飛騨旅行2@10月w

今回お世話になっている建治旅館さんv
2653.jpg

2656.jpg


早朝無理矢理眠たい身体を起こしたのは、勿論…そこに温泉があるからvv
2654.jpg


というわけで、朝食までの短い時間ではありましたがバタバタとお風呂へと向かいます。勿論貸切状態。…というわけで撮影撮影と素っ裸でカメラを構えていたのは私です。
2655.jpg


小さなお風呂ですが、とってもゆっくりとできます。

お水もいただけます。
2657.jpg
たるまの水だったかな…

そして風呂場の前にあるドリンクコーナー(無防備)
2658.jpg

何が無防備かといいますと、集金用の缶…おっぴろげーです。
2659.jpg



お部屋に戻ると、案外時間があることに気付き、メイクを開始。顔を作るのは大切vv
さて朝食ですが…。
2660.jpg

この美しい卵!!
2661.jpg

香ばしくて美味!!
2662.jpg


ほう葉味噌や採りたて生卵など、白いご飯にとっても合いそうなものばかり!お櫃にこんもり山盛りのご飯が入っていて、これは食べきるのは無理wwwwそう思っていたときに、お味噌汁を持ったおかみさんがきてくれました。
「ご飯、お代わりありますからねぇ」
ちょwwwwwいくらなんでも無理だからwwwww

そうしてわいわいと朝食開始です。
本当に…ご飯ってなんでこんなに美味しいんだろう。。
と思ってしまうような内容で、甘露煮やほう葉は言わずもがな、炊いたものまで全て米を欲するお味。お味噌汁もおいしくてにっこりにまにま。
そんなこんなでパクパク食べていたところ、目の前にずずいと茶碗が…(蒼が米盛り役ですw)

「おかわりー♪」

あ、S……早いやろー!!
私も親友もまだお茶碗半分ぐらい残っていますが、この時点でお替りコールでましたw
(…若干うちらのより大目に盛ってんけどな…)
もう一盛り盛って、再びお箸を持ちます。私もお替りしようかなーあ、親友も?………Sも?

うちらが一杯食べているあいだに、二杯完食しているんですがw

三杯目を盛り、自分達は生卵ご飯へ。うーん黄身が持ち上げられるくらいに元気一杯の卵w美味しいです。
そんな半ば…ちらっとおひつを見ると、あと一杯分の米が。
「S-あとちょっとだよー?」
「お替りー♪」

2663.jpg

見てください。この気持ちよいくらいに空のお櫃wwwww
お櫃が空になるなんて、未知の領域。初体験!
気持ちのよい食べっぷりやなぁ…Sと、あらためてSのすごさを再確認。

デザートはコーヒーゼリーでしたv
2664.jpg


食べすぎだと突然ブリッチし始める親友。不思議ちゃんすぎるw
2665.jpg


…そしてみんなで食べようと思って買ってきたマカロン@バリ島…撮影する前にこんな状態にwww
2666.jpg


その後は…お部屋に戻って食べ過ぎた胃を休め、(でも若干一名まだ入るー!とか言うてたのはここだけの話)荷物を片付けて出発です。1リットルのペットボトルを持ち歩いていた私達に気付くおかみさん。
「お水汲んでいったらええのに…」
そう、こちらにはたるまの湯があるんです。
でももう靴はいちゃったしなぁ…と惑っていると、2分くらい歩いたところに湧き水があるから、取りに行きなさいと言ってもらえる。
腹ごなしでもしようかと歩き始める私達。若干後悔したのはここだけの話。。

…今にも朽ち果てそうな看板。
2670.jpg


お水はここで汲み取ることが出来ます。
2668.jpg



けっこう次々水を汲みにきていました。そして片隅にある朝市の文字に引き寄せられる。
2669.jpg

なんとなく「だよ」の一言にほっこり癒されますw

うわー!めっちゃ綺麗でおいしそうなトマトが安いvvvしかもその場でも食べられる仕様になってる。
2671.jpg


トウモロコシも美味しそうで、結局お財布を取りに戻ることに。このまま車で来ちゃおうよー!!と下り坂を戻る(つまり戻るときは上り坂ww)
ここで何か突然思い立ったかのように走り出すS。
「私走る!」
つまりは…えーっと…食べ過ぎた胃袋を動かそうとしている魂胆でFA? そんな彼女が数歩で脱落するだろうと笑っていた酷い友達は私達です。
2672.jpg



写真が多いので続く…
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

蒼

Author:蒼
食べることと飲むこと、ホテルステイと旅行が大好きなラルヲタです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者様
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード