金比羅さんとお夕飯

さて…もううどんも限界に近かったので、ちょっと観光でもしようよという話になりました。さすがに炭水化物しか朝から摂取していない身体に恐怖を覚えます。で、「こんぴらさんを覗きに行こうよー」と当初予定にさえ入っていなかったこんぴらさんへと向かうことになりました。


適当な駐車場に停めると、案外高い金額を言われまして…(これははずれか否か…)おみやげを2000円以上購入したら駐車場代タダとか言われました。実際買うものないくらいしょぼい店だったので、普通に料金払ってきましたが。
そして…ふらふらと参道へと向かいます。でも上る気はありません。あくまでもお土産を見ようよー!とふらふら。するとそこで出会ったのは…

2269.jpg

おいりソフトー!!!
か…可愛いvvvvvv

和三盆とおしょうゆのソフトクリームにおいりせんべいがまぶしてあります。これは食べたい。食べてみたい。ウズウズ。
「ふ…二人で一個なら大丈夫だよねw」
お決まりのパターンになりつつある逃げ道。
そんなこんなで購入。


うんまー!!!
しょうゆはみたらしみたいではありましたが、ちょっと濃厚すぎて、後半は死亡しそうになります。ですが、和三盆の美味さはヤバイ!!
程よい甘さににっこりしながら(最後は若いんだからwwwwwとJに押し付け風)食べ終えた後、気付く現実。


「ちょ…うちら…カロリー消費のために来てんのに、実際カロリー摂取してへんか?」
「うわーこれはマズイやろー」
「……ちょこっと…行ってみる?」
「さわりだけでも…」
 となりまして、いざこんぴらさんの参道へ。
 お店がいっぱいある中、最初の階段でその先を見つめて呆然とします。
 ……遠い。
 するとお店のおばちゃんが声をかけてきました。
「あんたたち、ここは商店街だから、山門まで行かなきゃだめだよ!!山門さえくぐったらちゃんとおまいりしたことになるから」
 あ。そうなんだー
「でも、ここの階段が一番しんどくて、山門超えたら緩やかだから…ちょっと今からがんばりなさい」
 あ。なるほど。
「杖かしてあげるから。帰りに何か一つ買ってくれたらいいよ」
 wwwwwwwww
 とりあえず杖を貸してもらい、上り始めてみる。
 なるほど、たくさんの人たちが苦行を行っている。しかもお店のおばちゃんいわく「ここは23段目」ということはまだまだ先は恐ろしいくらいに長く遠い。
 いやでも今日の炭水化物+甘味摂取量は明らかに許容量をオーバーしている。だからこそ…

 がんばれ私たち!!(上る目的を間違えています)


 そんなこんなで調子よく登り始めたのですが、実際階段がけっこうきつい。でも商店街を抜けないと…と取り合えずはがんばって上っていきます。Jの足取りの軽さは若さよね。私の足取りもまぁボチボチ(これは日ごろ歩いたり若干デブ防止作業をしているため)Eはちょっと体力なさげだけどそれでも元気。問題は



「ちょwwwwwwwwS!!あんたがんばんなよ!!」
 一人スピードダウンし始めている人がいます。いやでも大丈夫、やれば出来る子。そんなはず…。
 よろよろしつつも四人全員が到着。ちょっぴり休憩をしてみます。

2270.jpg
 
 すると山門の中はおばちゃんが言うてた通りの若干緩やかな階段が…。

2271.jpg


2272.jpg

 こ…これならいける(ここで大きな勘違い)


 そう頷きあった私たちは、もう少し上ろうよとノリの良さを発揮しながら登る予定のなかったこんぴらさんをヒールで上っていくわけです。
 そして気付く現実。


 …………何か…また山道険しなってへんか?

2273.jpg


 階段が突然……急傾斜に。そして段数が狭まり、商店街と同じくらいに変化。

 ちょ…おばちゃんwwwwwww

 そんなことを思いつつもここまでくると意地。
 必死に登り、うわー到着したー!!!!
 と薄暗い中に聳える建屋にきゃっきゃする。が。

「…なぁ…なんか右手側に人の流れがあらへんか?」
「…ほ……ほんまや……」
「これは……」
「まだ先があるorz」


となっていると軽快に降りてきたおじいちゃんに「もうあとちょっとや!頑張りなさい!!」

と勇気付けられましたとも。どんなよ。どんな。


で、ここからは必死になって上ったわけですが。
そんな中死相を浮かべている人が若干一名。


「つ…杖がもう一つ欲しい」

といいながら手すりと杖のダブルで身体を支えて上っていらっしゃるwやっぱり三十越えるとあかんのか。(違うと思いますよー)


漸く到着したときの達成感は言い表すことはできないぐらいの感動。そして爽快感!!!!
2274.jpg


無駄に高いお守りセットと母のお守りを購入し、ご満悦。
そのまま高松へと戻ることになりました。


後日談ですが…
「君さぁ…こんぴらさんにおったやろ?」
と会社で別部署の上司に声をかけられたのはここだけの話。
「四人ぐらいの女の子で日傘差しながら…」
あ……ああああああああのそれ明らかに私たち。


悪いことはお外ではできないよねwwと世界の狭さを実感したのは言うまでもない。そして…それ以降

「なぁなぁこんぴらさん」
と呼ばれている状態です。
ちょwwwwwそれを名前にしないでwwwwww
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

讃岐の夜ともり家のもりもりうどん。

と…とりあえず………


バリ島行ってきま!!


9/7-9/14の予定ですvv
帰国したらガッツリ日記を書くとは思うのですけれども…とりあえず南国で何もしない幸せを体感してきますvvv
おいしいものいっぱい食べるぞー!!!JALってのが解せないけど、まぁそれも仕方がないことだと思いつつ。


そんなこんなで過去日記ですv


讃岐の夜

2277.jpg

ご飯食べにホテルに荷物を置いてふらふらしまして…。で、私鉄?ローカルな電車に乗車しましたwwww
切符を昔ながらの道具で穴開けてくれるんですvv
2278.jpg

何これー超可愛いー!と興奮していると、駅員さんがニコニコ…そりゃ…そうですよね(笑)
2279.jpg

下車した駅までは二駅ほど。のんびりとした電車内でまったりしつつ、終電の時間だけをきちんと確認後、商店街へと移動。
この商店街がかなり碁盤の目のような感じになっていて、とても綺麗なんです。


まずお邪魔したのは、和菓子屋さん。
2299.jpg

和三盆のお菓子が欲しくて、ゲトしに行きました。
昔ながらの和菓子屋さんで、おじいさんが一人で対応してくれました。お菓子は…
上品とまではいかないのですが、お抹茶が欲しくなるほど良い舌触りと甘みのお菓子。幸せになれますvv

そしてクーポンを握り締めてウロウロ。
二軒めぼしをつけていたのですが、一軒目は外に人が出るくらいの盛況ぶり。これは入れないw
おなかが空いて死にそうなのwwwww

というわけでもう一軒へと行くと…奥まった場所にあるからか…ちょっと大丈夫?というくらいに空いてます。二組ほどお客さんはいらっしゃいましたけど。で、そのまま着席。
しかしメニューの安さにびっくり。
お刺身や焼き魚、鶏肉などをガンガン頼んでいるうちに、ちょっと値段が心配になってきました。
鶏肉の腿、1500円て書いてある…。

これを二本頼んでいた私達、吉と出るか狂とでえるか………(笑)


と一瞬よぎりましたけど、楽しいごはんの時間は進みます。
2280.jpg

お魚も新鮮、揚げ物も揚げたて!締めのお味噌汁も具沢山で大満足…お酒も進みます。
タコのてんぷら
2281.jpg

おあげ
2282.jpg

焼き魚
2283.jpg


さぬきコーチン
2284.jpg

アラ汁
2285.jpg

他にもお刺身とか揚げ物とかいろいろチョイス。

その結果……四人で10000円くらいという驚異的な安さでおなか一杯食べることができましたvvvv
え。ちょ。2500円て!とびっくり(笑)←だってチキンだけで3000円。

2286.jpg


他がどれだけ安いんだwと突っ込んだのは言うまでもなく、そして…さらには20%オフクーポンの威力の大きさに脱帽でした。

帰りに電車に乗り込むのに時間ギリだったため、慌てていると、これを下りるところで渡してくれと清算書をくれましたvv
何このローカルな優しさ!!

2287.jpg


この日はおとなしくお部屋へと帰り……。

翌日、もり家へと一路向かいます。…その前に有名な公園に行ってみる?となったのですが、駐車場がまさかの満車で諦めてみたりとか…。


到着。
2288.jpg

こうやって並ぶの、この旅では初めてです。

お水
2289.jpg

お持ち帰りもできますv
2290.jpg


うどんなので回転が速いのですが、それでもちょっぴり待ちました。でも待つのを苦にさせない画像やメニューに助けられ、先に何を注文するかを聞いてくれるので、中に入ったらすぐに食べられるというシステム。ありがたい限りです。
2291.jpg

2292.jpg

天カスはご自由に
2293.jpg


もりもりうどん
2294.jpg


かきあげうどん
2295.jpg


かまたま
2296.jpg


ぶっかけ
2297.jpg


おうどんがキラキラしています。マジおいしくて、びっくりしまくり!!量もすごくて…そしておうどんのコシが他のお店とは違うという…。
このお店は会社の麺好き男子のイチオシだったのですが…

「製麺所とかはお店やないねん。お店を構えて、そこが流行るお店が一番うまいんやー……って、四国出身の会社の人のお父さんが言うてました…」


とのことで。その言葉に偽りなし。
美味い店は地元の人に聞け!ってことですよね!!??(笑)
2298.jpg

もうこのお店があるなら、ここだけでいい!とか思えるくらいの衝撃のうまさでした。
しかし若干かきあげがでかすぎで…麺が見えない状態に苦笑。四人がかりでも食べるのが大変でした。ええ。

ガッツリお土産を購入したのはここです。生麺の日持ちが少ないということで泣く泣く諦め、日持ちをする麺を持ち帰ったのですが、これもかなり美味。

後日おうどんパーティーしたのですけれども、満面の笑みでした!!


さてその後は…おみやげを求めてうろついてみたりしつつ、高松へ一度戻り、昨日食べたかったのに食べられなかった抹茶アイスを食べに行きました。
2300.jpg

2301.jpg

色がっ若干違います。
2302.jpg

新しいのと古いのを出されたらしく、風味も色もまったく違うという。これいかに…!!という状態でした。でもまぁいいや。二度と買わないから(毒)

途中にあったすごい名前のお店ww
2303.jpg


さて、徳島ラーメンを食べて締めのつもりだったのですが、まさかのギリギリの時間のために諦め、滑り込みでレンタカーを返します。ちょっぴり余裕があるから、とトイレ休憩をしたりしているところで…


あ…あれ?何かおかしいんだけど…。


デジカメで撮影しようとすると、若干黒いフレームが見えてきます。……ん?なんぞ?

確認するとまさかの……レンズカバーが開かない件。


ちょ。おま。先週くらいに届いた新品やないのー!!
と焦るも直らず(涙)
しょんぼりとする私に振り回される周囲。すみません。ほんと…
で、みんなで行きに下ろしてくればバス停で待ってたのですが…

待てどくらせどバスがこない。ちょっとこれはおかしくない?

確かめてみる。
時刻表もある。大丈夫。

でもやっぱりおかしくない?

発車二分前にやっぱりおかしいと気付き、親友がお店に尋ねに行くと…

「やばいよー蒼ー!!!道路挟んだ向こう側やって!!!!」
と。そこで慌ててダッシュ。全員が重いカートを引き(内一人は750のお酒を二本詰めていました)ダッシュ。四車線道路を乗り越えるのは…横断歩道ではなくて(涙)
しかし見えるのは私達が乗る予定のバス。
というわけでダッシュにダッシュを重ねた結果…見えていたであろう私達を振り切るようにバス出発です。


ああああああああああああああ。ちょ。待って!!!


というも、時すでに遅し。
そんなこんなでバス会社に連絡。
無理です。とりあえずネットの会社に電話して。
電話するが、会社お休み。
無理です。もう一度腹って下さい。

の繰り返しが暫く続きます。
お願い、バスに乗せて(涙)


ここで親友の営業力が発揮され、結果的には…次のバスに乗せていただけたのですけれども…。このときはさすがに……親友に何かを食わせなければとひとえに思いましたw(で、隣にあったローソンでアイスをとりあえず購入。S。Eにお礼の品をちゃんと進呈せぇや!@私信)

そんなこんなでドタバタなうちらの旅行も漸く最後となりました。うーん。


最後までドタバタ騒ぎでJちゃんには申し訳ないと思いつつも…これにこりず、またうちらと遊んでやってねwwww

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

プロフィール

蒼

Author:蒼
食べることと飲むこと、ホテルステイと旅行が大好きなラルヲタです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者様
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード