スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペルガ聖堂へいく。 2013イタリア

おみやげにいっぱいお菓子を頂きました!!
20130513_2.jpg


ワサビのチョコとか本当に変わったものが多い中、群を抜いて目立ったのが…

東京スカイツリーのお菓子!!
20130513_3.jpg

実はバームクーヘン。
ねんりん屋さんのものでした。(ちょっとだいぶ甘い)

続きにイタリア旅行です。
お付き合いいただければ幸いです!!
というわけで、トリノ市街の観光です。今日は午前中はトリノ市街、そして午後はワインの試飲です!さっそくクライマックスな勢いですけれどもww
良く分かっていなかったのですが、観光は入れるものと、外から見るものとで半分ずつでした。でも右を見ても左を見ても世界遺産。そんな旅なので、どこを見ても楽しくて仕方がありませんw
20130427_24.jpg

さて、バスに揺られていく中、簡単イタリア語講座がはじまりました。
外の風景はこんな感じ。
そして簡単なものから…
「ボンジョールノー!」おはよう いい一日を過ごしましょう。
からスタートし、ボナセーラ、ボナロッテと続く…。午後三時くらいまではボンジョールノーでいいらしいです。ちなみに…お店に入るときも出る時もこのご挨拶。不思議です。
おはようと告げ、おはようと出ていく…みたいなものかしら…と思うと、更に笑っていまいます。

20130427_25.jpg

通りすがりの右側を電車が走っていました。
どこに行くのかなぁ…。
ちなみに奥が新しい列車で手前が古い列車らしいです。古いはベッキオ。
20130427_26.jpg

こちら…多分で曖昧なのですが…
ヴァレンティノ城。サヴォイ家のお城。
16世紀から17世紀のフランスの城をモデルに建てられたとのこと。
見事な左右対称です。
走っている間に、トリノの説明を受けます。トリノはイタリアで最初に出来あがった都市。2000年前にローマ軍によって作られたそうです。
20130427_27.jpg

ポー川にかかる橋。
こんな像が普通に橋に飾ってあるんです。一瞬日本だったら何だろうと考え、高山の足長手長が出てきてしまいましたけど…何か格調が違うw
20130427_28.jpg

ポー川の流れはとてもおだやかです。緑もたくさんあり、そして長い。
Nさん曰く
「長い長い河ですが、名前はとっても短いです」

間違いない。
20130427_29.jpg

おおおおお。視界に入る建物全てが可愛いんです!!!
この建物とかも本当に愛らしい。
いいなぁ…いいなぁ。
20130427_30.jpg

これ、オベリスクですよね。
とても美しい姿をしています。
オベリスクはローマからの正確な距離を測るためのもの…と読んだ記憶。

この建物もかっこいい…しかし何かなぁ…教会のようなものなのでしょうか。
20130427_31.jpg

イタリアは1700年に国が成立したそうです。
周囲、いろいろなところから土地を狙われ、そのたびに戦っていたようですね。日本ではあまり感じることの出来ない感覚かもしれない。
しかし空の色が暗いです。実は雨も降っていました…残念。

20130427_32.jpg

ハリーポッターの世界みたいvvvv
角っこのお部屋がバルコニーもあってステキですね。
20130427_33.jpg

途中でメルカート(市場)発見。
いいなぁ…楽しそうだなぁ……。
20130427_34.jpg

ピッツェリアという看板が目立ちます。
Barもそこらじゅうにあり、二軒先にまた違うBARという状態で、犬も歩けば…という感じ。しかし、こんなにたくさんお店があって、つぶれたりしないのかしら…。

車の路駐が目立つように見えますが、実は青い線が引いてあり、その青いラインの内がわは駐車OKの場所なんです。

さてここから、山道に入り、一路スペルガ聖堂を目指します。
とても歴史のある登山電車があるのですが、本数は少なく、結構中途半端なところで下ろされるらしい……のですが、とても楽しそうwwwww勿論バスで通過です。
その後くねくねと山道を上がり、上に到着しても霧が晴れることはなく…それがとても残念でした…うん。

20130427_35.jpg

こちらがスペルガ聖堂。
だいたい300年くらい昔のもの。
フランスとの闘いに勝った記念に造られたものらしいです。とても美しい建物です。

ちなみに…
聖堂→教会
ドゥオモ→大聖堂
ドゥオモとは、バチカンが認めた教会…らいしのです。

20130427_36.jpg

霧の中でも荘厳で、かっこいいですねー。
こちら、ユヴァラという建築家が15年かけて作った作品。バロック様式の中でもっとも美しいと言われています。
確かにすばらしかった!!
20130427_37.jpg

中。
光が入り込む作り。
20130427_38.jpg

大きすぎて、なかなか全体図がないという…残念な感じです(そして説明きくために必死に付いていっているため、なかなか大変…)
20130427_39.jpg

彫刻。
マリアの受胎告知だっただろうか……
20130427_40.jpg

この天井の円形の部分が本当に美しい。
20130427_41.jpg

ぐるりと一周見回しても、どこを見ても溜息が零れそうになります。ああ…ステキだなぁ…。

20130427_42.jpg

ちょっとブレブレですが、床もかっこいいんです。

20130427_43.jpg

外観。
空が白いため、突然この建物が現れたかのようにも感じますね。

20130427_44.jpg

こんな、マリア様もいました。
20130427_45.jpg

お部屋の中へも入れます。壁紙ヨレヨレでしたけど、この壁紙がかっこいい!!自室に欲しいくらい!

20130427_46.jpg

紋章…。

20130427_47.jpg

パイプオルガン。
そこかしこにある彫刻も素晴らしい。

20130427_48.jpg

そういえば、お部屋の中にはウェディングドレスが!!
これは、一般の方のお供え物らしいのです。
神様にお願いするとこんないいことがあるんだよーたすかるんだよーというレリーフも並んでいます。
中でも強烈なインパクトだったのは……

穴にはまった牛さんを前にお祈りしている人達w

いやそれムリだろ…wwwwと思ったのですが、お祈りしたら助かるらしく…。

20130427_49.jpg

このリボンも赤ちゃんできましたー!というときにおうちに飾るものらしいのです。
ピンクは女の子、青は男の子かなーw
20130427_50.jpg

この立体的な壁面。
今にも飛び出してきそうです。
20130427_51.jpg

天井はこんな感じ。
豪奢ですが、ハデすぎず、荘厳という言葉がぴったり。

20130427_52.jpg

で、外にもう一度出てもやっぱり曇り空。でもありがたいことに、雨はやみました…けど霧がwwwwwww濃すぎるwwwww

20130427_53.jpg

外に出るとあった、やたら元気のいい像。
はーい!!と挙手しているようにも見えますが、こちらも何やらストーリーがあるらしい…。



というわけでここで再度移動。
写真と書きたいことがありすぎて、わけわけと細かくしつつ書いていきますー。
亀並み以上のスピードですが、お付き合い頂ければ幸い!!


にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : ★イタリア旅行★ - ジャンル : 旅行

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

蒼

Author:蒼
食べることと飲むこと、ホテルステイと旅行が大好きなラルヲタです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者様
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。