オーベルジュドリルナゴヤでランチ

お店に行く前にとても気になるものが売っていたので、帰るときに購入しました。

20121217_1.jpg

マンゴーと桃のプリン!
そんなに甘すぎず、抑えめの味で満足。桃のほうがおいしかったです。でもまぁ…二度目はないかなぁ…。


というわけで続きにオーベルジュドリルナゴヤです。
20121216.オーベルジュドリルナゴヤ

本日お世話になるお店です。
20121216_1.jpg

オーベルジュドリルナゴヤがポールボキューズさんとこと同じ系列だとは知らなかった私。そして東京には行ったことあるけれど、名古屋はまだだ!と思い、とりあえず予約をしてみました。
ポールボキューズさんに居る間に。
ことの発端は、ボジョレー解禁の時だったのですが、その際のスタッフさんがオーベルジュドリルから借り出されていたとのことで…そんなソムリエさんとお話をしている間に、予約への道を歩んでいました。この月、贅沢しすぎwwwwwww

とっても可愛い入り口です。
20121216_2.jpg

勿論予約はいっぱい。

クリスマスの飾りつけと、赤い色が映えます。
20121216_3.jpg

20121216_4.jpg

さて、席へすぐ案内されたのですが、一番奥の壁側の席でした。
落ち着ける位置に配置してもらえてよかったです。
20121216_5.jpg

グラスも可愛いですね。

バターにはこのお店のロゴが押されています。
20121216_6.jpg

とりあえずシャンパンをお願いしました。
辛口ですが、とてもさわやかで飲みやすい。
20121216_7.jpg

お口取りです
20121216_8.jpg

アルザス地方のピザ(郷土料理)
アンチョビを練りこんだフィナンシェ
20121216_9.jpg

見た目もとかく可愛くて。
パイのようなピザはサックリとしていて美味。フィナンシェは形状から想像する味を持っているとびっくりすることになりますが、ほんのり塩味が利いていておいしいです。

シャンデリアは木。
20121216_10.jpg

なかなか存在感がある。
何組か結婚式の相談に来ていらっしゃいましたが……ここで結婚式するってどんな人たちなのかなー…と思うなど。お料理確実おいしそうじゃないですか!!!

メニューです。
20121216_11.jpg

8400円のコースと(片方だと6300円)
20121216_12.jpg

4200円のコースと
20121216_13.jpg

限定の5500円のコースが!!
20121216_14.jpg

少々迷いましたが(胃袋的に)8400円のフルコースをチョイスしました

さて、ここからソムリエさんに頑張ってもらいました
20121216_15.jpg

2005年ものの白。ヒラマツオリジナルのものとのこと。
最近2007年もの飲んだのですが、とても飲みやすくて香りがいいワインです。
おかわりしたくなる気持を必死になって抑えつつ…
ソバ粉のパン
もっちりとしたパンでした。バターとの相性もよく、もぐもぐ頂いてしまいます。

アミューズ
20121216_16.jpg

小麦の春巻きのようなもの
20121216_17.jpg

パルメザンチーズとピスタチオ、パンチェッタを乾燥させて砕いたものとカシスが乗っています。とても濃厚なお味なので、ワインと一緒に楽しませてもらいました。

帆立貝のポワレ 旬の茸とキャベツのテリーヌ仕立て
芽キャベツとオレンジのサラダ ビーツのアクセント
20121216_18.jpg

鶏とキノコ(エリンギ・エノキ)のテリーヌ。ホタテのポワレ、オレンジと芽キャベツのサラダ(左)、ビーツのソース
このお料理が一番お気に入りかもしれません。
テリーヌ大好きなのですが、優しい味で、思わず笑顔に。ホタテの焼き加減も絶妙。
20121216_19.jpg

20121216_20.jpg

Rully2010
白です。
これを注いでくれたのですが………私、これ同じ週にポールボキューズさんで飲んでる!と気付きまして…。
慌てたソムリエさんが「それはあかん」と注いだグラスそのままに走っていかれました。そして戻ってこられた手に持っていたのが…

Rully2008
20121216_22.jpg

おおおお。少し古い子出て着ました一!!
20121216_21.jpg

ぜひ飲み比べてください!という優しい一言を頂いたので、遠慮せず頂きました。
正直なところRylly2010は少し渋みとかが気になっていたのですが、2008年を飲んでびっくり。ここまで味が違うの!?と目を見開く勢い。
これは…飲みやすい。


鮟鱇のムニエルとフランス産フォアグラのフラン
冬野菜と生姜の香るソース・ポトフ
20121216_23.jpg

シナモンのソースがかかっています。フォアグラのフランの上に。
柔らかく滑らかなムースに、少々シナモンきついのですが、(シナモン苦手な人は注意必要)フォアグラの濃い味を抑えてくれるイメージ。
鮟鱇の表面のぱりっ。そして身のふわっ…がたまらなく美味です。
いい塩梅な焼き加減。

そして今度はライ麦のパン頂きました(だいぶおなかいっぱい)
20121216_24.jpg

赤は2006年ものの子
20121216_25.jpg
20121216_26.jpg

香りもよく、苦手な渋みもきつくなく、飲みやすい。
赤デビューが最近なので、なかなか手を出せないのですが、こちらは飲みやすかった。

三河豚肩ロースのコンフィー コンテとジャガイモのショソン
トビナンプールのピューレ プルーンの赤ワインソース
20121216_27.jpg

なんか…左側におるー!!!!
パイの中にはチーズとおいもさんが!うまいに決まっている!
そして手前のペーストはキクイモだそうです。
お肉はとても柔らかく、ソースとの相性も抜群。おなかいっぱいとか言いながらも、おいしく頂いてしまいます。

この後は…別料金でチーズが…チーズ苦手なので、無理だけど、お写真だけ撮らせて!とお願い。快く撮影させてくれました。
20121216_28.jpg

スタッフの方は「私も苦手だったのですが、気付いたら大好きに…」ってそんな簡単に大好きになれるものなのか…。
チーズもワインと一緒に楽しめるようになったらいいのかな。赤があいそうだけど…

リンゴのグラニテ
ゼリーとコンポートです
20121216_29.jpg

爽やかな風味で濃厚な口腔をさっぱりとさせてくれます。
一端落ち着かせてここからはデザート!

プレデセール
小菓子です
20121216_30.jpg

フィナンシエとアーモンドのお菓子、卵白を使用したお菓子(ヌガーかな)と、ゼリーでした。

どれもおいしくてびっくり。

そしてデザート登場
20121216_31.jpg

ショコラのシブスト マスカルポーネのカラメルムース
アルマニャックのアイスクリーム

お誕生日のメッセージまで入れてくださいました。
心遣い感謝です。

このデザートマジ美味で…。濃いんだけれども、とても幸せな気分になれるもの。
デザートワインはあまりの満腹感にお断り。どんなお酒チョイスしてくれたのかなぁ……とぼんやりするなど。

ソムリエさんとおしゃべりしつつ、最後まで笑顔のお食事となりました。

スタッフさんのきびきびとした動きも、お話をする際の丁寧ながらも近さを感じる話術もステキです。このお店、名古屋ではなかなか珍しいタイプよなーとしみじみ。
というわけで、また…来たいっ…。

最後のお客さんになっちゃったので、出るときにお写真撮らせていただきました。
20121216_32.jpg

窓辺はすごく景色がいいけど、日焼けが敵というイメージ。

シャンデリアは本当にかっこいいです。
20121216_33.jpg

そんなこんなでオーベルジュドリルナゴヤさん、ごちそうさまでした!また伺いたいと思います。
でもその前に、大阪のヒラマツ行きたい。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

オーベルジュ・ド・リル ナゴヤフレンチ / 名鉄名古屋駅近鉄名古屋駅名古屋駅

昼総合点★★★★ 4.0


スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

蒼

Author:蒼
食べることと飲むこと、ホテルステイと旅行が大好きなラルヲタです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者様
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード