韓国旅行2011 その9 タッカンマリをむさぼり食う

ベトナムのお土産頂きました。

20120110_1.jpg


ジャックフルーツのチップスと、緑豆のお菓子、それとビスケットのお菓子

このビスケットのお菓子、個人的に頂いたのですが……なかなかにシュール

20120110_2.jpg

すんごく悪い顔してるのとかいたんですよ…。ほんとなかなかに面白い。
イチゴのお味でしたvvvv



さて続きは前回の韓国で海外何度も行った中でも、本当にこんな感動する味に出会えたのが初めて!!!というくらいにうまかったタッカンマリを紹介ー!!
タッカンマリをむさぼり食う


今回の旅行の大きな目的の一つ…それがこのタッカンマリでした。
友達に絶対おいしいから、必ず食べておいで!と言われ、彼女がどこよりうまいと言った店を調べ、地図も、さらには行き方まで(何番出口を出て、右に曲がり云々)ソウルナビさんでゲトして挑んだ私たち。しかしホテルで一端休憩時に気付く。

「ねえ…これ地下鉄乗る必要ないんじゃない?」
「あ…ほんとだ一ていうか近いwww」
「ちょっと散歩しちゃおうか!」

そんな冒険心丸出しな私たちは地図を片手にまずホテルの人に聞いてみる。するととっても丁寧にあっちだよー!頑張って!!と見送ってもらえることになった。
20110810_30.jpg

地図を見つつ歩き始めると…このホテルの周辺、ほんと面白いお店が一杯ある!!全て専門店、電飾屋さん(大量のシャンデリアが見えます…カワイイ!)、壁紙屋さん、ドアノブ屋さん、飾り扉屋さん、便器屋さん、タイル屋さん、椅子屋さん、塗装屋さん…全て一店舗ずつ軒並み連なっている。…え一っと…ここに居たらもしかしたらおうちのリフォームカンペキ☆とかになるんじゃなかろうか。
20110810_31.jpg

そんな思いの中、ふらふらと歩いていく私たち……。
次第に街中の様子が変わってきます。すると今度見えてきたのは布地屋さん。
わあ…!!!!!とテンションが上がり捲くります。いっぱい布が売ってて、目移りしちゃいそうですが、とりあえず今日はタッカンマリ…!と歩いていく道すがら…私の視線が一つのところに留まります。

あ……え……あったぁぁぁぁぁぁぁ!!!!


私実はかなりの勢いで羽根を捜していたんです。黒い羽根。しかも大きめでしっかりしたものを…!!すると程よい子がぐるぐる巻かれて売られているじゃないですか…。

わあ…羽根や…欲しい…欲しい……欲しい!!!

店内では店員さん(というか親戚の皆様に見えた)がゴハンタイム。するとおじさんが出てきてくれる。
「これいくら?」
「2万W」
すごい太い巻きです。…こんなにいらない…いらないんだけどなぁ……と思いつつ、半分はどう?と交渉スタート。すると少し考えた上で「いいよ!」となりまして……長い巻きを一端広げ、アジュンマが一つずつ数を数えてくれています。いやもうアバウトに少なめでかまいませんよー!!と思いながらも、きっかり半分を1万Wで販売してくれました。ああああ。テンションあがりまくるわ!ほんと嬉しい。
だって…もっとふにゃってした羽根とか一応日本で買ってたけど、イメージと違ったんだもの。5枚で700円とかだったけど、そんなの問題にならないくらいの枚数が手に入りました。こういうの必要になったら、韓国でそろえればいいのか!と一瞬思ってしまうほどに。


さてその後もテクテク歩いていくと両サイドがお布団屋さんに…ていうかこんな同じ店ばっか並んでて、やっていけるのだろうか…と不安になってくる。(いらん世話だが)どうも一箇所に集めている傾向。はっ…だからか!タッカンマリのあるトコも、『タッカンマリ横丁』だものね!その入り口には『焼き魚横丁』があるって書いてあったわ!と気付く。

そしてだんだんにぎやかになってくる周囲。
20110810_32.jpg

どうやら市場に迷い込んだようですよー。

……ここって…ナントカ市場だ!
人様のブログを見ていて出てくるところ。なかなか面白いって書かれてたけど、確かに面白い。通路が広く取ってあり、中央にずらっと屋台が並んでるんです。そして簡易の椅子などが容易してあり、そこで皆さん晩御飯タイム。
ああ…これはうまそう…。
人気のある店とボチボチな店もあり、それらを横目に地図を見つつふらふら。
ああ…チヂミが私を呼んでる…あれなんだろう…あのあげたのおいしそう…など何度もそちらに引かれそうになりつつ歩いていくと…突然おじいちゃんが話しかけてきた!!

「どこに行きたいのですか?」
ものっそ丁寧な日本語で。
「あ、タッカンマリタベタイデス」
何故か私たちがカタコトになる。これ不思議―。
「ああ…ここはまったく違いマス!」
えええええええええ。
いやまあそんな予感はしてたのよ、そんな予感は…。だって地図と真逆から歩き始めたんだもの…。
そしてそのまま身振り手振りで丁寧に教えてくれるんです。彼の経歴や人生も聞きましたが…タッカンマリ横丁はこの市場を抜けて横断歩道を渡って赤い看板の下の所を左に曲がってまっすぐいったとこだよ!と教えてくれた上で、ハングルでタッカンマリ横丁へ行きたいです。とまで書いてくれる(多分)
お礼を伝えてそのまま歩き出す私たち。いろいろな食材が食指をそそってくれます。初めてみたスンデとかほんとおいしいのかな?と思いつつ横目で見て行き、横断歩道を渡り、やがて路地に入っていきました…。
すると今度は……

デッキブラシ横丁(命名私)

あの小学校のときのトイレ掃除で使っていたデッキブラシの店が軒を連ねているんです。………でもなんでこんなに纏めるんだろう…?ハテ?と思わず首を傾げそうになる。そんな店内から迷い込んだ観光客を不思議そうに見るランニングシャツのおじさんが英語でどこに行くの?と聞いてくる。なので、「タッカンマリ食べたいの!」と伝えるとニッコリ笑顔とともに「もっとずっとまっすぐだよ!」と教えてくれる……何この優しい人たち。

よく思うんですけど、私、海外旅行でイヤな思いをあまりしないんですよね。勿論日本だったらこうなのに…とかいう価値観は全て捨て、郷に入れば郷に従えという信念の中で旅立つわけですけれど。困っていたら、たとえ言葉が分からなくても助けてくれようとする…そんな人たちに多々出会うことがあります。それはどの国でもすごいなぁ…と思ってしまうところ。
だって言葉が分からないから、日本で困っている外人さんになかなか喋りかけられない。最低限しか出来ない英語だから、語彙力を今必死に伸ばそうとはしているけど、なかなかそれも難しいから…もし説明できなかったらどうしよう…という思いのが先に出ちゃうんですよね。
以前地下鉄の売り場で困っている外人さん助けたことがあったのですが、単語身振り手振りでどうにかなるものだと実感しました。日本に来て、日本って冷たい…って思われたくないなぁ…と思うのは当然。少しでもいい日本人にあったよー!って思ってもらえるようにしたいなあ…と再確認。
出会いって大切。海外での出会いはその時だけのものとずっと続くものとあります。今でも続いている交友は絶やしたくはないものの一つ。恵まれていると思える出会いだからこそ、今後も大切にしたいと思うのと同時に…「たーすーけーてー!」というオーラを存分に出しまくって旅を楽しみたいと思いますvvvv(大半これ)


さてそんな中、だんだんいい匂いがし始めました。これは…近づいてきたに違いない!
私たちがいきたいのは黄色い鶏さんのイラストのお店。だが…そう、私たちが向かったのはタッカンマリ横丁。つまり軒を連ねるタッカンマリの店、店、店。どこも呼び込みのおばちゃんが日本語で「ココ有名!おいしいよ!」と呼び込んできます。いやでも私たちが行きたいのは黄色いとりさん…そこで地図を見ると地図には「焼き魚横丁を70メートルほど歩いて見えた角を右折」と書いてあります。
…焼き魚横丁?
そういえばそれは見ていないとばかりに歩いていくと、次第に香ばしい匂いが!!こ…これはぁぁぁぁぁ!!

只管猫が喜びそうな匂いの漂う焼き魚横丁にきましたー!!!!!!

うわー焼き魚も食べたい!時間がもっとあったら絶対に食べたい!でも今日はタッカンマリ…というわけでゼロ地点に向かいます。そうそこはタッカンマリ横丁の入り口になるところ…。
そのままだいたい70メートル歩き右を見ると……

あ…あったぁぁっぁぁぁぁ!!!!!


漸く発見。到着。すぐに店内に通されお鍋をセットしてもらいます。
20110810_33.jpg

メニューにはお酒と追加して入れる具剤がジャガイモとグクス(乾麺)をチョイス。安いんですよ、ほんとに…。
で、まずはビールをお願いして、待っているとすぐに準備されます。

そしてお鍋に火が入りましたー!


アジュンマが全てやってくれるんです。
20110810_34.jpg

「まだ食べちゃだめ!」

のようなことをハングルで伝えられ、こくりと頷く。折角なのでエプロンなんぞ観光客っぽくつけてみましたw
20110810_35.jpg

次第にグツグツしてきます。

すると別のアジュンマがソースを作りにきてくれました。ここ、何でもやってくれちゃうから、出来上がるの待つだけなんです。
20110810_36.jpg

20110810_37.jpg


「ホット?」
「イエス!」

という感じにソースを作ってもらった後、汁はこの器、具はこっち!と二度ほど説明を受けます。つまり…こうやって食べろ…という意味ですね。わかりました。

とりあえずカンパーイ!!
20110810_38.jpg
おっと気づいたら焼酎のんでたわ★


どんどん鶏さんが煮立っていきます。どうなのかなーしかし火、強くねぇ?と思っていたとき、小柄なアジュンマ登場。
「グツグツしすぎてるから弱くするわねー」的なことを多分言いつつ火を弱火に。すると数秒で別のアジュンマ登場。「もーあなた、熱いからって温度下げちゃだめじゃない!」(多分こんなかんじ)のことを言いつつ笑いながらグツグツにしていきます。
そこから彼女達の攻防が始まった。じんわりおばちゃんとグッグツおばちゃんと名づけようと思ってしまうくらいに火の攻防戦が始まる、強くなり、弱くなり…それを数回繰り返しつつも漸く食べていいよとお許しが出たわけで…。


「うっ………うめええええええええええ!!!!!!」

ヤバイ。このうまさヤバイ。
鶏さんの出汁がしっかりと出たこのスープ。ほんとにおいしいんです。そして柔らかい鶏肉とジャガイモの絶妙な感じー!
ああ…思い出しただけでも唾液が出てきます。
鶏の味を楽しんで欲しいから、スープはそのまま味わって!という感じなのも良くわかります。この鍋マジうまい。毎日でも通って食べたいおいしさ!!
そして周辺ほぼ韓国の方。そりゃ地元民に愛されてるんだもの、うまいに決まってるじゃない!


興奮のまま「うまいーおいしいーたまらん一」と食べ進めていくうちに、酒もすすみ、次はビール、やがてはマッコリヘ続きました。

これ
20110810_42.jpg

このマッコリ、ほんと飲みやすいんですよ…。安いし…ちょっと幸せになれるお味。
それをお椀でいただきます。

 「あなた強いわねー」

と店長のアジュンマ。とってもステキな笑顔でした!そんな彼女にいろいろとお話を聞き、息子さんの嫁さんが日本人でねーと日本語がうまい理由をなるほど!と納得し、乾麺投入。
20110810_39.jpg

20110810_40.jpg

20110810_41.jpg


こ…これがまた……た…たまらん!!!!!!!!


うひい。うめえ…うめえよ…。



その結果…。
20110810_45.jpg


からっぽですよ。ほんと。お鍋の底をさらえていただきましたから!大満足で一人の価格が想像以上にお安い☆これは癖になります。お鍋ってみんなで分けられるから本当に安くなるんですよねー。

20110810_44.jpg

しかしこの日、…韓国での日韓のサッカーの試合が……!つまり周囲9割韓国の方というアウェイでゴハンもぐもぐ。おおおおお!と日本に優勢の状態になってももぐもぐもぐ。テーブルの下で小さな握りこぶしとかそんな感じだったのだけは…書いておこう。


そして市場でやっぱり気になってたのでチヂミ購入。
20110810_46.jpg


20110810_47.jpg

これがまた美味!活気溢れる市場って見ているだけでも楽しいですよね。


小豆のお店。
20110810_48.jpg

小豆を食べたいと友達が言ったので購入。すごい量でびっくりしてしまいました。そして甘くないんです。おかず?なのかな?ちょっと不思議なお味でした。

その後はチヂミ臭くなりながら、明洞へ。
最後のコスメ購入タイムに突入です。

チンウォンジョポシンタッ
ポシンタッ 16000w
クッスサリ(麺追加)2000w
カムジャサリ(ジャガイモ追加)2000w

だいたい1600円くらいかな…やっす!!(酒代は含みません)


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 韓国旅行 - ジャンル : 旅行

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

蒼

Author:蒼
食べることと飲むこと、ホテルステイと旅行が大好きなラルヲタです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者様
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード