ひらまつでごはん

最近マカロン作成にいそしんでいますvvv
おうちで作ってたらふく食べたい!
そんな希望のままに作っているわけですが…こんな感じ。

20130329_1.jpg
20130317_7.jpg


レベルアップ目指してがんばりますとも!!!

続きにひらまつのランチの様子です。
20130407 ラフェット ひらまつ

ステキソムリエさんがナゴヤのオーベルジュドリルから移動になってしまったので…とりあえず追いかけていってみました(ストーカーではないです…)
おいしいお酒をチョイスして出して欲しいなぁ…と思いつつ予約。
このお店の予約は、一月前の1日から予約が出来るようになります。
つまり、4月の予約をしたかったら3/1に電話。という感じ。
ほぼ予約でいっぱいになるそうなのですが…。

さてそんなこんなでグルメ仲間のHと移動。
最近、ワイン会→オーベルジュドリルのガラディナー→ひらまつ…とやりすぎだったのでどうにも身体が重たい気がします…。
とりあえずコレが終わったらダイエットするんやー

四つ橋線の駅から徒歩一分らしいのですが、勘違いした私達は肥後橋ではなく御堂筋の駅へ。淀屋橋…肥後橋に下りたつもりだったというのに…。
どうやっていくのか分からずお店へ電話…すると…
「タクシー使ったら怒られちゃいますから!!大丈夫です。歩いてこれます」と優しく案内してもらえましたwいやぁ…迷子怖いよ迷子。

そんなこんなで、建物の上に建物が乗っかってる感じのビルを発見し、一安心。こちらの上階にあるレストランになります。
20130407_1.jpg


クロークヘジャケットや荷物を預け、店内へ。ウェイティングバーもあったのですが、使う人いるのかしら…夜だと活躍かもしれないですね。

席へ座るとすぐにおしぼりを持ってきていただけます。
20130407_2.jpg

テーブルには蝋燭と生花。
20130407_3.jpg


「ドリンクどうされますか?」
とソムリエさんが来てくれましたー!!ひらまつのオリジナルシャンパンも気になったのですが、絞りたてのジュースを使ったカクテルが気になる…。
20130407_4.jpg


ワタシはこちらのイチゴを
20130407_5.jpg

Hはオレンジを頂きました。
20130407_6.jpg

とってもフルーティーでさわやか!!あっという間になくなってしまいますから。

まずは手で食べられるアミューズ。
20130407_7.jpg

オリーブのサブレとチーズのシュー

どちらもチーズというのがちょっと残念。サブレはオリーブの香りというよりも、チーズ。
シューのおいしさににやにやしてしまいました。

パン
20130407_8.jpg

ライ麦のフランスパンと自家製フォカッチャ
バターではなくオリーブオイル

ちょっとここのお店のコンセプトを見てこなかったためにびっくりしてしまったのですが、どうやら、イタリアンとフレンチのシェフで作っているようですねー。

春のアミューズ 三種の饗宴
20130407_9.jpg

赤ピーマンのムースとオマール海老のタルタル
兵庫県産ホタルイカのマリネ ホワイトバルサミコのジュレと共に
生ハムとメロンのソルベ ヴァシュラン仕立て

食べる順番があります(キリッ)
といわれたので、素直に従います。
まずは生ハム、次がホタルイカ、そして赤ピーマン
生ハムは、メロンのソルベとヴァシュラン(メレング状のもの)の食感に驚いた直後に生ハムだけ残っている感じになります。
ちょっと一ロには大きなスプーンだったので、食べるのが難しい。

ホタルイカはバルサミコの程好い酸味でおいしくいただけました。うん、お酒が進む。

そして赤ピーマンのムースですが…これはうまい。
ふわふわとしたムースとオマール海老などをあえつつ頂きました。


ワインは3杯6杯9杯のセットがあるようです。
今回は少なめでお願いしたので、3杯です(食前酒は含まれません)

フルコースだと6杯とかお願いすることになるんだろうなぁ…などと思いつつ。

白2009年 CHATEAU DE FIEUZAL
20130407_10.jpg

酸味少な目で飲みやすい。きつくはなく、とてもフルーティーな味でした。
20130407_11.jpg

お魚
20130407_12.jpg

和歌山産太刀魚のカルパッチョ 様々な春野菜のジャングル仕立て
フユイヌのピューレ 爽やかなオレンジ風味

これを芸術とみるかどうかが難しいところなのですが…
ワタシはお皿の上で芸術的に愛らしく盛り付けられているお料理が好き…ちょっとこのプレートの見た目は好みではないなぁ…と正直なところ。どこかパラパラとしたイメージになります。
なかなかに難しいセンスだ…。
フユイヌのピューレとオレンジのバランスが良く、太刀魚をおいしくいただ
けます。けして淡白ではないお味のお魚でしたので、これまたワインが進む
というもの…。


20130407_13.jpg

渋み少なく、飲み込むときに喉にぴりっとくる感じ。お肉にぴったりの香り
がしましたー!!!
20130407_14.jpg

けっこうなみなみと注いでいただけます。

お肉
20130407_15.jpg

子牛フィレ肉のムニエールとアスパラガスのロティー
ジャガイモのクルスティヤン プティポワフランセーズを添えて

お肉料理はこんな感じで…
20130407_16.jpg

ソースをかけていただきます。

お肉は柔らかく、添えられたお野菜もおいしい。右上のグラスにはグリーンピースをバターであえたものが入っています。
ゆっくりと時間をかけて頂きました。
イモ好きにはたまらない一皿。

追加でチーズをチョイス。
20130407_17.jpg

大人になりきれていないために、クリーム系のものをお願いしました。これがおいしい。
ハチミツはシチリアのオレンジのもの。これは買いたい(けどワタシが行くのは北イタリア)


デザートワイン
20130407_18.jpg

CHATEU RAY MOND  LAFON
SAUTERNES
20130407_19.jpg

とっても香りがよくて、本当に美味-!!!!
ちょっとびっくりするくらいに飲みやすいので、ほっこり幸せになれました。

デザート
20130407_20.jpg

季節フルーツのメリメロ ラヴェンダーのジュレと共に
20130407_21.jpg

メリメロ=ごちゃまぜ
ですね。なので、様々なフルーツが入っています。ラベンダーのジュレはそこまできつくはなく、さわやかな風味。下に極上のカスタードが入っており、混ぜながらいただきます。お酒との相性もいい感じ。

ミニャルディーズ
20130407_22.jpg

ラズベリーのマカロン
カシスのゼリー
コーヒーのサブレ
ココナツのサブレ
生チョコ
20130407_23.jpg

可愛らしいプティガトーです。
おなかがいっぱいになってしまったので、半分お持ち帰りしたのですが、おうちで食べてもおいしかった。

その後は、ソムリエさんに店内を見せていただきました。
大阪はイチョウの木…ということで、イチョウの気を使ったシャンデリア
20130407_24.jpg

こちらはドリンクカウンター。
20130407_25.jpg

中庭もあるようです。
20130407_26.jpg

20130407_27.jpg

結婚式場
すごい景色ですね。
20130407_28.jpg

参列席
20130407_29.jpg

ちょうど式場の紹介をやっていたらしく、何組か幸せなカップルが来ていました。

こちらは披露宴会場ですね。
ナゴヤのオーベルジュドリルと同じデザイナーさんということに納得
20130407_30.jpg

Fのマークがとてもかっこいいですね。
20130407_31.jpg

さて感想ですが…
うーん、なかなかに難しい。
正直、ワインが飲めず、食事のみで考えるのならば…別店舗を考えてしまうかもしれません。しかし好きなソムリエさんが居て、おいしいお酒をチョイスしてくれる環境は、素晴らしい。そしてスタッフの方の人柄もとてもいい。

…………お料理はおいしいのですが、そこ止まり。
目を見開く感動がなかったのが少し残念ですね(これは好みの問題)どちらかというと印象も薄いため、寸前に頂いたガラディナーの印象が強烈だったこともあり、うーん。
でも接客サービスはさすがです。
ワインもおいしい♪
景色も綺麗。
…なので、どうにもちょっと腑に落ちないところがあるため、今度はディナーにお邪魔して、がっつり頂いて再度考えてみようかなぁ…なんて思っています。(夜のメニューがおいしそうだった!!それも出来るよって言われたけど、ガラディナーにワイン会に…と考えてちょっと控えめにしたのです…)

しかしまたぜひソムリエさんに会いに行きたいです。この付加価値は大きすぎるwwwwww
ひらまつさん、ごちそうさまでしたー!



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

蒼

Author:蒼
食べることと飲むこと、ホテルステイと旅行が大好きなラルヲタです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者様
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード