松半

記念すべき第一日目のお店は…
地元でかなり美味だと信じている懐石料理屋さんですv

「松半」

三重県四日市市の鵜の森にあります。
HPもないお店なので…どこまで詳細を掲載していいのかと悩むところですが…
とりあえずは上記の名前を入力して「検索~♪」としたら確実ヒットします。

ランチはお弁当で2.500円
懐石をお願いすると、5.000円~でお料理を出してくれます。

夜はお任せの懐石のみ。
7.000円~ですが、味、雰囲気、大将の人柄全てを楽しんでこのお値段は安すぎーvvと思ってしまいますv



会社の人と頂きに行くことが多々ですが、ときどき…お邪魔するとほっと安心できるお店vです。

先日お邪魔した時のお料理~

一品目
一品目

前菜。本当はここにそら豆がちょこんと安置されていたのですが…ワタクシちょっぴりあの青い子が苦手なために、大将に「苦手なものは~?」と聞かれた際(勿論大将と話すためにカウンターゲットです)…お断りしていました。…いや、食べられるんですが、ちょっと苦手っこなんですよ…ソラマメ…(涙)

とろとろの柔らか湯葉の上ににこごり、そして雲丹とミョウガ+たまねぎ(水にしっかりとさらしてあるため、辛味も癖もありません)が乗っていました。そしてプラスそら豆。
春の香りを本来ならば楽しむところなのですが…ご…ごめ…(涙)という状態です…。
雲丹の臭みも勿論なく、あっさりとしたにこごりも絶品。下の上でとろーんとそれぞれの食材が溶け合ってくれて、本当においしかったですvv

二品目
二品目

盛り合わせvv
左から
市松の小皿:足長タコの煮付け
お魚の小皿:ホタルイカ(上に乗ってるのは大根おろし)
九谷焼の小皿:ヨモギ豆腐
真ん中のガラスの器:こんにゃくとキノコの白和え
ミョウガのお寿司
アイナメのから揚げ

アイナメはおなかの部分のちょこっと骨が多いところをからっと揚げてくれていて、捨てるとこないですよね~vvと大将とおしゃべりしながらもぐもぐ。
どれもお酒に合うもので、ビールも進んだのですが、何より…味が薄味で最後まで目で舌で楽しみながら食べる一品です。
大好きだー!!と思ったのは、ミョウガのお寿司。
甘くつけてあるミョウガに独特のクセはなく、米と絶妙なハーモニーvv幸せになってとろけそうでした。
白和えは少し甘めで、これがまた絶妙。
ヨモギのお豆腐はもっちりしていて上にかかっていた味噌との相性完璧でしたvv

三品目
三品目

アイナメの椀物。先ほどのカラアゲになった本体がここに!!
骨も一つもなく、丁寧なお仕事に感涙。ジュンサイが一緒に入っているのですが、小ぶりのジュンサイがぷるんぷるんしていて、食感とともに、味わって食べることができます。
油っこくなく、さっぱりとしているのにコクがあるという……もー最高!!という一品(涙)
どれ食べても本当においしいんですvv

四品目
四品目

お刺身~
カツオとヨコワです。
わさびは勿論お店で摩り下ろしてくれているとっても香りの良いもの。それにシソの花の部分(お箸でこそいで食べますvv)ぼうふうが付け合せに。
香りのものが大好きなので、カツオの独特の生臭さが気にならずに食べられます。(ちょっとカツオ苦手なんです…)ヨコワわ…ちょっぴり厚めに切られていて、ぷるんぷるんと歯ごたえもしっかりしているお魚でした。ぼうふうの独特のちょっと苦味のあるおいしさもたまらなかったですv

五品目
五品目

マスの木の芽焼き!
私木の芽キライ!!!と思っているのですが(でも山椒はすりつぶしてあると好きです…)この木の芽、とってもいい感じにマスに味付けてくれていました。というか寧ろこの木の芽がないと一味も二味も足りない焼き魚になっていたかもしれないのです…。大将の優しい笑顔とともに「木の芽焼き」と言われた時は少々どうしようかと視線が惑ったりもしたのですが、…そんな不安も一瞬にして回避!
濃厚な味のマスにいい風味を加えてくれています。
そして手前に付け合せてあるのが、山椒の風味のきいた海苔。これをつけながら頂くと………美味でしたー。

六品目
六品目

「もうおなかいっぱいになってきましたか?無理そうやったら言うてくださいね~」といってくれる中、出てきた椀物vv
こここここここれはぁぁぁっ…!!
蟹のあんかけ…と言われましたが…ホタテのしんじょうがふわふわと柔らかく、蕪と共に頂くともうほっこりとして自然と笑顔が…
なんというか別腹です。
正直いくらでもここのお料理だったら入ります!!(力説)という感じで…
もう一口欲しいなぁ…と思ってしまうくらいに美味で、ぺろりと平らげ、一滴もあんを残しませんでしたとも。

七品目
七品目

「ちょっとイタリアン風やで~v」という一言で出てきた、和風カルパッチョ(笑)タコと胡瓜。前菜に使われたたまねぎとミョウガ。そしてオリーブオイルと黒胡椒とちょっぴりお酢でさっぱりと味付け。
さわやかで、これまた今までとは違う雰囲気でぺろりと平らげましたvv

本当はこの後お蕎麦が入る予定だったのですが、ちょっとギブアップ(苦笑)←あきらか食べすぎ。

そんなこんなで別腹のデザートに。

八品目
八品目

スイカです。しかも寒天が崩してありまして、それをさらっとかけてあります。あまりにおいしそうで写真撮る前に一口食べてしまって…あ……(・∀・;)となりました…はは。
スイカ大好きなの~vvと言うているとあらあらもう一品…

九品目
九品目

「これはサービスやでvv」とステキスマイルと共に出してもらえた一品vv
ああん、これだからカウンターって大好きです。女将も大将もいっぱいおしゃべりしてくれるしvv
こちら、シロハナマメの羊羹です(お手製)
甘すぎない絶妙な甘さの一品。お茶も飲まずにペロリと平らげちゃえます。
羊羹って甘いと辛いものくれー!我は辛いものを求むー!!
となるんですけれども、そうなる間も無く胃袋へとお引越ししていきました。

で、ほうじ茶が出て終了。


なんといいますか…これだけの食材+味付け+見た目を楽しむことが出来る+大将の人柄……………ではオツリが出ちゃうくらいに堪能することのできるお値段かと思いますーvv
ここはまた行きたい!と切に願ってしまうお気に入りのお店の一つですね。

松半さん、ごちそうさまでしたーvv
スポンサーサイト

テーマ : +お外でごはん+ - ジャンル : グルメ

豚々

麺's shop 豚々

三重県鈴鹿市道白にあるお店。
名前のとおり、とんこつのラーメンがメインです。
店長さんがちょっとお出かけしちゃったり、気に入ったスープができなかったりするとお店が開いてくれないというトコロ。
何度かお店の前に行っては食べることが出来ずに悲しくなったりしてしまうのですけれども、そんな中開いていると更においしく感じたり。
いや、そんなことを感じなくてもおいしいんですけれどもvv

本日のラーメンは…

11

ネギラーメン。
白髭ネギと青いネギがたっぷり+チャーシューとひき肉が入った一品。
お値段850円也。
醤油のさっぱりとした味わいと、それなのにしっかりとコクのあるステキなラーメンです。
さらさらさらーっとあっという間に食べて、おなかいっぱいvvとなります。

友達は普通のとんこつラーメン(650円)を食べていたのですが、こちらもとっても食べやすくて…あっという間にからっぽになっていました(一口くれよ…)

そして付け合せにもう一品。
10

揚げ餃子。
ここの餃子、水餃子と揚げ餃子と二種類なのですが…どちらもおいしくてvv
特にお気に入りは、揚げ餃子。
からっと揚げた餃子に甘辛いタレがかけてあります。
そしてにんにくとネギ!!
翌日仕事だと食べることができないのですが…土曜日ならば大丈夫v

会員登録などもしていたりしますvv(詳細は今から調べる予定…)

豚々さん、ごちそうさまでしたー♪

テーマ : +お外でごはん+ - ジャンル : グルメ

プロフィール

蒼

Author:蒼
食べることと飲むこと、ホテルステイと旅行が大好きなラルヲタです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者様
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード