養源院と杢兵衛でごはん。

養源院と杢兵衛でごはん。


ちょっと遅ればせながらの紅葉。ちなみに12月ですw
紅葉がとっても綺麗でしたvv

20101218_1.jpg
ご飯の前にお寺を見にいきました。それが養源院。
こちらのお寺、ふらふらと歩いている最中に発見したお寺です。行く予定だったお寺ではなかったのですが、「血天井」の文字にちょっぴり興味を引かれ、内部を覗くともう見れないかなーと思っていた紅葉が美しく…そして中へ入ると、有名な襖絵があるとのこと(血天井も)というわけで早速お寺を拝観。
20101218_2.jpg


こちらのお寺は淀殿が浅井氏のために建てたお寺。しかし火災にあり、その後移築となったそうです。この天井ですが、伏見城の床板。伏見城落城の際、覚悟を決めた侍が百人以上(ちょっと何名かわからなくなっちゃったのですが…)部下全員の自刃を手伝い、その後全員の最後を見届けた上で自分も自刃。その際左足を前に投げ出し前方へと倒れてなくなられたそうで…。その姿のままの血痕の痕がありました。この伏見城、すぐに手が入ることがなかったため、死体もそのまま数ヶ月放置され、血と脂が残ってしまい、どれだけ床を磨いても取れなくなったそうです。そのため、供養のためにこのお寺の天井の板として使用し、毎日供養をしているとのこと。ちなみにこちらで菩提を弔われている人たちがそうそうたる戦国武将の方々。
襖絵も、像の絵などがとっても良くて…思わずポストカードを購入してしまいました。

その後は雷さんの絵で有名な建仁寺へ。
20101218_3.jpg

こちらはお寺自体がとっても立派。まぁ有名どころですから…内容は割愛。
天井の龍がかっこよくて思わず写真をとってみたり。
20101218_4.jpg

お茶を頂いてみたり…(お菓子もおいしくいただきました) 
20101218_5.jpg

襖絵とかもすてきで、写真も自由ということでたくさん撮らせていただきました。
20101218_6.jpg

20101218_7.jpg

20101218_8.jpg

20101218_9.jpg



その後は、禅居庵へ。摩利支天を本尊としているお寺でした。で、ここが猪にのった神様ということで、猪のおみくじがありまして…思わず可愛くてかわいくて…お持ち帰りwwwすると大吉との文字が!!とりあえずおうちに鎮座しています…。
開運と勝利だなんて、何て素晴らしい!!

杢兵衛
20101218_10.jpg

20101218_11.jpg

昼懐石
花 3500円
月 5000円(今は代が変わり、お値段や内容等が変わっているようです)


お料理が昔に食べたということもあって詳細が不明。…そのため、写真だけを紹介します…(涙)
20101218_13.jpg

20101218_14.jpg

20101218_15.jpg

20101218_16.jpg

20101218_17.jpg

20101218_18.jpg




この揚げたやつとっても美味でしたvv
20101218_19.jpg

20101218_20.jpg

デザートも手作りですvv
20101218_21.jpg


どのお料理も繊細で、本当においしいんです。思わず笑顔になってしまうお味。
また機会があったらいきたいと思いますvvv
スポンサーサイト

テーマ : +お外でごはん+ - ジャンル : グルメ

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

蒼

Author:蒼
食べることと飲むこと、ホテルステイと旅行が大好きなラルヲタです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者様
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード