スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レストランアッシュでディナータイムを

坦々麺どーん。
20120925_3.jpg

おいしい坦々麺を食べてきました。ランチタイムだったので激安wwwww


続きに北野ホテルメインダイニングでのディナーです。
メインダイニングでディナーを頂きましょう。
20120913_44.jpg

さて、この日はフレンチレストラン「アッシュ」にて食事の予約をしていました。一休経由で10000円のコースをチョイス。

この日は平日ということもあり、来客人数も少なく落ち着いていただくことが出来ました。
20120913_45.jpg

明るさを落とした空間は落ち着いた雰囲気。ガラスで区切られた対面はカジュアルレストランになっています。朝食はそちらで取ることになるそうです。

さて着席と同時にワインリストが手渡されました。
20120913_46.jpg

どうしようかなぁ…と思いつつ、とりあえずシャンパンをお願いします。ボトルで部屋にワインが買ってあるため、控えめにしつつ…と互いに言っていたので、そこは思考の片隅に残しながら。

お料理の流れは…
前菜
お魚
お肉
デザートになります。
お料理に関しては全て口頭での説明。デザートはこちらのメニューを頂けました。

お肉は鶏肉を、デザートはマンゴーのものをチョイス。
Aくんは、豚肉と砂漠の薔薇をチョイスしました。

2000円追加で神戸牛食べればよかったかしら?と後で呟いていたのですが、この鶏も豚もとっても美味でしたから、大満足です。

シャンパン。
20120913_47.jpg

キリっとした飲み口と口腔に広がる風味がたまりません。…でもいいお値段。

こちらアミューズです。
20120913_48.jpg

左上から力二のコロッケ(上にカレーのソースが乗っています)
ブロッコリーのムース
フォアグラ(上にメレングが乗っています)
エンドウ豆のムースの上に豚のコンフュを乗せたもの
イワシのオイルサーディン バジルソース


どの一口も絶妙。
お気に入りはフォアグラと豚のコンフュ。
思わずにやりと笑ってしまいます。

どれもあともうちょっと欲しいけど…というところがいい印象を与えてくれるなあと。
…しかしフォアグラとメレングの相性が良すぎて……。

Aくんの前菜 フォアグラ
20120913_49.jpg

濃厚なフォアグラにあわせてパンを持ってきていました。ブリオッシュ生地で、そのパンとの相性も頷けます。
繊維質のお野菜は何だったのかなーと思いつつ…。

こちらは私の前菜。
20120913_50.jpg

23種類のお野菜を使ったテリーヌ。
20120913_51.jpg

お野菜はプレスのみで、形を作っております…とのこと。ソースもお野菜を煮たもの。
横に沿えてあるお野菜も入れると30種類を超えるとか。しかし何のお野菜か不思議に思ったので聞いてみたところ、めんどうくさそに答えられてしまってしょんぼりでした。…お客さん少ないんだから…ちょっとぐらいいいじゃない…。

テリーヌは……今回のお料理の中で一番のお気に入りとなりました。
焦がした風味のするソースが想像以上に濃厚。お野菜もしっかりとしたお味がそれぞれして、これは何かなぁと思いつつ食べるのが楽しい一品でした。

上にちょこんと乗っているのは、蟹のムースとキャビアです。これもお味がよくて……。

お魚
スズキのポワレ
20120913_52.jpg

手前にあるのはソラマメのペースト、そしてローズマリーを使ったハーブの泡になります。

もう季節ではないし、確実でないであろうと高を括って苦手項目で伝えなかった食材がここにー!!!しかも三粒もあったという…。
しかしこのソラマメ、塩味がきつく、豆独特の臭みはなかったのでどうにかクリア。…ですがここまで塩味きつくなくてもいいかもなあ…と。

スズキは皮はパリっと軽く、身はふんわりとしたすごく良いタイミング。
おいしく頂きました。


お肉はチキン
20120913_53.jpg

真ん中にいるのは胸肉ですね。中にキノコを刻んだものを包み込んであります。ソースはトリュフ。そして腿肉のソテーとジャガイモのニョッキ、マッシュポテト、マイタケやにんじんなどのソテーが並びます。
お野菜は前述同様少し塩がきつい。でもお肉は柔らかく、香ばしく、にんまり笑顔。シェアしながら頂いたのですが、豚肉も柔らかくびっくりしました。

デザート
20120913_54.jpg

マンゴーとフロマージユのアイス…とのことだったのですが、想像の斜め上を突き抜けていってくれた形状に思わず笑いが。
立体的なデザートは初体験かも!
手前の風車になっているのは、パイナップル、背後にはオレンジがあります。フロマージユのアイスを筒状にしたものを輪切りにし、それをホワイトチョコが支えているという状態。
20120913_55.jpg


うーん斬新。

こちらのマンゴーソースをかけていただきます……美味!!!!!
20120913_57.jpg

そしてこちらが砂漠の薔薇。
20120913_56.jpg

これはこのお店の売りの一皿。
サブレと濃厚なチョコアイス、そしてオレンジソースを砕き、割り、混ぜながら頂くということ。
濃厚なお味にさわやかなオレンジの香りが広がります。


うーんおなかいっぱい。
そう思っていると、プチフールが届きました。
20120913_58.jpg

マカロン
杏のゼリー
塩キャラメル
アーモンドを薄くスライスしたものを焼いたお菓子

更にもう一皿
20120913_59.jpg

生チョコ
ブッセ
オレンジピールのチョコかけ
ピスタチオの砂糖菓子


こんなに出てくるのです。そして甘いモノ苦手な私でもおいしく最後まで頂けました。
ブッセ美味。マカロン美味-!とどれもいい感じです。

お紅茶でお願いしたところ、ポットサービスでした。これも嬉しいところです。
20120913_60.jpg


水のフレンチと呼ばれるこのお店…驚くほど後に引きません。大抵もうこの後何も出来ないー無理ー明日の朝もどうだろ…となってしまうことが多いのですが、今回はそういうことは一切ないという不思議な体験をしました。

付け合せのお野菜がちょっと塩味がきついかなぁと思ってしまったことが重なりましたが、全体的な印象はあっさりといただけるフレンチでした。
お皿を贅沢に使っているので、気持ち的にもゆったりと頂くことが出来ます。お客さんが他にほぼいなかったということも良点だたのかもしれないですが…。

またお邪魔してもいいかもなあ…と思いつつ、機会があれば…という印象です。

でも…はずれがなく無難に最後までおしいくいただけたのは嬉しい限りですね。落とし穴がないという安心感にほっとしています。


さて、食事を終え、部屋付けで会計を済ませ、室内に戻る前にワインのオープナーをフロントで借りました。

こちらを飲むために。
20120913_61.jpg

神戸のワインらしいのです。
甘いので、ジュースのようにいただけます(アルコールですけど)お部屋も閉鎖的ではなく、広い空間という印象があるので、余計にのんびりとできますよね。
ジェットバスもつかいお風呂もゆっくりと入り、ほっこりと幸せな気分のまま眠りへとつきました。



アッシュフレンチ / 三宮駅(神戸市営)三宮駅(阪急)県庁前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

蒼

Author:蒼
食べることと飲むこと、ホテルステイと旅行が大好きなラルヲタです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者様
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。