スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国旅行へ行ってきました!@入国編

韓国についたどー!!!!

さてここでも一悶着。荷物を上部にある棚に入れてしまい、入国カードの分からない部分を記入できなかった人たち。しかしその旅行本すら実はスーツケースの中だったと気付き、書ける所だけ埋めていました。
で書けなかったとこが以下。

目的は?
観光ですが…観光って書いてええの?違うよなwwww


お仕事してますか?
普通に会社員と書きたいところですが、会社員て何て言うの?となった。


ホテルの住所、電話番号。
知りません(こらー!!)



というわけで、とりあえず戸棚の中にあった荷物からホテルの名前と住所、電話番号を記載。
次いで携帯を使い、サイトシーングサイトシーングといいつつスペルを確認。ありがとう、携帯。

だがもう一つが埋まらない。埋まらない。おふぃす…おふぃす…………マン!(男!)
すみません。もうすぐ三十路ーの頭の中は、すでに韓国だらけで、英語の隙間がほぼないです。そんなあたしたちの脳内にある韓国語は


「アジュマー、カカジュセヨー」(おばちゃん、まけてv)

「アジュマー、イゴジュセヨー」(おばちゃん、これちょうだい)

という二つだけだったというのはここだけの話。
ごめんなさいとか結局覚えないままここにいたっています(次までにはもう少し学ぶんだ!!)


そんなこんなで最終決断。


「会社員」


わーい日本語ってステキ!みたいな(遠い目)
ちょっとは常識範囲内でもいいから使えるようにならないとなぁ…@英語



ちなみにOffice workerだったようですが…まぁ確かに字の如く。


そんなこんなで入国完了後、トイレに行こうとしたのですが、何というか自分のスーツケースが吐き出されたのが見えました!目立つ!市松の子!間違え様がないわww
というわけで先に荷物ゲトー。
そのままトイレへ一目散で行きました。トイレは綺麗やけど、トイレの数が少ないのが何ともな感じで。で、用を足し(女子です)お金を両替していざゆかん!とうい状態に。レートも良く、纏めて諭吉をお嫁に出したわけです。そして外に出ると、担当の方が大概待った感満載で。
「待ってたのよー」
「あああ。ごめんなさい。トイレが混んでたんです」
そして待ちぼうけしている男性二人。
ああ…もう本当に居たたまれない。申し訳ないです。


そんなこんなで移動となりました。
仁川空港は素晴らしいということでしたが、それを確認出来ないままで…帰りにきっちりと見て回りたいなぁ…なんて思いながら。

行く道すがらいろいろな説明を聞きつつ、さり気ない勧誘をスルーしつつホテルへと向かってもらいました。いやしかし…ソウルの交通ルールはすさまじく崩壊気味らしく。クラクションが上等手段というのは、どこもアジアじゃ変わらないのかもなぁ…とぼんやり。
「アタシが通るのよ、ブッブー!!」
「ちょ、オマ気をつけろよ、ブブー!!!」
「割り込まないでくれる?あたしの前に!ブブブブー」
みたいな。いやぁすさまじく鳴り響いています。


そして新羅免税店へ。
ここではオトモダチの頼まれ物の化粧品とか、自分のサングラスを見るため、30分という限られた時間の中で走り回りました。BBクリームを購入してオマケを貰ったりと…まぁ化粧品に関してはまた後ほど語りまくります。

で、ヴィヴィアンのサングラスが欲しくて、サングラスコーナーへダッシュ。
セールとなっていて、更に20%オフとのことで、とりあえず一目で目に飛び込んで来た子をかけてみて、二色のうちどちらがいいかを友達に選んでもらい、ダッシュで戻る。数分遅れwwwwもうおにーさんたち、まったく興味ない感じ満載で、ほんと申し訳ない(涙)


さてそのままサングラスは空港引渡しのため連れ帰れないことにしょんぼりしつつ、ホテルへ向かいます。明洞から少し離れた場所にある駅、安国(アングッと読むらしいです)そこに向かいました。


というわけで次はホテル編。


そんなこんなでとりあえずバリ島行ってきまノシ←
スポンサーサイト

テーマ : 韓国旅行 - ジャンル : 旅行

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

蒼

Author:蒼
食べることと飲むこと、ホテルステイと旅行が大好きなラルヲタです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者様
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。