スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コムバーガーでごはん @2012ベトナム

会社にさくらんぼが届きましたん!

20120612_7.jpg

というわけで、かなり幸せいっぱいです。
冷蔵庫で冷やして、定時後にみなさんに配布。ほっこり幸せタイムでした。

続きにベトナム旅行のネタ。次の旅行まえに…何とか……終わらせ…たい……。
日本出る前からまずいかなぁ…壊れちゃうかなぁ……うーん壊れそうだなぁ…と思っていた鞄が限界をむかえましたw本当に……何といいますか……
20120220_23.jpg

限界☆

という状態が見てとれる。これは酷い。なので鞄を買うことを心に誓いました。海外に持っていく濡れてもいい、汚れてもいい、どこにでも置けるし…というものを。しかしこの子、本当にいろいろお出かけしましたんv
韓国3回、香港マカオ、バリ2回…なかなか頑張った!
というわけで…実はベトナムでさよならしてきましたw
ありがとー!!

さて、おひるごはんはコムバーガーに行こうということになっておりまして…このお店、ベンタイン市場の傍にある…らしい?というだいたい大まかなことしか分かりません。
20120220_24.jpg

で、その周辺をぐるぐるぐるぐる。だいたいこのあたり?とお店の前にきたけれど、看板はない。…でもそんな雰囲気…違ったらどうしよう…。と悶々。その時にはお料理が並び始めたあたりで、人もおらず、人気店ということだったので余計に頭にいっぱい疑問符が…。
でもどうせならコムバーガーで食べたいので…だから…と、近くにあったホテルのおにーさんにコムバーガーどこ?と聞いてみる。すると「おーコムバーガー。OK。ここの道をまっすぐ行って、突き当りを右に、そのまま70メートル歩いたら道を右に曲がって!」とやはり先程のお店を言われる。ので、今度こそ自信を持って歩いて行きます。…すると……そこには先程はなかった人の山が……!!!!!!
ま、マジか。出遅れたwwwwww
しかしシステムが不明なため、とりあえず様子を見てみる。
するとみなさん地面に座ってご飯を配っているおばちゃんからご飯のプレートを受け取り、おかずをよそってもらう…らしい。しかしそうこうしている間に、どんどん鍋の中身がなくなっていく…これは…マズイ!

というわけで慌ててご飯頂きました。
20120220_25.jpg

どうやらこのご飯の他に、ご飯二人分…という時には、お椀のような入れ物にもう一杯入れてもらう…という感じ。(細いOLのおねーちゃんがそれをしていた…)
20120220_26.jpg

さ…さて…早速……あ。あああああ。食べたいものがどんどんなくなっていーくー!!!
20120220_27.jpg

慌てて鶏肉(らしきもの)を指さす。
お魚とおなすのもおいしそうだなぁ…。と思いつつ、とりあえず鶏肉。
でも汁が足りなかったので、指さして汁入れてvvvとジェスチャーと目線で伝えると、満面の笑みで入れていただけました!!

空芯菜の炒め物を乗せてもらい、おいしそうなご飯完成ー!
20120220_28.jpg

中に入ると、椅子は満席。どうしようかなぁとぼんやりしていたところ、すぐ傍にいたおじさん(勿論現地の人)がもう終わるよ!ちょっと待って!とジェスチャーで伝えてくれます。なんと…っ!そして待っているとその後にOLのおねーちゃんが入ってきて、食べ終わり立ちあがろうとしたおじさんの椅子に座ろうとしたんです。うちらがいつ座ったら…と思っていたときに。するとそのおじさんが彼女たちを手で止め、笑顔で私達に…席を!!

あ…ベトナムの人の優しさに…触れたっ!!!
と思った瞬間。
カムオンー!!と笑顔で言うと、おじちゃんも笑顔!

そして座ると同時にスープが二種類届けられます。(これもうセットになっているようです)
モロヘイヤのスープと、すっぱいスープ(何かの茎が入ってた)酸味のあるスープはタイの味を思い出すものでした。
20120220_29.jpg


スープもけっこうな量入ってます。
このスープ、けっこうアバウトによそっていて、最終的に足りなくなり、一種類のスープ配布になってましたvvテイクアウトも出来るらしく、お客さんが途切れるタイミングがない。勿論テイクアウトでもスープはついてきます!ビニル袋に入れて!

お味は………うんまー!!!!!!!
20120220_30.jpg

とりもお魚も本当においしい。ご飯汚しながらあむあむ頂きました!
お魚は何かわからないけど、ナマズとかそんな感じのお魚かもなぁ…とぼんやり。

あまりにおいしくて二人でうまいねーうまいねーと食べていると、後ろの席のおばーちゃんが肩を叩いてきて、振り返るとおいしい?とジェスチャーできいてきます。それにうなずくと、満足そうにうなずき…明らかに二人分近くの量をぺろり。
更に扇風機が頭上にあったのですが、スイッチが入っていなくて…それに気付いた他のおじさんがつける?とこれまたジェスチャーで。

な…なんかみんなやさしい(日本人私達だけだった…というよりベトナムの人しかいなかったwwww)

おいしく米粒一つ残さず頂き、ごちそうさまでしたーと外にでて、だいぶ人のいなくなった店先で「写真いい?」と聞くと、おばーーちゃんが多分お孫さん…を呼んで二人で映ってくれました!可愛い笑顔です!人柄溢れるおいしいお料理。ここはオススメのお店です。
20120220_31.jpg

しかし…見ての通り炎天下にご飯がおかれますので…お腹に不安のある人は出来るだけオープンすぐにいって食べてください!


その後はベンタイン市場へ。
20120220_32.jpg

食糧のところはさすがにすごい臭いがします。アジアだなぁ。
20120220_33.jpg

お魚なども何でも売っているという感じ。

お肉は生肉並んでいて、それを大きなナイフで切り裂いています。これは面白い。
20120220_35.jpg


フルーツ山盛り!!
20120220_36.jpg


20120220_37.jpg

ここで探しているものは小さなアルミのムースの型。たくさんお店があって、くどい客引きにどん引きしつつ歩いていきます。
…疲れてきた…。

そして布屋さんのおねーさんに軽くセクハラまがいな接客を受け、早く抜け出たい、もうこんな市場イヤだ!!とそれでもしっかり値段交渉しつつアルミの可愛い型を大量購入。これは使うのがとても楽しみです(とか言いつつ、未だに使えていないけど…)


…そういえば、この小さなスーパーで漸くフォーを見つけました。そして……
20120220_34.jpg


おつりボラれそうになりましたんwwwwww

計算違うでしょ?とちゃんとお金ちょうだい!と伝えると、仕方ないなぁ…という表情でお金を出してきました。うーん…こういう小さいところが微妙にイヤなのよね。
せっかく素敵なベトナムの人に触れられた直後だったのでちょっと残念に。

さてそのまま疲れ切ったためにふらふらとカフェに移動。
20120220_38.jpg

しかしこの電線…ほんと…停電とかしないのかなぁ……混線しまくりやろ…。


さてここで!ベトナムコーヒーです!
20120220_39.jpg

というか漸く初ホットベトナムコーヒー!
いつ…?いつ飲み時?と思っていると、店員さんが何度も気にして覗きに来てくれました…。すんませんwww
そして一口。
おいしい!!!
20120220_40.jpg

かわいいけど、絶対日本で使う自信はないので買わないですし、お土産にしませんw

ジュースも美味。これは幸せに浸れるお味!
20120220_41.jpg

ホテルに帰り、ウエルカムドリンクを飲みました。帰る日ですけどw
そして…昨日の夜のマッサージを思い出す。

本気でオススメしませんwwww
ずっと話しっぱなしで同じトコをもみまくるだけ。たいして上手でもなく、足の疲れもとれていない。
これは……酷いwww

なんて思い出しつつオレンジジュース頂きました。
20120220_43.jpg

20120220_42.jpg


うっすら見えるんですが、灰皿にRという文字が作られています。
20120220_44.jpg

スーパーでのお買い物。
リプトンのドリンクは、アイスティーです。甘くておいしいのです。コーヒードリンクは、他の国と比べて苦味があって…かなりオススメ。
そして大量購入はパテです。パンに塗りたくっていただきますvvvこれは美味!!
いろんな種類買えて満足です。
20120220_45.jpg

更に……あれ……左端のソース……帰国してから見てない気がするんだけど…どうしたんだろう……?…と今写真をガン見。

フォーは配布用。333は自分とお土産用。うん。いいお買いもの。

パッキングして、チェックアウトへ。荷物を預けてお夕飯を食べに移動します!


にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

蒼

Author:蒼
食べることと飲むこと、ホテルステイと旅行が大好きなラルヲタです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者様
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。