フランス料理Ryuで誕生日会

Sのお祝いをしようとお店を予約し、Sのお迎えで車に乗り込んだ私。親友宅からは親友の車で移動。そして親友宅にお泊り予定だったので、今日は飲んだくれていただいて大丈夫ですvvv

そんなプランの中、Sに乗車と同時に袋を頂く。
20120630_1.jpg

ん?

「誕生日プレゼントの残りー!」


あ…え……あの……


私のお誕生日12月でーすwwwwwwwww


でもお祝いしていただけるのも、プレゼントもうれしいのでさっそくあけさせて頂きました。
20120630_18.jpg


…あああああああ。買おうかどうしようか悩んでた子だぁぁぁぁ。

か…かわいいかわいい。シャンプーとコンディショナーを移し替えたいなぁ…と思って見ていたのですが、あまりの可愛さと我が家の可愛い棚とフィットしてしまい、使えずに飾ってあります…こ…これは……


もうひと組自分で買うべきでしょうか(汗)

続きにフレンチでのランチの様子です。
Ryuでランチ 201206

RyuへSの誕生日会をしました。


このお店、地元ではめずらしくそれなりのお料理をいただけるお店…だという認識になっているのですが、敷居が高い。いや、店側が生み出そうとする敷居が高いのです。
料理人はプライドの塊。自分の腕前に自信を持っている彼はレストラン予約への遅刻を許しません。
当日キャンセルは、全額。また予約を入れて以降他の客を一組でも断った上で後日キャンセルすればそれでも全額こちらへ負担を要求してくるんです。
どうしてもこのシステムが好きになれない。体調不良とか、そのほかいろいろな理由、があるかと思います。それに対しての考慮がない…何か優しさにかけるイメージをどうしても持ってしまいます。

さて私たち、地元から2時間程度の距離にあるこのお店へ行くために頑張って早めに出発したのですが…どうしても……どうしてもどうにもならない渋滞。これにはまってしまい、あと6分程度…という距離のところで遅刻確定に。慌てて電話をかけたのですが、

 「5分ほど遅れそうなのですが…」
 「今どこですか?」
 「どこそこの交差点で」
 「あーでしたら10分はかかりますね…ナビお持ちじゃないんですか?」


………………ちょwwwwwww
ナビ見てんだから到着時間わかんじゃないのwって感じなのかしら。生憎親友の車にはナビ付いてませんけれども!!!?????
とのっけからどうやって考えても微妙なイメージを与えてくれる店側。お気をつけておこしください。くらいいえないのかしら…。と思いながらも10分も掛かることなく5分遅刻で到着。
すぐに席へ案内され、水とお絞り(紙のおしぼりにハーブ水をかける独特なもの)をサーブ。 ドリンクメニューを頂き、すぐにチョイス。

すぐにスープが届きます。
20120630_2.jpg

抹茶茶碗に抹茶のように見せかけたスープが。器を楽しみつつ頂いてくださいという一品。

中はほうれん草とたまねぎとジャガイモのポタージュ。
美味です。

白ワインはフランスロワール産のものでした。辛口ですが飲みやすかったです。

そしてスタートをあわせるためにアミューズを一品前菜のプレートに乗せたものが届きました。
20120630_5.jpg

八寸をイメージして作ったとのこと。「うちのは10寸以上ですね」


最高級のスペイン産の生ハム。18か月熟成させたもの

最高級のフォアグラ。キンカンのコンフュとペンタスの花を添えて

鶏のテリーヌ、ブラックオリーブのソース

ブルスケッタ スペイン産のキャビア

豚のテリーヌ(松阪牛のにこごりで、豚のコラーゲンたっぷりとのこと。上のキュウリ(ピクルス)と酸味のあるお花をソースに食べてとのこと)

上部三種はかぼちゃ
スクナカボチャのソースがあります。甘いです。

真ん中のかぼちゃが面白い。生でいただけるものでした。

二十日大根のマリネやゴボウ、パンダ豆などと共に、ヒジキで作られた食べられる砂。

そしてお皿の紹介になります。自分で石を割り砕いて…という卜-ク。でも一度聞いたらもう十分なんだけどなぁ…。

こちらのスプーンに乗った一品が一番最初に出る予定だったアミューズになります。
20120630_3.jpg

遅刻ごめんなさい。

そしてサラダ。
20120630_4.jpg

粟立っているのは酢。お野菜とヒジキがたんまりいます。


リゾット!
20120630_6.jpg

これは本当に美味。
蘊蓄聞きつつ、おいし過ぎるソースは極秘です!とのこと。


お魚
20120630_7.jpg

六日も寝かせた鯛との説明。…前とまったく変わりません。おなすが付け合せなのは初めてでしたが…。
説明も…毎日同じこと繰り返しているのかな。ここは鯛以外出ないのか、それとも私がたまたま鯛だったのか…それが不明です。
サクっとした皮とふんわりとした身。腐りに入一歩手前のお魚はとっても美味なのです。
ナスはマリネでさっぱりと。
ソースは鯛のカマから撮ったもの。南仏のリキュールで味付けたそうです。

松阪牛
20120630_8.jpg

ことことと石の上で焼きました!という一品。まずはどういう状態で料理をしたのかを見せてくれます。そして一端戻っていき、その間にお口直しのシヤーベットが。

二杯目は勿論赤で。
20120630_9.jpg

お肉料理なのでね。


トウモロコシのシャーベット。
20120630_10.jpg

…正直、シャーベットにする必要性が感じられない。


さてお肉料理です。
20120630_11.jpg

見事な焼き加減ですね。でも量が本当に多いんです…お肉食べられなくなってきたねぇ…年かねぇ…と寂しい会話をしつつ頂きます。
イングンはモロッコイングンと普通のイングン。もう少しお野菜が欲しいです…


パン。
20120630_12.jpg

このパン、もっちりしていて本当に美味!!お土産用に売ってたら確実購入します。


さてお誕生日と伝えていたら花火付けてくれましたw
20120630_13.jpg

デザートはこちら
20120630_14.jpg

メルシーと書かれています。

しかし…このデザートしかこのお店ないのかな。私のタイミングが……うーんうーん。おいしいのだけど複雑。


最後のプチガレットはクッキーでした。これは前回のメレングのが美味。
20120630_15.jpg


さて……前回とほぼ変わらないメニューだったためにあえてどうこう書けないのが切ないところですが…。
6000円のコースを二ヵ月後に食べに行って、ほとんどメニューが変わらないというこのせつなさとやるせなさはいったい何なのでしょう…。
和食だったら四季折々のものを感じられる……フレンチでもそれは変わらない…そう思っているのですが、どうも…こだわりすぎた結果がここにあるような気がします。
せっかくおいしいお料理も、少しの笑顔もなく、接客も冷たく感じてしまうとおいしさも半減してしまいます。そして何より「食わせてやっているんだ」という空気が私は嫌いです。

多分、リピートはないでしょう。今回はSの誕生日のための下調べと、そして本番だったのですけれども…。この後また行く?と聞かれれば、近くであったかい気分になれるお店に行きたい…そう言うと思います。
前回と同じ品物

リゾット
お魚料理
お肉料理
デザート

…かわらずによかったもの
リソット
フォアグラ

………………6000円。されど6000円。
食事自体は勿論仲良し三人での食事タイムなので、楽しいに決まっているわけですが。
やはり少し…首をかしげてしまうところが多い感じがします(そして毎回同じ説明を受けたく…な…い…お料理の説明好きですが…やっぱり…ちょっと…何か違う…)


その後はお買い物をして部屋飲みに。
息子ちゃんを弄りつつDVD鑑賞会。ディズニー祭りでしたvvvv
20120630_17.jpg
映画のお供に久々に買ったポップコーン。シール外し忘れて。なんでふくらまへんねーん!!とか大騒ぎして作ってましたw

しかしkiriのイチゴの子、マジウマーです。
20120630_16.jpg

久々にお泊りできて楽しかった。しかしお子は元気だ…朝8時くらいには騒ぎ始めてたわよwwwwwwwww


Ryuさんご馳走様でした。
このままの気分だと接客1点程度しか付けられずお店からクレームきそうなので食ベログに上げることもできないわwww前回もそう思って次の評価のときに書こうかな…と思っていただけに、これはwwwwwwwという状態ですね。

スポンサーサイト

テーマ : +お外でごはん+ - ジャンル : グルメ

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

蒼

Author:蒼
食べることと飲むこと、ホテルステイと旅行が大好きなラルヲタです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者様
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード