九州旅行②

イタリアで購入した封筒が可愛すぎて使えないのです(大問題)

でも万年筆のインクの色も増えてきましたし、そろそろ使うべきかしら…と思いながら。
20151201_10.jpg


続きに別府温泉です///
20150220 別府へ行くぞ★
というわけで二日目スタートです。まずは集合時間を前日の夜に繰り返し伝えられていました。

「蒼、7時に朝ごはん。 7:40出発」

えええええええええええMAJIDE ! ?

いやでも頑張ってそれはいきたいところ。と張り切って目覚しをセットし、寝ました。とても寝心地の良いベッド。…あ…気持ちいい眠り……気持ちいい!?いや睡眠不足になるはずが!?!?!?おかしいぞ!?

ばさりと起き上がり携帯を見ると、06 : 51の文字。おおおおおおおおおおおおおおおお。あと9分しか…ない!!!!!!!!!!
慌てて髪を洗い濡れ髪のまま服を着て7時にエレベーターヘ。自分の冷静かつ素早い動きにほっと一安心してしまいましたから。

パンはこちら。
20160220_1.jpg

種類も多いうえに、とてもおいしそう。

四種類のパンを二人でゲトし、前日に購入しておいたヨーグルトでがっつり朝ごはんです。パンあたためられますし、おいしい。
その後すまん…あと10分時間を!とお願いし、戻ってすぐに準備。どうにか予定時刻ぎりぎりで出発することができましたから!

てことで運転してもらいながら大分へ向かいます。地理的な知識がほぼほぼ真っ新な私ですので、湯布院といわれても何県にあるのか、別府が度の辺りなのかなど分からないという残念な状態ではありましたが…とりあえず大分へ行くぞってことなので大分なんだな一と理解(残念)

この日雨だったのですが、とてもとても霧がすごくて…
進撃の巨人の原作者の先生のご実家あたりがまさに進撃の世界なんだよねーと説明を受けました。
なるほど……これはすごい。リアル進撃。
20160220_2.jpg

やばいです。なんというかそろそろ見えなくなりそう…(恐怖)
むこうから巨人きそう。
20160220_3.jpg

途中で休憩。
トイレなんてすがとても綺麗で……そして手洗い場がなんだか斬新なデザイン。
20160220_4.jpg

粒マスタード、購入しました。なんだか使えそう!!パスタとかに使えそう!!
20160220_5.jpg

ここで可愛いお土産を発見しまして、会社用など購入。義務は先に終わらせて、あとは自由になりたいところ!

再度走りはじめると…左手に湯けむりが。地熱であかっている蒸気なのかな。

20160220_6.jpg
このトンネルみたいなやつは、お猿さんがわたるための橋だそうです。
20160220_7.jpg

煙がいっぱい立ち上っていました。
20160220_8.jpg


坊主地獄…雨の為スルー
20160220_9.jpg
海地獄…こちらもスルー。
20160220_10.jpg

地獄めぐりバスもありました。
20160220_11.jpg

煙がすごいです。
20160220_12.jpg

今日はめぐらずにーヶ所の地獄でってことで、血の池に行きましたよー!!
ちょっと他の地獄からは離れたところにありました。
登り立つ煙
20160220_13.jpg

この地獄、どこもそうなのですが、お土産屋さんを通り抜けないと行きつけないとか…それは巧妙な地獄への三途の川wwwww
20160220_14.jpg

さてこんな入口です。
20160220_15.jpg

鬼も居ました。
血の池地獄。…女性の地獄ですねえええええ。
20160220_16.jpg

絵が可愛かったので撮影。
20160220_17.jpg

あっちが地獄のようです。入口てwwwww
20160220_18.jpg

血。
芸が細かい。
20160220_19.jpg

鬼の顔のスポットライトに笑ってしまいます。
20160220_20.jpg

地獄専用にいけと……同じ場所に出るんですけどねwww
20160220_21.jpg

さて、期待していった地獄は……………煙。
20160220_22.jpg

けむけむで何も見えませんwwwwwww
20160220_23.jpg

しかしテンションは高く、「ここはじーご一くー♪じ一ご一くー♪たーのーし一い一じーご一く一♪」と二人で歌いながら撮影。もやっとしていてパステルな色ですが、90度近いため、落ちたら死にます。
20160220_24.jpg

ルーマニアからの吸血鬼御一行もいない中、見つけた三つならぶ自販機。
ドリフですね(古い)
20160220_25.jpg

こんなにもうもうとしてます。本当は赤い色が見えているはずなのに!なのに!!
20160220_26.jpg

さてその後お土産や旅館で飲むお酒を買って移動。立ち寄り湯をしようということに。
20160220_27.jpg

すごいもうもうとしてるから撮らなくちゃ★と元気に撮影したら…水滴にピントが合ったよね…という残念な図。
20160220_28.jpg

地獄蒸し窯
…もはや地獄とつけたらなんでもいいかもしれないという気にさえなります。
20160220_29.jpg

ここでいただくのは……プリン!!!!
20160220_30.jpg

これ、常に同じ状態のものではなく、やはり硬かったり柔らかかったりとあるそうなのですが、今回は私とCさんの好みに近い状態でした。
おいしい…ほどよい量でおいしい。
窓から見える風景。
20160220_31.jpg

せいろにふれたらやけどしてしまいそうですね。
20160220_32.jpg

そして…雨も上がったので撮影。
20160220_33.jpg

湯の花を取る小屋です。
20160220_34.jpg


さて立ち寄り湯です。
20160220_35.jpg

実はこの前におひるごはん食べる!?と向かったのですが、目的のお店が12時から。あと40分ほどありましたので、お風呂先になりましたー!!!

だいぶ上り詰めていった先にある温泉です。
20160220_36.jpg

女湯!!!

この温泉、内湯と露天があるのですが、とても……とても気持ちいい。 600円で入れますし、雨降ってても無問題。笠をかぶって入ることができました!!!
硫黄の香りも強く、温度も高め。とっても気持ちよく、のんびりとすることができます。ああ…温泉っていいな。幸せ。
次々他のお客さんも入ってきます。とりあえず……入る前に体洗おうね!
のんびりと内湯から露天へ移動し、温泉満喫口!着替えて今度こそごはーん!となりました(おなかすいた)

もうもうと立ちこめる煙…ほんとすごいです。
温泉地っていうとどうしても湯煙殺人事件とか考えてしまう二人は、ひたすら「ばばんがばんばんばん」と歌い、「じーご一く一」と歌っておりました。(車内楽しい)

さてそなこなでおひるごはんは……ボルシチ!!!
Cさんオススメのボルシチを食べに行きました。
マチャコさんです!
お店の前の駐車場はすでに満車。先に私が中へ入り、駐車場の場所を確認すると…
「あーもうその前におったらいいよ。すぐに帰るから!」
とマスター。確かに食べ終えそうなお客さんが数名。そんな中Cさん車内待機。その間に私は注文を先に通しておきました。

届いたボルシチ。
20160220_37.jpg

そしてパン。
20160220_38.jpg

サワークリームの酸味、とろりとしたスープのうまみ、お野菜の甘さ…全てが美味!!!となります。
お肉はこんなにしっかりとしたものが!そして柔らかい。
20160220_39.jpg

店内はこんなに可愛いんです。
20160220_40.jpg

あっつあつのボルシチはやけど注意。うまみが出ていてじっくりことこと煮込まれているのがおいしすぎ!今回の旅の中で、実は一番おいしいお料理だったりしましたwwwww

さてその後、霧の中を走るのですが…本当に前が見えません。おいまじか…と思っていると向こうから突然車が!!!
サイレントヒルかよ(@ゲーム)と突っ込みつつ走り続けていると、唐突に目の前から大きなバスが!!寸前まで見えなくてマジびっくりでしたので…みなさん安全運転でお願いします。
20160220_41.jpg

今度の目的地は湯布院です。
宿泊施設へ向かうのですけど、この旅館…立地的にすごいところにありました。カーナビさんが教えてくれるまま移動し始めたら…なんと………メインの観光道路。いろいろな国の人間がまるで歩行者天国のように歩いています…がここ、ほこてんじゃないから!!
なかなかどいてはくれず、左右に散るグループ。いや、できたらどっちかに固まってと思いながらそろそろと進み増して……その先に更にある橋にドン引き。
え。マジ?ここ…?走るん?(無理私無理)

というわけで到着したのはこちらです。
20160220_42.jpg

ここから中へ。
20160220_43.jpg

荷物を預けまして、チェックインの時間まで周辺散策へ向かいます。湖を見に行きましょう!!と観光ルートに連れてってもらいました。徒歩でいける距離素晴らしい。
20160220_44.jpg

旅館はこんな感じです。何部屋あるんでしょう。
20160220_45.jpg

とてもいい雰囲気。
20160220_46.jpg

そして…先ほど言っていた橋がこれ。車幅ぎりぎり。大きい車だと走れる自信はない…。怖いです…どうして作る時に太くしなかったの…
20160220_47.jpg

そしてそんな橋の下に広がるのはクレソン!取り放題!
20160220_48.jpg

もりもりありました。
遠くから来るのは人力車です。
20160220_49.jpg

いやしかし…ほんと細くない?
20160220_50.jpg

さて湖来ましたよ一。朝になると湯気が込めんから立ち上るらしいのですが、今も立ち上っている…。

20160220_51.jpg
とても幻想的です。
20160220_52.jpg
20160220_53.jpg

ここにはカフェがあって、ブランチも出来るとのこと。しかし翌日大きな目的があったために、ブランチは諦めましたw
20160220_54.jpg


そのまま湖周辺をぐるりとお散歩したのですけど、いやまあすごくここアウェイ。
驚く程アウェイ。
なんつ一か…………韓国と中国しかいないかんじ……。どこを歩いても団体様御一行が山盛りで…歩いてくるのだから擦れ違わないと無理なのだと思うのだけど、どいてくれなかったりとか……。いやまあ…韓国と日本は歩く方向が反対だからもともとぶつかりあう状態ではあるのだけど、それでも出来たら………譲り合わないと…!と思うわけです。
お手水の水とかも、飲むのかと思った!とびっくりしている人とかいたというwww
20160220_55.jpg

そんなわけでまみれて揉まれながら歩き、どうにか人通りがなくなりました。
20160220_56.jpg

亀の井さんでちょっと撮影。
20160220_57.jpg

なんというか…庄屋さまなイメージ強いです。
20160220_58.jpg

20160220_59.jpg

綺麗な扉があったのでぱしゃり。
しかしこんなにも和なのに、かかっている音楽が宗教色たっぷりのやつでwwwキリスト教のゆかりでもあるのでしょうか?
20160220_60.jpg

夜になったらバーになるらしく…行きたかったのですけど、ちょっと断念しました。
20160220_61.jpg

さてそろそろ戻りましょう。
20160220_62.jpg
20160220_63.jpg

チェックイン可能で、そのまま中へ。まずは館内の紹介ということで、温泉施設の紹介でした。奥が露天風呂です。
20160220_64.jpg

その横にあるのは………なんと、ビールサーバー!
20160220_65.jpg

お泊りの方のみですが、いただかうことができます。ビール無料とかマジですか!!
20160220_66.jpg

同じフロアに家族風呂もありました。家族風呂は五個あり、立ち寄り湯としても利用可能です。
鍵もしめられますし、ヒノキのお風呂、とっても気持ちよいです。

さてお部屋ですが……
20160220_67.jpg

四畳の荷物を置くスペースもある広いお部屋です。

洗面は古いタイプですが、広くて使いやすい!
20160220_68.jpg

トイレはこちら。全自動!!
20160220_69.jpg

奥はどんな感じでしょう。
20160220_70.jpg

こんなふうに窓があり……クローゼットと金庫などがありました。
20160220_71.jpg

ポットとコーヒー
20160220_72.jpg

加湿器とランプ。ゴミ箱だと思ってゴミを捨てたのは私……
20160220_73.jpg

窓から見える風景。緑がいっぱいです。

20160220_74.jpg
そして暫くしてお茶が届きました。
ほうじ茶と手作りお菓子です。
20160220_75.jpg

アメニティとタオル、たび靴下とか!
20160220_76.jpg

なかなかに充実している旅館です。温泉に募る期待!!

「このあとゆっくりされますか?」
と聞いていただいたのですが、裏を返せば早く出かけないと何も見れないよ!!でした。なんと湯布院の町並み、速くて16時、遅くとも17時にはほぼクローズ。…という健全も超健全な温泉街なんてすね…いやあびっくりだ。
そなこなでふらふらと再度お散歩に。
すっごいかっこいい名前のお店あったwwwwwww
20160220_77.jpg

なんだから可愛い町並み発見!
20160220_78.jpg

しかしこの映り込んでる男の人、(確実韓国)彼女さんをモデルのように撮影しているのですけど………驚きの彼女さんモジモジくんみたいにタイツー枚なんですが…(下半身)
20160220_79.jpg

20160220_80.jpg

今はやりなんてすかね。スパッツだかタイツだかだけで歩くの……という摩詞不思議ファッションを見ました。そういえば向こうでも見たなってちょっと思い出しつつ。
しかしだ…それはいいとして、後ろも人がいるので、とりあえず邪魔だと言う認識をお持ちいただきたいところ。人がいないならまだしも…ね。ちょっと周囲みようか一!?というかんじでした。子どもたちが通りたいのに通れなかったからね。
そなこなで可愛いアリスのお店発見。
20160220_81.jpg

いろいろグッズ取り扱っているお店でした。

20160220_82.jpg
カフェです。
20160220_83.jpg

そこらじゅうにいろいろいるのですが、何か不思議ですね。だってここ湯布院…。

そして何故か片隅にいる……リス。
20160220_84.jpg

可愛かったので撮影しちゃいました。

古いのか新しいのかわからない通りにはいろいろなお店があります。
酒屋さんがあってとてもおいしそうだな…と思ったり、スヌーピーのカフェがあったりと不思議いっぱい。
20160220_85.jpg

そんな中、湯布院ワイナリーを発見。ギリギリに走り込んだので、もうなんというか……
20160220_86.jpg

ものすっごく店員さんの対応悪かったですwwwwwwwwwww

でも、これ、スパークリング、一杯350円。なみなみついでくれてとても嬉しい。

試飲をお願いしつつ、二本購入。笑顔もないおじさんに、ほんとまじな…おまえな…とか思いながらも、おいしそうなの購入できたので満足。

さてその後はとり天を買い増して…ビールをお部屋でいただきます。
もうとり天が食べたくて食べたくて…しかたがなかったので私ご機嫌。
ビールの量もとり天の量もほどよいですwwwwwしかし揚げたて渡すから三分待ってね!は魅惑的な言葉よね。がつりと頂きました。ほんとおいしかった…また食べたい。
20160220_87.jpg

そしてお夕飯です。

20160220_88.jpg
こんな個室に入れてもらえました。
20160220_89.jpg

献立はこんなかんじ。
20160220_90.jpg

仙洞というこの旅館の名前のお酒を頂きます。ここの系列の旅館の会員になると…500円の入会金で、ポイントがたまるようになり、お食事の時のドリンクも半額になるとか!!!!つまるところ800円ちょっとてこの日本酒頂いてしまいました。ありがとう。
20160220_91.jpg

こんなお料理です。
20160220_92.jpg

ざっくりと説明します。「五種盛りです」には笑いました。

湯葉とササミのお刺身。
20160220_93.jpg

五種盛り。
20160220_94.jpg

たいた大根。これあっつあつでおいしかった。
20160220_95.jpg

焼き魚。山女。
20160220_96.jpg

鶏鍋
20160220_97.jpg

しかし…鍋のお肉、早めに救出しても固い…そして量が多い…。

お吸い物の中には小さなしんじょうが!
20160220_98.jpg

シメはお雑炊にしてもらいまして…もりもり…食べました。いやご飯の量減らしてもらったけどすさまじかった……。

デザートはバニラアイス。
20160220_99.jpg

おなかもいっぱいになったのでお部屋へ戻ります。
ここ、温泉の前のエリアなんですが…ここで皆さん喫煙するので二階のわれら燻されます。ほんとくさい。煙草滅せよ。
ここでのんびりされていたお二人の方とちょっとお喋りしたのですが…その時に素敵な情報いただきました。
「カップに入ったチーズケーキ本当においしかったから!!!」
勿論翌日のコースにぶちこみました★
20160220_100.jpg

このお酒たち。グループ旅館のそれぞれのものです。日本酒と焼酎とあります。
20160220_101.jpg

とても昔な雰囲気がとっても素敵。
20160220_102.jpg

そして部屋へ戻るとお布団が!
20160220_103.jpg

その上お夜食まで……(たべられまてん)
20160220_104.jpg

夜の温泉。
勿論人いないです。我らしか。
とてもいい雰囲気ですよね。
20160220_105.jpg

大きめのお風呂…気持ちいいです。
20160220_106.jpg

そして風呂上りの一杯。
これ地獄で買ったお酒。
20160220_107.jpg

ユズとマンゴー。
20160220_108.jpg

ユズは苦味がほどよくて、大人な味に思わずにっこりでした。

さてそろそろおやすみなさいです。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

蒼

Author:蒼
食べることと飲むこと、ホテルステイと旅行が大好きなラルヲタです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者様
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード