シャングリラホテルでランチっち

大量の紙をシュレッダーに掛けていたのですが…安価なシュレッダーが悲鳴を上げています……これは…本気壊れる全長なのかどうか……壊れるなら早目に言ってくださ……(涙目)



この週末、やっとおうちにいることが出来ました。お部屋の片づけをちょこっと進めることが出来たのですが……なかなか進まない…。それもこれもフィギュアがあったからなんですけどね…。
楽しく見てしまいました……。ゆづる…ほんと鳥肌立ったよー涙出たよー。そして大ちゃんもがんばった……正直点数のでなさ加減にイラッ★としていますけれども、銀河点は女子と共にほんと何とも微妙な表情で見るしか出来ないですよね…ほんとに。
女子はあっこたんおめでとー!!しかしまおちゃんも頑張った!やっとお休み出来るなぁ…と思いつつ……。
そして何より笑いと涙を誘ってくれたのはなるみちゃん!


そんなこんなで年末ラストのランチですvvv
2011.12.30 シャングリラホテル 


今日のランチは、仲良しなラル友のNさんと!!
お店は一休から経由で何軒かチョイスした上でNさんに相談。行きたいなぁ…と思ったと連絡がきたお店が、私も行きたいなぁと思っていたお店!!!これはさすがにちょっと嬉しい被り方をしてくれました。白金台のお店とこちらとで最後まで悩んだのですが『平日限定』に心躍らされ、こちらに決定。早速予約をしたわけです。

さて、ホテルに到着するとすぐにベルの人が近付いてきてくれます。
「ご宿泊ですか?」
「いえ。レストランに…」
「ありがとうございます。和食とイタリアンとございますが…」
「イタリアンです」
「28階にございます」
この会話の間に既に荷物を持ってくれて(レストラン利用でも、宿泊客と変わらない待遇に驚いています…)そのままエレベエーターへ。え。まさか…と思っていると、ベルの方はそのまま荷物を持って笑顔で連れてってくれる状態に!!何これ、すっごくサービスいいんですけど。

シャングリラホテルはお泊りしたいリストの上位にいつでもランクインしています。でもなかなか宿泊に漕ぎ着けないのは、東京という土地柄と、やはりお値段、そしてその値段を払っての価値があるかを検討してしまうからなのです。
やはり大阪のホテルのほうがどうしてもお得感を感じてしまうということもあるのと、東京に向かうときには、ライブやイベントごとなど、日中フルに活動してしまうために、貧乏性の私は、ホテルを満喫できない…と思ってしまうんです。そして更には東京のリッツカールトンで痛い目にあっているためによりいっそう敬遠してしまうのが実際のところ…。
なのですが、先行してレストランにお邪魔をしてみると…想像以上にフレンドリーでさりげない対応に圧巻。これは…いい予感しかしてきません。
そのままレストランへ…
こちら28階にフロントがあり、レストランも同じ階にあるようです。
さすがに28階だけあり、景色も壮観。私たちの席は通路側に近いあたりのソファー席。こちらの席、とっても可愛くて思わず感嘆の溜息を零してしまいました。
窓際が多分一番良い席なのでしょう…でもこのソファー席の可愛さには適わない…

20111230_2.jpg


20111230_3.jpg


そしてすぐにガス入りかナシかを問われ、ミネラルウォーターをチョイス。こちら、このレベルのレストランなら有料の水。しかもボトルで1000円wとかの世界なのですが、フリーでお好きなだけいただけます!?み放題ですよーwと若干のジョークをこめつつサーブしてくれるんです。そんなあたりもステキすぎる。メニューには多数のメインが書いてあり、目移りしてしまいます。お肉もお魚も豊富。そんな中、シェアしようねーと別々のお料理をチョイスし、デザートは三種類の中から選びました!!


さて、このレストランをチョイスした理由は二つあります。
クチコミの評判がとても良い。
そして…前菜がビュッフェ。

デザートワゴンで何度となく撃沈している私。。前菜ビュッフェなら確実に楽しめる!と思っていたのです。
そんなわけで前菜を取りに移動します。

12種類程度の品とサラダ、パンなどがあります。
20111230_4.jpg

右手からキノコのソテー、ホタテの軽く火を通したものとタマネギのマリネ。エビの前菜、こちらはマヨネーズと生クリームであえたもの。

ホタテの程よい火加減、ナイスです!!そしてエビのプリプリには思わず笑顔に。ワインが進み捲くります!
20111230_5.jpg

手前からマグロのカルパッチョ、サーモン、アンコウのフリッター。
アンコウの美味しさにびっくり。サーモン大好きなので超ご機嫌ですw弾力のある良いサーモン。
20111230_6.jpg

パンはフォカッチャと同じ生地のものにトマトやオニオンを乗せた物などがありまっした。パンはフォカッチャ以外はちょっと微妙かなぁ…も少し違うパンか、グリッシーニとかあるほうが嬉しいかもです。塩味が濃いため、お料理の味がちょっと引き立たない。。

真ん中手前はクスクス、奥はタコのマリネ。
左手はサラダに乗せるものですが、一番奥はドライトマト、フレッシュトマト、オリーブでした。

クスクスもタコのマリネもおいしいんです。まずいものがないということはとってもいいこと。私好みの味付けなんでしょうね。

ドレッシングとサラダ。
20111230_7.jpg

ドレッシングは三種類ありました。お野菜元気で新鮮です。


こちらガスパチョ。
20111230_8.jpg

その左手にローストビーフがあったんです。

こんな感じで盛り付けてみました。
20111230_9.jpg

20111230_10.jpg

ワインはついてくるんです。
シャルドネって言うてました。飲み易いタイプのもの。ちょっと甘めです。

どれもおいしくてあっという間に食べてしまいます。でこっそりおかわりまでしてしまいました。だっておいしいんだもの!!


さて、前菜終ったので続きのメインのためのお酒をチョイスしましょう。

ブルゴーニュ産のワイン(私チョイス)
20111230_11.jpg

こちら、グラスで2100円のもの。キリっとしたさわやかな切り口と、下の上で転がるような風味。お料理を殺すことなくそれでもその余韻を楽しめるという感じのお味。美味しくて笑顔になってしまいます。白美味しい!!!


DAGROMIS 3000円
20111230_12.jpg

2005年のビンテージでございます!と持ってきてくれました。2005年がビンテージか…とちょっと寂しくなりながら。。

シャルドネグラスに入りましたー!!!
20111230_13.jpg

しかしお酒の説明もとっても楽しく、どう考えてみても、あなた関西人でしょう?という人を笑顔にさせるのがとっても上手なスタッフの方がいらっしゃいました。彼のおかげで本当に楽しいお食事タイムを過ごすことができたんです!!


さてメインです。
20111230_14.jpg

いとよりとカブのソテー。イカ墨のポレンタとエビのビスク。
最近どうしてもビスクソースをパンに浸して食べたかった私。ビスクという文字に反応して「エビのビスクの」と注文したら「こちら、メインはイトヨリですが…」と笑いながら言われてしまいましたwいえいえ、ソースを頂きたいのと言うと満面の笑みで…。ほんと変わった客ですみませ…。
さてお味ですが…
満点でしたwwww私的ですが。
何よりちょっとビクビクだったのはイカ墨だったんですけど、このイカ墨が超絶美味。生臭さは皆無。そしてポレンタがこんなにおいしいものとは本気で知りませんでしたから!!という状態。程よい塩味で魚の白身を引き立ててくれます。お野菜も添え物ではなく、彼も主人公という状態。本当においしくて、互いにおいしいねーvvと友達とテンションあがりまくりましたから!!

Nさんのお料理は…
豚のソテー、リンゴのソース
20111230_15.jpg

リンゴのソースがとってもさわやか。そして柔らかくておいしい豚肉の味にとっても合うんです。
ブロッコリーの歯ごたえもしっかりしていて、このブロッコリーも主役でした。ソースを絡めながら頂きました。


デザート

栗のクレープ
20111230_16.jpg

栗のクレープに上に乗っているのはワインのアイス。泡立てた栗のスープとアーモンドプードルを使ったケーキがちっています。
甘すぎず、適量で本当にいい感じ。上品な味付けですが、後味もよかったです。

リンゴとサツマイモのタルト
20111230_17.jpg

タルト生地切るのに、ナイフがないのは大変wwwwwwww
でも本当においしくてびっくりでした。
さっくりとした生地と酸味のきついリンゴ、そして甘いクリーム。これ絶妙なバランス。


というわけで、最後まで大満足のお店。そして勿論…宿泊予定に組み込まれました!!今年の10月目指してみますwwwww


ピャチェーレさん、ごちそうさまでしたー!!!

ピャチェーレイタリアン / 東京駅日本橋駅大手町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサーサイト

テーマ : +お外でごはん+ - ジャンル : グルメ

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

蒼

Author:蒼
食べることと飲むこと、ホテルステイと旅行が大好きなラルヲタです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者様
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード