ラベでディナー

四季紅で食べたご飯がおいしかったので、掲載してみるなどw
20111214_1.jpg

20111214_2.jpg


うん。すごいボリュームだった。



ラルクちゃん、国立決定ー!というわけで、ライブが増えてちょっと嬉しいですvv


超個人的意見ですけど、ライブの予定を入れてくれるならそれで十分うれしいというか…
一日参加、両日参加、どちらにせよ、存分に楽しみたいなーと思うわけです。
みんなも楽しめたらいいなーって。
ホテルも取ったし、あとは足を決めればいいだけ。
夜バス→ライブ二日間→夜バス…と新幹線とどっちにしようか真剣に悩みつつ……。


しかしあれだ、この一カ月のチケット代と交通費とホテル代、考えたらいかんねwwwww
楽しみで仕方がない半面、気を引き締めて働かないとなぁ…。
2011.12.05 ラベでディナー

以前から一度お邪魔してみたくて仕方がなかったお店、それがリッツカールトンのラベです。
ミシュランのお星様が輝いているとかいろいろお話は聞いていますが、最近ミシュランに裏切られっぱなしなイメージもあってしまうために、ちょっとビクビクしながらお邪魔しました。

リッツカールトンの5階はレストランとなっておいます。
20111205_12.jpg


20111205_13.jpg

バーダイニング、中華、和食などもこちらにあるようです。1階はイタリアンであるスプレンディードとロビーラウンジがありますね。
どこもチャレンジしてみたいと思いつつも、なかなかお邪魔できていないのが現状です。

さて五階ですが…若干迷路のような廊下(私的に…です)バーを横目に見つつ奥まで進んでいくと、ステキな空間が……!!!

クリスマスの飾り付けをされていて、本当に綺麗なんです!!

さて、受付で名前を言い、席へ案内されます。今日は暖炉の前の席でした。
20111205_16.jpg

暖炉とかもすごく可愛くてたまりません。

20111205_14.jpg


ちなみに本日の予約の内容は…
―休さんからの予約で、アニバーサリーコース。
20000円ちょっとなんですが、内容的には十分過ぎるような内容です。
レストランからのプレゼントは…
乾杯のシャンパン、アニバーサリーケーキ、写真でした。

蝋燭の火が燈され、ロマンチックな雰囲気に…
20111205_15.jpg
私のお祝いを私で予約し、母と共にきているんですけどねwww最近母が親戚の看病で関東と地元を往復し捲くっていて大変なので、その労いも込めてのステイとなりました。


ラベってどういう意味なんですか?とスタッフの方に聞くと、「ベイという言葉と同じ意味なんですよ」と。昔は魚介類を中心に使ったお店だったそうです。だからお皿にも魚介類がたっぷりいました。

食前のお楽しみ
チップ
20111205_17.jpg

カボチャ、ビールとけしのみ、海草

このチップス、ぽんと可愛い外観です。パリパリなのですがちょっと食べてて思わず微笑んでしまうような、そんなお口取り。海草チップスが一番おいしかったです。ビールはビールの香りがしないというかけしのみでしたw

アミューズ
20111205_18.jpg

ズワイガニのタルタル
聖護院かぶらで巻いたもの

セロリのムース、ムール貝とセロリ


これが絶品。どちらも思わずにんまり微笑んでしまいます。
繊維質のセロリがどうしてこんなにもまろやかなムースになるのでしょうか…。母と思わず顔見合わせて笑顔になっていました。蕪の歯ざわりと蟹の甘味も絶品。

バター
20111205_20.jpg

海草のバター
有塩バター
チリペッパーとローズマリーのペッパー
チリペッパーがお気に入りでバターと一緒にいただいたりしました。ちょっと雰囲気変わるので面白いなあと思いつつ。おうちに鳥の巣のようになっているローズマリーがいるので、ちょっとやってみようかと母と相談。


20111205_19.jpg

ライ麦パン
海草のパン
ミルクパン
天然酵母のパン

どれも温かく、そしておいしいパンでした。
天然酵母のパンお気に入りです。


前菜
20111205_21.jpg

フォアグラのムース。ヴィガラードのソースが巻いてある。
柿と鴨のハム。天然酵母のパンと共に

フォアグラの量に圧巻。こんなに大量のフォアグラをいただいたのは初めてかも……!濃厚なお味ですが、周囲にまかれたソースが酸味を帯びていて口の中が落ち着きます。パンに乗せながらいただきました。柿の甘酸っぱさと鴨のハムもおいしく、お酒が進む一品です。

蕪のスープ
アワビのスライスイン!
20111205_22.jpg

最初この一皿が置かれてびっくり。これはスープじゃない!!と思ってびっくりしていたのですが、そこへ…卜口卜口と濃厚な蕪のスープをかけてくれるんです。
20111205_23.jpg

で最終的にこうなりまして…
20111205_24.jpg

横に添えられた塩で味を好みのものにアレンジしつついただきます。豚の背油や、ゼリーなども入っており、温かいスープの温度でとろりと溶けてまた変化する味!面白い一品です。
おいしいんですよう。


ワインをチョイス。
20111205_25.jpg

カシスのような甘い風味…と言われたのでチョイス。とっても甘くてデザートのような風味。ちょっとキリッとしたお味のものでもよかったかなぁ…と思いつつも、おいしいお酒に舌鼓。

お話もたくさんさせていただいたのですが、スタッフの方が皆さんフレンドリーで、一品一品全てに愛情―杯でサーブしてくれるんです。どなたに聞いても「少々お待ちください、確認してまいります」という言葉は返ってはきません。皆さんハキハキとついでの知恵袋的なネタまでいただけました。
お一人、スーツにチェーンを垂らしている方がいたので、興味津々に「それなあに?」と聞くと「こちらはテイスティングスプーンです」との答え。ソムリエさんは毒見係もやっていたので、それです…と教えてくれました。何だかとっても嬉しくなるディナータイムです。

瀬戸内産甘鯛の鱗焼き
セルフィーユの根っこ。
20111205_26.jpg

セルフィーユの根っこは、ゆりねのような食感。甘くてほっこりしています。
見た目がグロくてとっても苦手な鱗焼きですが…今回は鱗総立ちではなかったので見た目的にも大丈夫でした。サクサクの歯ざわりを楽しませていただき、肉厚の白身にほっこり笑顔に。バターソースがまたぴったりのお味でした。ほこほこ。

ウズラのお料理
20111205_27.jpg

左側 むね肉の真空処理
フォアグラ

股肉をブドウの葉とベーコンでくるんだもの。

真ん中
黒トリュフとじゃがいものムース

最後の一品です。オレンジのソースがピーっと一本筋のように描かれています。それを敢えて食べてね☆と言われたことをすっかり忘れておりました。
左のお肉。とっても柔らかくて美味。同じお肉を二種類のお味でいただけるのがまたいいですね。ブドウの葉っぱでくるまれている子も香ばしくて、そして程よい油のきいたお肉です。で、最終的にちょっとこれは…となったのが…今回のコース全体を通して一つ。
このジャガイモのムースの上に並べられたクルトンなんです…。
このクルトン、ちょっと油っぽさが前面に出ておりまして…ジャガイモも油の香りしかしなくなってしまっていました…食べたらこれはアウトだな…と思って残したのですが…本当に勿体無いなあ…と。トリュフの香りもしないムースになってしまっていました。
残念。ここまでパーフェクトだったからよりいっそう残念。。


天井のシャンデリア綺麗だったので思わず撮影。
20111205_28.jpg


お口直し
20111205_29.jpg

フフアンボワーズのシャーベットとゆずのムース。

一気に口の中に清涼な風が吹き抜けます。まだまだいけるでー!となる感じ。


アニバーサリーのケーキが届きました。
20111205_30.jpg

飾りつけも可愛くて…お持ち帰りをして食べたのですが、本当においしいケーキでした。
20111205_31.jpg


そしてデザート
20111205_32.jpg


20111205_33.jpg

ザッハトルテはユズの風味。右側のはフランボワーズのシャーベットのようなものです。
ピスタチオのクッキーが載っていてちょっと笑ってしまいました。

このザッハトルテがとっても見た目からして濃厚そうだったのですが…ユズのさわやかな風味が品良く効いていて、美味。ペロリと平らげてしまいます。濃厚なお味なのにくどくない、そんな不思議がありました。

最後は小菓子のワゴン。
20111205_34.jpg

お祭りのような雰囲気でテンションあがりまくりです。
20111205_35.jpg

ロリホップやギムーブ、マカロンなどいっぱいあります。
20111205_36.jpg

お紅茶と共にいただきました。
20111205_37.jpg

こちら。
20111205_38.jpg

チョコとブラッドオレンジのプリン、ユズのマカロン、マンゴーのギムーブ。

おなかが一杯だけど、目が食べたくていっぱいチョイスしちゃったのです
が…ちゃんと最後までおいしくいただきましたvvv胃袋の不思議…


そんなこんなで大満足のラベでした。
これはぜひともまた行きたい!ミシュランさんとちょっと仲良くなれたかもー!!という感じです。
他にもたくさん行きたいお店があるのですが、とりあえず近いうちにランチタイムにお邪魔したいと思います一!!

ラベさん、ご馳走様でした。

ラ・ベフレンチ / 西梅田駅北新地駅梅田駅(阪神)

夜総合点★★★★ 4.5


スポンサーサイト

テーマ : +お外でごはん+ - ジャンル : グルメ

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

蒼

Author:蒼
食べることと飲むこと、ホテルステイと旅行が大好きなラルヲタです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者様
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード