らしたらいかがだろうか。レッドペッパーでもいいよ。ちなみに味はクリーミーさが足りない感満載。私ならもう少し生クリームを入れ、ブラックペッパーなどで味を調えます。見た目もどうにかします…w

魚料理
イサキのポワレ サフランソース
46.jpg
…なんでしょうこの黒い物体www
いや確かに香ばしかったですよ。お魚。
忙しさからか皿を一度に4枚以上持っていますが、あまり運ぶのがうまくなく、ソース偏りすぎ。フレンチってこんな適当でよかったんでしたっけ?ありえなくね?(爆笑)
サフランソースはその名のとおり、皿に顔を近づけなくとも、サフランの香りが漂いました。バターベースのソースです。

肉料理
ローストビーフにヨークシャープディング添え
47.jpg
とりあえずメニューに突っ込みを。ローストビーフにて!に!ってなんや(爆)
「に」にしたいなら添えてまで書けよなwwwとか思う。もうなんていうか適当じゃね?
で、この肉料理。いや今までの料理も全て通して……


フレンチって繊細さを求めた料理じゃなかったでしたっけ??????



あーりーえーねー(爆笑)
確かに肉は柔らかかった。でもやわらかいくらいのことしかいいこと書けない!
ソースは後でスタッフの人がかけてくれたんですが、それもバシャ!とオトコマエにかけられまして…肉というか皿一面茶色やてwwww
思わず真顔でドン引きしていたら、「お拭きいたします」と取り替えるでなく、拭き取ってくださいましたwww見えるところでwwwwww


もういろいろありえなくて笑えてきます。ここまで来ると笑いが先頭に立ちます(苦笑)次は何をしでかしてくれるんだ?とね。
ちなみにプディングマジマズイ!!こんなおいしくないものをお外で久々に頂きました。
味もダメなら盛り方もアウト。これっていろいろ問題が多発している気がしますが…きっと老舗の懐かしいメニューとかそういうのだから許されているのかしら。

ちなみにデザート
チョコレートのパルフェにバニラアイスクリーム添え
あまりに貧相で、写真すら撮っておりません。ソースの流れっぷりもさることながら、酷すぎる状況に笑いがとまりません。
パンがあったかくないというのも驚き!!
フィンガーボール用意する前に、パンくらい暖かく持ってくる努力しろよ!

本日一休に朝食つきで同じ部屋のプランが19000円で掲載されていました。てことは夕飯代はだいたい6.000円くらいの予算になります。6.000円。……一週間前6.000円の半分でいろいろ真新しいもの食べてきたよ!メイン三種の一つもかすらないメニューにただただ脱帽です。どうせなら、フルコースじゃなくていいから、肉、魚を選べるようにしてもうすこし良いものを出せばええのに…(怒)


さて朝食ですが…
49.jpg
富士屋ホテルが売りにしている朝食プランは、驚きの追加料金でしたwww
なんとお値段4.000円以上の朝食です。(追加料金577円)
メニューは

フレッシュオレンジ・グレープフルーツジュース

富士屋特製ソーセージ
蟹オムレツ
カレーの料理
上記三点のうち一点

パン
コーヒー






以上。


なんだそれwwwどこに一体4.000円以上!?
と噴出さずにはいられない。
パンもおいしくはないし、真新しいものもない。
唯一「美味ー」となったのは蟹オムレツww
これがこのホテルステイで唯一の美味!と思えたものです。

さて…このフランス料理+朝食。少なすぎる…うぇっ(涙)となったものがあります……
それは……


野菜の少なさ!!


ここまでお野菜のない朝食もフルーツのない朝食も、彩を考えられていないフレンチも初めて食べた気がします…
食事に40点もあげられないwww
このレストランの、他のきちんと別途料金にて注文した料理ならマトモだったのかなぁ点とも思いはしたのですが、それをしたいと思う気持ちも、期待する思いも一切ないままの帰宅となりました。
朝食も正直オレンジジュースうまー

コーヒーうまーww
となって終了だったという(涙)

ま、二度と行かないのでいいですけれども。あー次のホテルステイは素敵なことになるといいな。。

テーマ : 国内ホテル旅館情報 - ジャンル : 旅行

リッツカールトン、クラブルームのお泊り記録を書きたいのに…

折角リッツ記録を書けた!!と思っていたのですが……



写真のデータ紛失wwwww



いや昨年末からPCの状態が悪く、リセットしてまっちろな子にしたのですが…どうやらその時に…



保護し忘れた模様(号泣)


今回はクラブルームだから…と気合入れて撮影したのに、水の泡。
なので、文面と携帯での撮影分のみの掲載に…
次回また行って、ガッツリ撮影してきたいと思っておりますv



というわけで文面のみのリッツへのご招待ですv



リッツカールトン


328.jpg


クリスマスシーズンにリッツへお泊りしてきました。リッツ自体は数回お泊りしているのですが、今回チョイスした「クラブルーム」は初めての体験です。

329.jpg




母の誕生日を兼ねてのご招待お泊り。というわけで一休のプランを使って予約しました。


クラブルームはクチコミでもかなり評判が良く、普通のお部屋でも十分満足な私ですが、かなり期待しまくりの心境でした。

「どうせなら正面玄関から入ろーぜ!!」
となり、正面玄関を目指す二人。するとドアマンのおにーさんがわざわざ近付いてきてくれて、荷物を手に持ち対応をしてくれます。
「本日ご宿泊でしょうか?」
「はい」
「ご案内いたします」
丁寧な対応にさすがだなぁ…と思いながらもホテルへ一歩入ると…そこは夢のような空間が広がっていました。
メインロビーに設置された大きなクリスマスツリー。館内は全てクリスマス一色で…暖炉の火も赤々と燈され、まさしく『別世界』へ踏み込んだ感があります。
クラブルームへの宿泊の旨を伝えると、お掛けになってお待ちくださいとのこと。
 客数に対してソファーなど座ることの出来るスペースが少ないのですが、それも雰囲気があるこのホテルでは気になることもないという。アンティークな家具と優しい光に包まれながらぼんやりしていた私達に声を掛けてくれたベルマンはそのまま上階へと誘ってくれました。

腰を掛けて案内を待ったソファー
335.jpg


エレベーターに乗り込むと、中にも可愛らしいリースが飾られています。
蒼「うわぁ…こんなトコまで」
ベルマン「一晩で設置するんです。お客様がお休みになられてから、スタッフ全員で一斉に行うんですよ」
とクリスマス仕様にする際の状態を教えてくれました。鍵の説明(クラブフロアはルームキーがなければ上がることの出来ない造りとなっています)をしながらもさり気なくお話をしてくれて、高感度がグググッと上がります。何もこの短いとはいえ閉ざされた空間の中の時間におしゃべりしてくれないと、少し寂しくなりますから(笑)

エレベーターが到着し、すぐに左手にあるラウンジへと導かれ、窓際のテーブルへ腰を降ろしました。
「誕生日」と伝えていたこともあり、部屋がグレードアップしているとの説明を受け、デポジットを告げられたのでカードを渡したりと手続きをします。その際、ドリンクを頂けるのですが出されたメニューの豊富さにドキドキしまくりでしたv
私はライチを選び、母はグレープフルーツを所望。
ドリンクはこんな感じで。

330.jpg


するとその直後コンシェルジェの方が、ケーキを持って登場してくれました。
ホテルからのプレゼントとして…ケーキを用意してくれてあったのです!!うわーすごいー!!と大興奮。

ケーキ
331.jpg


かなり大きなこのケーキ。生クリームも上品で、最後までおいしく頂けました。
またこの時間、クラブフロア独特の設定でラウンジではアフタヌーンティーのサービスがありました。

このクラブラウンジ、一日5回のサービスがあります。
朝食
昼食
アフタヌーンティー
食前の一品
お休み前の一品

といった感じです。これは…是非毎回お邪魔したい…と思っていたので、キョロキョロそわそわしてしまいました。
アフタヌーンティーにはスコーンやケーキなどがあり、サンドイッチやサラダなど、どれも可愛く綺麗に盛り付けられていて、全部食べたくなってしまいます。
…ですが、この日、夕飯をホテルのイタリアンで予約していたため、少しずつ厳選して選びながら着席。
ライチジュースの美味しさにトキメキながらも暫しのゆったりとした時間を母と過ごしました。

ケーキを食べ終えてまったりした後、お部屋へと案内してもらいます。角部屋の良さは、大きな二面の窓。
部屋に入って荷物を置いてもらった後は、室内の説明を丁寧にしてくれます。カーテンの閉め方やテレビ、電気など大体分かっていながらも、いざとなったときに困ってもイヤなのでゆっくりと聞いていました。


というわけで室内の様子。

かなり高さのあるベッドがあります。
寝心地抜群のこのベッド、小柄な私達は上るのに一苦労です(笑)
落ち着いた色合いのベッドカバー、そして抱き枕のような円柱のクッションに癒されつつコロコロころがっていました。


ターンダウン中、観察していたのですが…ターンダウンサービスって素敵…と思わず魅入ってしまいます。綺麗にベッドを整えてくれる姿を見ていたのですが、手際よくさささっと終わらせてくれました。この際、ゴミなども一度回収していってくれるようです。
やはりカバーがついているときと違い、素敵な雰囲気になります。

デスク+窓
336.jpg
(角部屋だととっても大きな窓のお部屋になるんですv)

大きな窓と大きなデスク。
引き出しにはPC接続用の一式が入っていました。以前はここに裁縫セットがあったような気がしたのですが…なくなったみたいですね。

テレビ
とても大きいです。この日、スケートがやっていたのでまおたんを応援しまくりました(>_<)

お風呂
広い浴槽はゆったりとした時間を与えてくれます。テレビが中からも見れるようになっているのですが、実際眼鏡かけながら見るわけにも行かず、そして風呂場で見るテレビというのも興味が湧かないまままったりと入浴タイムを楽しみましたv


トイレ
個室なのはありがたい限りです


シャワーブース
朝、このブースも使って準備しました。シャワーブースがあるのもお気に入りの一つです。


バスローブ
しっかりとしたタオル地のバスローブ。少し重く感じるのですが、ゆったりとした入浴の後、これを来てオットマンつきの椅子に脚を乗せて読書とかたまらないです。

洗面台
ダブルシンク。
これがありがたい。豪華な雰囲気を感じますし、何より…女性二人で使うときなどにはもってこいです。拡大鏡もあり、メイクもしやすくて。

アメニティー
リッツオリジナルのアメニティーです。シャンプー・コンディショナー・ボディーシャンプー・ボディーミルク・髭剃り・シャワーキャップ・歯ブラシ・ブラシなどがありました。バスソルトもお気に入りで、大量に投入して時間を無視して過ごしました。

オットマンつきのソファー
このソファーの座りごこちがかなり良いのですvvv


さて、このクラブフロア、「バスピロー」があると噂でそれが楽しみだったのですが、お部屋を見るとなかったり。
思わず電話をかけて聞いてしまいました。もしもしー!!
「すみません、バスピローのサービスはもう終わってしまったのですか?」
「ご希望でしたらお持ちします!」

ということだったので速攻お願いしました。
このバスピロー。とっても気持ち良いです。眠りへと誘ってくれますから!!

食事などはまた別の日記に書くとして……

こんな感じで至福の時間を過ごしたワタシタチ。至れり尽せりな感を受けつつ、短くはありますがお姫様タイムを満喫。

チェックアウト時には、エレベーターの扉が閉まるまで見送ってくれているコンシェルジェやスタッフの皆さんがとっても印象的でしたとも!!
さすがは一流というだけのことはある。
金額以上のものを与えてもらったと…思っています。


リッツのお写真

341.jpg


342.jpg


343.jpg


リッツはリピーターになりたいホテルです。
他にもたくさん良いホテルはあると思いますし、お泊りしたいところもたくさんあるのですが、やはりどうしてもここへと脚が向かってしまうのが正直なところ(笑)
また…お邪魔したいです!!

…その前に…大阪ならリーガロイヤル・スイスホテルにも泊まりたいなぁ…なんて思ってしまっているのですが、どうなることやら(笑)

とにかく、素敵な時間を感じることの出来るこのホテルはオススメです!!
クラブフロアを次回も必ずチョイスすると思います(笑)

リッツカールトンさん、お世話になりましたーノシ
写真を再度撮影するため、近々お邪魔します!!!(笑)



ザ・リッツ・カールトン大阪 (旅館・オーベルジュ(その他) / 西梅田、北新地、大阪)
★★★★★ 5.0



テーマ : 高級ホテル - ジャンル : 旅行

リッツカールトン食事編

リッツカールトン お食事編

ウエルカムアメニティーとウエルカムドリンクの詳細説明を…(笑)

というわけで前日の記事と同じ写真からこんにちは、です。いやもうこれは大々的に掲載しないと(笑)

つやつやな色合いのベリーがどどんと乗ったこのケーキ。
331.jpg


そしてライチ・グレープフルーツジュース
330.jpg

ついでに少し頂いちゃいましたw
333.jpg


アフタヌーンティーの次は、夕食の前の時間です。
勿論こちらもお邪魔しました。

シャンパンを飲みつつ、オードブルをつつきます。
この日のお料理担当は和食でした。(日替わりで、各レストランが提供しています)

品良く盛り付けたつもりのお料理。の写真は残念ながら紛失(号泣)


どれもおいしくて…、お替り!といいたくなるところでしたが、それをぐぐぐぐっと我慢。本日のディナーは「スプレンディード」を予約しているのです。(ホテル内にあるイタリアンのお店です)

夜景を見ながら楽しんでいたのですが、席も程ほどに埋まり、ここで軽く夕飯を済ましている人たちもいそうな感じでした。それが出来るくらいに充実したメニューとなっております。


スプレンディード

334.jpg


朝食バイキングの際に利用したことはありましたが、今回きちんと料理を食べるのは初めまして。
店内はクリスマスカラーに溢れ、ゴールドを基本色としたツリーが品良く飾られています。蝋燭の光も綺麗で、落ち着いた空気を感じられる中、席へと案内されました。


「ドリンクは何になさいますか?」
「あ……はい……」
ドリンクメニューを手渡され、一読。しかしそこで思い出してみる。そ…そういえば………


アニバーサリーで予約していたような気が!!!←


アニバーサリーのコースには、食前酒がつき、料理内容も決まっています。


「申し訳ございません」
そう告げ、すぐにシャンパンを持ってきてくれました。

さてお料理はといえば…

ちょっと一品ずつに時間が掛かりすぎていた感。コレは混んでいたからなのか分かりませんが、食事をスタートしたのが18:30で終わったのが21:30。3時間の時間をかけるコースでもなかった気がします。ホテルにお泊りだったので、時間を気にすることはなかったのですが、これがもしホテル泊まりではなかったのであれば、かなりドキドキしながら時計とにらめっこをしていたかもしれません。

お料理は……まぁ、こんなもんかな…と。
特別な感動はそこまでなく、美味しく最後までいただけた感じです。かといって悪いところがあるわけでもないので……ですが…さすがに値段とを比較してしまうと、正直なところ二度目にこれ以上の値段のコースを食べにくるかと問われれば、こないかもなぁ…という感じでした。
寧ろクラブルームなら、ラウンジを利用したほうが納得できる上、満足できそうな予感。


スタッフさんの対応はさすがといった感じでした。
丁寧で、お料理のことを聞いても、分からなければきちんと聞きに行って教えてくれたりもしました。

最後に写真とメッセージプレートが届いて。これにも満足です。
サプライズ的で嬉しいですよね。母が喜んでくれたのが何よりも嬉しかったのですが。


本日最後のラウンジに滑り込みで入り、お料理を確認させてもらいました。ケーキなどがあるけれど、どうしても手が出せない胃袋的キャパ問題ww本当は目が欲しがっているのですが、身体が欲しがっていないために、ドリンクをお願いしてぼんやりと時間を過ごしていました。
コーヒーもカフェオレやカプチーノなど選ぶことができ、お紅茶も数種類あります。アルコールはシャンパンやワイン、ビールなどが揃い、簡単なカクテルならば作ってくれましたv


翌朝
337.jpg


朝はバイキング形式でのお食事です。
ラウンジにお邪魔すると、たくさんの人がいたのですが、それでも窓際のあたりに誘導してくれました。

洋食7割和食3割といった割合でしょうか。もうどれもおいしそうで、いろいろ覗きながらチョイス。朝食だけの満足度で言うと、一般フロアの方に軍配があがりますが、クラブラウンジはまた別の楽しみがたくさんあって…。
どれも美味しくて、母と二人で仲良く分けつつ頂きます。
子どもの姿もあり、嬉しそうに母親と選んでいる姿は可愛らしいものでした。

この朝食の後、一度部屋へ戻り、チェックアウトまでまったりすごします。

338.jpg

339.jpg

340.jpg


チェックアウトもラウンジで行います。席へ誘導され、中央に配置された小さな猫脚のソファーに座り、清算を行いました。
「素敵なお誕生日をすごされましたか?」
コンシェルジェの方の一言がとってもあたたかかったです。
そしてラウンジでいただける最後のものが…ランチです。
サンドイッチやサラダなどが並ぶ中、欲しいものをチョイスしていきます。席に戻りゆっくりとしたリッツの時間の中で美味しく最後まで頂き、この日はこれ以上何も食べられないという状態の中で家に帰りました。


次回、クラブラウンジを利用するなら、夜は軽く外で食べてラウンジをゆっくりと利用したいなぁ…と思ってしまいました。それぐらいに魅力溢れるラウンジです。まぁ他のお客様の様子を見つつ…ではありますけれど、平日など利用客の少ない時を狙って、まったりと過ごす休日を楽しみたいと思います。


リッツカールトンさん、ご馳走様でしたーノシ

テーマ : 高級ホテル - ジャンル : 旅行

プリンスホテル新高輪

プリンスホテル新高輪


ゴールデンウィークにお泊りして、素泊まり一人8000円というお得な感じのお値段に飛びついたのは……私ですv

5/2の夜にお泊りしてきました。ホテルに泊まるのは大好きなのですが、なかなか機会がないため、それも敵わず。今年はできるだけ今まで泊まったことのないホテルにも脚を伸ばしてみたいと思っていたりします。

そんな中での新高輪なのですが…

駅からは上り坂が続きます。間、ファミレスなど多数ちらちらと見えます。つまり…ホテルで食事をしなくても十分食べられちゃう感じなんです。勿論素泊まりなのでその日の食事はついてはいないのですけれども…
というわけでチェック。

駅には成城石井。マクドがあります。居酒屋などもありつつ、ホテルまでの道すがらにはロイホや他ファミレスが見え、安価に食べることも出来るようです。


さてホテルですが…。これがかなり遠い(笑)
石榴坂という坂を只管登るのですが、緩やかながらも坂道は坂道。重たいカートをゴロゴロしている身としてはやはりこの重さに撃沈しそうにもなってしまいます…ええ。
でも行く先にはホテルが!!!!

と頑張って上り詰め、行き先案内に従って歩いて行くと、漸くプリンスホテル新高輪のメイン玄関に到着しました。入って思ったことは…やはり少々古めかしく感じるな…ということ。ベルガールが荷物をすぐに持ってくれてチェックインとなります。

「本日からご一泊のご予定ですね…」
とカタカタとパソコンを打ってもらいながら、カードを手渡しサインをします。朝食や夕食で使える割引券を頂きましたが…翌日は早朝出発な私達。たまにはホテルで朝食もゆっくりなステイもしたいなぁ…なんて思いつつ。

泊まった時期が時期なだけに、研修中の人たちがたくさんいました。通りすがりに「ごゆっくりおくつろぎくださいませ」の一言を丁寧にいただけると、気分もよくなりますよね。笑顔が素敵な新人さん達が、そのままの笑顔を見せてくれるホテルマンになってくれれば…と願うばかりです。

さてさて。お部屋の案内も研修中と大きく名札に書かれたオトコノコと、教育係であろうベルガールさんに導かれてのものでした。お部屋はやはり古めかしい…という言葉がぴったりな雰囲気で。でも広さは十分。そして落ち着ける空間がそこには広がっていました。

394.jpg

393.jpg


カーテンとベッドカバーは同じものでした。
小さなシャンデリアとソファーセットがあります。

392.jpg

メイクはここで…というかのようなドレッサー。左の引き出しにはティッシュが隠れていまして。コンセントもあり、ドライアーを座りながら掛けることができます。


ベッドは極一般的な感じですね。寝心地はいいですよー。コロコロとしているうちにあっと今に睡魔に負けた感じです。

サイドテーブル
399.jpg


ごくごく一般的な形。最新ではないのですが、ものを置くことも出来、重宝しました。

浴室
397.jpg

お風呂とトイレは同室にあります。緑を基本としたさわやかな雰囲気のお風呂です。


浴槽
395.jpg

脚を伸ばしてもゆったりと入れてしまう浴槽。のんびりと過ごしました。

アメニティー
396.jpg

ドライアーは独立したものでした(でもこれ、かなり風力が弱くて笑えるぐらいに玩具みたいな子)

シャンプー・コンディショナー・ボディーシャンプー・綿棒・櫛、シャワーキャップ・歯ブラシ・髭剃り

十分な品揃えです。個人的に綿棒があると嬉しいです。

手を洗う石鹸はポンプ式のものでした。


テレビ。
398.jpg

ブラウン管のもの。ベッドにころりと横たわると見やすい位置ですが、ソファーからは見難いです…。

下は空の冷蔵庫。驚く程容量が少なく、何も入らない…orz
というものでした。もう少し…奥行きのある冷蔵庫を設置して欲しいと思うのは私だけでしょうか。


お部屋でデパ地下やラデュレでの戦利品を食べようと思っていたので、お皿とフォーク・ナイフ・グラスをお願いしました。フロントでお願いしたのですが、お部屋に入ってすぐにもってきてもらえましたvv
400.jpg


本日のお供(笑)
401.jpg


デパ地下の惣菜とラデュレのマカロンで舌鼓です。
402.jpg

403.jpg



空調が古いこともあり、調整がおおざっぱにしか出来ないのですが、やはり加湿器が欲しくなりますね。貸し出しがあるかの確認をするのを忘れていました。


8000円だったらこんなものかと。ゴールデンウィークですしね。夜バスで疲れた身体を癒してもらいつつ、次の日へと向かえたわけです。


プリンスホテル新高輪さん、お世話になりましたーノシ


テーマ : 国内ホテル情報 - ジャンル : 旅行

飛騨旅行2 建治旅館 宿泊編

建治旅館

先日、岐阜の奥飛騨の新平湯温泉に行ってきました。
温泉+飛騨牛満喫!という脳内で検索を掛け、サーチした結果……何かのにおいを嗅ぎ分けて見つけ出した旅館です。


奥飛騨に行くのは実は初めてだったのですが、か…かなり遠いんですねww
途中

「最後のコンビニです!」

と大きく書かれたコンビニや、

「山の中でも安い!」

と書かれたガススタなどあって、かなり笑いを誘われましたとも。


さて旅館に到着したのは17時。チェックインぴったりの時間です。因みにここの旅館…

「高級旅館の対応をお求めの方は他所を探してねvv」

とか

「川魚と牛が苦手な人は言って下さい。…でも海のお魚は得意じゃないですvv」

とかさりげなく謙虚に主張している旅館です。そして何より私の気を惹いたのは…


「7室しかないお部屋」

「温かいものは温かく、冷たいものは冷たくお料理をお出しします。時間が少しかかりますが…」

等の言葉。
旅館の醍醐味は、やはりご飯vvvしかも部屋食を希望して探していたのですが、それよりもさらに上を行く、「個室でご飯V」でした。個室でご飯だと、食事の匂いが部屋に残らないからいいんですよね。そして大部屋じゃないところが本当に嬉しい。

今回のプランは「最上級飛騨牛づくしプラン」でした。
お値段18000円程。
この旅館、飛騨牛の取扱いの認可を受けているお店。そしてさらに売りはタマゴだったりします。
ウコッケイや奥飛騨美人、名古屋コーチン、軍鶏などを専務自らが愛情一杯に育てているという。勿論、旅館で出るスキヤキの卵や、茶碗蒸、なめらかプリンなどすべてこの卵を使用しています。
そんな卵もとっても楽しみにしながらの旅館へ到着。


外観
423.jpg


小さいですがとても綺麗な玄関です。


フロント前の休息所。
417.jpg


御香が仄かに焚かれ、旅の疲れを癒してくれています。
囲炉裏もあったりしちゃうんですvvこれが可愛い。奥には畳みのお部屋があって、寛ぐことも出来ます。


予約時点で申し込むと、2000円で女性は柄付きの浴衣を購入することが出来ます。種類もとっても豊富で可愛かったですよーvvv
到着してからの申し込みでは3000円するようでしたv



さてお部屋へ移動します。
シンプルな造りの旅館内は向かって右手がお料理のためのお部屋たち。左手に温泉があります。階段を上ると、お部屋が7つ並んでいました。

私達のお部屋は角部屋v窓も大きく取られ、とても気持ちのいい風景が見えます。10畳のお部屋は広く、久々にごろごろと畳の上で寛ぎました。


この旅館、各部屋に内風呂はありません。ですが、温泉がしっかりあったりします。男女別で、露天と内風呂。どちらも大満足でした。


お部屋

浴衣、丹前、お風呂セット(タオル+歯ブラシ+シャワーキャップ)
411.jpg


テレビはブラウン管のもの。でも実際テレビなどつけることはほぼなく、(5チャンネルで岐阜のお天気情報は見ましたが…)喧騒から解き放たれた優雅な時間を過ごしました。
413.jpg


ポット
412.jpg

すぐにお湯が沸きますvv便利vv
お菓子とお茶を準備してくれてありましたが、おなかが一杯すぎて、お菓子はオヤツとしてお持ち帰りしました。日本茶は、ティーバックで、飲みやすいものです。

洗面台
410.jpg

コップと備え付けのドライアーがあります。
難を言うなら、このドライアーが移動できれば最高でした。そしてもう少し風力があれば(笑)

トイレは個室です。中も広く清潔でした。
どこか人のお宅にお邪魔した感じ…と思った理由は…このトイレ、手を拭くためにタオルを掛けてくれてあるんです。それがこの何とも身近に感じる要因だと気付いてほっこり笑ってしまいました。
金庫もちゃんとあり、セキュリティーもバッチリですv


ご飯を食べてお部屋に帰ると…(ご飯は次の記事にて)
414.jpg

旅館の布団ってエロス!!!(爆笑)
いやもうこの風情ある感じがたまらないwwww
和室ってやはりいいですよねー。大好きなんです。この感じが。

415.jpg
あまりに可愛くて購入してしまったひだっちも掲載。
これ、某虹バンドのギタリストさんに似ていて…見れば見るほど似ていて…お持ち帰りせざるを得なくなった子です。か…かわゆ…。


温泉ですが……

自画自賛で申し訳ないのですが、めちゃくちゃいい写真が撮れたので、掲載(とうか携帯でこれだけ撮れればかなりイイんじゃないでしょうかwww)

一枚目
418.jpg


二枚目(掛け流しの風呂です)
419.jpg

三枚目(空はどんよりしていましたが、お風呂の間は降られずにすみました)
420.jpg


四枚目ー(自分のセンスに乾杯です←)
421.jpg


さて、温泉に入ったらどうしてもやりたくなるのは……


腰に手を充ててのむ牛乳(コーヒー牛乳可!)
416.jpg


勿論例に漏れず、この旅館でもその準備はバッチリでした。
えーっと。


温泉でてすぐ目の前に、ミニ冷蔵庫設置。そこに値段が書いてあって……缶が置いてあります。
お金をソコに入れてくれ…と。

客を信頼しきってくれていますw
いや温かいもてなしをしてくれていて、悪い気を起こすヤツはいないと思いますけれども…何て平和な…。

というわけで、コーヒー牛乳を購入(一本150円です。因みにこれ、多分基本のお値段は130円かな。最高190円まで値上がりしているのを見ましたw)お風呂出てすぐにいただけるこの牛乳、たまらなく美味です。しかも価格も良心的vvvv旅館とかだと200円くらいまで値段上げてても可笑しくないもの…。


チェックアウトは10時。
ということでお風呂は結局…三回入りましたV(内ニ回は貸切風呂状態。撮影も出来ちゃう状態でしたともv)


女将さんも、専務も、仲居さんも本当に素敵な人ばかりで、アットホームな雰囲気に本当に癒されました。

帰りしなに、卵とこの旅館の名前のついた日本酒(岐阜のお酒は癖があって飲みにくいと思うのですが…この旅館の日本酒はお料理の味を殺さないとっても美味しいものだったのです!!)とトマトジュースを購入。

準備してくれている間、おいしかったーとか楽しかったーとかお話しつつ。


また是非行きたい!というかリピーターになりたい!!と思ってしまう旅館でした。「温情旅館」と書いてあるのですが、そのままです。間違いなく…。

人の優しさに触れ、温かさに触れ、本当に素敵な時間を過ごすことができました。
この旅館、マジ一押しです!!!!


建治旅館さん、本当にありがとうございました!!!

テーマ : 国内の旅館・民宿・ペンション・ホテル情報 - ジャンル : 旅行

飛騨旅行3 建治旅館 お料理編

建治旅館 お料理編


さてさて、この旅館のお料理、かなりクチコミ評判もいいんです。そして…そのボリュームも9割の人が多すぎるくらい!といっている状態。
人並な胃袋だと信じている私達は、食べきれるのか?と不安になりつつも18時からのお食事に個室へ移動しました。

424.jpg

どん。


もうこの状態ですごいことになっています。
お肉がツヤツヤしていておいしそうだよー。
そしてお品書きがあることにかなり喜んでいました。

ステーキ ヒレ80g
425.jpg

A-5クラスの牛さんです。これ、三切れという一切れの大きさにびっくりしたのですが、お箸で簡単に切れてしまうくらいに柔らかいお肉でしたv

前菜
426.jpg

石狩(左手)
サーモンの酒かすに漬けたもの。日本酒が進みます。

大根奈の南蛮和え
これも…かなり酒に合う。でも味はけして濃くはないんです。

ナツメ
このパターンは初めてでした。種が中に居るので、気をつけつつぱくっと食べましたv

酢の物
427.jpg

ウド、キュウリ、蒟蒻。
さっぱりとして口休めになります。酢の濃さも、甘さも絶妙でした。


軍鶏の吸い物
428.jpg

これ絶品なんです!!
席についてすぐに持って来てくれた温かいもの第一号。
「後で味噌汁は出るので、温かいうちに召し上がってください!」
とのことでしたが…もう何というか。


汁だけでいいのでお替わりください(真顔)
という状態。透き通っていて綺麗な汁は本当に味が良くて、白いご飯も欲しくなっちゃいました。


山椒の新芽
429.jpg

山椒は苦手。木の芽もキライという私ですが…この美味しさ加減に惑いまくり。
え。私の苦手なものだというのに…あの独特のツンとくる感じがそこまでなく、寧ろ柔らかくて本当に…お酒にあ(またか)
素朴な味ですが、とっても愛情を感じてしまいます。

椀物
430.jpg

こも豆腐+タケノコ+葺
薄味で、とってもおいしくいただける一品。煮物の味が濃いと幻滅してしまいますから。
味噌を漬けながら頂くこも豆腐は初体験。とても美味しかったんですーv

岩魚
431.jpg

温かい子第二弾。
岩魚が焼きたてほっくほくで来ました。いやもう…何ていうか……

絶品。

頭と真中の骨と背鰭以外何も残す所なく食べ尽くしました。ちょっとびっくりしたのが内臓の処理です。
苦手な人は苦手な内臓。大人の味だと言われる場合もありますが、お魚好きな私も内臓は苦手。それを美味く取り除いて食べる手段を会得しているわけですが…。
建治さんでは最初から内臓が綺麗に取られているんです。これが本当に……丁寧なお仕事されていてびっくりしてしまいました。

スキヤキに火がつきましたよー!!
432.jpg

433.jpg

卵は本日はウコッケイとのこと!ラッキーらしいです。彼らが卵を産んでくれた日でよかた!
ちょっと割るのが下手すぎて割れてしまったんですが、プリンプリンの卵でした。
お肉と絡めます。

434.jpg

えーっとあの……………


2○年生きてきて、初めての食感vvvvv


お肉って……良いお肉って………


舌の上で溶けちゃうんですねvvvvv


この歯を使わずとも噛み切れてしまう柔らかさ、そしてくどくなることは一切ない中、最後まで美味しくいただけてしまうお肉にびっくりしました。いやだって本当に……あの……

こんな肉、食べたことないぃぃぃぃ。


ウコッケイの茶碗蒸し
435.jpg

これも仲居さんが運んできてくれました。大きさも丁度よく、茶碗蒸大好きな私はかなり期待。そして…

パク。


…………………(無言)


「う……うまいぃぃぃぃぃぃぃぃ/号泣」


という状態に。
見て下さい、このトロトロ感。
436.jpg


今までの茶碗蒸は何だ!?と問いたくなる状態のこの茶碗蒸。味もよく、何より食感というか…あの………こここここの値段でいいんですか!!!????(号泣)


牛肉のお寿司
437.jpg

右がワサビ。左が柚子胡椒です。
おなかが一杯になりつつある中、もっとおなかすいてるときに食べたいよぅぅぅぅ(号泣)と言いながらも頂きました。お肉柔らかくて…本当に……………蕩ける…。。。。


地元のコシヒカリ。
438.jpg

お米がつやつやしていて、進んでしまいます。恐ろしい。お替りしたい…でもお肉が入らない…という何ともジレンマ。おにぎりにしてお持ち帰りしたかったです。ええ。


ステーキを焼いてみました。
439.jpg

勿論レアですよーvvv
お箸で切った切り口ですがこの切れのよさ!!何この柔らかい子!!びっくりしちゃう!!という感じで。お野菜はたまねぎ、人参、ピーマンがついていて、一緒に焼いて頂きました。自家製味噌や、ユズコショウがついていたのですが…お肉に塩コショウだけで十分すぎるウマさです(涙)

茄子の揚げ浸し。
440.jpg

ちょっとこれが多かった…(苦笑)大好きな一品ですが、胃袋パンパンの状態では…最後に揚げたものが出てくるのがちょっぴりきつかった…でも悔しいかなとても美味しいんです。何この美味しさ!
どれも丁寧に味付けられていて、ほっこり笑顔になっちゃうんです。おなか一杯だけど(笑)


お味噌汁は鯉こくでした。
441.jpg
生臭いのかな?とドキドキしましたが…生臭さどころか油っぽさもあまりないという。美味しくいただいちゃいました。ええ。

そして牛肉の刺身。
442.jpg

うわーお刺身だよー。何このおいしさ!!湯葉もウマウマなのですが、柔らかい牛さんに蕩けまくっています。

日本酒はこちらの銘柄で。
443.jpg

癖がなくサラリと頂けるおいしいお酒でした。1200円です。これは土産にぜひとも頂きたい。


で、デザートがこちら。
444.jpg

滑らかプリンです。ウコッケイの卵を使用。
あまりのおなかのいっぱいさ加減を仲居さんが察知してくれて、ラップを掛けて「お部屋で食べなさいvv」といってくれました。何この優しさ(涙)
で、ちょっと休憩して、お風呂入って…ちょっとおなかに余裕が出てきた頃にいただきまーす!!(デブまっしぐらww)
甘さも程よく、美味しくいただけました。卵の味が濃いの。もう少し…柔らかくてもいいかな…と思いもしましたが(滑らかプリン大好きなんですよ…)いやでもこの美味しさがシメに来るなんて、何て心憎い旅館なのvvと幸せに。



さて翌朝。
鶏の声を早朝というか深夜から聞きつつ(笑)
朝食に行きました。この朝食の時間、夕食の際についているアンケートで時間を決めるんです。
時間設定は三パターンで…
8:00 8:15 8:30
とこまめに区切られたものでした。ですので8:15をチョイス。
お部屋へ行くと……既にこの状態。


445.jpg

わー量が多いwwww
生卵は奥飛騨美人の卵。
川魚の甘露煮
おから、ジャガイモの煮物。大豆を甘く煮たもの。ホウ葉味噌。
ご飯、豆腐のお味噌汁。

朝、鶏さんで起きたよー。

というともう一つ卵がプレゼントされました。

448.jpg

名古屋コーチンの子です。


す…すみませ…と言いつつ、卵を割ってみました。
左が名古屋コーチン
右が奥飛騨美人
446.jpg


ちょっと撮影ミスったのですが、卵の黄身が指でつかめちゃうんですwwww


そしておいしく頂いていると…失礼しますと仲居さん。
ん?ご飯はお櫃にたくさんありますよwwwと思っていたら。

「デザートお持ちしました」


で…でざーとぉぉぉ?


コーヒーゼリーですvvv
447.jpg

何この心憎い演出。そしてビターでとっても美味しいコーヒーゼリー。


こんな最後の一品まで出てくると、幸せになれちゃいますよね。



夕食、朝食共に…おいしくて…
本当に笑顔で始まり笑顔で終わる旅館だと思いました。

次もお泊りするならここ!と言いたくなる旅館。
皆さんも是非一度行かれてみてはいかがでしょうか?

テーマ : 国内の旅館・民宿・ペンション・ホテル情報 - ジャンル : 旅行

ホテルビスタグランデ大阪

VISTAHOTEL

大阪に宿泊しがてら遊びに行ったのですが…、朝一の電車の中で気付く事実。

あ…あたし…家の鍵忘れた…orz

大阪に泊まる際によく使う手として、単身赴任の父親の家を利用するわけです。泊まり代金タダー!だから存分に遊べちゃうvvv
という感じなのですが、その家の鍵がない。
………う……うう…友達……
を頼るべきかと思ったのですが、それも連絡がしっかり取れるのかが分からない。ということに気付く。いやでも……とそこでじゃらん携帯版を酷使。
最初は泊まれたらいいや…とか思っていたのですが…そのうち…



どうせなら良いホテルに泊まろうぜvvv



と悪魔の囁きが聞こえはじめ、気付いた時にはそれを目安に探し始めていたという。
土曜日は遅くまで友達と遊ぶため、そこまで高級ホテルにしてしまうと反対に、ホテルステイが楽しめないから勿体ない。でもビジネスはイヤ。
とワガママな感じで選んでいくと…2008年11月に出来たばかりにもかかわらずクチコミがこの時点で700件を超えているホテルを発見。しかもそのクチコミも評価も悪くないという!
一気に興味をそそられ、深遠へと入り込んでみると…


8000円で、ダブルベッドのあるワンランク上のお部屋へお泊りという設定がある!!!

ということに気付きました。そこで即申し込み。じゃらんのポイントも利用できるということだったので限界の800円引きを活用。
7200円でのステイ決定となりました。

場所は道頓堀の近くという。この道頓堀を一本過ぎると風俗万歳な繁華街なんだよなぁ…と思いながらもいくと、「無料案内所」や「カラオケ」「Bar」やまぁその他さまざまな店が並ぶ中、突如上品な高層の建物がこんにちは。
え。こ…これか………
と驚きながらも中へと入ると、シックな雰囲気に纏められたフロントがあります。このフロント、人がかなり入れる大きなもので、このホテルの客数とスタッフの多さをさりげなく感じさせてくれました。
大きなソファーが雰囲気良く設置され、黒と茶をベースにした空間は落ち着いた印象を与えてくれます。フロントの方に笑顔がないなぁ…ということが気になったのですが、とりあえず説明を聞き、すでに部屋に入れるということを教えてもらい、速攻荷物を持ってあがりました。
エレベーターも部屋のカードキーがなければ動かないという、セキュリティー対策もバッチリなホテルです。

本日のお部屋は1129。
11階の右端のお部屋でした。
部屋を開けた瞬間、感動!!を久々に味わいましたとも。

それでは部屋の中の様子を少々紹介。
474.jpg

入ってすぐ左手にセーフティーボックス。
473.jpg

棚の造りになっていて、その下にはパジャマ二組(前ボタン式のネグリジェのような感じです。肌触りがとっても良いです)
その下にリセッシュが(このサービスはとてもありがたいですよね。煙草の匂いなどが気になっていたお洋服にシュシュッとかけてみました)

右手にはクローゼット。
472.jpg

スリッパが二つあり、靴磨きや、靴べら、荷物を置く台があります。ここは、近付くとセンサーで内部のライトが点くという驚きのシステムアリでした。

セーフティーボックスの隣には、洗面所があります。

白を基調とした室内。
浴槽は広く、脚を伸ばしてゆったりと入る事が出来ます。
シャワーもヘッドが回転式になっていて、好みの湯の出し方がを選べました。
そしてガラス張り(笑)
470.jpg

一応ブラインドを下ろすことができるのですが、開放感溢れる風呂も楽しめます(え)
音は聞こえないですが、中からテレビを丁度見ることのできる窓でした。音が聞こえると更に良かったのかもしれませんが(私が気付かなかっただけかも)

シャンプー・コンディショナー・ボディーシャンプーは備え付け。
475.jpg

タオルはバスタオル+体を洗うためのタオル+手を拭ったりするためのタオルと三種。二組ずつ設置。

洗面台は広く使いやすい大きさ。
アメニティー
471.jpg

櫛×2
歯ブラシ×2
髭剃り
綿棒
ヘアバンド

十分過ぎる内容です。


ドライアーはマイナスイオンが出る子でした。これも本当にありがたいですよね!!


さてお部屋の中ですが…

ベッド。
468.jpg

シモンズ製のふわふわな快適ベッド。疲れた体を癒しまくってくれましたとも。

正面にアクオス26インチのテレビが。
482.jpg

1500円払うと、映画見放題になるらしいですよー。

テレビ横には、サービスのミネラレウォーターが。
480.jpg

ありがたいなぁ…と思いつつ重宝しました。

更に部屋には加湿器が設置。
481.jpg

これも本当にありがたい限り!!
個数限定のところはゲットできないこともありますからね。

ティーセットはガラス製のもので。
483.jpg

484.jpg


煎茶×2+ハーブティー×2がありました。そして持ち帰るのを忘れて、凹んでいます。見たことない紅茶のメーカーだったんだけどな。


デスクは大きな窓に面して置かれています。鏡、ライト、時計と…とっても親切な造り。光が暗いとメイクしにくいのですが、この明るさがあるなら、洗面台の前じゃなく、ここに座って落ち着いてメイクすることが出来そうです。

部屋の隅には小さなソファーがありましたv
469.jpg


PCなどは持ち込めば使える状態になっています。デスクも使いやすい高さだな…と思わせてくれるもので。

落ち着いた室内に赤い色がワンポイントになってとても可愛いホテルでした。

チェックアウトも11時とゆっくりめ。
延長したい場合は宿泊料金の30%を支払ったらいいとのことです。
料金に関しては前金制でした。カードが使えます。
こういったところはビジネスに近いかな…とおも思いますが、おしゃれでお手頃に泊まれるホテルが増えた感じで、かなり嬉しいです。
多分…また同じようなことが起これば、間違いなくこのホテルにお邪魔すると思います。
朝食も少し気になるところ…また泊まる際にはいろいろ検討したいですねvv


VISTAHOTELさん、お世話になりましたーノシ

テーマ : 国内ホテル情報 - ジャンル : 旅行

ホテルサンルートにお泊り

ホテルサンルート

ちょっとわけあって、お邪魔してきたホテルです。
いや単純に、夜行バスで東京に行こうとしていたのですが、地震があったため、安全策として前日新幹線で東京入りしたので、急遽取った宿だったのですが。
正直何も期待せずにチェックイン。だって宿泊二日前とかに予約して取れたホテルだったから。因みに一泊8500円でした。

ですが…


「本日、レディースルームをご用意させて頂きました」

え…レディースルーム?予約してないけどなぁ…でもいいか…

「こちら、カード式のルームキーでございます。セキュリティーの関係で、エレベーターにもICを翳す部分がございますので、そちらに翳してご利用ください」

おおお。なるほど。知らない人が入ってこれないようにね。さすが!

「エレベーターを降りられますと、ドアがございます。そちらにもカードキーを翳して開錠してからお入りください」


おおお。まさかのセキュリティー。最近のホテルってこんな感じなのねーvvvすっげぇすっげぇの連発でしたW


お部屋は1227。
17㎡のお部屋なので、極端に広いということもありませんが、一人にとっては十分すぎる広さです。


お風呂場は白を基調としています。

まずは…アメニティーから紹介。
645.jpg
広い洗面台と十分過ぎるアメニティーの数々。
マイナスイオンのドライアー
櫛、歯ブラシ、シャワーキャップ、化粧品。

こんな感じで揃っているのです。

さてお部屋は…

ベッド
648.jpg

シモンズ社のベッドです。もうふっわふわでとっても気持ちが良いのvv
パジャマもしっかりと準備してくれてあります。

探検し始めたワタシの視界に入る、不思議な子。


イオンスチーマーはっけーん!!
646.jpg

美顔器があるんです、このお部屋。勿論使ってみましたとも!(早く寝なさい)


そして…
649.jpg

こ…これは………ミニプラネタリウム的なアレですか…。
蓋を外して、お部屋を真っ暗にしてスイッチを入れると、幻想的な世界が楽しめます(勿論使用)

更にこれ…
650.jpg

何ぞこれwwwと思っていたのですが、…説明書きを見てみると、ミュージックマグとかそういう名前がついていて…スピーカーの役割を果たしてくれるらしいのです。というわけで携帯を繋いでみたのですが、綺麗に音楽が聞こえましたよvv


テレビも薄型の液晶。ベッドから見やすいところにありました(撮影わすれw)


後は…携帯の充電器があったりして、それも便利で。


机の下にはこんなものも…
651.jpg

フットマッサージですv
とっても気持ちよくて、にやにやしてしまいましたとも。疲れきった脚を解しておくれ…


加湿器。
652.jpg


かなりフル稼働。やっぱり空調つけると、感想しますからねぇ…。


そしてちょっと謎なこの一袋…何だろう……
647.jpg


あけてみると…

653.jpg


わーアメニティーだーvvv
レディースルームにのみあるらしいアメニティー。
シャンプー
コンディショナー(共にラベンダー)
ボディージェル
ローション(共にアーモンド)
紅茶二種+コットン+ヘアバンド。

こんなにしっかりとしたものが入っていましたvv
勿論テンションあがりまくったのはいうまでもなく…


お手軽に泊まれて楽しくなれてしまうお部屋でした。
また機会があったら、お邪魔したいですねー

サンルートさん、ありがとうございましたノシ

テーマ : 国内ホテル情報 - ジャンル : 旅行

ホテルフランクス@幕張

ホテルフランクス

というわけで、幕張でライブがあったので、お邪魔してきたホテルです。
ここ、三人でお部屋取ったのですが、一泊5000円弱という。朝食つけると、前日までの予約で一人1050円でお願いできちゃうということで…
その安さの秘密はどこにあるのー。と思いながらも、お邪魔してきました。

とっても親切丁寧なフロントマンの人に助けられつつチェックイン。朝食の旨も伝え、いざ自分達の部屋へ。


すると…
654.jpg


ウエルカムフルーツが迎えてくれたという…。
そりゃびっくりだ!国内でウエルカム何とかって…旅館のお菓子とリッツ、オーベルジュくらいしか体験したことな…い(笑)


ベッドはこんな感じ。
655.jpg


シックで落ち着いた雰囲気です。手前にもう一台の簡易ベッドがあるため、狭いのですが…これはかなりいい雰囲気。。


ベッドをとりあえずいろんな角度から。
656.jpg

657.jpg



このお部屋も、携帯の充電器がついていて、本当に便利だなーと思いました。

トイレバスは…
やっぱりちょっと古い雰囲気。十分すぎるものではありますが、お部屋の中は改装されたような印象を受けます。お風呂はプリンスホテル新高輪といい勝負かな…。


アメニティーに関しても最低限のラインナップ。
歯ブラシ人数分とコットン、櫛、剃刀が一つずつ。タオルもフェイスタオル、普通のタオル、バスタオルが一枚ずつです。


朝食とライオン。
今日もライオンさんがご紹介…。

658.jpg


さて予約すると1050円の朝食ですが…内容は…

サラダ(ベビーリーフ+ミニトマト+キュウリ+カラーピーマン+マカロニサラダ+海草)
ドレッシングは…フレンチ・和風・サウザンの三種

洋風のおかず
ベーコン・ハム・ソーセージ・オムレツ・スクランブルエッグ・茹で野菜・ポテト

和風のおかず
焼き魚
煮物二種類くらい(食べてないのです)
お漬物、など。

ミネストローネと味噌汁もあります。

そしてパンは手作りの焼きたてパン。どれもおいしかったのですが、クロワッサンが本当においしかったー!!

デザートは
コーンフレーク(チョコ・プレーンの二種)
ヨーグルト(ハチミツ・イチゴ・マーマレード)
カットフルーツ

ドリンクは
グレープフルーツジュース
オレンジジュース
アップルジュース
ミルク
珈琲
紅茶
緑茶

でした。
1050円にしては安すぎる…。二日間食べたのですが、内容はパン以外変わることはなかったです。


お店の名前はルシエル。
659.jpg

何だかいろんな意味合いで運命感じてますw


二日目の朝食も変わらず…

でも本当に…この値段でこのおいしさ!!とテンション上がりまくりでしたとも!


因みにこのホテル、バスタブがかなり大きいのです。
バスグッツとして持って行っていた入浴剤が一つでは足りない予感wwいやでもとっても優しくて、心地よい時間の過ごせるホテルでした。
来年も幕張でライブがあるなら是非!!(笑)


ホテルフランクさん、お邪魔しましたーノシ

テーマ : 国内ホテル情報 - ジャンル : 旅行

スイスホテルにお泊りです。

スイスホテル南海大阪

宿泊編

今回はお誕生日プレゼントとういことで、つれていってもらったお泊りでしたvvスイスホテルとウェスティン、どっちがいい?と聞かれ、立地的な面でスイスホテルをチョイス。どんな素敵な時間になるかしらーvvとかなり楽しみにしていたのが実際のところです。お泊りするときに最大限、ホテルからのサービスを求めるのならば事前チェックは要。何ができて何ができないのか、どこまでわがままを言って可能なのか(笑)と調べていく私。
しかし調べれば調べるほど、ちょっと雲行きが怪しくなるという。
スタッフに笑顔がない…
ベルがこちらに気づいても荷物を取りにきてくれない…
エグゼクティブとの差別化がなくなりつつある
ここに泊まるなら他シティーホテルへ滞在する…

等々。
何が心配にさせる要となったかというと…
スタンダードプランをチョイスしている方からのクチコミの点数はかなり良い。でも…エグゼクティブルームの利用者+リピーターの反応がどうやら軒並み下がりまくり…。という現状。
リピーターだからこそ書き込む内容なのかもなぁ…なんて思いつつチェックしていたのですが…。
なので、何も期待せずに行こう!と心に誓ったわけです。(じゃないと楽しいステイにならないよ)


実際とっても素敵なプレゼントにしてもらって、マジご機嫌でしたし、本当に楽しかったのですが…やはりホテルの評価としては…ちょっと辛口になってしまうかもな…(ご…ごめ…)

いや、お泊りさせてもらって二人で過ごせりゃどこでも楽しかったので、本当に…感謝の気持ちでいっぱいなんですよー!!!というわけで、スイスホテルのお話です。
クリスマスらしい飾り付けが目を引きます。今回写真の撮り方失敗していて(デジカメ充電切れ+携帯が設定ミスでうまく撮れていなかったorz)何とも残念な記事なんですが…まぁ仕方がないか。と……思っています←

1075.jpg

1074.jpg


こちら、特設コーナーのような山小屋ができていて、可愛らしいサンタさんの衣装を着た女性が販売していました。何やらパネトーネとかのパンケーキ系だったのですが、三種類ほど。試食もあってひとかけら頂きましたが、好みのお味。隣にはお菓子で作ったおうちが…。
思わず食べたくなっちゃいますよね。子供のころからの夢というか…一度食ってみたい…


フロント

さて今回はエグゼクティブルームツインでの予約。まず、今年の8月からどうやらシステム変更となったらしく、フロントで普通にチェックインをします。
…………これはちょっとどうかなーという思いがいっぱい。何だろう…せっかくランク上のお部屋をチョイスしてるのだから、その差別化はなくしていただきたくはなかった。残念すぎるよスイスホテル。
別段どちらでもいいのはいいんですが、やはり並ばなくてはいけないという残念な結果になりますよね。スタンダードなプランとせめてフロントの窓口を変えるとかでもいいんですけど…(品プリが、会員限定の窓口を設けているイメージで…)いやだって…


ちょっとは優越感感じたいじゃんwwwwww←(冗談です)



ベルはいりますか?と問われるあたりもちょっと寂しいですね。ベルの人数も極端に少ない。一人のお客さんを案内している間は待つか、自分で荷物持っていくかです。もちろん待ちました(笑)

さて今回は、エグゼクティブルームということで…
リッツやウイェスティンなどでいう「クラブルーム」というカテゴリーです。その内容としてもスタンダードなプランとは差別化を行っているもので、大きな違いは…


・ラウンジの利用可能(一日4回のサービスです)
・レイトチェックアウトへの変更可能(最大3時まで。宿泊状況によっては断られることもあります)
・バスローブ
・ネット接続無料
・DVDレンタル無料
・ジム等の利用無料
・五種類の枕の中からひとつチョイス。

などが大きなところでしょうか。

後はきちんとチェックしていれば気づく
・シューシャイン(靴磨きフリー)
・女性用化粧品+男性用化粧品の準備
・バスソルト(というか入浴剤でしたw)

などがあります。


さてさて、ベルが連れていってくれたお部屋は3327。かなりラウンジに近いお部屋です。
「なんやー誕生日って言うてたけど、ランクアップとかないんやなぁ」と連れが言うてましたが。今日はどうやらお客さんがいっぱいのようだYO!(笑)
ベルに誘導されてお部屋の中へ。
「何かわからないことなどございますか?」
………いや。全般分からんwwwwwと思いましたが、アフタヌーンティーの時間がかなり終わりそうな現実に慌てて大丈夫ですとか答えたのは私です。その後ボロボロと分からないことが出てくるのですけれども。。。

そのままベルは下がっていきました。


まず…
ホテル内、すれ違うスタッフの方の笑顔がない+挨拶がない…(新高輪プリンスホテルで感動したあの瞬間は…ここでは感じることが出来なかったんです。申し訳ないが、あちらは私の中では高級ビジネスというカテゴリーの中にあるわけですが…ホテルマンの教育はかなりレベルの違いがあるかもです…「ごゆっくりおくつろぎくださいませ」と会うスタッフ全員に笑顔で言うてもらえたんですよ…あのホテルすごいな…)
エレベーターに入る際、ベルが先に入りこんでいる…これは普通なのかどうかが分からないのですが、ちょっと初めての経験でびっくりしていました。

アフタヌーンティーから戻った後は…

お部屋チェックです。
今回は難波側のお部屋。

エスプレッソマシーン
1078.jpg


1090.jpg


無料のお茶など
1134.jpg


引き出しの中にはお酒もあります。
1133.jpg

1132.jpg



ベッド
1077.jpg



デスク
1137.jpg


1123.jpg

ソファー(かなりくつろぎました)
1136.jpg



お部屋は…やはりハード的な面では古さが感じられます。でもでもベッドはふっかふかでとっても寝心地がいいんですvvvvvこのベッド、かなり好き。。


そしてソファーはDVD見るときなどに活用しまくりです。



バスローブ
1088.jpg


パジャマ
1131.jpg


バスルーム


十分な広さのあるシンク。ダブルではありませんが、ゆったりと使うことが出来ます。
ドライヤーも備え付けのものではありませんでした。
そして…噂では聞いていましたが…


アメニティーが各一個ずつの件。



…その分お値段安くなってるんでしょうか?←
いやまだあの…シャンプーとかが1個ずつなのはいいとしよう…でも…


身体を洗うためのものが一つだけなのはどうなんだろう…


いやいやいやいや。これは欲しいよ。一人1個欲しいよ。お願い頂戴w
となったのは言うまでもなく。何だかエコの行く先が間違えている気が…しないでもない。そこまで削減したいのなら、思い切ってビジネス並にディスペンサーでのシャンプー類の利用と必要なものは客室係に告げて持ってきてもらう(有料)までやっちゃえばいい。シティホテルからは格下げになりますがww
いやでも…何というか…

中途半端感が否めない。むしろ良いお値段を払ってるんだから、エグゼクティブだけはこういったのやめればいいのに…


スタンダードを低コスト…違ったエコ使用にすればいいんじゃないかとオモ。贅沢したければ上のランクの部屋を予約してね。それでいいんじゃないかと…。


浴槽は十分脚を伸ばせるというかちっさな私だったら寝そべることが可能(水没しますがw)なものでした。レインシャワーがかなり良い!!
これ大好きなんですけれども、滞在中三度お風呂に入って、そのうち二度はこのレインシャワーを堪能しまくっていました。
でもレインシャワーだけだと物足りないのよね…という人向けに普通のシャワーもあります。これは素敵だ!このバスルームかなり良い!!
1127.jpg


トイレは浴槽と同じトコにあります。欲を言えばトイレが個室だったら良いなぁ…と思ってしまいますよね。うん。
1128.jpg


このバスルームはリニューアルされているのかな…?とっても綺麗で使いやすかったです。

入浴剤を使いましたw
1089.jpg


レインシャワー
1126.jpg


ドライヤー
1130.jpg


アメニティー
1129.jpg


ウエルカムアメニティー
1124.jpg

アイロン+ズボンプレッサー
1125.jpg


で、ここでふと気づく。
枕はいったいいつ言うんだろうか…。
引出しをあさるとそこに枕についてかかれていて…これはベルマンが言うてくれてもいいんじゃないかなぁ…と思ったのが正直なところですが、ないものは自分から言えばいいよね!ということで、後でラウンジ行く時に伝えることに。
で、その少し前に「化粧品くださーい!」とお願いしていました。

こちら。
1087.jpg


資生堂でしたvv
二つお願いしたつもりが一つだけで…
ラウンジで枕伝えたりするついでにもう一つくださいとお願いしたら、男性スタッフ(日本人)が酒飲んでる私たちのところまできて…
「すでに一つお持ちしておりますが……」
と一言。
二つくれと言っていたので、持ってこなかったのはそちらの落ち度…だと思うんですけれども、威圧的な言い方にちょっとしょんぼり。このスタッフさん、お得意様にはものっそ腰が低いんです。何その違いー。笑えるー。といいたくなる始末。

ですが、そこを研修生と書かれた外人のスタッフさんの可愛らしい接客に癒されまくりました。
すごく頑張って、一生懸命してくれてるなぁ…とかんじられたのは、エグゼクティブルームのスタッフさんの中で二名。二人とも研修生+外人さん。
ちょっと日本人スタッフの質の悪さに残念な気持ちに。

さてその後はお部屋に戻りDVDを鑑賞開始。

…というか、あの……


DVDのリモコンがまったく分からないという現実。
どうもDVDを持ってきてくれたときに分かりにくいのですが…と説明をしてもらったようなのですが、チャンネルは変更できても再生等がボタン操作できないというオチ(爆笑)しっかり説明してもらわないとダメだこれは…となったわけです。本体弄って見ることできたので、問題はないですが!!
大画面で見たキサラギはおもろかったです←
というか、ここのDVDの豊富さにはびっくり。
かなり取り揃えが十分にありました。なかなかチョイスもよくて…ミスポターとかあって、興奮しまくってましたから。(でも結局借りたのはキサラギwwww)

で、そうこうしている間に、チャイムが…


ええええええええ。こんなステキサプライズw

チョコレートケーキ+シャンパンのルームサービスが…


詳細は食べもの編で。



もう何だかうれしくてかなりテンションあがりまくりましたが、たくさんのお酒に満足しまくりで…DVD見て、お風呂入って、セルフエステを存分に楽しんで(韓国コスメ万歳)夜がふけていきました…。




翌日はゆっくりと起きて、準備開始。
ドアの外には夜のうちに頼んでおいた靴がピカピカに磨かれてあります。このサービスはかなりうれしいですよね!


朝食後もベッドでゴロゴロしたりソファーでゴロゴロして、ギリギリまで堪能。窓からみえる風景も楽しみつつのステイでした。


やっぱり非日常が感じられる時間は大切だなぁ…と思いつつ。

このホテルは、どちらかというとサービスをこちら側が求めない限りは最低限のラインで…というスタンスです。ただ、ホスピタリティーを感じられるか否かというと…残念ながら…な結果でしょうか。
私の中でリッツが今のところ一番という状態の中(最近レベルが落ちたと言われていますが…/汗)比較しちゃいけないと思いつつも比較しちゃうのが現状です。。
リッツの「お誕生日、おめでとうございます」という声をどのスタッフからも頂いたという記憶がよみがえります。恥ずかしいのですが、こちらのことをきちんと知った上で接客してくれているんだという安心感がありますよね。何を告げても笑顔で答えてくれるのも本当にうれしくなります。ステイするためだけなら、ビジネスでも何でも良いと思うんです。そこをワンランク上にしたいと思うのは…やはりそれ以上のステイを堪能したいという思いがあってこそ。


実際、今後利用するかと問われれば、答えはNOです。立地が良いのはもちろんですが、やはり同額程度払うのならば、他のホテルを試すか、お気に入りのリッツに泊まるでしょう。
クチコミにかかれていることが、普段は大げさに感じるのですが、今回はそうではなかったというのが残念なところです。

ですが、研修生の外人さん二人には、このままステキなスタッフさんになってほしいな…と思うばかりです。
とっても可愛らしくて、ほほえましくて、応援したくなる方たちでした。そんな彼女たちがいてくれたからこそ、今回のステイも「良かったよねv」とホテル面でのことも言える…そんな気がします。


というわけで少々辛口ですが…スイスホテル滞在記でした。
ベッドの寝心地+お風呂の気持ちよさは、かなりランク上ですよーv
枕もとっても寝やすくて、かなり幸せタイムをすごすことができましたvvvv


連れていってくれた人に感謝しつつ……。
楽しい記憶として思い出にしようとおもいまーすvv

テーマ : 高級ホテル - ジャンル : 旅行

スイスホテル@食事編

さてそんな感じで、取るものもとりあえずラウンジへ。
縦に長いお部屋で、お料理は手前のスペースにあります。もう終わりが近いということで、かなり寂しい状態になっていたのですが…。

1141.jpg


1079.jpg


ケーキ
1143.jpg


サンドイッチ
1144.jpg

残念な感じのするヨーグルト類(…ビジネスホテルみたい…)
1145.jpg


内容的には少し寂しいかなぁ…と。ケーキは、タボラ36で見たことのある可愛らしいケーキ!
座ってすぐにカフェオレと紅茶をお願いしました。

カフェオレ

驚きの熱さwwwwww沸かしまくってくれています。
身体があったまりました。


盛り付け例。
1142.jpg

こんな感じ+サンドイッチをもう一山頂きました。
ケーキもサンドイッチもおいしいです。一口サイズなのがいいですよね。

ドリンクは
オレンジ・グレープフルーツ・水・アイスコーヒー・アイスティー・ホットコーヒー・紅茶・カフェオレ

のようでした。ココアはないの?と問うと「ございません」とのこと。残念です。


大阪の景色を一望しながらのお茶タイムでした。



夜はお酒が飲めます。
頼んだら作ってくれるのですが…傍にいても日本人スタッフは軽くスルーしてくれます。

にこやかな笑顔を向けてくれるのは外人スタッフのみとか。残念すぎますね。本当に…シャンパンを注ぎたくて四苦八苦しててもスルーです。残念すぎるw

乾き物、冷たいものが多い中、唯一火の通った感じのする春巻き。こちらが唯一のおかずらしきおかずでした。
他は…ナッツやチーズ、ヤサイスティックなどです。
1122.jpg

1146.jpg



盛り付け例
1080.jpg

1081.jpg


お酒は新人外人スタッフさんに作ってもらいました。
美味美味vv
1082.jpg


ルームサービスのチョコレートケーキとお酒。
アスティーですーvvv甘くて大好きww
そしてケーキですが…
1083.jpg


これが超美味。
やっぱりケーキうまいよ、このホテル!
1085.jpg




食べてても飽きない。
そして十分すぎちゃう大きさ!!

ルームサービスとして持ってきていただいたのですけれども…銀のトレイに乗せてスタッフさんが来てくれまして…シャンンパンも開けて注いでくれましたvvうわー。何だかお嬢様な気分ですw


味がいいのがまたいいですね。おなかに隙間があったら、ピザも頼みたかったのですが(スイスホテルのピザ美味と噂)おなかに隙間がまったくなくて断念。



朝食
ぱっと見て、メニューは多くはないです。スペースも広くないですからね。ビジネスホテルのが上位に上がるんちゃうか?というような感じです。コックさんが作ってくれない!とかあるわけですが…
1092.jpg

1093.jpg


1094.jpg

1096.jpg


1095.jpg



そこで気付く横の外人さんが食べているゆで卵。
そんなもの、ここには並んでいなかったはず…ということでちょっとスタッフさんに聞いてみると……

「卵料理って作ってもらえるんでしょうか?」
「大丈夫ですよ!何がよろしいですか?」
「じゃぁオムレツとゆでたまご…って出来ますか」
「はい!」



できるんかい。



知らないと損することが多いホテルです。ええ。皆さんも是非…自らアクション起こしてみてください。

因みに卵。
1097.jpg

1098.jpg


これがおいしかったですー。やっぱりできたてがいいですよね!


そのあとは…レイトチェックアウトということで…ゆっくりとアフタヌーンティーを再び頂きました。内容は変わらなかったのが残念ですが…これ連泊してたらおもしろくないかも…と思わざるを得ないわけです。ええ。


1099.jpg

1100.jpg

1101.jpg

1102.jpg

1103.jpg


というわけで…
やっぱりちょっと……一度…

いろいろな面を見直すべきなんじゃないかと思ってしまう残念ホテルの一つに入っております。
アフタヌーンティーもデザートビュッフェもお気に入りなので、また近々お邪魔しますが…ステイはもうないかと…
補充が少なすぎるというのも目に付きました…。
こんなに遅いトコ、初めてな気がする…。

でもお泊り的にはとっても楽しくて充実した内容でしたvvv相手に感謝感謝なわけですvv

テーマ : 高級ホテル - ジャンル : 旅行

メルキュールでお泊り

メルキュール銀座ホテル '09.12



ライブの時など、お泊りする際は少なからず仲間がいます…でもそうなるとやはり…ライブだし、どうせ夜遅いし、遠征だし、出来る限り安価で…の方向へと向かうわけです。
そんな中、久々に一人遠征となりましてwwこれはいい機会だ!ぜひともリベンジしたいんだっ!と思っていたホテルにお泊りすることに決定。


それがメルキュールホテルです。
こちら、ホテルが出来た当初に一度お泊りしています。ワインフルボトルがついたプランで、連れが飲めなかったため、私が一人でフルボトルのワインを家までカートに詰めてお持ち帰りした記憶がありますwwww重かったw


泊まろう!と決めたら、今度はお値段の比較。一人は高いでも平日だからまだ少し安い…はず…と見ていると、朝食付きで18000円程を打ち出しています。
うーん。ハイクラスのホテル並みやなぁ…なんて思いながら、それでも泊まりたいと思ったら泊まりたい。なのでその中で今度はいろいろと見比べていきます。朝食ナシだと16000円程度なので、確実朝食アリにしたい。そして…アメニティーなどを見ていて、やはりレディースプランに惹かれたというw
レディースプラン、一泊19000円程度のお値段を提示。
そこに楽天のポイントを使い、17000円程度になったので、まぁいいかーと思っていた矢先…一週間前に何と値段が突然下がり、15000円程に…。
な…なんだってぇぇぇぇ?そんなことがあるの?
とあわてて予約を取り直しました。なので、結果的には14000円程度でのステイとなりました。

1212.jpg

1213.jpg


さて頃合よろしくクリスマスな感じで。飾り付けがとってもキュート。
ハイセンスな感じがプンプンします。
1211.jpg

お部屋はレディースルーム。レディースフロア入ってすぐの906号室でした。


赤をモチーフにしているホテルだけあり、ドアは落ち着いた赤い色。これがとってもキュートです。


まずは…お部屋の様子を紹介。

入ってすぐ右手にバスルームがあり、置くには壁にはめ込まれた形でデスク。ベッドはバスルームと縦列な感じ。部屋の一番奥にクローゼットと冷蔵庫などがある、ちょっと変わった配置のホテルでした。

クローゼット。
1204.jpg

十分すぎる広さです。中には、靴べらや靴磨きなど。スーツケースの台もあります…が床置きしちゃう私はたたんだままでした。かくれんぼが出来そうですw

1205.jpg

こちら無料のお茶セットと冷蔵庫。
1206.jpg

レディースルームだけの得点として、ハーブティーなどが準備されています。

こちらがデスク。
1202.jpg

ちょっとテレビのリモコンが分かりにくかった(スイスホテルと同じ仕様でした…)
鏡やライトなど、女性にとって優しいアイテムがあります。そしてデスクが広いため、いろいろと使いやすいv

1203.jpg

27平米という空間にソファー+オットマンまであります。この上で夜お顔をパック。セルフエステを楽しみました。赤いソファーがとっても可愛くてご機嫌になれます。
座り心地もけっこうよかったですvvv

そしてベッド!
1201.jpg

これは文句なしに可愛い!
赤いクッションがポイント。シモンズ製のとっても眠りやすいベッドでした。寝過ごしそうになりましたから←


バスルーム
アメニティー
1207.jpg

基本的なもの以上に揃っています。化粧水などもあり(レディースプランなので)何も持たずに着ても大丈夫VVVな状態。

1208.jpg

ドライヤーはマイナスイオンの出る子でした。固定だとがっかりしますよね。


こちら、レディースプランのためのアメニティー。
1209.jpg

ロクシタンです。
これがもらえるならと追加料金払ってレディースにしましたwwww
次回お泊り時に利用予定ですv


バスタブ
1210.jpg

足伸ばせる広さのあるバスタブ。シャワーも使いやすく、楽しいお風呂タイムを過ごすことができましたvv


シンク
1215.jpg

ちょっと水がはねることがきになりましたが、デザインも可愛くて素敵です。


1214.jpg

そしてこちらは撮影失敗の図。
入りすぎですwwww


朝食ー!
1216.jpg

待ちに待った朝食です。
クロワッサンが有名だということで(フランス直送のようですよー!)


サラダ
1217.jpg

みずみずしいお野菜がいっぱい(´∀` )

ドリンク
1221.jpg

ホットチョコレートがあるのがポイントでしょうか


とりあえず一度目の私のチョイス。
1218.jpg

1219.jpg

1220.jpg


パンが本当においしくて、思わず「持ち帰りたいのですが…」と訴えたところ、「来年ぐらいに購入できるようにしたいと動いております…」との返事が。


朝食時はほぼ9割外人さん。というか私がアウェイを感じるという素敵な空間で…
サーブする人も、責任者もみな外人。。。
「ぐっどもーにんぐ、サー」
「ボンジョールノー」
などなど異国情緒たっぷりすぎる空間でご飯を頂いたわけですwなんぞここ、海外か!


でもでも、やっぱり可愛いホテルにお泊り出来るのは素敵ですよねvvvv
そしてもう一度ここにはお泊りしたいかもなーパンが購入できるようになったらvとか思っていたりします。


メルキュールホテルさん、お世話になりましたーノシ

テーマ : 高級ホテル - ジャンル : 旅行

ストリングスホテルにお泊りv

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル
1455.jpg


今年初のホテルステイは、スイトリングス東京インターコンチネンタルホテルとなりました。
ここは以前からちょこっと気になっていたところ。本当はリッツ、シャングリラ、ペニンシュラのどれかに泊まろうぜ!とか言っていたのですが、まさかの三連休の中日がお泊り予定だったという…。私も友人も旗日の関係ないお仕事をしているため、わざわざ有休使っていくというのに、それがあまり関係ない状態なのだと知ったときの衝撃は計り知れません。ええ。………まさか世の中休みなんてさ(号泣)
で、もちろんそんな稼ぎ時にお得プランが打ち出されるわけもなく、どちらかといと確実に追加料金がついているという値段に打ちのめされたのは言うまでもなく。

これは……お泊り無理かもしれん(やっぱり3万以上となるとちょっと足踏みし始めます…)
とあきらめかけたときにまず西洋銀座ホテルのお得プランを発見。このホテルも気になっているところ。ダブルベッドしかないのが難点ですが、25000円程度でインルームダイニングでモーニングサービス。そして夕食も簡単ではありますが、執事特製サラダ→アンティパスト→パスタ→ワインフルボトルという設定でこちらもインルームでいただけるというプランが!!
冷蔵庫内のドリンクは基本フリー。そしてワインがフルボトルつくならお得じゃない?と思ったわけです。で、とりあえず友人に連絡。「それでええやんー!」と一言。
だけどもしかしたらまだあるかも!と検索しまくた結果…ストリングスホテルへと行き着きました。
二ヶ月前にチェックしていたのですが、スタンダードルームにお泊りですが、クラブルームのサービスを追加してくれるという素敵な状態にドキドキ。これは……かなりいいかも…とお値段を見ると…


19000円(その後値上がりし、20500円程度になってましたが、この値段の時に部屋を抑えていたため、かなりお得に…)

サービスとしては…
・ターンダウンサービス(眠るための準備・ベッドのスローを外し、真っ白の状態にしてくれたうえで、枕を整えクラブ得点のクマのぬいぐるみを置いてくれます。またスリッパを足元に置き、枕元にはチョコレートと手書きのイラスト入りの明日の天気を示したメッセージカードが…)
・冷蔵庫内、ミニバーのドリンクフリー
・ティータイム、ハッピーアワーのカクテルタイムフリー

あたりでしょうか。


もちろん即決で予約をしました。そんなホテルの紹介です。



品川駅直結ではありますが、ちょっと分かりにくいというか…正直

迷いました。。


不安がいっぱいの中、ふらふらとカートを引きながら歩いていきます。
ああああああ。入り口というか看板はっけーん!
そしてエレベーターに乗ると…ここもちょっと分かりにくい中どうにかフロントへとたどり着きました。すぐにベルマンが来てカートを手で持ち上げて運んでくれます。
皆さんとっても笑顔。柔らかい雰囲気と物腰にほっと安心できます。チェックインの際にお絞りを出してくれるのもありがたいところですね。ちょっとこのサービスはびっくりしました。手を拭いていると、確認作業に時間をとられても気になることはありません。

カウンターでは女性が担当してくれました。予約をどこのサイトを使っておこなったか、プランは何かの確認を丁寧にしてくれます。支払いは済んでおりますという一言と、続いてルームキーの説明。
机上にはグラスに入ったキャンディーがあり、ちょこっと頂いたりしつつ、お部屋へのご案内になります。
お部屋は32Fとのこと。エレベータの前のセキュリティードアの説明から、エレベーターに乗り込んでからの丁寧な物腰の会話に好感度は更にアップ。柔らかい笑顔に癒されながらもお部屋へ。部屋の眺望は望んでいなかったため、ビルが多数立ち並んでいる外を眺めることになります。
お部屋はとっても広く感じました。窓辺のソファーセットにとりあえず自分たちの手持ちの荷物を置き、ベルマンがカートを設置するのを見届けた後、ルームキー、朝食券、冷蔵庫等の説明、そして…ラウンジでフリードリンクになるカードの説明がありました。ほかにご不明な点は…とのことでしたが、別段なかったので、大丈夫ですと伝えて、お部屋の探検スタートです。


バスルームから

シンク
1456.jpg

シングルですが、十分な広さがあります。フェイスタオルが二枚、ボディーミルクと固形石鹸が一つありました。
拡大鏡はライトがつき、メイクにはとっても便利。

シンク横
1458.jpg

ボディーウォッシュと固形石鹸、入浴剤です。

こちらがボディーミルクと固形石鹸
1459.jpg

石鹸を置く入れ物がうずまきで可愛いです。

アメニティーセット
1460.jpg

ここも不況のあおりでしょうか。歯ブラシ以外は一つずつでした。
シャワーキャップ、歯ブラシ、かみそり、クシ、綿棒、コットンが入っています。

グラス
1461.jpg

こちらはターンダウン前に使用していたのですが、きちんと新しいものへと変えていただいてありました。

バスルーム
1464.jpg

シャワールームはないのですが、ここは床を濡らしてもいいタイプのお風呂。私はどちらかというとこのタイプのがすきだったりします。バスタブも十分広く、入浴剤を入れて幸せなひと時を過ごしました。
ちょっとシャワーの使い方が最初分からなくて、「勢いない…」とかぼやいていましたが。。

1462.jpg

シャワーブースの端に設置されたボディーシャンプー・シャンプー・コンディショナー
一組しかなかったため、後ほど電話でもう一組頂戴!とおねだりしました。


トイレ
1463.jpg

ウォッシュレットつきのトイレです。バスタブの真横にあります。狭いといえば狭いですが、落ち着く広さといえばそうなのかも。


クローゼット内
1457.jpg

1466.jpg


籠の中にはバスローブ、セーフティーボックスと引き出しにナイトシャツ。アイロン台とアイロンは常備らしく…スーツ用のカバーなどもありました。

1465.jpg

スリッパはロゴ等はないですが、ふわふわで気持ちがいいです。もちろんライブのときのためにお持ち帰り。


ウエルカムアメニティー
1467.jpg

オリジナルのお水、オレンジ、おせんべい。

おせんべいは残念ながらしけりぎみ。…ちょっと購入した時期が前だったのかもしれません。ナイフがきりやすそうでしたが、結局食べられずにお持ち帰りしました。

1468.jpg

何と!!ワインもフルボトルフリーです。
ですが…赤は夜、ホットワインにする以外は苦手なお子様。結局お持ち帰りしてきました。。


冷蔵庫
1510.jpg

1511.jpg

コーラ、ダイエットコーラ、ポカリ、ウーロン茶、オレンジジュース、ソーダ等+アサヒとハイネケンが二本ずつ。スパークリングの水とミネラルウォーター二本ずつ。お水はありがたいです!



ミニバー
1470.jpg

ラム、ウイスキー、ヲッカなど五本。お菓子作りに使える!とお持ち帰り。お茶は緑茶とコーヒー、お紅茶二種でした。



ベッド
1512.jpg

抱き枕サイコウ!
クッションも気持ちよくて、ふっかふかのふっわふわのベッドでゴロゴロしました。


窓際にソファーがあります。
1469.jpg


ソファーもすわり心地がよく、お風呂上りにまったりしましたとも。



ターンダウン後
1489.jpg


1513.jpg

くまちゃんとチョコが二種類。
手書きのメッセージカードのとっても可愛いというか…何というか…なイラストに苦笑しつつ、小さな心使いがありがたいな…と思いました。ベッドは真っ白になってます。
ランドリーやインルームモーニングのサービスの紙などが設置されていました。


入浴剤を持参しすぎている友人の…
1490.jpg

つーか何回お風呂入るんですかー!!



もちろん一度はやらないと!とバスジェルつかって泡風呂に!
1491.jpg


廊下からラウンジというかレストランを撮影
1493.jpg

1494.jpg


食事などについては次の記事にて。
全体的には…とっても気持ちの良いホテルでした。
夜、お部屋でまったりしているとミニバーの蓋が突然開きだし、それ以来閉まらなくなってしまったため、電話。すぐに修理する人が来てくれたのですが…直らず…

ミニバーってご存知ですか?電気がつくんです。開くと…


残念ながら夜中そこだけライトアップされても困ってしまうため、とりあえず椅子で塞いでみたりしたのですが。…やはり翌朝チェックアウトの際には一言言ってほしかったかもなー。横の連携プレイです。その一言で、ああ…このホテルの連絡いきわたってる!とか思っちゃうことができますから。
ステイに関しては本当にそれぐらいで…

チェックアウトまで気持ちよく過ごすことができました。ベッドの寝心地もサイコウ。お風呂も三回ほど楽しんだりと十分すぎるくらいに楽しんだホテルステイでしたV
ほかにも泊まりたいホテルがたくさんあるので、すぐにリピートとはいきませんが、それでもまたお泊りに来てみたいな…というホテルの一つであることには間違いありません。

ストリングスインターコンチネンタルホテルさん、お世話になりましたーノシ

テーマ : 国内ホテル情報 - ジャンル : 旅行

ストリングスホテル東京 食事編

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル
食事編


クラブルームの特権として…ラウンジの使用があります。
こちらのホテル、クラブカテゴリ宿泊の人のためのラウンジを設けているわけではなく、メインダイニングでのサービスとなります。いろいろな方のブログなどで「だいたい場所は決められているらしい」ということが書かれているのですが、それなりに客が居ればそれも関係ないらしく。


さてラウンジ(ここではこう表記させていただきます)へ到着すると無愛想な男性スタッフの人が迎えてくれます。威圧感満載。カウンターやベルマンとは違うその空気に、(人が足りてへんのやろか…)と思わざるを得なく。すぐに席へと案内されましたが、端の方の席で、ソファー席なども空いていますがそちらへは誘導せず…という状態。自己主張しようかとも思いましたけど、とりあえずどんな雰囲気かを見にきたため、おとなしくそこへ座ります。
そして水が出てくるまでに暫く時間が…。
メニューから数点チョイスし、再び待ち時間。

1471.jpg


クッキー
チョコ
フルーツのコンポート

カフェラテ


コンポートは杏でした。クッキーもチョコもおいしい。チョコにいたってはオレンジピールのがとっても美味vvv

アップです。
1472.jpg


品良く盛り付けてくれてあります。


カフェラテアップ
1473.jpg

量がすごいことになっています。



ですが、この後、端の席ということもあってか、気付いてもらうことがなかなかできず、しかもスタッフさんが目線を走らせることもなくディナータイムの準備をしているため、注文ができなかったという。せわしなく動き回るスタッフさんに余裕はなく、優雅さもない(涙)
せっかくのシティーホテルのラウンジ、もう少しゆとりを持った接客ができるようにすればいいのに…というのが正直な気持ちです。

1474.jpg

で、漸くカクテルタイムになってメニューを頼むことができました。お部屋にあったメニュー表の中にクラブルーム特典のようなセットがありまして、それを食べたいのだと伝えてみたところ…可愛らしい女性スタッフが
「テーブルの確認をしてまいります」
とのこと。そしてすぐに戻ってきて「少し大きめのテーブルになりますが、ご用意させていただきます。あちらのお席になりますので、移動をお願い致します」
と笑顔と共に伝えてくれます。嬉しいなーやっとソファー席に移動できるVとるんるんしていると、すぐに受付時にとっても無愛想だった男性スタッフが登場。
「お客様、あちらのお席をご用意させていただくと申し上げましたがあいにく満席のため、こちらでご用意させていただきます」
と笑顔もないままに一言。すぐそばのソファー角席を示唆。
多分…二人が四人席などに座ることはお店側からしても利益等が絡むこと、できる限り少人数の客は二人用の席でまかなうべきだという判断でしょう。分かります。分かりますよ。でも問題は…


笑顔を見せろ。

ここに尽きます。
きっとこのフロアーのチーフだとは思うのですが…気持ちよく移動できるように笑顔の一つでも練習してこい。
そう思ってしまうわけです。
こちらが外見が幼く見えるからなのか知りませんけれども…。明らかに年配の客層への対応と違うことに違和感を覚えざるを得ません。

ま、でもそんなことでもめても仕方がないので、席の移動を快諾。準備をしてもらう間に、お酒のメニューからチョイスしていきます。

シャンパン
1475.jpg

軽いおつまみ…
1476.jpg

これがかなり美味。薄切りトーストの上に、生ハムなどを乗せてあるんです。


ディナースタートです。
1477.jpg

白いテーブルクロスを掛けて頂き、丁寧に準備もしてくれました。

6000円弱(クラブルームの人だけ20%引きでこの値段です)

カクテルタイムはお酒類がフリーとなります。
1479.jpg


前菜の前の一皿
1478.jpg

コンソメのムース

中は二層になっています。
1480.jpg


前菜
1481.jpg

パイですね。
上にうずらのポーチドエッグがのっています。
卵を崩しながらいただきます。
中はベーコンとアスパラ。

メイン
1482.jpg

ロースのステーキ
色味が切ない。
ソースは四種類ありましたが、柔らかいお肉にはしっかりと下味がついていたので、あまり必要はありません。寧ろこのままのがすきでした。

サラダ
1483.jpg

マッシュルームと葉っぱのグリーンサラダ。お口の中をさっぱりとさせてくれました。


ちなみに友人はお魚料理をチョイス。
メインサーモン。


ここで、デザートの前にミックスベリー(フリー)をチョイス。
1484.jpg


可愛く盛り付けてくれてあります。
ストロベリー、ラズベリー、ブルーベリーとフレッシュなものがいただけました。ご満悦。


デザート
一種かと思っていたら、本日のデザートからチョイスすることができるという…何だかとってもここでご機嫌になってました。
いやなんというか…今までの流れ的に期待があまりできないかと思っていたもので…

チョコムース
1485.jpg

下にスポンジが引いてあり、光の関係でちょっと見えないのですが、周囲にラズベリーのソースがかかっています。浸しながら食べるとおいしいです。


パンナコッタ
1487.jpg

こちらローズマリーのスープなのですが…

1486.jpg

ローズマリーってちょっと癖あるよね。


とか思ってみたり。でも一口目は苦手…と思っていたのですが、最後まで頂いていると、だんだんおいしく思えてくるこの不思議感。こってりとしていた口の中がさっぱりとさわやかな風が吹きます。

ですが…やっぱりメインがサーモンで6000円って高いような気が……。ホテル価格だから?問いかけざるを得ないというか。ドリンクがフリーだからと思ってみても、もともとついているサービスだしなぁ…と。お料理的には、可もなく不可もなく。おいしい!と言う感動もあまりありません。


そんなこんなで後はコーヒーを飲み、終了。お風呂へ入るためにお部屋へ戻ります。


ちょっとお部屋でまったりした後、もう一度ラウンジへお邪魔してみました。
本当は…ディナー後にゆっくりしたかったのですが、隣の席のお客様が本当に不愉快で。
三人の親子でしたが、父親が威圧感満載。何だあの親と言いたくなる世界。
おまえの周囲の友達が気付けば喋りかけることもできないくらい上の人間になっているんだ。おまえは取り残されるとか…


そんなのどうでもいいんですけど。聞きたくないのに、かなり大きな声でおしゃべりされているため、真横だと丸聞こえ。友人の表情もどんどんすさんできますw行儀が悪いとか食べ方が悪いとか多岐に渡ります。あれだけうるさく言われたら、子どもも聞く気がうせるでしょうwしかもそういってる本人、そこまでマナーがあるともいえないじゃないですか。こんな公衆の面前で大きな声張り上げて。

最終的には「もういいおまえは出ていきなさい」と一言。
ちょっとーお家じゃないですよー。あくまでもお外ですよー!
と言いたくなったのは言うまでもなく。このまま隣でお茶タイムをしてもまったく癒されないと思い、退席。


ラストオーダーの前に滑り込んでみました。
1492.jpg

紅茶とベリー、チョコをチョイス。食べすぎ感満載w
やっと静かな空間でまったりすることができました。
うーんいい時間だ…



さて朝食です。
朝食はサイトを見ていて、かなり期待していましたし、チェックインの際、ベルマンが「インルームでもお召し上がりいただけますが、私の一押しはビュッフェです」と伝えてくれたため、もちろんビュッフェへ。


ドリンクコーナー
1495.jpg

オレンジ、グレープフルーツなど数種あります。
特筆すべきはグァバジュースでしょうか。美味でしたv


焼きおにぎりとお味噌汁。
1496.jpg

まさかの焼きおにぎり。ちょっと食べてみたかったけど、おなかに余裕がありませんw

ベーコン
1497.jpg

カリカリに焼かれていました。奥にあるのはソーセージ。そして手前はゆで卵
ホットミールですね。

サラダ
1498.jpg

キノコ、トマト、グリーン等があります。ドレッシングは三種類。


サーモン、ハム二種。
1499.jpg

オニオンやスライスレモンなども用意してあります。


パン
1500.jpg

クロワッサンやデニッシュ、シンプルなパン、マフィンなどがありました。

シリアル
1502.jpg

多数ありますねー。あまりの種類にちょっとびっくりしました。




オムレツコーナー
1501.jpg

職人かたぎなおじさまが焼いてくれるオムレツです。自分で入れたい具を小鉢に入れて渡します。これ面白い。
オニオン、パプリカ、マシュルーム、チーズ、トマトなど普通のお店でもありそうなものが多数。そしてここにしかないであろう…


トリュフ、フォアグラ

などもありました。


私のオムレツはオニオン、チーズ、トリュフです。


こんな感じでチョイス。お野菜もっと食べたかった…
1503.jpg


パン(二人分)
1504.jpg

ジャムは瓶でした。これがホテルっぽい。


私のオムレツ。お…おいしそうです(涙)
1505.jpg



中華粥
1506.jpg

やはり一度は頂いておきたいお粥。


シリアル
1508.jpg


フルーツ
1507.jpg

ちょっとブルーベリーの山盛りに驚きを隠せませんでした!!
いやだーマジでー!?と大喜び。
こんなにふんだんに食べられるなんて!とかなりご機嫌に。

残念だったのは、ヨーグルトがパックだったこと。
マンゴーヨーグルトを期待していただけに、しょんぼりしました。やっぱりパックのものだとあまりを捨てることもないし、ホテル側からしてみたらいいのでしょうけれども…それでも、そこだけ残念な状態に見えることは否めないですよね。


カフェラテ
1509.jpg

ここでもラウンジのカードは利用できました。
コーヒーじゃなくてカフェラテが飲みたいの…と伝えたところ、男性スタッフは分かっていなかったようですが、てきぱき動く女性スタッフがすぐに対応してくれました。というわけで飲めます。お願いできちゃうんですvvvv
これは知っているとお得かも。。

しかしモーニングにもかかわらず、スタッフさんの笑顔が皆無。
もちろん昨日の威圧的な男性もいらっしゃいましたが笑顔は無し。下げる際も突然手が伸びてきたりと驚きの連発。
せっかく素敵なホテルなのに、ちょっとレストランは残念な結果かも…

コーヒーも紅茶も、こちらが告げるとお替りを持ってきてくれますが、コーヒーを頼んだ際、友人のカップが空だったにもかかわらず何も言ってくれなかったりと……

辛口評価になりますが、レストランのレベルとしては微妙です。人数がいかんせん少なすぎるからこそ、余裕がないから笑顔がないし、見落としも多数出てしまう。…のかなぁ…なんて。

ちなみに威圧的男性スタッフは外国人には進んで近付き超笑顔で接客してましたwwwwwww名前控えてくれば良かったですね。
でも前日、とっても素敵な笑顔を見せてくれた女性スタッフがいたので、その子のおかげでこのラウンジの印象も多少良くなっていたりしています。

次、このラウンジで夕食をとるかと問われれば答えは否です。朝食は魅力的なのでもちろん利用しますが…追加料金を払うなら、不快な思いをしないですむルームサービスを利用すると思います。


もう少しがんばってもらえれば…と願うばかりです。

テーマ : 国内ホテル情報 - ジャンル : 旅行

HOTEL T-POINT@大阪

ホテルT-POINT
2053.jpg



大阪行きがてら、ちょっと泊まってみたいと思ったホテルへ行ってきました。
クチコミには「ラ○ホ」かと思ったら案外ちゃんとしたトコロで…
等々が書かれています。でも皆さん恐ろしいくらいに高得点。どんだけ良いホテルなんだろう…と思わざるを得ません。
たまには一人でステイもいいわよね。とGWに予約。一人で泊まると10パーセントのポイントがつきますよ企画のものでお泊り。
素泊まり7800円が高いか安いかは…泊まってみないと分からないのですが、同日にリーガなどでも7500円程度のプランが出ていたので、たぶん……


高いと思うw


そんななかのステイでした。
まぁせっかくのホテルステイだし、ちょっと贅沢に特急もちょっぴり高いほうのシートでwwとかやってみたり…
1806.jpg

(単にポイントがたまっただけですv)

このホテル、各部屋デザインが違います。サイトで見ることもでき、部屋を指定して予約することが出来ます。10周年記念ですが、部屋がとても綺麗…どういうことかなぁ…と思っていたところ、どうやらリニューアルしたぽいです。


荷物は先に預けて置いたのですが、その荷物も全て部屋へと上げてくれているという嬉しい状態でチェックインでした。

カウンターも清潔で、女性スタッフが対応してくれます。
女性シングルユーザーにはホテルからのプチギフトということで…数点あるプレゼントの中から一点選んでくださいとのこと。
油とり紙(鏡付き)やネイル、付け爪等ありまして…今回頂いたのはこれ。
2072.jpg


鏡付きの子です。

外観が可愛かったからというそれだけの理由ですが…。



お部屋へ到着。
喫煙ルームでしたが、匂いは気になりませんでした。

このホテル、長期出張滞在の人向けのものとして…

ランドリーがあったりレンジがあったりする部屋があるんです。

私が選んだ理由は…部屋の可愛さも理由の一つですが、CD、DVDが全室完備という…素敵な響きがあったということで。
夜にDVDとかみながらまったり出来るのは幸せー。と思い、予約。これでいい雰囲気だったら、実は猫アシバスを見たいため、ロイヤルに泊まろうぜ!と友達というてるわけなのですが…。


ベッド。

ふわふわでとっても寝心地が良かったです。

ベッドサイド
2055.jpg

ランドリーバックとティッシュ、エアコンのスイッチがあります。
室内の電気はタッチパネルですが、これが案外難しくて寝るときにちょっと頭を捻りました。


リセッシュも完備w靴磨きもあります。スリッパが使い捨てなのはありがたいですね。
2056.jpg



PCも全室完備っぽいのですが、何分…ワードどころか、メモ帳さえ使えないwちょっとこれは期待はずれでした。しかもマウスが10年以上前の形wwwwww使いにくいだろwwと思わざるを得ず。
2057.jpg



CDとDVD。CDに関しては、スピーカーが天井についているため、とっても音がよく聞こえました。
2058.jpg


冷蔵庫、レンジ、食器やフリーのドリンク類。
2059.jpg

とっても綺麗に並べてあります。

フリーのドリンクは…
2060.jpg

ココア、コーヒー、梅昆布茶、ローズティー、緑茶…と種類も豊富。昨今シティホテルのドリンクさえインスタントコーヒーというご時勢の中、コーヒーがドリップ式なのが何だか嬉しいvvvv
おかきも頂きました。
2069.jpg



こちらは冷蔵庫の中身。そこまで高値でもなく、という感じ。
2061.jpg


空気清浄機
2062.jpg


別角度からデスクを撮影
2063.jpg



さて、バスルームですが、とっても狭いです。でもここで気づく事実。あ。10周年頷けるwwwww
2064.jpg

シャワーブース(お湯も溜めれます)
シャンプー、リンス、ボディーシャンプーはポンプ式(その間にトリートメントが挟まっています)使いきりのトリートメントはありがたかったです。
2066.jpg


アメニティーとくるくるドライヤー、普通のドライヤー
2067.jpg

このドライヤーが壁から生えているwwww
ここら辺で、ああ…これがけっこう古い。と思いました。しかしできたらマイナスイオンのにして欲しいなぁ…
ここまでアメニティーがいいんやったら。


ヘアケア商品も最初からたんまりありますvvvv


アメニティー
ボディーウォッシュ、コットンセット、くるくるドライヤーの先端部分、櫛(二種)、クリップ、シャワーキャップ、入浴剤等
2068.jpg


そしてこのホテル、ポイントカードがあるのですが、会員になると会員特典なるものが使えます。そしてならなくても貸し出し物が大量にありますV


ファイルには貸し出しのCDやDVDのほかに肌質にあわせた化粧品、髪質に合わせたシャンプー、他会員特典としては人気のある化粧品がいろいろと借りることができます。
ランコムさんのアイメイクリムーバーだとか。
シャネルさんのネイルリムーバーだとか。
そんな中、かなり嬉しかったのが、防水のCDプレイヤーとクラランスの化粧品v
何その素敵なもの!!と大喜びでお願いしていました。
CD聞きながらお風呂でまったりできるよー!!
2070.jpg


泡風呂にしてまったりすごしました。
2071.jpg


こちら、楽天では素泊まりプランがありますが、ホテルのサイトから予約を入れるとサロンの利用と朝食がつきます。
このサロン等があることも本当に素敵。もう一度お泊りして、今度はそちらでまったりしたいなぁ…と思いつつ。
ラ○ホのようなそうでないような若干微妙なラインではありますが、スーツを着た方が談笑していたりする姿を見ている限りビジネスホテル…だと思います。女の子同士でお泊りをするなら絶対楽しめると思いますし、女子でよかった!!!と思ったのはいうまでもなく。

そんなT-POINTさん。皆さんも大阪に寄られる際は一度お泊りしてみてくださいね。

テーマ : 日記というか、雑記というか… - ジャンル : 日記

成田メルキュールホテル

成田メルキュールホテル


香港旅行の帰りは新幹線でスムーズに…なんて思っていたのですけれども、実際はそうもいかず、ちょっと帰りの新幹線はおろか夜バスも危険な香りがしたために、当日帰宅を諦めてもう一泊お泊りしてみました。
一泊7000円強の駅近にあるホテルです。
メルキュールの銀座がお気に入りの私ですが…その系列のホテルにあたります。どんなものかしらー。
楽天経由で予約をしたのですが、空港近辺のホテルにしては値段がボチボチします。帰りは一人のため、出来たら移動も楽な方がいいなぁ…なんて思いながらだったので、限りなく駅に近いこのホテルはとても魅力的でした。楽天のポイントを使い、一泊4000円程度に抑えた結果、まぁ許せる範囲内かな…と予約完了となりました。


さて…空港に到着した私。るんるんと飛行機を降りて荷物を引き取ります。うちの子見つけやすい子なのー!!!と喜び勇んでさくっと荷物を引き取るまでは良かったのですが…まさかの落とし穴がここに。


…あの………



携帯がないんですがwwwwwwwwwwwwww



機内で見たのは覚えてる。だけど…そのアトの…記憶が………


ない…(チーン)


鞄の中を確認してみる。……ない。
Bに確認を依頼してみる。…………ない。


やっぱりないみたいですね。ハハ。となり、本当はせっかくお友達になれた皆様と別れを堪能したかったのですけれども…それどころじゃない状態。
私携帯ないと…どうやって時間を知り、電車に乗ったらいいのかがまさしく不明になりますw携帯大事!(じゃぁ何で忘れたのw)

そんなわけで落し物の係りの方へ伝えます。
「そこでお待ち下さいねvv」
言われるがままにソファーに着席。ごめんなーとBにご迷惑をかけっぱなしの足掛けみそじーですが何かw

途中でスタッフの方がこちらへ来てくれる。
「あのー靴下はお忘れではないですよね?」

くwつwしwたw

さすがに靴下は忘れていません。と元気一杯に返事をしてみる。
…だけど…あれ?ちょっと待てよ………もしかして…


「B~首枕忘れたぽいw」(どんだけ忘れるのw)
「マジすかwwwwwww」


そして待つこと10分ほど。おねーさんがニコニコしながら忘れ物を持ってきてくれます。勿論携帯と…そして……靴下のような首枕wwwwww

どうして首枕が靴下になったのかは不明ではありますが、無事に私の手元へと戻ってまいりました。首枕ありがとう。



そんなこんなで漸く電車に乗りこむと、4号車ご一行の皆様が。わわわ。ご挨拶しないとwwとちょこっとおしゃべり。いやーゆかいな人たちだ。


そんなこんなで一人成田駅へ降車します。さすがに東京まで戻る気力もなく、目指すホテルはメルキュール。
しかし…駅から降りたはいいけど、外は雨。そして若干分かりにくいw
ウロウロしながら到着し、朝食などの説明を受けてお部屋へ。

うーん。…ハード面古いなぁ……。
2000.jpg

洗練された銀座とはえらい違いです。

…撮影するほどのものでもないなぁ…

まぁ疲れていたということもありますが…。
残念ながらスリッパはホテルのもの。便所か病院のようなアレです。このスリッパがないだけでもまだ少しランクが上がった気がするのは私だけですかね…。
アメニティーも最低限。7000円の部屋でこれか…とちょっとびっくりです。いや…前泊したホテルの至れり尽くせりっぷりに感動していたもので…方や一人で宿泊しても確か…4000円切ったような記憶があります。

まぁ寝れたらいいので、問題ないのですが…。
良かった点といえば…さすがは空港周辺。

スーツケースをおっぴろげに広げられる空間がある!!!

これは超便利でした。やったね。
おかげでスーツケースの中身を綺麗になおすことが出来て、一安心。


さて翌朝…朝食タイムです。


パン
2005.jpg


ホットミール
2003.jpg

2007.jpg


ヨーグルトなど
2004.jpg


和食
2002.jpg



ドリンク
2008.jpg


ちょっと想像以上においしいw
お野菜がいっぱいあって幸せvvvv
というわけでこんな感じで朝食タイム。
2009.jpg

2010.jpg


周囲は外人しかいません。日本人皆無。
ちなみにチェックアウト時にエレベーターに乗り込むと、白人の方から声を掛けられまして。

「とってもクールなスーツケースだね!!!!」

といわれたため、(勿論イングリッシュですよー)
未だに外国脳になっている脳内できがるーにお返事して会話を楽しんだりした瞬間もありました。ニコニコ笑顔のステキな男性でした。

そんなこんなで電車に乗車。東京までつれてってくれるやつに揺られていたところ、お隣にステキな雰囲気の奥様が。そして外人さんが電車の行き先が分からなくて困っていると英語で問いかけ、的確な回答を……

SUGEEEEEEEEEEE

かっこいいよ。奥様。とってもネイティブだよ。
ちょっと感動してお話をさせてもらってあっという間の東京でした。
「あなたに元気をもらえたわ!私も近々また…海外に行きたいわ!初めてのバリに挑戦してみようかしら!」
とか言われて颯爽と歩いていかれましたが…。
バリはオススメですよー(香港帰りやのに、バリを勧めていた人、私はイギリスを勧められました。いいな、イギリス。)

そんなこんなで新幹線に乗り込むまでのお茶タイム。
疲れた身体にしみわたります。あまみが…。
2045.jpg



そして本日は…新幹線のポイント使って、普通乗車料金でグリーン車です(こだま)
2046.jpg

無駄に時間を使うというか…帰りぐらいゆっくりしたいw

というわけで、こだまのグリーン車に乗車。見てください。貸切です。

私以外、この車両に人はいなかったんです。
2011.jpg


なのでラグベベと私の専用車両。
2012.jpg


まったりとしながら帰宅することが出来ました。やっぱりグリーン車いいなぁ…v

テーマ : ホテル - ジャンル : 旅行

リッツカールトン東京

リッツカールトン東京

2160.jpg

さて、今回初めて東京のリッツカールトンにお泊りをしてきました。
名目は「友人の結婚のお祝い」でした。
2161.jpg

勿論予約時にこちらもその旨を伝えたところ「お手伝いできることがございましたら、遠慮なく申し付け下さい」という丁寧なお返事がすぐに頂くことができ、期待は高まるばかりでした。


リッツカールトンは六本木の地下鉄の駅からあがってすぐのミッドタウン内にあります。
ちょっと降りる場所を間違え、出口1Aから只管歩いたため、ちょっと遠く感じてしまったのですが、本来の道筋であればなんら問題なくホテルへと向かうことが出来ます。雨に降られたとしても、数十メートルでホテルの入り口。傘がないと少々切なくなりますが、それでもとても離れているわけではないため、アクセスはとても良いです。

リッツカールトンは、私が初めてシティホテルとして意識をして宿泊をしたホテルです。数年前、リッツ大阪へ友人が私の誕生日のお祝いをかねて泊まろうと誘ってくれたことがきっかけで、それ以来このリッツというブランドに心酔しているという状態です。
リッツ大阪でのステイは回数を重ねるごとに笑顔が溢れるものになり、別の一面を見つめ、人の温かさに触れ、上質な接客に満足するというものでした。なので、勿論そのリッツの東京へも期待は募るばかりです。
今回誘った友人は東京の子。未だ東京のリッツへの宿泊経験はないため良い機会だからと誘ったのです。いかにリッツカールトンというホテルがすばらしいかをよく話していたこともあり、勿論そんな彼女も六本木という土地へ宿泊すること自体がありえないぐらいリッチだよーと緊張しつつもとても楽しみにしてくれていました。

リッツカールトンの魅力というのは何でしょうか。

けしてお客様の要望にはノーと言わない。

そう聞いたことがあります。
そして帰宅したような気持ちになれるあたたかい接客。そんなところが最大限の魅力ではないかと思うわけです。
そこへクラブルームの特典が更に重なり、5回のフードプレゼンテーションやジム等が無料等…追加されるサービスが更に追加点を上げてくれるわけです。

大阪へは少し前になるのですが、母の誕生日のお祝いで利用させていただきました。その際もクラブラウンジのスタッフの方皆さんからお祝いの言葉を頂き、横の連絡の密さを感じながらもの滞在となりました。こちらの要望にはいやな顔をされることもなく、丁寧な回答を持ってきてくれる真摯な対応にも感激したのは言うまでもありません。
勿論サプライズでのホテル側からのプレゼントとしていただいたケーキにも驚き、他ウエルカムアメニティーにも大喜び。お部屋の無料でのグレードアップにも感激しました。勿論いただけないと思っていたからこそ、準備されている一つ一つのものに更に嬉しくなりました。
きてよかったね。このホテル選んでよかったね。
そう何度母と会話をしたか知れません。
この宿泊以降、リッツにお泊りをするならば必ずクラブラウンジで。
そう思うようになりました。
クラブラウンジを利用できるという利点は言うまでもなく、それ以上にやはりゆったりとした上質な空間の中で過ごすことの出来る幸せは他とは比較のしようもありませんでしたから。


さて今回、東京への宿泊を決めてからいろいろと調べ始めたわけですが…
クチコミもブログも正直芳しくないという表現が一番ぴったりだったような気がします。

スタッフの対応が人によって違い、波がある。
このランクのホテルであるのならば、スタッフの教育をしっかりすることは当然、だがそれがままならない状態になっている。
感動的な対応をしてもらえるスタッフが少ない。
ラウンジの食事内容が時を重ねるごとに寂しいものになっている。
ラウンジ内のスタッフが足りず、なかなか対応をしてもらえない。
バスタオルの数が減った。
アメニティーのランクダウン。
数の減少。等々。

リピーターの方であればあるほど、そのように書かれている記事を見ることが多く、初めてリッツというブランドのホテルへ宿泊した方は感激したという内容のコメントをされている状態でした。
初めての宿泊であれば、感動はつきもの。
でもそれがリピーターの方からの言葉がかなり寂しい内容になっていることもあり、不安は募ります。
安くはけしてありません。
寧ろ土地柄ということもあるのでしょうけれども、大阪に比べると今回の宿泊は同様の内容で1万円以上価格が違います。
どんなステイになるのかな。
そう思いながらもホテル側からすぐに頂いたお返事に少し安心をすることになります。


スタッフ一同でお祝いをさせていただきます。


そんな暖かい言葉がとても嬉しく、小額ではありましたがお花をお願いさせていただきました。
メッセージカードもご好意でつけていただけるとのこと。
こちらのメッセージを送信するとそれを印刷してくれるという言葉まで。
勿論友人にはサプライズなことでしたので、そんな心遣いもありがたく、嬉しく感じました。
お部屋へお持ちする時間は何時ごろにいたしましょう。
お部屋にはいらっしゃいますか?もしいらっしゃらない場合は、どちらにおかせていただきますか?
お支払い方法もご連絡下さい。

そんなこと細かなメールを頂き、ありがたいと思いながらも彼女へのサプライズがうまくいくことを楽しみにしつつの東京出発となりました。



当日は生憎の雨。
ですがホテルで楽しむ予定の私たちには、このお天気がやはり残念ではありますが、そこまで大問題でもありませんでした。

2162.jpg

ホテルの中はまるで迷路のよう。
2164.jpg

とりあえずトイレを探して中へ。
2163.jpg

おどろきの広さです。

分かりにくいなぁ…と思いながらもテクテク歩いていくと、エレベーターを発見します。それで一気に45階まで上り、フロントへと向かいました。
2165.jpg

フロントで名前を告げると女性スタッフの方が

「本日のご宿泊はクラブフロアーとうかがっております。チェックインもそちらで行わせていただきます。少しお待ちいただけるようでしたらお連れさせていただきますが…」


お願いします。
というか、わけがわからないので、ぜひお願いします。
………このクラスで案内が必要か否かを聞かれるとは思っていなかたので少々驚きましたが、とりあえず頷きました。エレベーターへ移動し、中へ。そこで

「お荷物をお持ちしましょうか?」

これも遅いタイミングでびっくり。
自分で持てないのかと問われれば持てます。勿論。
ですが、大阪リッツでは早々にドアマンかが荷物を持ってくれたこともあり、手渡されたベルガールも転がして運ぶこともされなかったためちょっとびっくり。最近宿泊したインターコンチでもカートを使い運んでくれていたりしました。

このホテルはこういった対応になるのが普通なのかと理解し、そのままエレベーター内を見ます。なんら会話もない中、54Fにあるラウンジへと案内されました。

2166.jpg

受付の女性からラウンジの担当の方へと情報が受け渡され、とりあえず窓辺の席へと案内されました。
「すぐにウエルカムドリンクをお持ちいたします」
そう告げられ、漸くほっと一息です。

2167.jpg

ラウンジ内は明るく、5割ほど、人で埋まっています。丁度チェックインスタートの時間ということもあり、やはりばたついているようですね。暫くしてステイの確認の方がみえました。一泊このお値段になりますという提示。それに間違いがないことを確認しているとウエルカムドリンクが届きました。
ドリンクは抹茶をベースにしたノンアルコールのカクテル。
とてもスマートでかわいらしいです。

宿泊はツインのお部屋。喫煙者ではないため禁煙のお部屋をお願いしていました。間違いもないのでサインします。
大阪ではこの時点でお祝いの言葉をいただけていたりもしましたが、どうやら東京ではそれはないようです。


クレジットカードを手渡し、ラウンジの食事を取りに行ってもいいのかも分からないままぼんやり。初めてだからこそ一言言っていただけると行きやすいんだけどなぁ…と思いながらも、ドリンクが欲しかったために間違えて紅茶を運ぼうとしてきたスタッフに声を掛けます。
「お紅茶を…ラウンジの利用はもう可能ですか?」
「大丈夫です」

もっとはよ言うてくれw

そんな中、ラウンジでのひと時を過ごさせてもらいました。
ラウンジのミールに関してはまた別の記事でまとめてアップします。


さて、暫く過ごした後はお部屋への案内をお願いしました。
エレベーターの中で鍵の利用方法を伺います。
カードキータイプですが、このカードキーがないとどうやらラウンジへも宿泊フロアへもいけないらしい。というわけで何度か痛い目を見た子達だったりしました。
鞄から鍵がなかなか出てこなくて大変だったんです!!(爆笑)

お部屋はスタンダードなところ。
この週末はどうやらお部屋が込み合っていたらしく、一休の予約のページを見てもクラブフロアは大体予約がいっぱいという表示でしたね。

ちなみに一休の予約で…一泊50000弱の設定での宿泊でした。
勿論東京リッツの価格的には破格です。
ですが、大阪に宿泊した際は、勿論宿泊時期は違いますが、日~月という同じ日取りで39000円だったことを覚えています。
10000円の違いは六本木という土地柄なのか何なのか……(笑)



エレベーターホール
2168.jpg


広いです。暖色の光が暖かいですが、やはり大阪のアンティークな雰囲気のほうが好みです。
2169.jpg


そんなこんなでわれらが5215号室へご案内です。
2170.jpg

テーマ : ホテル - ジャンル : 旅行

お部屋探索@リッツカールトン

お部屋探検@リッツカールトン

さて、そんなこんなでお部屋へ案内してもらいます。
エレベーターがなければラウンジへいけないあたり、少々面倒ではありますが……。
かなり入り組んでいて、歩いているうちにどこらへんを向いているのかも分からなくなりました。何だかとっても不思議な感じ。


5215というお部屋を割り当てられました。
ドアを開き中へと入るとそこには52㎡の空間が広がります。

ゆったりとした上品なお部屋。
2172.jpg

表すならばそのような言葉が似合うでしょうか。
基本色が控えめなゴールドと茶。落ち着いた空間を生み出しています。

ベッド。
2171.jpg

ツインのお部屋です。勿論高さがとてもあるこのベッド。上質なリネンににんまりです。クッション大好きな私は、ターンダウン後も引っ張り出してころころしていました。

ナイトテーブル
2173.jpg

ここでカーテンなども動かします。
そこまで難しい操作ではなく、簡単に行うことができました。

デスク
2174.jpg

窓辺にあります。
ガラスのテーブルのため、指紋のふきのこしが大量に…
ちょっと軽くホラーでした。
引き出しにはレターセットなども入っていました。

クローゼット
向かって左手のクローゼットの中には、セキュリティーボックスと靴磨きなどのセットがあります。ランドリーの希望を出すものもこちらに。
2175.jpg

2176.jpg


パジャマは引き出しに入っていました。
2177.jpg

正直なところ、パジャマは大阪のほうが着心地がよいです。

右手クローゼット

大きな鏡があり、身支度を整えるのに、とても役立ちました。


バスローブ
2178.jpg

このバスローブはかなり優秀。肌触りもよく、軽く、今まで着たどのバスローブよりも快適。
これは気持ちが良い!!!
欲しくなっちゃいますね。きっとリッツ価格なんだろうけど…誰かくれないかしら(苦笑)

サイドボード
2179.jpg

上部に湯のみと急須のセットが。
2180.jpg


裏面にもライオンさんがいっぱいv
2181.jpg

2182.jpg


とってもお高いブランドですね。

無料のお茶等。
2183.jpg

種類はとても豊富です。
紅茶も数種類あり、飲み足りないということもなく。
コーヒーがインスタントなのが残念なところ。
やはり、ドリップ式のものを準備していただきたいです。
お砂糖もちょっと残念な角砂糖。


冷蔵庫
2184.jpg

中身はリッツ価格がずらっと並んでいます。
2185.jpg

コーラで600円だって!!
外に出たらコンビニで格安に売ってますよー。


お菓子類
2186.jpg

ゴディバがありますが、手を出せる価格ではありませんw
見ているだけの飾り物ー←


バスルーム
2187.jpg

ここが一番お気に入りの空間になりました。
とりあえず広い。広くて、ここで住めちゃうねwというぐらいに。
ダブルシンクなのもありがたいです。(とかいいつつ、撮影し忘れているというw)

テレビがあります。

バスタオルの三枚のうち二枚はこちらに。
2188.jpg


シャワーブース
2189.jpg

レインシャワーもあります。


アメニティー
2190.jpg

今回からこちらのブランドを使うことになったらしいです。
チェコ産?なのかな。
香りはさっぱり系。フローラルな香りが好きな人はちょっと苦手かも?
ローション等もありましたが、一部屋一組だったため、ハウスキーパーさんに持ってきていただきました。

お部屋で早々に泡風呂つくってわきゃわきゃしていたので、更にもう一本追加でお願いしたのもここだけの話v


バスタブ
2191.jpg

大きくて広いです。
2192.jpg

普通にブクブク潜ってしまいそうです。
2193.jpg


こちらの袋には、ヘアードライヤーが。
2195.jpg

2196.jpg

櫛、コーム、(木製)
シェービングクリーム、カミソリ
歯ブラシ、マウスウォッシュ
コットン、綿棒
ホテルオリジナルのボディーローションは、東京の香りのが好きでしたv

とても充実していますね。


バスタオルは三枚。せめて四枚くれwww


トイレはエロくも中の様子がすけて見えちゃうのです(おい)
勿論個室。
2194.jpg


シャワーブースにはレインシャワーもあり、とても幸せなひと時が過ごせます。
そしてクチコミにあった「もう一枚バスマットプリーズ」を実感しました。
ちょうどバスタブと対角線上にシャワーブースがあるため、どうしても濡れてしまうんですね。床。
まぁ濡らしたのも後で拭けば問題ないですしね。


ターンダウン時
2197.jpg

バスタオルの交換とアメニティの追加をお願いしました。

電気を暗くし、チョコとお水をサーブしてくれます。
2198.jpg

2199.jpg

明日のお天気も100%雨!!
手書きのメッセージカードににんまり。
可愛さはインターコンチが勝利でしたけれども。

ベッドはとても寝心地がよくて…
幸せな時間を過ごすことができました。

次の記事は……食事とサービスに関して、です。

テーマ : 高級ホテル - ジャンル : 旅行

フードプレゼンテーション@リッツカールトン東京

リッツカールトン 食事編

リッツにはフードプレゼンテーションという一日五回のミールサービスがあります。それが売りだと言っても過言ではないクラブというカテゴリーですが、今回はその五回ともにお邪魔してきました。


ウエルカムドリンク

抹茶ベースのノンアルコールのカクテル。
味は薄め。ちょっと物足りない感じです。


アフタヌーンティー
ドリンクは…
ジュースがオレンジやリンゴなど。
紅茶は全てティーバッグ。こちらルピシエのものでした。スイスホテルもそういえば使っているのがここだったなぁ…。
でもルピシエのお紅茶はおいしいので好きです。問題はお安いというか…あの……


マリアージュとかだと感動するとオモ。



ケーキ類。
2201.jpg

かなり小さめのかわいらしいケーキです。
バラのケーキ、チョコレートムース、チェリーの乗ったケーキ、マンゴープリン。
マンゴープリン絶品。これが一番おいしかったです。
チョコムースも濃厚なお味で…。
マカロンは最初に取りに行ったときには二種類だったのですが…
後でたくさん追加されました。

サンドイッチ
2200.jpg



カナッペなど
2202.jpg

フルーツ
2203.jpg

キャンディーなど
2204.jpg


さて取得物(取りすぎとか言わないでw)
2210.jpg

飲み物はカプチーノ
2205.jpg


ケーキの盛り合わせv
2206.jpg


チョコが可愛くてにんまりしていました。
2207.jpg

充実度でいえば、この時間が一番充実しているような感じです。


スコーン
2208.jpg

ジャムが瓶なのが嬉しいところです。
スコーン自体は…ちょっと残念な感じかな。硬くないので、食べやすいですが…

サンドイッチ
2209.jpg

ポテサラとハムのサンドイッチ。
一口サイズでかわいらしく、おいしくいただけます。


カナッペなど
うーん。始まってすぐのはずですが…ちょっとしけってるようなものもあります。
カラーピーマンの子が一番美味。
おいしくて可愛くてにんまり。

スープがあったらいいのになぁ…とぼんやり。






アルコールが飲める時間にお邪魔。
2211.jpg

スパークリングワインや、白、赤のワインなどを楽しめます。

アミューズを取ってみる。

品数的には、大阪のほうが見た目も量も多かったです。残念ではありますが…
小鉢に入った前菜など、本当にかわいらしくて…感動モノだったのですが、出会うことはできませんでした。
チーズが数種類

パスタ
2215.jpg

手まり寿司
2213.jpg

今回のヒットはこちらのアナゴ。
おいしかったです。可愛いですしね!

お野菜不足になりがちなので、がっつりお野菜をいただきつつ…
2212.jpg

スペイン風のオムレツににんまり。
2214.jpg

2216.jpg

2217.jpg

2218.jpg


夜景はこんな感じ。
2219.jpg


ミッドナイトスナック
夜のケーキの時間。
ケーキ、チョコ、マカロンなどがあります。
ライトを暗くしてあるため、マカロンに種類があることは分かるのですが、ちょっと何が何だか分からない状態。
かろうじてピスタチオ…かも…という感じにとっていました。
2220.jpg

2221.jpg


カクテルもお願いすれば作ってくれます。
2222.jpg


ロゼのスパークリングがあって、ご機嫌に。
2223.jpg

白ワインは少々癖がありました。


チョコは柚子。

ドアのお外にはちょっとしたお菓子が置いてあります。
2224.jpg


朝食
ちょっと残念な朝食…。
やっぱり卵料理がないのが切ないですね。この点、同じように種類の少ないスイスホテルさんでもがんばって卵料理は作ってくれていたので、そちらに若干軍配が…(しかしスイスホテルはそれ以外が皆無wwwwwwww)
しかもスクランブルエッグがおいしくないというまさかの事態に泣きたくなりました。


ハムなどの種類は多く、お野菜もちゃんと取れます。
2225.jpg

2226.jpg

2227.jpg

2228.jpg



パンは甘いものが中心。
2230.jpg

2231.jpg

甘くないデニッシュなどもあったらなおご機嫌になれたのですが…
2232.jpg

2233.jpg

というかあまりにこのチーズが可愛かったので撮影。友達にとってとって!と言ったわりにカマンベールとか食べられないので、チーズ好きの友達にそのまま譲渡しました。
2234.jpg


フルーツやヨーグルト
2229.jpg

マンゴーのソースがある!!と嬉しくなってしまいました。
2235.jpg



ランチ
チェックアウト時にいただくことができます。
サンドイッチやパスタなどがありました。
2236.jpg

2237.jpg

2238.jpg

パスタ美味!!!
2239.jpg

2240.jpg


ですが残念ながらおなかもいっぱいで、更にこのあと執事喫茶で食べなければならないという状態の私たちは、一番おいしいと感じたパスタに後ろ髪を引かれながらのチェックアウトになったわけです。


全体的な感想は…


十分かと問われれば首を傾げたくなる感じでしょうか。
補充はスローペース。
足りていないのか補充されて即効なくなったりします。

またスタッフの対応にも若干首を傾げるあたりが…
一組、常連らしきワカモノがグループでいたのですが、その方達がしょっちゅうスタッフの女の子を捕まえてはしゃべり倒すんですよね。人が足りているのならまだしも、足りていないと分かっているはずだといのに。そのせいか退席後の片付けも遅く、客が来てから慌ててテーブルを片付ける様子も伺えました。優雅さ?そんなものはありません、そこには。
女の子としゃべりたいなら、他の店をあたるべきかと。
と、その客の考え方にも首をかしげたくもなりますが、それ以上にやはり…うまく交わすことの出来ないスタッフにも多少の問題はあるかと。
必要な接客はしなければいけないのは絶対。ですがそのお客様だけにゆっくりと時間を割いているのは必要な接客とは言いがたいというのが正直なところです。公平ではないだろという思いを抱かせるリッツのラウンジ。残念ながら居心地が良かったかと問われれば微妙な表情をしてしまいそうです。

一流の接客とは何なのでしょうか。

テーマ : 高級ホテル - ジャンル : 旅行

リッツ東京にお泊りして…

リッツカールトン東京の感想


正直、二度はないな。というのが本音です。
そして東京のホテルはこういた接客が普通だというのであれば、大阪でのステイを楽しみたいと思うのが正直なところ。

大阪はクレームが多いからこそ、必死にそのクレームが起こらないようにする。

そう聞いたことがあります。
クレームが起こらない…つまりはお客様が気持ちのよい空間でステイの時間を過ごすことが出来た…ということですよね。
となると、東京のホテルはそこに必死になっていないということは…

この値段で提供しているのだから、文句はないでしょう?


ぐらいのところでしょうか。
大阪のホテルマンはどこか親身になってくれている…という感じが高感度をアップしてくれるんですよね。



サービス面
大阪にあって東京になかったもの


大阪
ウエルカムアメニティー
スタッフからの笑顔とお祝いの言葉
お部屋のアップグレード
ホテルからのプレゼント
終始心地よく、気分の良い接客をしてくれるスタッフ


東京
ウエルカムアメニティー、プレゼント等はナシ。
お祝いの言葉ナシ。(では何のためにスタッフ一同でお祝いさせていただきますというメールをいただけたのでしょうか…)
アップグレードナシ(この日は混みあっていたということもあり、こちらは期待はしていなかったのですが…)
お見送り…ナシ。



全体的に東京はスタッフの人数が足りていないのが丸分かりです。
ですがやはり…到着から出発まで心をこめたおもてなしと謳っているだけに…ラウンジから出てホテルから出発しようとしているのに会釈もしてもらえなかったことに、正直驚きました。

ちょ。大阪エレベータの扉が閉まるまで見送ってくれたでwwwwwww

見送れとは言わない。せめて会釈して。お願い。




そんなこんなでお友達へのお花のプレゼントをお願いしていたのですが…
そのカードの名前が違ったんですよね。

「誰よこれw」

というメッセージカードに、一瞬感動して出そうになったという涙も引っ込んでいきました。(友人談)



ちょー一番失敗したらあかんとこ!それ!!
ご好意で付けていただいていただけに、何とも微妙なプレゼントに。勿論すぐに電話をし、カードを取り替えていただくということになりましたが…


その後のラウンジに行っても、スタッフさんからのごめんなさいね…という言葉などもなく、横の連絡が皆無なのだということが分かりました。
勿論「申し訳ありませんでした」と新しいカードを添えられたお花は届きましたが…事前のメールがとても丁寧で時間やもし不在の場合のお花の置き方などまで綿密に連絡を頂き、「スタッフ一同こころからお祝いさせていただきます」という言葉にとても嬉しくなったんです。さすがはリッツよね。…と。
ですがその言葉が挨拶のような言葉だったのだと知り、本当に心底がっかりしました。
ラウンジについて「おめでとう」と一言言っていただけるだけで幸せになれるのに。


そして更に驚いたのは…

翌朝のお支払い時。
お花の代金が入っていないことに気づき、ちょっと首を傾げます。
でも明細をちゃんと見ていないからとカードを手渡し、その後もう一度確認をしました。

…やっぱり入っていない。

友達に言うと「もうここまできたら天晴れだね。それポカミスじゃない?」
といわれる始末。
もし失敗してもうたからごめんなさい…的な意味合いでお花の代金を引いてあるのなら…


それを一言言うてくれwwwwwwwwwww


何やらもんもんと気分の悪い状態の中、なかなかスタッフさんが捕まらない。そして友達が席を立った瞬間に、前日から居たスタッフさんが走りよってきました。
「○○様。昨日はお花の件、大変申し訳ありませんでした」
あ、なんや…聞いてたんか。
「……わたくしも、今朝聞きまして…」
って…今朝かーい!!!
ちょっとびっくり。だからこそこちらから聞きました。
蒼「あの…お花の代金入っていないようなのですが」
「そんな…頂くことなんてできません!」


あ、結果的にはお花代は支払わなくてよいということになってるのね。でも…でもね…


代金引きゃいいってもんじゃなかろうが。

寧ろその経緯をもっと早く連絡していただいてもよかったのではないかと。カード切る前とかさ。
やはり気分の問題です。気持ちよくお泊りしたいじゃないですか。安くないし。
何だろう…残念すぎて微妙なんです。釈然としない思いが満載。

そして最後にお見送りどころか会釈なし。


東京と大阪は別物ということなのですね。
理解です。


でも…やっぱり1万以上高いお値段の東京の方が不満が満載だなんて…問題アリだと思う。



ハード面はどこよりもすばらしいです(好みの問題で大阪のが軍配あがりますが)
ソフト面では確実…


ハイアットリージェンシー大阪が勝利w
お値段半額以下で朝食付き、エステまでついてくるよー!!(実際二人で26000円)


といわけで次のステイ日記はハイアットですv(その前にちょこっと…リッツの補足分を…)

テーマ : 高級ホテル - ジャンル : 旅行

リッツでの過ごし方@ラルヲタ風に

リッツでの私たち的な過ごし方

ラルヲタ同士でのお泊りだったということもあり、DVDもあるからガッツリ鑑賞しようぜ!超高級ベッドの上でv
とか思っていたというのに…

まさかの当日DVD忘れw

スタッフの方にツタヤの場所聞いたりしながら、…一枚持ってるDVDを折角の機会だから…という理由だけで友人がもう一枚購入したときには、私もびっくりでしたw

というわけでまた火DVD。
2241.jpg

2242.jpg

お土産に買ってきてくれていたピエールマルコリーニのチョコレートをいただきつつ…
2243.jpg


至福です。


さて高級感ただようベッドでラグベベ撮影しよーぜ。とちょっと撮影。ケンさんのような色気は出んもんかと頑張ってみました…
2244.jpg

2245.jpg


靴磨きサービスもお願いしてみました。
2246.jpg

何やらいろんな方のblogに紙袋に入ってくるよーと書いてあったのですが、ちょっと昔のことだったのかも。。です。
重たすぎる木箱に入ってきましたvvこれもプレゼントみたいで面白かった。
2247.jpg



モーニングコーヒーサービス。
2248.jpg

2249.jpg

モーニングコールをお願いするとコーヒーを入り口前に用意してくれて、電話をかけてくれるサービスです。これはありがたいですね。朝から淹れたてのコーヒーがいただける。


新聞入れにもリッツのロゴが。
2250.jpg



このお部屋からの景観。
2251.jpg


友達への花束のプレゼントをしました。花束作成依頼をして作ってもらった子です。
2252.jpg


そして…このホテルでかなりお気に入りになったのが…このスリッパとバスローブでしたvv
2253.jpg

テーマ : 高級ホテル - ジャンル : 旅行

ハイアットリージェンシー大阪@宿泊記

バリから帰ってきましたvvvただいま日本。
そして山積みのお仕事に殺されそうになっていましたvvv
ふふふ。そんなこんなでひさびさブログです。

バリ日記もちまちまと書いていかないとー!

ハイアットリージェンシー大阪

只管ずーっと気になっていたプランがあります。

☆エステ、朝食付き、一泊二日で13000円☆

エステだけで12000円するというのに、プラス1000円でお泊りまで出来て、朝食まで食べられちゃう。
しかもホテル側の部屋の空き状況によって…になりますが、レイトチェックアウト(通常12時のところ14時までOK)というゴールドパスポートの特典も利用可能。勿論モーニングコーヒーもお願いできるんです。


さてまず……以前から只管気になっていたゴールドパスポート。
こちらん、入会金、年会費無料で入会できるカードなのですが…。
ホテルに宿泊する際に申し込みをしてもその日から特典は利用可能、ポイントもつきます。
ポイントに関しては…たまったらステイが出来るとかぼんやりとふにゃふにゃわかっているぐらいなのですが(当面たまってくれる気がしない…)特典に関してはバッチリです。

・レイトチェックアウト
・ウエルカムドリンクを翌朝お部屋にて…(モーニングコーヒーになりますv紅茶も選択可能)

が一番使える特典かと。
なぜこんなにふにゃふにゃぼんやりした内容かといいますと…サイトもちょっと分かりにくいのですが、何より…


数ヶ月前に英語のサイトで入会した私ですが、未だに会員カードが届かないというオチがあります。
ちょ。早く頂戴w
これなら宿泊時に申し込めばよかったと後悔したのは言うまでもなく。


宿泊回数に応じて、ランクアップのあるこのカード。一つ上のランクになれば、更に特典の幅が広がります。ウエルカムアメニティーがついたり、部屋のグレードアップがあったりととってもお得な感じ。
年間宿泊回数が五回を越えれば問題なくランクアップするらしいです。
更にその上もありますが…

どうやってその回数泊まるんですかwwwwwwww

としかいいようのない状態です。


さてそんな会員特典も使えてしまう今回のプラン。楽天経由で予約をしました。その際に「誕生日のお祝いで記念にお泊りします」とご連絡。レスポンスも早く、「お花などもご用意できますので、お気軽のお申し付け下さいね!」とステキなメッセージをいただきます。
………トラウマありまくりですけどね。@リッツカールトン東京


今回は四国帰りにホテルへチェックインという予定だったのですけれども…何せ、前述の通りバスに乗り遅れてしまい、更に大阪の夜の時間が削られていきまして…。食事はもうホテルで済まそうぜ!!とおお慌てて電車にに飛び乗りました。
カート引いた人が多数南港から帰ってきます…何があったのかな…うーん…何かな…と思っていると、若干コスプレっぽい方が…。今日はインテでコスプレイベントがあった模様です。

しかし初めてのホテルのために若干迷ったのですが…中ふ頭まで行けばバスが出てたなんて知らなかったよー←調べましょう。
次回ステイするときは、梅田からバスに乗ってやろうと心に誓ったのは言うまでもありません。もう本当に……一個手前で降りたことに後悔しました。(ローソンに行きたかったんです)


さて21時頃のチェックインだったのですが、フロントには一人のスタッフさんが居るだけで、その方も他のお客様の対応をしていたのですが、すぐに数名の方が奥から出てきてくれました。ステキ笑顔で迎えてくれます。
…あらいい感じ。
お部屋は眺望の良い高層階にしましたー!という一言にラッキー!と思いつつ、荷物をその場においておいてください。準備が出来たらお呼びします…と言われてにっこり。ありがたいです。何もかも先回りしたサービス、ありがとうございます。
ソファーに座ってキョロキョロしていたのですが、ステキなフロントだなぁ…と。広い空間を見回してしまいます。そうこうするうちに、ベルスタッフの方が荷物のカートを引いて近付いてきてくれました。
「○○様、大変お待たせいたしました」
カートに荷物やら、四国のお土産やらを載せてもらっていたのですが、それをちらっと見たスタッフさんが「四国からのお帰りですか?」と一言。そこから暫く旅行の話をさせてもらい、気付けばお部屋へ通されました。こういったさりげない会話もステキですね。

禁煙ルームを予約使用としていたにもかかわらずこちらの手違いで喫煙ルームになってしまってしょんぼりしていたのですけれども、窓辺のテーブルの上を見てびっくり。

2318.jpg



ホテルからのお誕生日のプレゼントです。
この気遣いが本当にありがたいです。
Sも大喜びで、これだけでテンションが上がっていきます。

お部屋の大体の説明をしてもらい、ルームサービスについてもいくつか質問すると、丁寧な回答をしてもらえます。ありがたいV


そんなこんなですぐにメニューをチェックして電話でオーダーしたのですが…
「○○様、お電話ありがとうございます…」
という人が変われば対応も変わるということもない、状態にニッコリしながらも三品チョイス(おなか空いてたんです…)

そしてお料理が届くまでお部屋の中を探索。

ベッド
2305.jpg



デザインが好みではないです…正直なところ。そして思っていた以上に低い。
でも寝心地はよかったです。

お部屋全体。

2306.jpg
ホテルのサイトの写真で見たよりもずっとステキな雰囲気でした。写真が悪いよ…写真がw

テーブルは窓辺に設置してあり、とっても利用しやすい大きさとなっています。

クローゼット
2310.jpg

靴磨きや靴べら、ランドリー用の袋など、必要なものはそろっています。

このホテルは浴衣なんですね。

プライベートバー
2307.jpg

フリーなものは緑茶とホウジ茶だったかな。
まぁ…自分で持ち込めばいいでしょう。

冷蔵庫
2308.jpg

中はけっこう閑散としていますが…とりあえずは…コンビニでかってくれば問題ないかと。

ミニバー
2309.jpg


バスルーム
2314.jpg

30平米のお部屋のため、シャワーブースはありません。バスタブは十分な広さがあり、泡風呂にして楽しんだりしました。

アメニティー
2313.jpg

十分そろっていると思います。ボディーローションは、一つずつだったため、もう一組下さいとお願いしました。
ベルガモットを基本とした香りです。

おといれ
2312.jpg


とても過ごしやすい空間でしたvv

やっぱり煙草のにおいが気になったというのが一番の問題かなぁ…とは思いましたが。それでも疲れた身体を癒してくれる素敵なお部屋ですvv

次はルームサービスを紹介v

テーマ : 高級ホテル - ジャンル : 旅行

ハイアットリージェンシー大阪@ご飯とエステ

来月頭に東京に行く予定なんですが、予約したのは夜桜美人v
吉原遊郭をコンセプトにしたお店だそうですvvふふ…楽しみだvvv


さてハイアットの続きです。

そうこうしているうちにお料理が届きました。
2315.jpg


銀色のトレイに乗せられて運ばれてきたもの。
うわー。何だか本当にステキ!!!
本日のチョイスは…

ハンバーガーセット
2317.jpg

チキンライス(アジア風)
2319.jpg

ルッコラとモッツァレラのサラダ
2316.jpg

です。これで一人3000円もしない程度だったので、ホテルのルームサービスだという観点から見ればめちゃくちゃ安価。
確か…フルーツプレートだけで3000円近くのところもありましたから。


とってもおいしそうです。
2320.jpg

というわけでいただきまーすとしようとしたところ、少々問題発生。詳細は省きます。


ケーキプレート
2321.jpg


このケーキプレートなかなかお得だと思いますw


そんなこんなで、その夜はいろいろおしゃべりして就寝。お風呂も楽しくて、キャッキャしていましたv


翌朝、モーニングコーヒーでの目覚めです。
2322.jpg

うふ。リッチな気分。

そのまま朝食を頂くために階下へ…。
ステキな笑顔をプラスしたご挨拶に、大阪のホテルってこういうとこもステキ…と思わざるを得ません。やはり朝は笑顔で迎えていただきたい。

パン
2323.jpg


自分でトーストできます。
2324.jpg

シリアル
2325.jpg

ホットミール
ソーセージとか多数あります。
2334.jpg

ハッシュポテトとゆで卵
2336.jpg

トマトv
2337.jpg



目の前で作ってくれちゃいます。

まずは中に入れるものをチョイス
焼いてくれるのを待ちます。欲張って一人一個やいてもらって、おなかがいっぱいになりすぎましたw
2340.jpg


和食
2326.jpg

お豆腐とか煮物とかがあります。
2329.jpg


おかゆ
2327.jpg

お味噌汁は自分で具を入れます。
2328.jpg

ジュース
2330.jpg

デザート
2332.jpg

パンプディング
2333.jpg

ヨーグルト
2338.jpg

フルーツ
2339.jpg

種類も多く、美味しくいただけます。
ヨーグルトが可愛くてにんまり。おなかがいっぱい過ぎて食べたいものも食べられない(というか欲張って二人ともオムレツとかが間違いだと思う)
2341.jpg

2342.jpg
予断ですが、このパンが美味。特にミニデニッシュはオススメです。ショップで購入可能。ホテルパンの割りにプチプラ。

その後エステへ移動です。
場所を聞くと「分かりにくくて申し訳ありません…エステは○階(忘れたw)でございます。エレベーター出入り口にてスタッフがお待ちしておりますので!」といわれましたー!何そのステキ待遇w

そして行くと、外見普通のお部屋のドアの中へ。
ウエルカムドリンクを頂きます。
2351.jpg


カウンセリングを受け、オイルをチョイス。
Sはフェイシャル、私はボディーをお願いしました。この日はちょっとマッサージを普通の強さで…とお願い。
2352.jpg


2353.jpg

2354.jpg

隣のお部屋で準備をして、いざ施術です。


眠りを誘ってくれるくらいに気持ちのよいマッサージでした。
やっぱり癒しの時間は大切だなぁ…と実感。
あっという間の60分。
眠ってしまうのが勿体無いけど、気持ちがいいんだから仕方がない。

終わった後は、お茶を頂いて、次回利用できるクーポンをいただきました。
90分以上のコースで+10分サービスというもの。宿泊プランの13000円+5000円の90分エステプランでも利用できるとのことで!!
何てステキなのかしらー!と次回のお泊りも前向きに検討したのは言うまでもありません。ええ。



その後お部屋に戻って、まったりとすごします。
14時チェックアウトの良いところですよねー。

何だかまたお泊りしたい!とそう思ってしまうホテルの一つになりました。ハード面がやはり残念なところが目立ったのですが、それを凌駕するソフト面のレベルの高さににんまりです。
しかも価格も安価だというところがポイント高いですよね。

ハイアットリージェンシー大阪さん、お世話になりましたーノシ





ちなみにこの後はアルションでまったりしつつ…前日に購入した水にちょっと含み笑いww

2355.jpg


ほんまやって……何やねんw
2356.jpg

テーマ : 高級ホテル - ジャンル : 旅行

ハイアットリージェンシー二回目!@7月

ハイアットリージェンシー二回目ー!!

というわけで、ハイアットに行ってきました。
何だかお気に入りになりつつあるところですが、何よりも…


エステセットのプランが熱いwwwwwww


勿論前回一緒にお泊りをしたSとの再訪です。
今回はハイアットからのメルマガにあった「お部屋グレードアップ」をお願いしてみました。快諾のお返事を頂いてご満悦の中、大阪へと移動します。

大阪へは近鉄特急を使って。今回はリムジンバスに乗って優雅に移動しようぜ!!と言っていたので、梅田へと向かいます。
しかし…この梅田が曲者だった。
確かにサイトには書いてあったのですが…

「現在駅が工事中のため、迂回してください」


……迂回ってどのくらい?と思いながらも地下鉄の人にバス停を聞いてみるも「上に上ったらJRがあるからそこで聞けwwww」とまったく丁寧じゃない言葉を頂く。忙しそうだったものね、仕方がない。
そしてカートを引いて今度はJR駅へ行くと、
「このまままっすぐ行って右ですw」といわれる。歩く。
歩くに歩く。地下鉄の駅から20分ほど歩いた頃、漸く各ホテルへのリムジンバスが並ぶところへ。
うわー。これは遠いwwwwww四角の三面を歩いた気分。
暑いし、ちょっとしんどいなぁ…なんて思っていたのですが、ここで今度はバスを待つことになります。リーガロイヤルなどほかのホテルのバスが次々と何度もくるのを若干寂しい思いで見詰めていた中、漸くハイアットのバスが到着しました。荷物をお願いしてシートに着席。すると見えてきたのは


「エステの割引券」


これは大事すぎるwwと内容を確認すると、自分達が持っているものよりも遥かに良い内容。これはもらうしかない!とガッツリ頂いてホテルへ。
すぐに荷物を引き取りに着てくれるドアマンに、あーやっぱりこのホテルの雰囲気好きだなぁ…と思いながらも、チェックインをしました。この日はホテルへ荷物を届けていたのですが、それも部屋へ入れていただいているとのこと。そしてお願いしていたとおり、アップグレードとなり、お部屋がデラックスルームになったというお話をしていただきました。また、レイトチェックアウトをお願いすると、13時まででしたら…と言っていただき、一安心です。

さて…夢のようなステイの始まりです。
ホテルって何度きてもドキドキするのですが、今回も楽しい思いが出来るといいなぁ…なんて思いつつ。


お部屋
2495.jpg

前回のステイとは違い、お部屋はデラックスルーム。
2496.jpg


2494.jpg

コネクティングルームにもなるようです。
2497.jpg


おっきなテレビvv
2498.jpg

窓の外にはインテックス大阪が見えます(閑散としています…)
2499.jpg



何が違うかといいますと、とりあえずお部屋の広さが違います。30平米と45平米…だったかな。だいぶ違う。
ベッドから窓際のテーブルセットまでもかなり広さがあります。

そして一番の違いは…


シャワーブースがあるのww
2502.jpg


これは本当に嬉しい感じ。やっぱりバスタブとシャワーブースは別々の方が好きです。

バスタブ
2500.jpg


アメニティーなど
2501.jpg


荷物が届いていることも確認し、お部屋まで丁寧に荷物を運んでくれたベルマンが戻っていきます。
このとき冷えたグラスをお願いしたのですが、それは結局届かなかったなー(笑)


ちょっとゆっくりして一度シャワーを浴びたところでエステへと向かいます。
今回は前回で味をしめたために、ちょっぴりグレードアップして180分のコース。
一泊二日で18000円(やっぱり宿泊代金は1000円しかとらないとかw)のものです。なので何をお願いするかをスタッフの人と相談。ボディーが疲れまくっているということから、全部の時間をボディーに費やすことに。今回は前回よりも少し強めのマッサージをお願いしました。


気持ちよすぎて眠ってしまうのが勿体無いのですが、必死におきているのもストレスになるので、がっつり眠りつつ、お肌もツルツルスベスベになり、血行も良くなったねーとお部屋へと戻ります。

夜景はとってもキレイでした。2503.jpg


暗くて上手にとれなかったのですが、今回のステイしたお部屋の位置。
2504.jpg

たくさんコスメを持参ですvvやっぱりホテルステイのときにしか遊べないものー!
2505.jpg


そしてここで…ルームサービスをチョイス。


ステーキ丼
2509.jpg

サラダ
2506.jpg

2507.jpg

上記をチョイス。いろいろ食べてみたかったけど、とりあえず…肉が私達を呼んでいたww(ちょwwww)
持ち込んだシャンパンを開け、グラスを再度お願いした私達。注文して10分程度でご飯が届きましたー!!

丁寧にサーブしてくれるのを見守り、とってもおいしそうな状態ににんまり。
そして…一番驚いたのはこちら。


パテのサンドイッチ。
2508.jpg


フランスパンwwwwwww
顎が痛くなるかと思いましたとも。
でもスパークリングワインに合いまくり!
この日、二本持ち込んでいたのですが、一本と半分を二人で開け、ほろ酔いのまま優雅な大人タイムを楽しみます。


そして就寝(最悪)


翌朝目覚めのコーヒーに起こされ、おいしいコーヒーにほくほくしながら、朝食を頂きに行きました。
2510.jpg


前回とそんなに変わらないかなーと思っていたのですが…。

ドリンクコーナーが……フレッシュドリンクを作ってくれるところが増えていました!!
2512.jpg

和食
2513.jpg

2516.jpg


ジュース
2514.jpg

サラダ
2515.jpg



ちょっとずつおかずも違うのですが、前回なかったのに今回あったのは…

パンケーキとワッフル。
2517.jpg

これはちょっと嬉しくなって、思わず食べてしまったり。

そんなこんなで私のお皿。
2518.jpg

2519.jpg

2520.jpg

ちょっととりすぎかも…。


とか思っている中、Sが若干少なめのお粥とお味噌汁ともりもりと盛ったおかずを持って登場。
うわー。今日少ないやん。寧ろ私食べすぎ…?


と思ったのも束の間。食べ終わったSが向かったのはパンのコーナー。
2521.jpg


どん。


いや…あの…それ……二人分とか言ってもおかしくないんじゃwwwwwww

という山を作って戻ってきました。
あきらかに食べすぎです。

2522.jpg

2523.jpg

2524.jpg


スタッフの方に何度かコーヒーをお願いしつつ、大満足な朝食タイムを過ごします。
笑顔がやっぱりまぶしくてステキ!!

そんなこんなで今回のステイも終了です。チェックアウトギリまでお部屋でごろごろして、コーヒーを飲んだりしつつ、幸せなひと時を過ごした私達。
また近々お邪魔したいなぁ…と思ったのは言うまでもありません。

ハイアットリージェンシー大阪さん、お世話になりましたーノシ


そういえば……。


楽天の懸賞サイトに、当たるわけないでしょwと思いながらも申し込みをしていた私。いろいろ気になるホテルがある+東京や大阪は普通に宿泊券が欲しいという観点から、自分の利に適うホテルが無料宿泊券の懸賞を出すたびに申し込んでいたのですが…。申し込み始めて3ヶ月。ついに…


当たっちゃいましたー!!!!!


正直当たる分けないと思っていたのが本当のところ。メルマガで当選者のイニシャルと県名を見ても、「似たような名前の人が当たったんやなぁ…」とか思っていた矢先…。
帰宅した私を待っていたPCメールに当選の文字がwwwwww

ウェスティン淡路のデラックスルーム一泊朝食付きプランがあたりましたーvvvv
うわーい。嬉しい、これはかなり嬉しい。

さっそく母に報告したところ、何故か行く気になっています。
あれ?一緒にいこうとか言ってないけど……まぁいいかw

そんなこんなで、やっとヘブンリーベッドを体感できそうです。

テーマ : 高級ホテル - ジャンル : 旅行

ヴィラフォンティーヌ汐留

ヘロヘロしつつもバリネタをしたため中。後4日分ぐらいアップしたら、漸くバリ記事にたどり着けます。長かった……(いろんなとこに行き過ぎですww)
そして800枚近くある写真の整理がなかなか出来ずに、ずるずるとバリ記事をどこにも掲載できていないという現実にしょんぼりしとりました。

でも…来週からそれも出来る!!!!
ジュリさんとのお約束が果たせる!(一ヶ月遅れだけど)と思っております。

今回はいろいろとチマチマ書いていきたいなぁ…と思い、一つずつの記事を丁寧に書いている(つもり)ですが…如何せん…私のやっていることなので、そこまで…丁寧でもないのかも。。

とか思っているうちに…木曜から韓国やんか!!!orz

すっかり再来週だと思い込んでいた私は、会社の男子に「ていうか来週やろ!」と突っ込まれましたwあは。どんだけ気が抜けているんだwww
そして再来週は同部署の女の子がイギリスへと旅立ちます。……ここは…オススメしておかないと!!と「ロンドン塔」と「ロンドンダンジョン」をゴリ押ししてみましたが、一蹴されましたwwww
なんでだろう…こんなにも私のお友達の間では人気があるスポットなのに…(是非行きたいと皆食いついてくれている)


ま。いいや(いいんかい)


というわけで、ちょうど二月前くらいの記事ですvv



執事喫茶とヴィラフォンティーヌ汐留

8月のお盆まっさかりに東京に遊びに行ってきました。
突然お泊りにしようぜー!!と決めたため、お盆を舐め腐っていた私達はホテル探しのオロオロ。泊まりたいと思っていた場所はホテル全室完売という笑える状態になっていましたw

そんな中、少し目線をずらしてみた場所、汐留にあるホテル、ヴィラフォンティーヌを見つけたわけです。いそいそと予約をし、一人7900円程度での宿泊となりました。

さて、この日は執事喫茶へご帰宅しようvvという予定になっていました。なのでとりあえず池袋にあるお屋敷へ向かいます。
2540.jpg

お久しぶりのご帰宅です。向かって右側のボックス席に通されましたvvここ、カーテンがあって可愛いんですよね。そして…よく執事さんやフットマンが覗いてくれます。

キングリア2は量が多くて食べるのが大変かとは思いますが…何にされますか?

キングリア2で!!

という会話に執事さんも失笑しつつ、チョイス。今日は牛タンのシチューでした。そしてデザートプレートは桃を基本としたもの。とっても可愛くて美味しい。

ある程度のお値段はしますが、普通に美味しいので問題はありません。寧ろ、他の店より美味しいと感じることもあったり…しますからwwww
時間は80分ですが、今回のフットマンはとってもトークが上手な人で、いろいろとお喋りをしてくれました。

テーブルの上をお皿だらけにしながらお料理を頂き、デザートも笑顔で終了。黒執事の田中さんのモデルになった藤堂さんにお見送りをしてもらいながらの出発です。この方が一番上手に送り出してくれると思う。今日は夏祭りだったwww


そんなこんなでスワロウテイルのケーキのお店、ホワイトローズへ移動します。
今日はホテルステイだし、このあともう熱くて面倒だからケーキ買ってホテルにいこうよ!!と相談。美味しそうなケーキの中からチョイスしてホテルへと移動。今日は汐留です。

汐留はアリス展のときに一度利用しましたが…若干駅で歩きますが便利なところ。ホテルはコンラッドホテルの前にあります。泊まりたいなぁ…とぼやくと「私は以前泊まった!」と友達。どんなんやったと聞いても、普通だけどーという役に立たない回答。
私がホテル好きと知っての狼藉かぁぁぁ(え)
泊まったならどこがよくて、どこがマイナスかを教えたまえ…。。
2541.jpg

とても高級感溢れるアプローチです。ビジホだけどw
チェックインをお願いし、カードキーを受け取り、朝食などの説明を受けます。そうなんです、このホテル、追加料金払わなくても朝食がついてくるんですV

お部屋
2543.jpg

ベッド
2545.jpg


窓辺にあるテーブル。
2542.jpg

この椅子がとっても便利でした。
テレビはリモコンとの戦いだった…(つまり分かりにくかったらしい←使い方を読まない人たち)

シックな内装がとても落ち着きます。
2550.jpg

ベッドの上に、ナイトシャツが置かれています。


無料のお茶など。
2546.jpg

ドリップ式のコーヒーがあるー!!!
2551.jpg

カップやグラスも充実しています。


クローゼット

スリッパは消毒してあるらしいですよー。

バスルーム
2547.jpg

2548.jpg

かなり豊富です。


ドライヤーはマイナスイオンが出る子!!これはありがたい!
2549.jpg


サイドテーブル
2544.jpg

電気とも戦いました(だから……←)

コーヒーはなんと!!!オリジナル!!


お夕飯を食べるためにお外をお散歩。ビルの隙間の空がとても綺麗。
2552.jpg


らぐべべも一緒に来ています。
2553.jpg


超ロングエスカレーター。
2554.jpg

そういえば、ここオフィスビルなのですが、ファミリーマートが若干普通のところと違った。
いろいろと違ったのだけど、一番違ったのは…


どどどんっと並んだヘルシア(四種類ぐらいが一番手の取りやすい位置に配置)
栄養ドリンクの種類の多さ。
サンドイッチなどの充実した内容。

果てはシャツや下着までそろう始末…みんなお仕事大変なのね(ほろり)


さて、ホテルに戻ってからはお酒とケーキの時間です。
シャンパンないかとしょんぼりしていたのですが、ファミマでげとwwww甘めで美味しかった。
2555.jpg


ホワイトローズのケーキです。
2556.jpg

遠夜(執事さんご推奨ケーキ)とショートケーキ、桃のジュレをチョイス。
2557.jpg

丁寧に扱っていたはずですけれども、蝶がばきっと壊れてしまっていたので、生クリームで補正。
2558.jpg


甘さにきつくなく、本当に美味しくいただけます。スプーンやフォークをつけてくれるのも嬉しいところです。

ですが…お土産に買ったこちらラスク。
2573.jpg

…これは油戻りしていて、本当にまずくてびっくりしました。名にこれ油臭い(涙)という状態にどん引きです。
あたりはずれがあるのかも…


さて朝食タイムです。
無料の朝食だからまったく期待をしていなかったのですが…
2559.jpg

まさかの大満足ー!!!

バランスよく朝食をいただけます。ご飯にお味噌汁までありましたが…何より特筆すべきはパン!!
手作りデニッシュ超美味です!!これはマジオススメ!!




というわけで、確実再訪するであろうホテルの一つになりました。ちょっと帝都で(しかも海のほうで)予定があるときは、がっつりここをチョイスしたいところです!!!

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

久々お仕事とホテル龍名館

久々お仕事で超絶グロッキーです。
帰宅してみると、母が満面の笑みでPS3を稼動させていましたww楽しそうだな、おい。


ホテル龍名館 2010.11.11

ホテル記事は続きからー

続きを読む »

テーマ : 国内ホテル情報 - ジャンル : 旅行

レーザープリンターとホテル龍名館@朝食

レーザープリンターが欲しくて、とりあえず電気屋さんをうろついてきました。結果、欲しい機種は生産中止☆残る望みはネットのお店。(もともとネットに頼る予定でしたが…)現在在庫確認中なのですが…どうなのかしら…あるといいな…(そして中古ならオクに出ていることが判明…しかしどれだけ使ったかが書かれておらず、「綺麗です!」とか伝わるかwwwと突っ込んでしまった)


さて続きはホテルのうまうま朝食ですv

20101112_1.jpg

続きを読む »

テーマ : 国内ホテル情報 - ジャンル : 旅行

ウエスティン淡路にお泊りするぞw

ウエスティン淡路にお泊りお泊り!! 2010.12.05

今回、バリに旅立つ寸前に届いたプレゼントのお知らせ…それが…


ウエスティンホテル淡路に二名様朝食付きでご招待!!
20101205_45.jpg


というすんばらしいものでした。いやまさか当たるなんて思っていなかった@懸賞

とうわけでそんなウエウティン淡路を紹介。


続きからどぞー!

続きを読む »

テーマ : 国内ホテル情報 - ジャンル : 旅行

ウエスティン淡路ホテル@朝食

リッツカールトンへ週明けに行ってきました!!私の中でやっぱり一番のホテル!ということを再確認。素晴らしいホテルだなぁ…と思い返してにやにやしている状態です…vv

20101206_24.jpg

続きを読む »

テーマ : 国内ホテル情報 - ジャンル : 旅行

プロフィール

蒼

Author:蒼
食べることと飲むこと、ホテルステイと旅行が大好きなラルヲタです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者様
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード