スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラ レゾン 大阪でステイ

ふと車の助手席に座っているときに気になった風景。
…………中学校のプールにすべりだいが!!!!
え…これ普通なの?マジ?となったのは言うまでもなく。
1-18.jpg


続きにおおさかステイです。

ラ レゾン 大阪 http://la-raison.com/
20160916-18大阪から名古屋へ

いつものHと今回は大阪のワイン会へいこう!となりまして、ホテルを取りました。しかし最近ホテルがない。どこにも手頃なのがない。
某A○Aさんとか、その平米でその値段とか本気か!!!!!!??????となるレベルですし、世の中三連休のためにビジホでも強気なお値段。梅田駅近くの所で一泊12000素泊まりをげっとしたのですが、結局宿泊先を変更しました。

HOTEL LA RAISON osaka
今年8月にオープンしたばかりのホテルです。
20160916_1.jpg

一泊朝食付きで10500円を見つけまして、即予約変更です。
ラ レゾン大阪はインテックスの目の前。本当に目の前にあります。隣はハイアット。もともとオフィスビルだった建物を改築しホテルにしています。
最寄駅は中ふ頭。
雨が降っていたら濡れてしまいますが、歩いて数分です。

国産を謳うホテル、どんな感じなのでしょう。
ワインはまるきワイナリーさんから、沖縄の農場や、北海道のワイン畑との連携。そしてもともとが山梨で旅館業をやっているという会社が立ち上げたホテルになります。


チェックインの際に、冷やしあめとおしぼりが。
20160916_2.jpg

前金制です。
つまりビジネスホテルと同じですね。面倒なくて楽ちんなのでいいと思うのです。
お部屋は少し広いお部屋にしましたよ!と。なんとーそういうサービス大好きです!
その後、エレベーターホールまでは連れて行ってもらえます。
なかなかに迷子になりそうな作りですので、これはありがたかった。

ちなみに、3階にはビリヤード台や卓球があるらしく、そこんとこ旅館!と思いました。

さてお部屋へ行きましょう。
エレベーターは三基あり、待つことでのストレスはたまりませんでした。すぐにくる!
20160916_3.jpg

お部屋は614
20160916_4.jpg

ドアを開いた瞬間の感想。
「長っ」
そうです。縦に長い40平米越え。
これは広い。
後々聞いた話によると、オフィスの真ん中の通路を残し、窓の形状をベースに部屋にしたと。
結果うなぎのねどこに。
20160916_5.jpg

ベッドは硬めのコイルマット。これがとても寝心地が良くて、驚きでした。
20160916_6.jpg

こんなに長いwww
20160916_7.jpg

そしてベッドサイド。
ハイクラスだと残念ながら見当たらないコンセントが枕元に二つも!これはありがたいです。
20160916_8.jpg

ソファーはHが占拠し、座った記憶がありません。
20160916_9.jpg

お茶うけとお茶は…なななななんとマリアージュフレール。
20160916_10.jpg

マルコポーロでした。
これは初めてだなあ…と。
20160916_11.jpg

焼き菓子まで!!これ美味しくて思わず購入してしまいましたから。
20160916_12.jpg

テレビと常設の加湿器。
20160916_13.jpg

デスク
シンプルですがとても使い勝手がいい。
20160916_14.jpg

壁の絵も可愛いんです。

20160916_15.jpg
このさらっとしたタッチがたまりません。
20160916_16.jpg

冷蔵庫は空っぽ。しっかりとひえています。

20160916_17.jpg
コーヒーはドリップ式。これもありがたい。そして緑茶がありました。
20160916_18.jpg

ティファールと水入れ
20160916_19.jpg

グラスは二種類。
20160916_20.jpg

売店のお値段も吊り上げられていないので、求めやすいですね!
20160916_21.jpg

アクセサリーケースもあります。
20160916_22.jpg

お水は一人一本ずつ無料。
20160916_23.jpg

バスルームを見てみましょう。
とても広くて機能的です。

20160916_24.jpg
グラス
20160916_25.jpg

入浴剤はワインの香り。お風呂に居れたら殺害現場か!!って色で笑いましたけど、とってもいい香りです。
20160916_26.jpg

アメニティーボックスには、コットンやめん棒、クシなどがありました。
20160916_27.jpg

シャワージェルなどはフランスの銘柄
20160916_28.jpg

大きなバスタブです。
20160916_29.jpg

広さはシャングリラくらいある!!これは素晴らしい。
洗い場もあって、バスタイムが楽しみなお部屋ですね。

シャワーはレインシャワーと可動式。
20160916_30.jpg

ハイクラス以上のバスルームです。
椅子があるともっとベストですかね。

トイレも勿論セパレート。
これは、やはりありかたいですよね。お風呂入ってる時トイレいけないとかないですから。
20160916_31.jpg

スリッパとナイトウェア。
パジャマだと嬉しいけど、高望みはしません。
20160916_32.jpg

定期的にバスがでています。時間が合えばとっても便利。
20160916_33.jpg

バスの中でいろいろなお話を聞くことが出来ました。
このバスをボンネットバスにしたんだ!とかおすすめの朝ごはんのオムレツはきつねうどんだとか!!!
なんだろう、どうしてこんなにおじさんくわしいの?つてくらいにホテルのことを詳細までご存じで、このホテルが細部にわたるまで皆で作り上げようとしているんだなあ…ということをまざまざと感じました。

その後ル ミディヘ。
しかし時間が少しあったので近くのカフェでコーヒーを頂いたのですが…マジアメリカン…。ブレンド頼んだのですけど、アメリカン以上に違いアメリカンでした。まずくて飲めず。

さて来店です。
いつもならば設置してあるピアノやカウンターも撤去され、満席の様子。

紙大好きなのですが、キラビキの厚めの紙に箔押しまでしてあるメニューに驚きを隠せず。
20160916_34.jpg

グリッシーニとホイップバター
20160916_35.jpg

ホイップバターのうまさに驚きをかくせませんでした。もうこのふわっふわのバター販売してほしい。…というか普通に出してほしい。いろんなお店で。
グリッシーニは香草が利いていて、とてもおいしいです。固さも食べやすい状態でした。

最初のお酒はカンパリオレンジ
20160916_36.jpg

桃のコンフィが入っているそうですが、やはり苦味が強いてすね。
飲みやすいですが、前のウォッカベースのが飲みやすかったなあ。
席はソファー席。隅っこだったために、ちょっと不安を感じます。

白はこちらです。
20160916_37.jpg

綺麗な色です。
20160916_38.jpg

前菜
20160916_39.jpg

一番下は、里芋のムース状のもの。その上にポルチーニのジュレ。更にアマダイやエビ、野菜やムール貝、イカなどをそれぞれの調理法で味付けをしたものを盛り付け、上にカボスのジュレをのせてあります。
20160916_40.jpg

酸味甘味塩味等いろいろな味が口の中で広がり、間違いなくおいしいです。
そしてここいらでお替りに来ていただけないことに気付きます。檀上から見下ろしている状態なのですが、他の方のところにはいかれるけど、こちらは見ていない様子…。うーん残念。少し待ったのですが、呼ぶことで漸く来ていただけました。
でもなあ…もう少し見てもいいと思うし、この待ってしまったばかりに残念な状態にこの後なります。

次のワインはこちらです。
20160916_41.jpg

少し独特な風味があるのですが、飲みやすくておいしい。
20160916_42.jpg

兎のお肉のラグーソースです。
20160916_43.jpg

上にはヨーグルト、そしてペコリーノチーズがかけてあります。
羊の独特の風味がしますが、とてもおいしい。パスタペロリと早々になくなる感じです。
パスタはいつもの卵で作った麺なのですが、それを幅広にしてあり、ソースを絡めやすくしてありました。
20160916_44.jpg

さて、白のワインも早々にグラスが下げられまして、次のワインは渾身の赤と聞いています。しかし…ワインがこない。
他のお客さんのところには、ワインどころかお肉料理まで届いています。が、とどかない。
たぶんですが……副支配人さんがきてくれようとしているのを察知して、他の方が来てくれなかった…て感じかな…とは思うのだけど、如何せん。やはりドリンクの進み具合の確認はしていただきたかった。他の方がお替りもらっているのに、うちらのところには誰も注ぎにきてくれないんです。これはかなしい。…それに寂しい……。

漸く注ぎにきてくれましたけど、気分ななめ下がりですよね…本当に…うう;;;;

お肉料理
20160916_45.jpg

奥にはキノコのグラタンとラタトゥイユ
しっかりとした濃厚なソースと柔らかいお肉でした。しかし残念な気持ちで頂いているので、お味の特徴もあまり覚えていないという。やはり…なんという・‥うん。
ちょっと今回は期待外れなんですよね…期待しすぎちゃつてたのかもしれないけど。

さて、気を取り直して、デザートワインです。
20160916_46.jpg

ポートワインの赤。
濃厚なお味です。
20160916_47.jpg

デザートは……
キャラメルのアイスとマカロン、チョコレートで煮込んだ洋ナシ。どれも間違いなくおいしい。ポートワインのお味を引き立ててくれるというか、相乗効果。
20160916_48.jpg

綺麗な造形です。

食後のコーヒー
栗のムースはコーヒーをティースプーンでかけてアフォガード風に
抹茶のビスコッティとヨコを挟んだクッキーでした。
おいしいです。
20160916_49.jpg

20160916_50.jpg

しかしなんだかいろいろ残念だったので、とりあえず次回からは普通のタイミングで、食べたいものを食べに伺いたいと思います!人数が多すぎるのも問題ありですね;;

というわけで、電車乗り継いでホテルヘ。
これが面倒です。本当に…。この乗り継ぎさえなければ…と思わざるを得ないです。
20160916_51.jpg

というわけでフロント前の空間。オシャレで可愛いです。
20160916_52.jpg

お花もとても綺麗に飾られています。
20160916_53.jpg

フロントはこんな感じです。
夜でも三人の男性スタッフの方がいらっしゃったので、安心して使えますね!
20160916_54.jpg

チェックインの時に、ワインのテイスティングチケットを頂けていたので、お邪魔することに。
まるきワインさんのが飲めるのかな…とレストランの横に併設されているバーラウンジヘ。
ちなみにこのラウンジ、ティータイムですと、マリアージュフレールのお紅茶が600円でいただけるんです。なんと破格!!!!

赤白とうちなんちゅのアセロラ・パッションフルーツ・マンゴー・パイナップルがありました。
20160916_55.jpg

自分で注ごうとすると、大丈夫!こっちきてください!とバーテンさんに呼ばれまして。
20160916_56.jpg

どんな感じでテイスティングできるのかなって思ったら…まさかの飲み放題wwwwお好きなものをお好きなだけ…のスタンスにただただ驚くばかり…!!
20160916_57.jpg

そんなこんなで結構いろいろ頂いて(全種類)お部屋へ戻ることになりました。

だいぶいい感じに出来上がっておりまして、そのままおやすみなさいベッドをしてしまいました。いやあ寝心地が良かった!実によかった!!


というわけで早朝に目覚めてお風呂のんびりタイムをした後に、再び眠り、朝食です。

レストランは明るく、とても清潔。スタッフさんもにこやかに出迎えてくれますし、何より客数が少ない十サービスが十分すぎるほど行き届いている。たぶん朝はユニバ目当ての方も多いと思うんですよね。なのでのんびりめの朝食です。
ジュース
オレンジ トマト リンゴ 野菜…といろいろあります。
20160917_1.jpg

なんとおしゃれな!!
20160917_2.jpg

奥からトマトノジュレ、ビシソワース、パプリカとマンゴーのムース
20160917_3.jpg

サーモンやチーズなどはこちらから。キッシュもあります。
20160917_4.jpg

こちらはサラダコーナー。
とっても豊富です!とスタッフの方に前日伺っていたので楽しみにしていたのですが……。

想像以上の12種類。このどれもがおいしくて、食べ過ぎてしまいます。
20160917_5.jpg

牛乳や豆乳

20160917_6.jpg
フルーツも種類が多いですし、とりあえず空っぽのものがない。
20160917_7.jpg

こちらは和食コーナー
いろいろありました。

20160917_8.jpg
パン
20160917_9.jpg

デザート
20160917_10.jpg

ケーキもあります。しかも可愛らしいサイズですし、食べやすい。
クグロフもありましたので、お土産にする前に一口味見…ができます。
20160917_11.jpg

お米はななつぼし
20160917_12.jpg

そして十穀米
20160917_13.jpg

朝からカレーも頂けるスタイル。
おかゆもありました。
20160917_14.jpg

そしてトン汁。
20160917_15.jpg

コーンスープ。
20160917_16.jpg

オムレツは九種類。見覚えのないものがございます。
きつねうどんと、南仏野菜をチョイス。
20160917_17.jpg

ホットミールには…チキンのロティ(絶品)
20160917_18.jpg

20160917_19.jpg
ブタのリブ
20160917_20.jpg


ココット系のもの
20160917_21.jpg

ローストビーフ丼
20160917_22.jpg

白身魚の蒸したお料理。
20160917_23.jpg

フレンチトースト
20160917_24.jpg

パンケーキ
20160917_25.jpg

食べられません!!!!

バターもホイップタイプになっていて…これもなかなかおもしろい。さらにコンフィチュールも数種類ありました。
20160917_26.jpg

きつねうどんをあたためています。
20160917_27.jpg

そして出来上がりまして…こんな感じでもりもり。
この中でちょっと残念だったのは、パイのスープ。牛筋がなかなかにくどい。
20160917_28.jpg

オムレツは小さめに作ってもらったのですが、野菜の飴をかけてくださっています。
20160917_29.jpg

きつねうどん絶品ですので、おためしあれ!

更にこちらはお野菜たっぷりのオムレツ。
20160917_30.jpg

うどん……
20160917_31.jpg

デザートも頂きました。
ゼリーはワイン。
ケーキなどのお味もいいです。
20160917_32.jpg

そしてどうしてもたべたくて米と豚汁。おいしい…あたたまる。
20160917_33.jpg

さてその後お部屋でのんびりしまして。リッツチェツクアウト11時ですが、こちら12時。
…なんだよこれすごいいいじゃないか!となったのは言うまでもなく。

ちなみに行ってらっしゃいコーヒーまであるんです。神ですかね。
20160917_34.jpg

……というわけで本当にステキなステイとなりました。間違いなくレベル高いです。ただ、今現在ハイクラスに近づきたいのかビジホなのかがなかなかに難しいところです。ホテル自体も悩んでいるんだろうなあ…と言うのが伺える。
イメージに近いものは、龍名館。お値段はしっかりとりますが、それ以上のサービスありますというあそこです。
そんなイメージに近いホテルですし、本当にいろいろ楽しめましたので、是非ともこのままサービスの良いホテルでいて頂きたいなって思いました。
さて出発です。
そしてホテル出て早々にピカチューを発見………なんとーーー!と頑張ったものの逃げられてしまいまして……Hがゲットできて私か出来なかった要因はどこに!?!?!?としょんもりタイムとなりました。

さてその後は、帰りのルートをどうするかで悩み、結果的に住之江公園まで行き乗り換えることに。こっちのが楽かと思いながらも、微妙ですね。どちらにせよ。
しかしまあ乗継少ない分、こっちのが楽かもしれません。ええ。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

蒼

Author:蒼
食べることと飲むこと、ホテルステイと旅行が大好きなラルヲタです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者様
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。